ヒズ・リトル・アンバー 下

his little umber

ヒズ・リトル・アンバー 下
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神391
  • 萌×281
  • 萌25
  • 中立9
  • しゅみじゃない4

69

レビュー数
54
得点
2363
評価数
510
平均
4.7 / 5
神率
76.7%
著者
ナツメカズキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
光文社
レーベル
光文社BLコミックス
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784334101138

あらすじ

堕ちてきた男と独りだった男。

琥士郎(こうしろう)は、天界で罪を犯し地上に堕とされていた。
源慈(げんじ)との逃避行を幸せに感じたのもつかの間、ひどくなる背中の傷の痛みに、ひとり苦しみ耐える琥士郎。
源慈は自らを思うがゆえのその姿を目の当たりにし、口づけるが……。

"選択"はいつも誰かが誰かを思ってのものだった――琥士郎の犯した罪の真相が明かされるとき、源慈もまた最後の選択を迫られる。
心揺さぶる完結編!

表題作ヒズ・リトル・アンバー 下

源慈,元ヤクザの道具屋
琥士郎,豹に変化出来る青年

その他の収録作品

  • memento.BED 2021(描き下ろし)
  • OMAKE vol.2(描き下ろし)

レビュー投稿数54

難しい事何も考えずに読めます。

上下巻まとめての感想です。

人が豹になる設定に、古のテレビドラマ『闇のパープルアイ』を思い出しつつ、なんか激しい物語なのかな? と思ったらそんなこともなく、ぼんやりとした概念商業BLをまんま絵に描いたような話でした。

絵がめちゃめちゃ綺麗です。豹がけっこうリアルに豹! って感じで、特に膝関節の辺りとか首筋のところとかが最高です。動物好きにはたまらないと思います。

一番好きなシーンは源慈の膝の上でごろんごろんする豹化琥士郎のところです。リアル豹なのに表情がでれんでれんに融けてる。精悍な野性動物のはずなのに、極めつけの駄犬みたいな顔になっちゃって。そんな情けない様に覚える、背徳的な喜びよ……。

ストーリーは上記の通り概念商業BLストーリーなので、端から端まで既視感がすごくて、しかしここまで何処かで見たネタを豪速球でビシバシ投げまくって来るのは逆に凄いのかもしれない……数打ちゃ当たるならぬ数打ちゃ蜂の巣ってやつだ……と正直自分を奮い立たせて頑張って読みました。ぶっちゃけ、頑張らないとちょっと難しかった……。

豹、だと思っていた琥士郎が実は天使のようなものだと発覚したところで、私は考えるのをやめました。これは考えるな! 感じろ!、系のお話なのね!? 固いことは抜き抜き! 固いものは抜き抜き……。そういうことだったのかぁ。

と悟って以降は楽しく読めました。

人生に疲れて息抜きと癒しを求めている、動物好きで疑似親子萌えの癖をお持ちの方におすすめです。



0

点と点が綺麗に繋がった!

1999年の大晦日、なぜ琥士郎が豹の姿で源慈の前に現れたのか。下巻では、それぞれの過去が明らかになり、そして繋がります。

お互いを想うがゆえのすれ違い、そして選択。2人は離れ離れになるかと思いきや、最後は安心のハッピーエンドです。火が燃え移ろうと琥士郎から手を離さない源慈の男気、最高でした!2人が初めて繋がるシーンも濃厚でよかったです。

源慈の亡き妻・椿さんや、天界のお兄様&その恋人、2人を取り巻く人たちなど、それぞれにきちんと役割があって、最後にはどのキャラも愛おしくなりました。源慈と琥士郎が世界のどこかで、幸せに過ごしていますように!

0

わーわー最高でしかない

下巻も最高過ぎました。サブの時雨さんがかっこいいのはもちろん他の登場キャラたちもどれも魅力的で最高です。
今回の虎(か、人間か分からない)にされてしまった天使設定が本当これもまた魅力的かつ圧倒的な面白さでした!
絵が元々好みなのはもちろん上はストーリー重視中心でしたが、下ではストーリーはもちろんえろも濃厚かつ二人が、どれだけ愛し合ってるのかが分かる描写に本当に最高の言葉しか出てこないです。
初回限定版小冊子はえろかと思いきや二人のエピソードではありましたが、これもまた最高に二人に浸らせてくれるものでした。

0

そうくるか

上巻同様に自分には合わなかったということをつづる内容になっていますので、ご容赦ください。
上下巻作品は両方買ってから読み始める性分なので、上巻で終われず。上巻で合わないな〜と思っても、下巻で刺さるシーンが突如現れる可能性も僅かながらある。

さて、下巻。天使を持ってきちゃったか〜〜〜〜。BLに限らず数多あるわけです、天使を扱う作品は。天使なんて存在だけでロマンチックなわけで、羽根をとばせば作画もそりゃ映える。そんな沢山の天使作品を読んできた中でこちらは自分の琴線には触れず。それでいいなら最初からのすったもんだはなんだったんだ。逃避行ものとしても、天使ものとしても、獣化ものとしても寄せ集めた結果、中途半端だったなぁ。

期待した結果の落差であり、ここまで皆さんの評価が高いところを見ると、自分が追いつけなかったのでしょう。そういうこともある。

6

No Title

毎ページ号泣してたのでなかなか先に進めなかったです。こんなに泣いた作品は久しぶりでした。
上下巻そんなに厚めじゃないからサラッと読めるかな?と思ってたけど大間違い!内容が厚み以上に濃くて良い!!
予備知識なく購入しましたが、買って大満足でした。涙腺弱い方は本当に注意してください(笑)

2

癒し本

本来は黒髪細身ちっこい受けが好きなんです私。
でも!こちらの琥士郎ちゃんは!!
けっこうガチガチ良い筋肉してますけども!
かわい~♡のなんの。
表紙のハードめなタッチからは想像できない癒し成分多めの読後感。
ところどころ出てくるちびっ子琥士郎と豹のもふもふ加減にキュンでした
お話がテンポよく進み、おお!そこで琥士郎とつばきさんが絡んでくるのね!背中の傷はそういうことだったのね!と一気に読んでしまいました。
年月を重ねたふたりもどちらもめちゃかっこいーな!!とすぐに2周目突入したのであります♡

2

2人でずっと生きていく

寂しがり屋で、どこかが欠けたような2人が寄り添って温め合って、一緒に生きていく、痛いけれど優しくて温かくて、読み終わったあと幸せになれるBLです。

受け様は、人外。
幼少期に攻め様に拾われるため、育ての親と子供のような関係性です。
そんな親子のような2人が、成長することにより関係性が変化してゆく…!
すごい萌える展開です!

ただ恋になっていくだけではなく、攻め様と受け様それぞれが抱えていた過去が明らかになっていき…。

一筋縄じゃ行かない、簡単にはハッピーエンドを迎えられない、そんな読み応えのある展開でした。

自分の全てをかけてもいい、それでも相手の幸せを願いたい。
そんな相手がいるって素敵だな。

2

うさぎドロップ

ナツメ先生は作家買いです。
みんなが待ってた話題作ですよね。
無愛想な男やもめ…色気やばって
1か月以上も積んじゃってたけど
絶対間違いないって思うじゃん。
圧倒的画力で最高にセクシーな男たち。
攻めも受けも素敵すぎるビジュ。
ばりばりファンタジーの世界なんですよね。
ケモかと思ったら天使なんだ…
めちゃ設定盛り盛りよね。
発情期ネタとかおいしいなあ〜
ナツメ先生の過去作が好きだけど
正直今回は読んでみて2巻なのになんだか浅く感じてしまいました。
ケモで天使で盛り盛り設定の時からついていけて
なかったし子供から育てた男を
しかも五年ってあっという間だから
ついこないだまで子供だったのに
いくら愛されてもノンケの妻を五年忘れられなかった男が抱く?美人だから抱いちゃうか!
ってとこに違和感感じてだめでした。
あれですよね義理父×義理息子萌え。
まあBLはファンタジーまんまな物語だから
合わない人もいて…
神作って声がすごいけど
みんなの泣きどころはどこ?
お互いを思う一途な思い?
死ぬかもしれないのに選んだところかな?
なんかはまれなくて残念無念。
特装版おまけ小冊子はショタケモぴんくで
かわいいね。

10

絶対泣く

読み返すたびに涙なくしては、って感じ。
琥ちゃんと源慈の想いに涙ボロボロしながら読んでます。

1

ナツメカズキ先生は素晴らしい

めちゃくちゃ泣きました。毎回この作家さんの作品は心にグサグサ刺さるので覚悟して読みました。大好きです。これからも応援してます!!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う