俺が好きなど嗤わせる 下

ore ga sukinado warawaseru

俺が好きなど嗤わせる 下
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神139
  • 萌×251
  • 萌22
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
20
得点
968
評価数
218
平均
4.5 / 5
神率
63.8%
著者
里つばめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics CRAFTシリーズ
発売日
電子発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784813032700

あらすじ

神谷の気まぐれから始まった、梶との関係。
けれど、思いがけない執着と誠実さを見せ、
まるで恋人のように振る舞う梶に、
真剣につきあう気のない神谷は戸惑う。
梶の優しさは心地よくも、疎ましくもあった。
ひとりで生きてきた分、簡単には変われない神谷と、
率直に愛情を伝える梶、ふたりの関係の結末は?
エリートバンカー×エリートバンカーのメンズラブ決定版!

表題作俺が好きなど嗤わせる 下

梶孝臣,38歳,東都第一銀行本店M&A事業部次長
神谷恵一,38歳,東都第一銀行営業第二部次長

その他の収録作品

  • 中間レポート
  • カバー下・登場人物紹介、小ネタ集、あとがき

レビュー投稿数20

この結末を待っていました…!

上巻から引き続き。

家で一緒に過ごして、ベッドを共にして、二人で食事に出かけ、
なんとなく距離が縮んだような、というか、もはや恋人同士?と
期待を込めてしまいそうな甘く穏やかな雰囲気の梶と神谷。

まっすぐな梶の愛情や優しさに神谷も心地よさを感じていて、
妹の話をしたり、プライベートな領域まで踏み込むことを許し、
やっと梶の一途な想いに心を開き始めたかと思えば、やはりそう甘くなく、
神谷の理性の部分が梶を拒んでしまいます。

梶の気持ちはとうに決まっているので、あとは神谷の気持ち次第ですが…
神谷ってすごく臆病なんですよね。
ゲイであることを受け容れ、性に奔放に振舞ってはいるけれど、
それでもやっぱりコンプレックスはあって、梶が女性といると
そちらに視線が向いて、無自覚に意識してしまっている。
それは嫉妬からなのか、劣等感からなのか。

ノンケの梶と本気で向き合ったとしても、いつの日か、
自分よりも女を選ぶことがあることがあるかもしれない。

女の人と家庭をもてば子供をもつこともできるのに、
自分といることでその未来を奪ってしまうことになるかもしれない。
梶を見つめる神谷の眼差しからそんな葛藤が読み取れてしまい、
切なかったです。

妹の浮気旦那の失言に反応して、珍しく怒りをあらわにしていたのも
どんなに望んでも子供をもてない自分と妹で重なる部分があったのかなぁ…

本当は恋愛に対して誰よりも純粋で、とっくに梶が好きになっていて、
ただそれを受け容れるのが怖くて素直になれないだけなのにね。

自制して突き放して、それなのに忘れられなくて、
悶々としているところに直球な愛という最強の武器を
装備して攻め込んでくる梶。

神谷が短い方が好きだから髪を切ったとか、そんな可愛いこと
言われたらグッときちゃうに決まってるじゃないですか~!

もう忘れようとしていたのに、突然キスされちゃったら
赤面しちゃうに決まってるじゃないですか~!!

このときの繕ってない素の神谷の赤面も可愛いんですが、
神谷に「ありがとう」て微笑まれてうっかりキスしちゃった風な
梶の驚いた表情もすごくいいんです。
可愛くて自然と手出ちゃうってどんだけ好きなんだか♡

散々悩んだ割に最後の神谷の決断は意外にも力技的でした。
でも、それって頭でわかっていても、梶への気持ちだけは
抑えきれなかったってことですよね。

梶の将来のことやいつかやってくるかもしれない別れとか
神谷がずっと怖れてきた障壁全部ふっ飛ばしてしまうほどに
梶のことが好きで、一緒にいたいって願ってしまったってことですよね!

普段は理性的に見えるけど、実はその内面はとても情熱的で、
きっとこれが神谷の本来の顔なんだろうなって思えました。

一方、念願の恋が叶ったにもかかわらず、告白されたときも
その後のセックスのときも相変わらず仏頂面な梶でしたが、
その瞬間の彼の心がどれだけ踊り狂っていたのか心中を
覗いてみたかった(笑)

でも、その後の『中間レポート』では自分のために慣れない
ケーキ作りをする神谷の健気さに悶絶し、抱きしめてしまっています。
表情はそのまんまだけど、
「お前がこんなにかわいいやつだとは知らなかったよ」って
既にメロメロな様子にごちそうさまでした♥
そして、本気で好きになったら尽くしちゃう神谷が最高の恋人でした!

クールな大人組で甘さ控えめなところが魅力的な二人でしたが、
いつかイチャベタしている二人も見てみたいです♬

21

大人の恋は不器用でせつない♡

里つばめ先生のエリートシリーズ。
『俺が好きなど嗤わせる 上』の続編になります。

東都第一銀行本店M&A事業部次長 梶 孝臣と営業第二部次長 神谷 恵一のお話。

前作では、ノンケ梶の本気にハマらないゲイ神谷は、その後の関係も曖昧なままで…。
今作は、その続きになります。

付き合ってはいないけれど、一緒に食事をしたり、神谷の部屋で過ごしたり…いい雰囲気になる2人。
しかし、日々の中で神谷にはいろいろ思うことがあって、前に進めないでいました。
ある日、2人で食事した帰りに取引先の部長を目撃したことから「賭け」をすることに…。

下巻では、銀行の内部事情やプライベートを絡めながら、梶の本気の度合いと神谷の心の葛藤が描かれています。
妹の離婚の話し合いに立ち合い、同期の旦那が女性を誘っている現場に遭遇した神谷。
おそらく「愛」とは不確で儚いモノだと実感したのではないでしょうか…。
ましてや、バツイチとは言え、梶には「家族」を持てる未来がある。
ノンケの梶と付き合うことは、お互い後悔することになるかも知れないと思うのは当然です。
でも、梶に魅かれている「自分」がいることも確かで…。
頭の中では梶の存在が大きくなっているのに、先のことを考えてリスク回避をしてしまう神谷がせつなすぎる(泣)
「二度と会わない関係なら良かった だったらそのうち忘れられたのに」

一方、仕事のためにいろいろ犠牲にするのはやめた梶。
神谷にも自分の想いをぶつけます。
しかし、梶はいつも言葉が足りないのでなかなか真意が伝わらず…。
「賭け」に負け、とうとう身を引いた…と思ったら、引いていなかった(笑)
神谷の好みに合わせて髪型を変えた梶は必見ですよ~。

本気だから不器用になってしまう2人のモダモダに胸を締め付けられました。
相手のことを考えるからこそ、双方が納得できる着地点が見付けられない…。
里つばめ先生のエリートシリーズの中でも、同性同士の恋愛の行く末にグッと迫った作品だと思います。
表面上は淡々と…でも内面ではやるせない想いに溢れている2人に最後までハラハラしました。

このお話の下巻では当て馬は登場しません。
脇キャラとしては、お約束の加藤と松田、2人の同期 宮川次長、神谷の妹 志穂ちゃんが登場します。
神谷と志穂ちゃんが仲良しなのが良かったな。

Hシーンは…あるのですが、コマ数が少ないです(汗)
もっと見たい!でも、物足りなくはないんですよ。
きっと、神谷の顔が幸せそうだったからだと思います。
初めて「好き」を伝えた相手とのセックスは心身ともに満たされたに違いありません。

描き下ろし『中間レポート』
本編のその後のお話。
クリスマス当日にケーキを買おうとする梶ですが、どこのお店も売り切れで…。
2人の恋はまだ始まったばかりでお互いに知らない事だらけ。

ガーン∑(๑º口º๑)!!続編はないのですか?
梶は実家をどうするの?
この後の2人が気になるよ〜。

どの作品も面白くて魅力的なエリートシリーズ。
こちらの作品はその中でも異なったテイストになっています。
大人の複雑な恋愛模様と距離感が上手に表現されていました。
そして、本編はもちろん、タイトル、表紙、帯までも、里つばめ先生や担当編集者様、デザイナー様の愛とセンスを感じます。
いつか甘くラブラブな2人も見たいな♡

ぜひ多くの方に読んでいいただきたいおすすめのシリーズです。

20

エリート同士の恋の駆け引きに萌えまくり

エリートバンカーのオフィスラブを描いた上巻からの続きです。
エリート同士の恋の駆け引きに痺れると同時に、銀行でのドラマのようなやり取りにはワクワクさせられました。

一緒にいる時間が増え、なんとなくイチャイチャしているように見える二人に萌えまくります。
まわりの男たちに嫉妬して、牽制して、独占欲丸出しの梶に下巻でもキュンキュンさせられっぱなしでした。

それでも神谷が踏み込めないのは、梶がノンケで女との将来も予見できるから。
クールに見えるけど、神谷もとても優しい。
同期や妹のために怒ることが出来るし、梶の将来を簡単に奪うことが出来ない。
と同時に、臆病な愛されたがりなんだとも思う。

梶に惹かれながらも突き放してしまうのは、神谷の予防線なのでしょうね。
取引き相手に違和感を覚えた二人は、「先に問題を見つけた方が勝ち」という勝負をする事に──

梶が勝ったら、真面目に梶とのことを考える。
神谷が勝ったら、今後仕事以外の連絡はしない。

この勝負の結果は……?

去っていく梶の後ろ姿がとても切なかった。
素直な気持ちを伝え、神谷のタイプに寄せるために髪を切った梶。
神谷への未練が女々しくなくて、むしろ潔さすら感じさせる梶がやっぱりカッコいいなと思いました。

男同士、同じ職場、ノンケとゲイ。
二人が結ばれるには障害が多いのかもしれない。
それでも、〝後悔することになってもその時考えればいい〟と決めた神谷の覚悟の大きさに胸熱でした。
そして、最後まで気持ちがブレなかった梶が素敵でした。

頬を染めて上目遣いで見てくるようなキャラはいっさい登場しない里作品。
仕事が出来て潔く、性欲すら隠さない男らしい男たちの駆け引きがカッコ良かった。

梶が神谷を好きになったきっかけや理由がハッキリ語られるわけではないのですが、きっと色んなことの積み重ねなんだと思う。
過去に実は何かあったのでは……なんて、想像するのも楽しいかも。

とはいえ、ラストは少し駆け足の印象。
正直なところ、もう少し余韻を楽しみたかったです。

描き下ろしは可愛くて萌えました♡
意外と健気な神谷が可愛かった〜

カバー下の小ネタ集や、帯の加藤・松田との絡み漫画も面白かった!
電子にする際、絶対にこの帯の漫画を省かないで欲しい。
これ絶対‼︎

16

大人の恋が漂う中で甘酸っぱさが堪らない////

上巻が起・承。ノンケ梶のポジティブをメインとするなら
下巻は転・結。神谷がゲイであるがゆえに嫌な思いをして生きてきただろう現実が見え隠れします。

梶の熱量に引っ張られるように甘い時間を過ごすことが増えてきたと思ったら
少しずつトーンダウンしていくようで…(;ω;)

もう熱量だけじゃ突っ走れないんですよね。
あらすじのように恋をする気がないのもあるだろけど、
ハマリすぎないよう足を止めているようにも見える。

そんな風に前に進まないところから、
一気に走り出すのにめちゃくちゃ興奮しました…!!!
エリートでクールにみえる2人が突っ走るの最高ですね。

は~~~~~良いッ!良いッ!大好き!!!!!
上下巻たっぷり萌えを楽しめましたヾ(*´∀`*)ノ


さてさて。
梶との甘いやりとりが少しずつ増える中で、
ある日街中で男同士をからかわれ、絡まれるんですね。
梶はキレるけれど、神谷はこんなことでいちいち怒ってたらキリが無いと…。

淡々と流しながらどこかネガティブな神谷に
梶は厳しい言葉をぶつけてーーーーと展開します。


冒頭はすご~く甘いんです(;ω;)
ミーティング中のやりとりを部下視点で見せられたときは
床転げ回るほど萌えました。
(顔寄せ合ってボソボソ話してフッと笑う、みたいなね)
(え、ミーティング中にイチャついてるみたいで萌え///)

でもですね。
甘ければ甘いほど、神谷がフッと我に返る感じが切ない。
梶はノンケ。楽しいのは今だけ。そう言い聞かせているようにも見える。

価値観の相違と売り言葉に買い言葉で勝負をするんですけど、
仕事上の問題の打開策をみつける勝負なんですね。
蹴落とすほうじゃなくて、プラスになる勝負。
こういうところもグッときます(∩´///`∩)

勝負を忘れて没頭して神谷が先に見つけた時の梶の表情ですよー!!!
勝負は梶の負けなのに「良かったな」「さすがだな」と言いたげな優しい表情でウルっときた(;///;)
ああ、メンズラブはこれだから堪らん。惚れる。

勝負に負けたあとの梶が残した言葉も切なキュンで萌え転がりました。
(何回萌え転がるの?と思うかも知れないけれど、1回1回の萌えがドカンとデカいから転がらないと落ち着かないのですよ!)

その後2人の間に距離が出来てしまうんですが、
このあとのキスシーンもすっっっっっっっっっごい。

上巻の長々したキスをアダルトキスとするなら、
下巻のこのキスは青臭さのある甘酸っぱいキス(∩´///`∩)
抑えられない気持ちが溢れたようで最高にニヤけます。

一度は迷った恋心が一気に動きだす。
ラストの疾走感は良きですね。
大人とか、冷静さとか、世間体とか、全部吹っ切って。
大事なのは今の気持ちを大切にすることで。

は~~~~~~~~~(語彙喪失)
もっと書きたい気持ちがあるけど言葉に出来ない。

良かったです。めちゃくちゃ良かったです。
語彙力無いんでこれ以上の言葉が出ないんですけど、
ひたすらメンズラブに魅せられる作品でした(;////;)

表紙並べるとお互い顔をそっぽ向けてるけど
裏面ひっくり返すと向き合っているってのも良きですね。
帯といいデザイナーさんGJ。素晴らしい。

15

もっと読みたい〜!!

銀行の管理職同期同士の大人の男の恋愛もの。

ちょっと無愛想だけど仕事のできるバツイチ、ヘテロの攻が、ひょんな事から、同じく仕事のできる、きれい系で適度に遊んでいるゲイの同期と寝たことをきっかけに、本気の恋愛に至るまで、のお話です。

仕事ができるライバル同期同士、信頼できる仕事仲間としての関係が前提となっているので、お仕事ネタ半分、プライベート半分って感じなので、物語は進みます。
会社での仕事が出来る男としての姿や、周囲の女性に対するスマートな対応と、それを受けてのプライベートの姿とのギャップも魅力的。
攻も受もどちらもがいい男なのです。

(おそらく)本気の恋愛の延長としての結婚をしたにもかかわらず、仕事にのめりこんだ結果、離婚という結果になり、今では文字通り仕事一筋の味気ない生活を送っている攻と、ゲイとして引き手数多だけど、適当な関係しか築いて来れなかった受。
そんな自立した大人同士が、一見ドライだけど実は本気の恋愛をする過程には大変悶えささられました。若造にはできない恋愛だな〜って感じ。

ただ惜しむらくはページ数が足りない!!!

お仕事関係のエピソードも、ページ数がもっとあれば、もっと盛り上がりそうな美味しいネタでいっぱいだったし、二人が本気になる過程もちょっと端折られた感があって、最後が少し尻きれトンボという感じがしました。

キャラが脇役含めてそれぞれに魅力的だし、何より、主役の二人が、絵空事なキャラではなく、とてもリアリティのある良い男たちなので、もっともっと掘り下げたエピソードが読みたいし、ラストが駆け足だったので、その後のエピソードもぜひ読みたいところ。

里さんの作品は、gapsもdogsも、話が続けば続くほど面白くなっている気がするので、是非続編が読みたいです。

15

タイトルからして秀逸

えー。
実はワタクシ、里先生初読みです。
人気作家さまで、「GAPS」という人気シリーズも描かれている里先生ですが、なんとなく手が出なかったんですね。

が、リアル書店でお見掛けし、表紙にどうしようもなく惹かれて購入。レビューで他の作品のスピンオフと知りつつ手にしましたが、前作未読でも問題なく読めました。

上下巻まとめてのレビューです。




エリート銀行員を主人公に据えた今作品。
「エリート」というと、BL作品ではとかくスパダリをイメージしますが、なんていうのかな。

等身大。

そんな言葉がしっくりきました。
エリートがエリートたるゆえん。それは、ひとえに努力あってのこと。そんな地道で、けれど仕事に誇りを持ちプライドをかけ働く男たちのなんとカッコいいことよ。

もうさ、スーツはずるいわー。
カッコよさ倍増するもんな。イケメン×スーツの破壊力をまざまざと見せつけられた感じ。

で。

とにかくタイトルが秀逸だなあと感じました。
『おれが好きなど嗤わせる』。

嗤わせる。

んですよ。

自分「なんか」を好きなの?という、神谷のゲイであることの葛藤。
それを、タイトル一つで表現しきっている。素晴らしいです。

飄々とした神谷の、過去の恋。
じっくり描いているわけではないのに、彼の哀しみが溢れて読者に流れ込んでくる。けれど彼がカッコいいのは、そこから自身で一歩踏み出したこと。その男気にKOされました。

そして、そんな神谷に恋して、グイグイと、けれどきちんとした距離感をもって迫る梶。

38歳同士、次長でもある優秀な銀行員、良い大人でもある、この二人。
モダモダすれ違う、その感情はなんて言えばいいのかな。

駆け引き、というのとはちょっと違う気がしました。
大人であるが故の分別、葛藤、そして自分を守る鎧でもあった。もう、傷つきたくない。

けれど、その鎧を突き破ってしまうほどの恋に、彼らは堕ちたんだなあ、と。

初っ端から梶の上に乗っかっちゃう神谷、という二人の関係でありながら、そこに流れるのは紛れもなく純愛であり、オッサンのみっともなくも可愛らしい恋。

いやー。
最高か。

うん。
最高だった…。

『俺が好きなら跪け』も、そして「GAPS」シリーズも、読んでみようと思います。

14

最高だったな

上巻に引き続き下巻へと。
やっぱり2人セットの毎話扉絵が好き。
この2人は向かい合ったり、背中を預けるように並んで立つ姿がすごくしっくり来る。

上巻は、低温のまま大人の恋の駆け引きをする2人にじわりじわりと惹きつけられて下巻へ…
という感じだったのですが、下巻に入った途端にグッと掴まれました。小さな萌えの欠片の散りばめがすごい。こんなのかき集めたくなっちゃう。
いやあ、なんかもう最高だったな…としか言えないんですけど…
仕事が出来る男同士の対等のやり取りがたまらない。年齢設定も良いですよね。
とても良いメンズラブが読めました。最高だった。
上巻のレビューにも書きましたが、今作が初読みの作家様だったんです。初読み作品がこの作品って、すごく贅沢な気がする。
視線や間、余白の取り方も登場人物の感情を想像させてくれる描き方がとても好みでした。
里つばめ先生の別作品も読みたくなってしまったな。

メガバンクのエリート。
ちょっとその辺にはいなさそうだけれど、いそうという絶妙なラインの職業の働く男達を描くのが本当にお上手。
このキャラクター設定で、仕事面よりも恋愛面だけを強く押し出して描いた作品だったのならここまで萌えた…とはなっていなかったと思うんですよね。
「出来る男」な2人に対して説得力のあるお仕事描写と、ある程度社会経験を積んだ38歳同士という、20代でも40代でもない絶妙な年齢設定。
そして、不器用な恋愛模様と個人の内面の掘り下げ。
この3つが揃ってこそのお話だった気がします。
エリートの出来る大人の男2人がこんなにもじれったい恋愛を見せてくれるんですよ…
2人ともすごくかっこいい人なんです。それがきちんと読み手に伝わって来るからこそ、恋愛となるとあまりにも可愛らしくなってしまうギャップがたまらなくて。
周囲の人々を絡めての個々のエピソードも、社会で生きる2人により深みが増して魅力的に見えました。
梶も神谷もどちらも非常に愛おしい人だなあ。
髪を切った梶にどうしようもなく萌えた。

書きたいことはたくさんあるのですけれど、長くなってしまうので…
低温で淡々、けれどじっくりコトコト。
久しぶりにサラリーマンもののとても良いオフィスラブが読めました。
大人だからこその、勢いだけではドンといけないもどかしい恋模様って最高だな。

14

寿命、のびました

まず高飛車なタイトル最高!
表紙2冊ならべてデザイン最高
真面目野郎最高
最高すぎて絶賛べた褒めします!!
好きなタイプのカップル過ぎて
電子まで到底待てませんでした大人のノンケ×ゲイ
同期オフィスラブの今作ですが
里つばめ先生の作品で1番好きかも。。
跪けは軽く超えましたよ。
はあ、よかった。。
もう終始大人リーマンがセクシー過ぎてくらくらしちゃって黙って読んでられませんでした。
里先生のリーマンは本当に絶品ですね。。
本当に良いモノを見た、、
私は梶が刺さって刺さって
んもうへの字型の口がかっこいい!
剣道してた?うんわかる!
下巻は初っ端の会議でこしょこしょ
耳打ちする所からいやーんって感じだし
切ないクライマックスもラストの「好き」が
かき消された演出も憎いっ!
濡れ場も相変わらずエロエロ描写ではないのに
くそえろい。うん、最高かな。
書き下ろしの神谷もかわよかったし
毎章表紙が眼福でした。
作画がよい!
里先生のリーマンは国宝級って事
上下でエピソード、葛藤
盛り沢山ですんごい満足感であります。
ほんとありがとうございます。まじ合掌。
褒めただけの稚拙レビューごめんなさいっ!

13

38歳

38歳!!!上巻の感想書きつつこの2人が38歳という事実を再度噛み締めてくらっくらしてます。はぁ…妹は離婚するし、同期は減ってくし、部下はやんちゃだし、責任はあるし、親も倒れる…そんな年齢で神谷はさ〜初めてさ〜〜あー!!最高!最高!!

あまり取り乱した感想を書かないのですが、なんかもう良すぎて落ち着いてられません。
描き下ろしのケーキのくだり、神谷さん可愛すぎてどうした?電子限定おまけ漫画は2人とも可愛すぎてどうした?

梶さんは元々でろっでろに甘いし、「ごめん」が言えるスーパーいい男でしたけど、これでなんでバツイチなのか。まぁ仕事してるとこまで見てないとアレかな〜部下のポケットにタクシー代突っ込める男はやっぱ独身なのかな〜

心の叫びみたいになってきました。つまり最高でした。

4

好きすぎてたまらない

這本是2020年我最喜歡的漫畫之一,久違被萌到了。比起同系列的俺が好きなら跪け要喜歡一百倍的程度。

首先讓我感嘆一下38歲真是個美妙的年齡,還沒有到40代但也算不上是30代了,這個感覺誰懂!!而且里つばめ老師真的非常會畫社會人,我隔著畫面都能感受到銀行人的辛苦。畫風也非常有特色,比起美麗不如說是耐看型,好喜歡。

劇情方面最喜歡的就是神谷出去找男人回來以後在公寓門口被梶撲倒避孕套掉出來的那一段我的天啊這個男的怎麽這麽bitch而自知!!!真的太喜歡這個角色了,很久沒碰到這麽戳我的受了。梶也非常帥氣,成年人戀愛真的是太美妙了。

好想要這部的續作或者番外啊!!!!!!!!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う