フェロモホリック (2)

pheromo holic

フェロモホリック (2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神80
  • 萌×239
  • 萌17
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
609
評価数
139
平均
4.4 / 5
神率
57.6%
著者
那木渡 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
¥659(税抜)  
ISBN
9784799750353

あらすじ

ライオン種の一世とウサギ種のキメラ・兎和は恋心育み中♥ お付合いまであと一歩…だけど獅子族をタブー視する親戚中から関係を大反対されて!?お付合いの確証と自信が欲しい兎和は「ゴム、使わなくていい」と一世の本気を欲しがるけど兎和を大切にしたい一世の想いとすれ違ってしまう。しかも海兎の監査役・鋭司が一世の仕事や婚約に介入してきて…一世が大好きだから守りたい…兎和が起こした行動は―!?連載時から話題沸騰の超人気作「いせとわ編」完結!

表題作フェロモホリック (2)

獅子雄一世,23歳,獅子族の肉食キメラ,モデル
海野兎和,21歳,海兎族の草食キメラ,モデル

その他の収録作品

  • キングサイズ(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数16

ストーリーがいい!!最高!!

フェロモホリックの世界が本当に面白かったです。
兎和の雑誌の表紙の相手が獅子族の獅子雄一世だと知った時の海兎族みんなのリアクションがよかったです笑 基本リアクションが面白いしうさ耳がかわいかったです!!

一世と兎和はいい雰囲気なのに獅子族と海兎族だから一筋縄ではいかなかったけど、そのいざこざも作り込まれていて面白かったです。設定がいいとどんな展開でも新しく感じて楽しめるなと思いました。
いろいろあってからの本格発情のシーンは盛り上がり倍増って感じで感動しました!ハッピーエンド最高!

兎和のお兄さんの流兎と兎和の元婚約者の冬馬の2人の関係も気になりました!!
まだ読み足りないくらいおもしろかったので続編とか描かれたらいいなとおもいました!

6

兎和が可愛い~!

こちらの本は11月10日に発売された1巻の続きになりますので、未読の方はそちらを先にお読み下さい。

1巻の後半で海兎族と獅子族の恋はタブーだと言われていましたが、2巻最初の方から一族に反対されています。
その中でも海兎族で偉い人の鋭司さんは、えげつないほど二人の妨害をしてきます。

兎和が一世を守ろうと行動するのがいじらしい、でもそれはダメな奴!
最初は反対していた家族が兎和の応援をしてくれて、鋭司さんたちの企みを妨害してくれ、一世に連絡してくれて良かった~!

当て馬の冬馬光くんは、本気で兎和の事をどうにかするつもりはなかったようで、すごく良い人でした。お兄ちゃんの流兎と何かあるようで、ぜひ二人の続編が読みたいです。

兎和は一世の気持ちが分からなくてずっと不安になってましたが、ちゃんと考えてくれていていました。どんなに遠くにいてもすっ飛んで来るのが良い!

1巻ではモデル兎和のカッコいい姿も見られましたが、2巻はほぼ可愛い兎和でした。

1巻と2巻を並べると1枚の絵になってとても素敵です!肌色が多くてちょっと恥ずかしいですがw
でも裏の絵の兎和が好きです。モデルをしている時のカッコいい兎和ではなくて、すっごく優しい笑顔の兎和です。ずっとこうやって笑っていて欲しいです。

6

読み応えありすぎBL

ツイッターで話題になっていて一巻購入してから二巻を購入。
一巻の時は面白かったことは面白かったのですが正直ずっとイチャコラですごく引っかかるものがあった感じでもなく、まだプロローグと言った印象で……その予想が大正解でした。

一巻があるからこそ、二巻のロマンス&ドラマチック展開が最高に熱すぎました。

王道っちゃ王道なんですが、読ませる演出と勢いと展開がジェットコースターに乗ってるドキドキ感で。
エロいはピュアだわ純愛だわかっこいいわかわいいわ他に気になるカップル生まれるわで、カロリーだいぶと持っていかれました。

たしかに画面や展開は勢いに振っていて見にくい部分もありますが、緩急ついてるのでそこまで気にならず。
むしろまだまだ先が読みたいですし、気になるカップルいすぎるし、肉食×肉食とか鳥類はいるのかな?とか、妄想が止まらないです。
続編をとにかく早く読みたいです。

6

この作品は読まなきゃ損!

この作品、ほんと作り込み度がハンパない。
設定が丁寧で細やかに作られていました。特にキャラクター一人一人の設定に熱いこだわりを感じ、主人公を問わずそれぞれキャラクターの思っていることがしっかりと伝わってきて感動しました。

さて、この作品は感想を語るにも並大抵の時間では語り尽くせないと思います。それだけ二冊を通してものすごく濃い、とても濃い内容になっていました。
それでも特にこの2巻が濃い。

2巻では、一世と兎和のすれ違い様がスリリングで、見ていてハラハラさせられました。
好きだからこそ自分のせいで一世が不幸になるのを見たくない…という想いから身を引こうとする受けの兎和。健気で感情移入できました。「バイバイ」の言葉には涙が込み上げて来て見ていてつらかった〜

しかし、そんなハラハラもスパダリ攻めな一世がいるからこそ安心して読め、最後は見事にスッキリできるハピエンもので大満足できました。
いや〜一世がコーフンした時に牙が見えるのめちゃくちゃよかったです。
この二人には末永くラブラブイチャイチャしていてほしいです。

また、発情関係で悩んでそうな兎和の兄と冬馬のカップリングも気になります。この二人の話も早く読みたいなぁ。

この作品をまだ読んでいない方はもったいない!
心の底から推せる一冊でした。

6

自分の情緒が心配になるほど最高

泣けました。
これは「神」をつけざるを得ない!!

1巻で本能ではなく感情で一世を好きだと感じた兎和。
優しく兎和を包み込んでくれる一世も同じ気持ちですとも!と鼻息が荒くなりまくり。
気になるのは「獅子族だけはダメ、絶対!」の理由と、頑なに一世が避妊をすることでした。

2巻は初っ端から泣かせてきます。
自己犠牲に萌える方は確実に泣ける。
兎和目線の前巻の時点ですらだだ漏れ漏れまくっていた一世の愛。
それがさらに増し増しになっている状態で始まるものの、兎和の家では一族が集結して兎和のモデルデビューのお祝いが。
ここで兎和が獅子族と仕事をしていること、しかも付き合っていることがバレてしまいます。
デザイナーをしている叔父が登場するのですが、このひとが海兎族のオーガナイザーというか、馬族と繋がりを作ったり、兎和の婚約者を決めてきたり、ということを取り仕切ってるんだけど、ぐああああ。このひと、嫌い。
ファッション業界での自分の力を使って、兎和と一世を物理的に引き離して、獅子族に資金提供している立場の馬族をけしかけて…、無双状態ですよ。
仕事を詰め込まれて疲れ切っているのに、何かを感じて兎和の元に駆けつける一世が完全に王子様。好きだ!
不安を取り除こうとする一世と対照的に、一世がつらい思いをしないようにって考える兎和の自己犠牲が切ない。
この辺り、もうずっと泣いておりました。
無理。泣かずに読むなんて無理。

一世の惚れ込みっぷりを見たら、自分がボロボロになろうと、一族に脅しをかけられようと、何があっても兎和を選ぶのは一目瞭然なんです。
それだけの大きな愛をもらいながらも、身を引く。
自分一人がしあわせになるために、周囲の全員が、何より一世がつらい思いをするのが耐えられないという一心で、自分の心に踏ん切りをつける兎和が切なさの極みです。
愛を貫き通すのも強さだけど、愛を手放すのもまた強さなんだと感じました。
ただ自分が身を引いて家族の犠牲になることで、一世がどれだけ傷付くかには気付けてないのがもどかしい!

中盤までずっと泣きっぱなし。
コートのシーンなんて、心が千切れて死ぬかと思いました。

いろいろあって、兎和の自己犠牲よりも一世の大きな愛の方が勝った瞬間、既に崩壊していた涙腺が完全に制御不能に。
そして明かされた獅子族と海兎族の因縁は、わたしが想像していたよりもしっかりしたものでした。
詳細は本編でぜひご確認を。
わたしはてっきり叔父が獅子族にはまって、こっぴどく捨てられたことがあるというくらいのものだと思っていたので、完全に私怨だと思っていたんです。
なぜ捻じ曲げられて伝わったのかは謎だけど、伝承なんてそんなものですよね。

はあ、良かった…。
猛獣の一途な溺愛系はたまりませんね…。
愛される側の健気さによるスパイスも格別でした…。
余韻に浸りすぎて「…」なしでは語れない…。
女王フェロモン全開の兎和を前に、獅子の本能が解放された一世にゾクゾクしました。

終わってしまった。
この作品、まだ続きますよね?
兎和のお兄ちゃんと、兎和の婚約者のことも読みたい。
こちらも兄の婚約者と弟の元婚約者という関係だけに、一波乱もふた波乱もありそう。
久々にこんなに泣いて、自分が情緒不安定なんじゃないかと心配になりましたが、良い作品に出会えて大満足です!

4

甘くてエロくてかっこいい

こちらの作家さんの作品は初めて拝読しましたが、
絵に惹かれて購入、
1巻がとても良かったので2巻も即購入!

自分は、オメガバースのようにフェロモンや発情など、
体質のせいでエロい流れになるのは苦手でしたが、
こちらの作品はちゃんとお互いの中身を好きになってくれて
良かったです!
きっかけは体質だったかもしれませんが、
お互いに真摯に向き合ってくれて素敵でした。

受けが一見男らしいのに、攻めと再会した後は
可愛くなっちゃって、そのギャップも萌えでした。
自分の気持ちに素直になって攻めへ尽くそうとしたり、
逆に攻めを想うからこそ離れようとしたり。
ところどころ出てくるウサ耳やしっぽも可愛いv

攻めのほうも、一途に受けを想い続け、
問題を自分で解決して、本当にかっこよかった!

何度も読み返したくなる作品でした。

3

攻めの溺愛ぶりが好き♡

前巻から更に一世の兎和への溺愛ぶりが素晴らしいのと、スパダリぶりがますます進化してました。

一世の兎和を見る目が好きだし、久しぶりにヒットする攻めに出会いました。
初心だった兎和が一世を愛する事によって、撮影時に艶やかになって行くのも素敵でした。

海兎族の監査役の鋭司が最初は表情が不気味すぎて、え?ホラー?って途中で戸惑ってしまいましたが(www)、最後にはただの叔父ばかだった事が分かって安心しました。
しかし、海兎族の言い伝えがおかしいと気が付いて調べた一世はグッジョブでした。
兎和も一生懸命頑張っていたけど、やはりまだまだ甘ちゃんでした。
何だかんだと獅子族を怖がっていたのに、最後には兎和の気持ちを優先する両親も兄の流兎も素敵でした。

気になっていた兎和の婚約者の馬族の光の好きな人がやっぱり想像通りの人だったのも嬉しかったですね。

今回でいせとわ(一世× 兎和)編完結らしいので、次は光達のお話も読みたいと思いました。

ただちょっとだけ気になったのは光を兎和も流兎も名字の冬馬で読んでいた事です。読んでいてややこしかったです。

2

貴方だから恋しい

今回は肉食キメラのモデルと草食キメラのモデルのお話です。

因縁の種族と言う垣根を超えて2人が結ばれるまでと
本編のラブイチャを描いた短編を収録。

受様は"ウサギ"の性欲とオスのみで生まれる"クマノミ"の
妊娠能力を混ぜた海兎族です。

基本は男女で交配しますが
種の特性によっては男同士でも子供を作る事が可能です。

海兎族は大昔、
獅子族のフェロモンに当てられ酷い目に遭ったとされ
海兎族だけで長く繁殖していましたが
そんな一族との生き方を危惧したされた事で
良好な関係のある馬族との婚姻関係も進んでいました。

受様は繁殖に特化した海兎族としての体質を
抑えながらモデルとして活動していたものの
一流モデルとして活躍する獅子族の攻様と
出会った事で彼に惹かれていきます。

そして2人は想いのままに身体を重ねる事となり
受様は攻様とタイアップした雑誌で
モデルとして注目を浴び始めます。

しかし、件の雑誌を見た
一族の監査役は受様と攻様との関係を訝しみ
受様と馬族の婚約を強行に進めるようとします。

そして監査役の目を攻様から逸らそうとした受様は
自分が攻様と正式には付き合っていない状態な事に
気付く事になります。

果たして受様と攻様の恋の行方とは!?

前巻「フェロモホリック(1)」続編にして完結巻です♪

前巻で攻様と再会した途端に
ロックオンされた受様は当初こそ
海兎族と因縁のある獅子族である攻様を避け続けますが
そのフェロモンとモデルとしても煌く攻様に
身体ばかりか心までも惹かれていきます。

しかし、そんな2人の関係は
獅子族をタブー視する一族にはよく思われず
海兎族の監査役は2人を引き離すべく画策、

攻様の仕事にまで影響を与えられそうになった受様は
一族の望む相手との婚姻を決意するのですが
受様に執着する攻様が黙っているはずはありません。

受様が攻様の手を取り
正式にお付き合いをする事となる幕引きまで
ハラハラ&ドキドキ、楽しく読ませて頂きました♪

受様が兎の臆病さを見せながらも
恋した攻様を守るために頑張る姿は
健気で弱者である受様の頑張りは認めますが
恋した人を守るために離れるなんてダメだよ (>_<)

だから最後の最後で攻様を求め、
受様に求められた攻様が乱入した時には
お約束展開だけどすっごく萌えました♡

攻様が受様を馬族の婚約者から
かっ攫って自分のモノだと主張するだけはなく
自分との関係を一族に認めさせるために
奔走していたのがすごく格好良かったです。

エロも濃ゆくておいしく堪能させて頂きました♡

受様が馬族と婚姻する事となったのには
受様兄か関係しているようでしたが
そんなこんなも絡めた彼の恋バナもぜひ読みたいです♪

2

兄さんところのカプが気になってしかたない読後でございます。
ほら、馬並ってことばがあるじゃn・・(殴
なんやかんやどのキャラクターもキャラがたっててよかった。

本編。
結ばれてからの兎さんの変わりようがすごいv
メロメロな展開を可愛いとみるのかどうなのかというところですが。
個人的にはずっと一途に想い続けて大事に受のことみてる
攻がすごく好きでした。
しょっぱなの再会の時とは印象かわりました。
海兎が獅子と結ばれてはいけない理由も良かった。

二人の本当の出会いと
運命と。
ストーリーとしても面白かった。
何度か読み返したい作品

0

いせとわカップルのフェロモンに魅了される

獅子雄一世が好きだ。
兎和のことをひたすらに大事に、大切に想いながら、時にはべたべたに甘やかしたり、仕事はきっちりこなしたりと、なんというか言葉にならない萌えがぎっしり詰まったキャラクター。
はー…、一途な包容力大の攻めってたまらない。
受けに対して超絶優しく紳士的で真摯な、いわゆるスパダリってやつでした。
そしてやっぱり、ふとした時に赤面する攻めが可愛くて好き。

フェロモホリック、"いせとわ"編の2巻目で完結巻です。
こちら、購入がまだの方や気になっているという方はぜひアニメイトさんの有償特典小冊子付きの購入をおすすめ致します!
1巻に引き続き、どうしようもなく惹かれ合う2人がものすごく可愛らしくて微笑ましい。
すれ違いはあれど、基本的にはラブがいっぱいです。
濃厚なベッドシーンとは裏腹に、かなりピュアな2人のやり取りにこれまた萌えてしまうんだなあ。
もちろんえっちも愛たっぷりで素敵なんですけど、それ以上に日常のちょっとした触れ合いと会話がじわじわ来る可愛さで、なんだかもう2人まとめて可愛くて萌えた…
服とアクセサリーを交換するシーンが好きです。
兎和のモデル時と一世の前での表情のギャップも可愛らしいの極み。

そんな愛を育む2人に、前巻からほのめかされていた家や種族の壁・言い伝えが立ちはだかり…と、概ね想定内の展開に。
ドンと来る意外性はありませんでしたが、一世と兎和の恋の行方に焦点を当てたお話としては、盛り上がりもありつつすっきりとした綺麗なまとまり方でとても良かったです。
が、個人的にはもうちょっとだけひねりが欲しかったのも正直なところなので、限りなく神に近いこちらの評価で。
お互いを純粋に想い合う2人を阻む試練を彼らは一体どう乗り越えていくのか?
それはぜひ、あなたの目で確かめて見てください。

それから、前巻でビジュアルがド好みだった、兎和の許嫁であり冬馬製薬の次男坊・光くん。
いやもう、2巻を読んでみたら更に好きなキャラクターになってしまった。ふーん…良い男じゃん…
発言の中にちらほらと別のドラマを感じさせるものがあったり、彼もとある人と何かある予感しかないですよね。
これは、スピンオフか新たなフェロモホリックの世界を期待しても良い感じでしょうか!と、ドキドキ。
キャラクターも設定も魅力的なので、一世と兎和のその後の甘い生活ももっと読んでみたいですし、別のキャラクター達のお話も読んでみたいななんて。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う