「エッロい嫁だな 最高かよ」

離婚しやがれ、α様 love nest

rikon shiyagare, alpha sama

離婚しやがれ、α様 love nest
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×217
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

68

レビュー数
11
得点
236
評価数
55
平均
4.3 / 5
神率
52.7%
著者
紺色ルナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
彗星社
レーベル
Continuer.
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784434333101

あらすじ

無事に離婚危機を乗り越えた天星とレイ。
ハネムーン先で甘い新婚生活をやり直す2人の次の願いは
新しい家族を作ることだった。

「一滴もらさず注いでやる」
南国リゾート、おうちでと昼夜問わず子作りH三昧!!
運命の番として夫夫として、未来を思い幸せを噛み締める2人。
しかし、レイの身体に異変が…それはまさかのβ化の兆候で――!!

新たな離婚危機発生…!?
新感覚と話題を呼んだ「離婚オメガバース」のその先を描く、
やり直し新婚編!

描き下ろしは、ハピえろ満載な「愛の巣は今日もお盛ん」を収録!

表題作離婚しやがれ、α様 love nest

西園寺 天星、α
西園寺レイ、後天性Ω症候群,元β

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数11

その後の蜜月編

離婚の危機から始まる拗らせ番同士の物語。
前巻でハッピーエンドを迎えていたと思っていたけれど…
さらにその後の蜜月が見られるなんて…
若干の糖分不足を感じていただけに嬉しすぎました。

今巻も新婚旅行からスタートし、
さっそくイチャラブを見せつけてくれる天星とレイ。

今後の子作り計画の話題なんかも出たりしちゃって、
この調子で糖分を過剰摂取していたい…と思いきや、
レイの発情期が遅れ…とまたもや一波乱の予感。

ただただ甘々なだけではなく、
互いを想い合う夫夫の絆が描かれていて
ちょっとぎゅんっときちゃいました。

ページ数の関係なのかな?
ちょっとストーリーが性急な気がしないでもなかったけれど、
ラストでは完全無欠すぎるハッピーエンドを迎え、多幸感で満たされました。

電子版ではさらにその後の二人のイチャ甘番外編なども
出ているらしいのでそちらも併せて読んでみたいと思います♪

0

離婚しやがれ、α様 love nest

エッロイ嫁、最高でした
とにかくエロくて可愛くてすごく良かった

続編が読めて嬉しい
イチャイチャが見られて大満足です
本当に可愛い二人

二人の同級生が波乱を起こそうと奮闘しますが
二人の絆は固かった
このお話オメガバの設定がすごく上手く作られているので
それぞれの気持ちがとても良く伝わる
いろいろと想像させるのが上手い

仲良しの二人が堪能できて良かったです
お兄ちゃんも出てきて、あんなことになってたので
今度はお兄ちゃんのお話が読めたりするのかしらと
期待せずにはいられません

2

知りたかった事が知れたが…

冒頭からイチャイチャ感満載で戸惑ってしまい、前巻を読み直してから再び読み進めました。
ハネムーンでの幸せ一杯な2人の様子を見て安心したんですよ。過去あれだけすれ違っていたからやっと落ち着いたのかと…。

ですが私の読みは甘かったです。再びのレイのベータ化なんて、神様はまたしても試練を与えるのかと。

でもですね、天星には信頼感があるので何の心配もしてませんでした。彼のレイに対する並々ならぬ執着は分かってますから。

ここでマンネリにしないのが紺色ルナ先生の凄いところで、高校の同級生の宝生を登場させるところで第三者の目を通しての2人を知る事が出来るんですよ!宝生から見た高校時代の2人の関係に激萌でした。当時から宝生を牽制してた天星にも激萌です。

そして前巻で気になってた天星のお兄さんのその後に驚愕しました。知りたかった事が知れたのですが想像も出来なかった展開です。

今巻の激萌ポイントはバースに囚われない思いを確かめ合ってからのレイの変化でした。これこそが運命なのでしょうね。

2人の子どもたちとお兄さんの関係にホッコリして、やはりこのお話が好きだと思いました。
しかし、息子たちが居なくなった西園寺の実家はどうなってるんでしょうね。いつかその辺も読んでみたいです。あの両親に天誅を!www

1

続編!!

続編では離婚危機を乗り越えた天星くんとレイくんのラブラブ&イチャイチャがたまりません。
しかし今回はレイくんにベータ化の兆候でシリアスな場面も。
一人悩み苦しむレイくんの姿に辛くなったりもしました。しかしそんなレイくんのことを何でもお見通しの天星くん。
もしも子供が出来ないことになってもレイくんと一生居る覚悟をする姿にすごく感動しました。
天星くんのレイくんへの深い深い愛をすごく感じました。こんなに大切に思われているレイくんが羨ましいです。
しかし最後は子宝に恵まれ、幸せな家族の様子が見ることができて本当に良かったです。
宝生くんが撮ってくれた家族写真最高!
幸せいっぱいがすごく伝わってきてパッピーな気持ちになりました。
最高のパッピーエンドで良かったです。

3

えっ…?! まさかの展開にドキッとさせられた続編でした。

前巻で、番の解消の申し出―いわゆる離婚危機から無事脱出し、新婚に戻った2人。


続編では、いちゃラブハネムーンから始まります。
子作りしようと天星に提案され、もちろん頷くレイ。


そこで偶然9年ぶりに再会した、2人の高校の同級生で、とくにレイと仲良かった現在売れっ子カメラマンでベータの宝生が登場。

前巻で、レイに最低な仕打ちをした天星兄が、なんとビッチングしていてオメガに。


同時に、レイの身体にも異変が起きており、不安が。
宝生に相談するが、、、


紙コミックスの帯に、「新婚、全力子作り♡」とあったので、てっきり甘々イチャイチャな1冊かと思いきや、意外とヘビーな展開でびっくりしました。


前巻でも切ない展開からやっと両想いであることが判明したのに、今回もまた激動展開になっちゃうの?!! とハラハラしましたが、最後の最後には、帯通りに上手く完結して、ほっ…と安堵しました。

宝生に対峙する天星の告白を、レイがこっそり聴いているのが分かってるシーンとか最高でした(泣き)!


最後まで気が抜けないお話でしたね。

でも、今回もジェットコースター? 展開面白かったです♡
そして、無事に5人くらいの大家族作れていて良かったです!

1

オメガバースのいいところがいっぱい詰まってる

うぁぁ〜…めっちゃ良かったぁ〜(うるうる)

男とか女とかαとかΩとかβとか…そんな性差なんか関係なく、1人の人間として好きな人を愛し守ろうとする強い気持ちに涙ジョバジョバです。
αだから絶対番はΩ!っていう固定概念をぶっ壊して、自分の気持ちや相手の気持ちを一番に大事にして心から繋がり合うことが、本当の意味での"番"関係だと、天星とレイの2人が思わせてくれました。

天星がカッコよくて立派すぎて惚れるー!
本能でも理性でも"Ωのレイ"じゃなくて、レイという1人の人間をただ求めてるだけ。しかも激しく濃厚に…。1巻でもそれは分かってたけど、2巻でも見せつけてくれました。
これぞαの中のα。そこら辺の小物αとは比べものにならない格の違いに、全身がシビれました。めちゃくちゃカッコいい〜♪( ´▽`)


今巻はレイがβに戻るのか…っていうのが大きな焦点で、2人の絆が試される見どころいっぱいなストーリーになっています。
子どもを考えるのならレイがΩでなければいけないわけで、好きな人との子どもを望めないかもしれない、そうなったら別れなきゃいけないかも…といったネガティブな感情が渦巻く展開にハラハラいっぱいですら。

賑やかな家族を意識した途端の切ない状況は読者からしても落ち込みますが、天星ならきっと……という期待に縋ってひたすら見守りました。
ネタバレ的にはハピエンです。それを聞くとどんなな結末になるのかは大体予想がつくと思いますが、でもぜひ!本編にて感動のシーンを味わって欲しいし、そこに行き着くまでの複雑な心理描写に触れてもらいたいなと思います。


ラブラブもあり切なさもありで、色んな感情が揺さぶられる一冊でした。番になった楽しさや嬉しさのポジティブ感情も、番だからこその苦しみに直面してしまうネガティブな感情も大いに堪能しました。

天星のお兄ちゃんの件は、どどどビックリ!
今作の中で一番驚きました。でも2人と良い関係に結びついて嬉しくなったし、最高でした。
お兄ちゃんのスピンオフ…あるかなとこっそり期待してます^ ^

0

続巻といえば不穏

地固まった天星とレイの、遅ればせ甘々新婚生活の始まり〜編。
といってもただ甘々のラブラブだけでは終わらない。
だって続巻だもの。波乱はあるあるでしょう!
とは言え、続編イコール波乱イコール当て馬or遠距離orアレコレ、だったらウ〜ンという気分もありつつ。
さて、本作。
冒頭は超甘々の南の島ハネムーンから。
溢れる想いと溺れるほどの快楽、もっと結びつきたいという本能か。

「子供 作らねーか」

自分が産める性である幸せを感じるレイ。だがしかし…⁉︎
…という感じで、不穏が忍び寄ってくるわけです。
最も大きな不穏は…
レイがβに逆戻り⁈
そんなのアリ⁇ βに戻ったら子供は産めない。天星の家族を作れない。
天星に言えず、一人で不安を抱えて。
…と、「波乱/ドラマチック展開」はそれだけではなく。
お決まりの当て馬風人物や、天星の兄に起きた事件など盛り沢山です。
まぁ…天星の深い愛情がありますのでね。まるっとハッピーエンドですけど。
途中のタカラの思わせぶりは一体なんだったのかとか、ちょっと曖昧な部分もあり。

さて、お子も無事産まれもう何の心配もない天星xレイは置いといて、「天星兄」が超気になってるんですよ…
そんな事になったお相手はどんな奴なのか。これからどうなっていくのか。
知りたい知りたい!

1

意外や意外

オメガバースをそう使うのか っていう突飛で斬新だったお話の続き

正直人気があったから続編いきましょうにありがちな 温泉・当て馬・家族の出現は覚悟して買うんだけど 元のよさにやっばり期待値はあがったんだと思うんですよね


だがしかし 期待は裏切られなかった 

いや確かに 想定の範囲内がゴロゴロしてて 予想どおりの当て馬に元ネタクズ兄貴登場
ここまでお膳立てされりゃベタなすれ違いがくんだろ?っていう

アマかった あたしがアマかったッ! Orz 悪かったよアマ読みして


後天性のΩの再利用にも頭が下がるんだけど 大事な人の事を誰よりもわかってる旦那って見せ場のつくり方
欲しいものは大事なもの以上にはない ってのにグッときてしまった

てか 元話より勢いはないし 和解させるためだけに駆り出された兄貴は取扱いに困るし
あぁこれ 兄貴と当て馬でワンチャンありそうだよね ってゆう邪念が

まぁ 当て馬と兄貴くっつけるなら別タイトルでお願いしたいけど……買っちゃいそうだな 別タイトルになっても
だってさ αからΩへのバース転換なんて早々にお目にかかれなさそうだし

なんだかんだ やんちゃで強気な旦那が子どもに振り回されながら親になっていくのもみたいし 自分の望む幸せな家庭をどう守っていくのかもみたいし
あたし 自分が思ってる以上にこのお話好きなんだろうな えぇ たまにお話がエロに邪魔されるの込みでw

いやぁ くるのかな続き 兄貴はありそうだけど
まぁ 電子で番外編でてるみたいなので この子達はここまでなのかしらね

0

離婚からその先・・・幸せ溢れる未来へ

【俺はお前と新しく・・・家族が作りたい(天星)】

エロス度★★★★★★★★

おやおや、離婚騒動を経ての天星とレイのやり直し新婚編が読めるとは感無量ですね。
危機を乗り越えて一層深まった2人の愛と絆・・・実に素晴らしい。

素直になったレイが天星に甘えたり煽ったりする可愛さ。
さらに天星からの極上の溺愛っぷりに悶えまくりで、新たな家族を作ろうとする幸せがたまりませんね。

高校時代の同級生・宝生がこれでもかとレイに接近して天星を煽るのも美味しく、離婚以上の危機が天星とレイに降りかかるハラハラさも切なさを含んだりしていてグッときました。

ダーリン呼びはやはり萌える。

0

親友を失って運命の番を得てーーーそして現在。

2冊纏めて通しで読んだ神評価です。
念のため書いておくと、こちらは続編(2巻)です。
無印の「離婚しやがれ、α様」から是非どうぞ…!

2冊まとめてのレビューになるんですが、
めっっっっちゃ良かったです(∩´///`∩)

βからΩへの変性をキッカケに
幼馴染みで親友だった相手と番になる。
今まで築いてきた関係が崩れてしまう。
幼馴染みとしても、親友としても、番としてもどれも中途半端な結果に。

『俺は親友を失って運命の番を手に入れた』

↑これがもぉぉ刺さりに刺さりました(;///;)
上手く言語化出来ないけれど情緒乱れませんか?
親友と番を両方得ようとする器用さがなく、
愛情表現がとてもとてもとても下手なんです…!

(とくに攻めの愛情表現は、)
(不器用を通り越して傲慢ですらある。。。)

そんな紆余曲折がある無印(1巻)を経て、
今作は彼等の関係に強い絆と深まりを感じます。
二度と同じ過ちは繰り返さず愛情表現を第一に。
イチャラブ満載で終始ニヤニヤニヤニヤしました////

ページ数は166ほどで紙本の厚さは薄いのかな?
ストーリー展開はポンポンと進んでいきます。


さてさて。

夫夫として仲良く歩み始めた2人は
そろそろ子作りをしようかと家族計画を始めます。
しかしレイの身体はΩからβに戻りつつあって…。

βに戻れば子どもは出来ない。
番契約も終わってしまう。

そんなこんなで
レイが変化する身体の不安を抱えていたり、
高校時代の同級生が登場して絡んできたり、
天星のお兄さんが意外な形で再登場したり、
と色々ありつつお話が展開します。


続編の良さがありましたねー!
壁が立ちはだかっても前とは違うんですよ。
天星が頼もしくカッコ良くて驚きましたw
慈しむのような愛情も見られて大満足です////

また、
天星がレイに惹かれた部分も良く伝わります。
明るくて、家族に愛されて育って、懐が深い。
人と人を繋ぐ架け橋のような優しさがグッときました。

そして個人的にツボだったのが
天星とレイの関係を第三者視点で見られたこと…!

今作で登場する同級生・タカラは
レイの不安を煽るところが正直嫌いなんですが、
タカラの目を通した天星×レイの姿は萌え!!!

(特に高校時代の両片想い感~!!!)
(ほんの少しだったけどめっちゃ萌えた////)

天星を好きだからこそ何も話せないレイと、
レイの気持ちを一番に考えている天星の愛情。
好きと優しさが合わさった関係に昇華されてすごく良かったです(∩´///`∩)スキ!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う