25時、赤坂で 番外編

25ji akasaka de bangaihen

25時、赤坂で 番外編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神90
  • 萌×258
  • 萌19
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
14
得点
744
評価数
174
平均
4.3 / 5
神率
51.7%
著者
夏野寛子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
シリーズ
25時、赤坂で
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

【電子限定配信!】超人気俳優・羽山×若手旬俳優・白崎の俳優BL、モデル番外編!両片思いを経て付き合い出した羽山と白崎。羽山のモデル仕事を見たくなった白崎は、気軽に「見たい」と言ったてみたものの、現場は…パリ…!? 圧倒的なオーラをまとってランウェイを歩く羽山を見つめる白崎はーー。※本作は「onBLUE vol.38」に掲載された番外編作品です。

表題作25時、赤坂で 番外編

羽山麻水・28歳・超人気俳優
白崎由岐・26歳・若手旬俳優

レビュー投稿数14

芸能人モノの醍醐味

白崎が麻水のモデルのお仕事見学にパリまで行っちゃう短編。「ほんとに来たんだ…」って言われてるから、行きは別々だったのかな。
白崎視点から、昼は手の届かない場所でキラッキラしてる人が、夜は自分だけの恋人になるっていう、芸能人モノの醍醐味を楽しむやつです。昼と夜の麻水の表情の変化がめちゃくちゃ良かった!萌えっていうかたまらん…ってなる感じ笑
Hシーンは本編より好きかも。短くても会話が面白く麻水の雰囲気がエロくて良かったです。

2

しっかり詰まってる!

短いページ数でストーリーもしっかり確立されていて、2人の甘々も入っていて、読み応えたっぷり!
初海外の白崎くんがどうやってパリのショー会場まで辿り着いたか、など細かな所はすっ飛ばされていて、そこがもう番外編のいいところです(笑)。
ショーの舞台でキラキラ光る麻水をポツンと見つめる姿や距離感とか、リアルでした。
「ひんむいて立てなくなるまで抱いてやろうかと思った」のセリフにはキュンでした〜。
その言葉に対する白崎くんの返しが、らしくて、ちゃんとクスッと笑う場面も描かれていて満足。
ラストも、デートじゃなくて遊ぶとか言っちゃうところが可愛いです。
しっかりと内容の詰まった番外編なので、お手頃だし、是非おススメします!

1

短くても満足感高め

本編を読んでから、この2人のパリ初デートが気になって買ってみました!

麻水さん推しとしては、パリのファッションショーで歩く麻水さんがほんと…好きすぎて…
でも彼には由伎くんがいますもんね。

もー、純粋で素直な可愛い受け、あんなスパダリのツボを上手く突くんですよはい。

短いながらもいちゃいちゃエロもちょこっとですがあって、満足感高いです。この2人が好きな方は是非!

1

神々しい〜

羽山のモデル姿を見たいと言う白崎が来たのは、まさかのinパリ。スケールデカいーー

羽山のランウェイ姿を見てほぇ〜〜となる白崎。モデルとしての羽山の圧倒的存在感に完全に呑まれています…そして羽山に会うなりギューッとな…♡

部屋に行き2人のイチャイチャターイム!
羽山は白崎が抱きついた瞬間から、抱くぜスイッチが入ったみたい。白崎をめちゃくちゃに抱きまくるのが何とも最高です(〃ω〃)
白崎は羽山のモデル姿に興奮したようで、デザイナーの服だろうがし◯むらの服だろうが欲情しちゃうんですと。うん、羽山ならし◯むらも見事に着こなしちゃうよね。

日本だろうがフランスだろうが、2人のラブラブ度は変わらずでした。日本じゃないから外でデートする2人が新鮮でほのぼのしました。

1

贅沢な番外編♪

純粋に麻水さんのモデルをやってるとこを見たいと言う白崎くん、可愛い❤︎
まさかのパリに行くことになるとは…
モデルのショーってどんな気持ちで楽しむのか分からないかったって、感じたまま告げる白崎くんらしい。

モデルの麻水さん、美しくてカッコいい〜☆1コマ1コマからオーラが出てました!
でも、白崎くんがいる時の麻水さんとモデルの麻水さんが別人のようで…白崎くんが感じた感情が分かるなぁ〜と思いました。

ショー後のホテルかな?
麻水さんの最初の言葉…めちゃくちゃ熱烈で最高でした(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
えっちしている2人会話が、ゆったりとしている感じで、いつもの2人の空間に変わっていて独特な言葉選びで会話するのが2人らしさだなぁ〜と思いました(๑´∀`๑)

公園での2人のやりとりも、なんかほっこりしちゃいました♪

1

パリにて

パリにて。
羽山のランウェイ出演を観にオフを利用して同行した由岐。
羽山、俳優しながらモデルオファーまで受ける余裕有るのか…
一緒に行った由岐が、ウォーキングする羽山の堂々とした格好良さに惚れ直していました!
そりゃねー側にいる羽山も、ランウェイの羽山もどちらも素敵ですから。
でも、ランウェイ下りた羽山にぎゅーっと抱きつけるのは恋人の特権ですからね。

2人が、パンを買ってベンチで食べるとこ。羽山の差し出したパンを、手で受け取らず口に咥える由岐!
可愛かったです!一目を気にせずゆったり過ごす2人が見れました。

3

NoTitle

作り込んだネームでなく間の取り方で読ませるタイプの作家さんなので本編よりこちらの方が好きでした。

モデルの仕事を見学したいと言ったら突然パスポートの用意を言い渡される、赤坂でなく舞台はショーの本場のパリなんですね。
ウォーキングの間は大人しく見てるけど終わった途端まだ衣装のままの相手に抱きついて、そのままH場面に話が進みます。

他社のレーベルで短編集を出して欲しいです、一般作品でも全然読ませて頂きます。

2

麻水のかっこよさとラストのセリフ!

予想以上に短かったけど、麻水の見せ場がえらかっこよかったですね。
気合い入った魅せ方が鮮やかでした。
そりゃ白崎も抱きつきたくなるわな、という説得力があった。

ショーでよく見かけるモデル立ち?というんですか、それがわかって。

これまでさんざんイケメンとか顔がいいとか言われていて、ここで全体としても存在としても、魅せることができると証明しているような気がしました。

熱烈なハグに対して、ムラッときていたはずの麻水が
「何の発作だったの?」
「あの奇行」
という独特の言い方がおもしろいし好きだなと。

相変わらず、絡みのシーンもきれいで、白崎がエロうございました。

で「しま○ら」の使い方〜〜ww
と笑ってしまった。
わかる、わかるけどね。

ラストの白崎の
「モデルの仕事も好きだったんですね」
は、いいセリフだなと思った。

大学時代、芝居の仕事をしないのかと麻水のことを責めた白崎が麻水がいいかげんにモデルの仕事をしていた訳ではないとわかって。
麻水は何も言い返さなかったし、特に熱い気持ちでモデルや俳優の仕事をしているといった描写はなかったけれども、この一言で麻水の仕事への姿勢を表しているように思います。

1

ラブラブでなにより

この作品は「25時、赤坂で」の番外編となります。本編は現在3巻まで出ていますが、これはおそらく1巻の後の様子を描いたものだと思われます。

攻めの羽山くんがパリでのファッションショーに出るから由岐くんも見に行って、現地でゆっくり過ごす。ページ数も少ないので割とほんわかとして、エロ少なめな感じです。

本編のファンのかたは読んだほうがいいと思いますよ!!ページ数が少ないぶんお値段もそんなにしないので、サクッと買っちゃいましょう!笑

0

クール人気俳優✕強気新人俳優

麻水と白崎の1巻後の番外編です。
パリのショーにでる麻水を見に行く白崎のお話でした。

1巻後の白崎はブレイクして忙しそうなのにパリに行けたのか…?と腑に落ちないところはあるんですが、ショーに出てる麻水と白崎を抱いてる時の麻水の違いに複雑な気持ちになる白崎が可愛かったです。

日本では外でデート出来ないので、パリでゆっくり外デートを満喫してほしいなと思いました。

セックスはしてますが、吹き出しなどで隠れてるので修正は必要ない程度の描写でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う