アバウト ア ラブソング

about a love song

アバウト ア ラブソング
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神332
  • 萌×289
  • 萌23
  • 中立8
  • しゅみじゃない9

79

レビュー数
40
得点
2093
評価数
461
平均
4.6 / 5
神率
72%
著者
夏野寛子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
シュークリーム
レーベル
from RED
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784910526300

あらすじ

バンドマンの星名は、
そろそろ音楽でどうにかなりたいけれど
ラブソングを書くのが苦手な男。
最近はバイト先の大学生・瀬戸くんが
純粋でまぶしくて……癒やされている。

そんな瀬戸くんが雨に濡れて沈んでいた日、
星名は彼を連れ帰って一夜を明かしてしまう。
しかし翌朝、瀬戸くんが思っていたより
“年若い”ことが分かり…………………!!!

後悔に揺れる星名。
しかし瀬戸くんは、
だめ大人なりに誠実でいようとする星名に
よりいっそうの恋心を積もらせていくーー。

表題作アバウト ア ラブソング

星名 みづき、28→33歳
瀬戸 佑成、17→22歳

レビュー投稿数40

持ち味の作風はそのままに、夏野先生の新たな魅力発見の作品です。

いい意味で「24時、赤坂で」のイメージが強烈な作者さまなので、
正直どうかなあと躊躇していて手が出せずにおりました。
今回アワードノミネートをきっかけに、購入。
ひとたびページをめくったら、そんな杞憂吹き飛んでしまいました。
もっと早く読めばよかった!

作者さまの独特な雰囲気はそのままに
一本の映画を観たかのような余韻に浸れる作品でした。
もっとふたりを見たいヨ~~~(特に未消化の濡れ場を…!)と
もんどりうっておりましたところ、「続編決定」の報せが!!歓喜!!
楽しみにしております!!

0

面白いのに消化不良感あり

相変わらず絵がキレイでストーリーも秀逸で面白かったです。
瀬戸君は目のクリっとした美人な高校生。恋愛初心者っぽいけど好きな人には直球でぶつかっていける素直で真面目な子。
彼はいいんです!
ちょっとしたことで赤面したり諦めずに健気に懐いていくのがめちゃくちゃ可愛い。

面白いのに自分にあまり刺さらないのは多分星名さんのキャラに今ひとつ魅力を感じなかったからだと思います。
情けなくてずるい大人を描かれたと先生のインタビューにありますが、その部分はしっかり読み取れてエピソード回収も上手いなぁと思いました。
残念ながら星名さんが自己中すぎる。自分の都合だけで行動に一貫性がなく、本気で瀬戸君を好きな感じがあまりしないのが気になりました。
性格的に熱量の高い人ではないのでしょうが追いかけると逃げる。しばらくすると逃げたのに追いかけてくる。という展開に共感しづらかったです。

紙本のアニメイト特典小冊子、電子でも発売されているお話まで読んでの作品だと思うので最初から描き下ろしで1冊にまとめて欲しかったです。

1

ずるい大人と健気な高校生

友人に『25時、赤坂で』を勧められて、夏野寛子先生の漫画に心を射抜かれました。なので、『アバウトアラブソング』が発売された時は買わなければ!ってなったぐらい期待の作品でした。そして、この作品はその期待を裏切る事はありませんでした!

健気に星名(攻め)にアプローチをかける瀬戸くん(受け)とまだ高校生である瀬戸くんを思ってアプローチをやんわり交わしつつも、期待する様なことをつい言ってしまうずるい大人な星名。

ライトBLなので、BL初心者にもおすすめなとてもピュアなお話!

1

タイトルから内容から全部エモい!

25時の時も思いましたが、タイトルのセンスがまじで好き。

ラブソング独特の歌詞とか曲の雰囲気から伝わる切ない感じがこの漫画からは出てて、タイトルの通りだなって思いながら読んでました。

本当に好きだからこそ相手が未成年であることを自覚して理性働かせて一線引くしんどさ、引かれる辛さがほんとに切なくて良かったですㅠㅠ

それをラブソングで伝えるのもロマンチックすぎる!!

バンドマンと高校生って時点でエモいけど、エモさが設定で終わらないのがほんとにいい。

本編も20P冊子も最高でした!!

2

ぜひ小冊子も読んで!

こんなズルい男に惚れない人はいません...

2

そっかぁ…見せてくんないのかぁ

28歳崖っぷちバンドマン(Vo兼Gr)星名は、コンビニアルバイト先のかわい子ちゃん瀬戸くんの事が最近のお気に入り。
バンドのスタジオ練習の時間よりも瀬戸くんとシフト被らせて一緒にいる事優先しちゃってる。
ある時びしょ濡れで家に帰りたくないとしょぼくれてる瀬戸くんを自宅にお持ち帰り。
可愛い子におねだりされてちょっとばかしエッチな事しちゃったんだって。(痛い事はまた今度って言ってたので、抜きあいしたのかな?描写なしだったので想像するしかない)
朝になって、大学生だと思って瀬戸くんが17歳の高校生と発覚しビックリ&後悔。
シフトずらして瀬戸くんと顔合わせないようにしだします。そら、11歳下の未成年に手を出したって問題だもの。
キラキラのお目目で懐いてくる瀬戸くん可愛いけど、これだけ年離れてたら何処をどうしたら相手が喜ぶか手に取るようにわかってしまうから、それは卑怯だからと絶対付き合ってくれないの。
挙句、初めてライブに招待してくれたと思ったら君に捧げる歌として[アバウト・ア・ラブソング]ってタイトルの星名と瀬戸くんの事を歌ったお別れの曲を歌われちゃって、更に楽屋に呼ばれてお別れ告げられて散々だよ。

その曲がドラマ主題歌になって大ヒット、紅白に出演する程の人気バンドになっちゃうだなんて、夢あるな。

なーんか好きなのにお別れしないといけないのって納得できないよね。年の差理由にされてもどうする事も出来ないし。せめて、高校卒業したらいいやん?って私は思ってしまった。

大学生になったらクラブ行って遊びまくるから!って瀬戸くんに言われてやっと自分に正直に行動する星名。そんなんされたら困るから付き合えないけど遊ばないでみたいな事いうんよ?何やねーん!どうしたらいいんかわからんくてそら瀬戸くん泣くわ。
それから4年、付かず離れずの関係で友達以上恋人未満続けて痺れ切らした瀬戸くんから迫ってやっと好きって言いあって、さぁここから♡ってところで終わりなのですよ〜。素敵な終わり方ではありますが、やっぱその先が見たかったんですよ。
お預け期間が長かったから二人の色っぽいシーン見たい気持ちも高まっちゃってました。
うーん、残念。

あっ、私アニメイト小冊子も持ってたはず。
読み返そう。そっちにエッチシーンあったんだった。

紙本で購入
全くエロシーンなし。
キスシーンも唇が重なってるところ見せてくれず

4

小冊子電子書籍発売開始

夏野先生だな〜と思う作品でした
夏野先生の作品だな〜〜

性格が悪いので、星名が成功しなかった場合の現在について考えてしまいます。瀬戸は28歳フリーターの星名に惚れたわけなのでそれでも良いのかもしれないけれど、星名は成功してなかったら卒業式に瀬戸の前には来れないよなぁ。テレビによく出る程の彼だったから記憶も焼き直されたわけで、そうでなければ……まぁ夏野先生の作品ですから彼は成功します。成功させないと話の軸もブレちゃう。
星名の熱量をもっと見せつける描き方にしてもよかった気がする。あれだけダウナーな感じで活動されると、医者の息子でガツガツしない感じでやってきて「ちゃんとしたいな」で大成功。なんだかなぁ。

絵は美しくてドラマチックだけど、ガツンとくる何かが欲しかった。少なくとも自分は見出せなかった。もっと夏野先生の他の作品を読んでこの雰囲気に浸る気分を高めてから読むなどしていたら感想も変わったかもしれない。

萌〜萌2

5

絵が綺麗

コンビニで働くバンドマンの星名と同じバイト先の瀬戸くん。
星名は瀬戸くんのシフトと同じになるようにバイトに入るくらい瀬戸くんのことが気になっているけれど、ある日瀬戸君が何やら悩んで家に帰りたくないという時に家に連れて帰ってしまって、バイト仲間ではない一線を越えてしまうんです。
ところが、大学生だと思い込んでいた瀬戸君が実は高校生だったと知ってから、シフトかぶらないようにずらしたりと、ちょっとダメな大人代表みたいな行動をとる星名。
瀬戸君はそんな星名のことを、正論で追いかけるんだけど、やっぱり将来のある若者の未来をダメにしちゃダメだと離れることを選びます。
そこから、瀬戸くんをライブに呼んで、新曲のラブソングを披露するけど、それは瀬戸君に伝える歌で。
なんだか、年の差なんてって思う瀬戸くんと、大人だからこそ身を引く星名。
そのやりとりが、眩しくもあり、辛くも有り。
微妙な心の機微を描くのは夏野先生はお上手だなと。
ここから色々あってというところも、展開がドラマチックで素敵でした。

2

めっちゃ好き

好きすぎる。
キャラクターに人間味があって読んでいて引き込まれる。

1

日光浴びながら読みたいBL

バンドマン×高校生
星名さんは高校生に手を出すまいと必死にストッパーをかけるけど、瀬戸くんはグイグイ攻める構図が面白かったし、時に切なかったです。
社会的にアウトだし、グイグイくるから拒絶しないとだけど、手放せないよ〜!この星名さんの狡さに瀬戸くんが振り回されているのは胸が締め付けられました。
仕返しとばかりに瀬戸くんにクラブで遊びまくると宣言された時の星名さんの慌てっぷりは見ていて面白かったです。それすら卒業式で狡く引き止めちゃいますが。
でも終始悲壮感は無いんですよね。カバーイラストが穏やかな陽だまりの中にいる2人というのもあると思うのですが、物語の中にもどこかしらに光があるように感じて明るく穏やかな気持ちでいられました。
どんとエロ!といった描写は無いのですが、星名さんのダダ漏れの色気が半端なかったです。星名さんの返しに対する瀬戸くんの初心な反応にニマニマしちゃいました。エロ描写がなくても十分エロいです。
何回も読み返したくなる作品ですので、今度は日向ぼっこをしながら読もうと思います。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う