ヒズ・リトル・アンバー memento.KITTY

his little amber memento.KITTY

ヒズ・リトル・アンバー memento.KITTY
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神115
  • 萌×225
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
19
得点
683
評価数
144
平均
4.8 / 5
神率
79.9%
著者
ナツメカズキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
光文社
レーベル
光文社BLコミックス
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

チビ豹の琥士郎は、大好きな源慈の手を見てあることに気づき――? ふたりが出会ったばかりのころのお話。※本電子書籍は紙コミックス『初回限定特装版 ヒズ・リトル・アンバー』付属の小冊子「memento.KITTY」と同じ内容です。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

表題作ヒズ・リトル・アンバー memento.KITTY

源慈,元ヤクザの道具屋
琥士郎,豹に変化する少年

レビュー投稿数19

チビ琥士郎が可愛くて切なくて尊い(;////;)

電子だと単話になるのかな…?
紙本の場合は『特装版』に入っている小冊子です!

(特装版は上下巻+小冊子が一纏めになっています。)
(通常版はバラ売りなので間違えないと思いますが、)
(紙版購入の際は要確認です)

個人的には本編に入ってないのが不思議なレベルで
「これ大切なエピじゃん~~~!。゚(゚´Д`゚)゚。」
って叫ばずには居られなかったです。

琥士郎がチビッコ時代のお話になりますので、
コワモテ×チビッコの絡みがお好きな方は是非~♪


(以下ネタバレ注意)


上巻冒頭、
琥士郎と出会った時は源慈の指輪の痕だけでしたが、
5年後に切り替わるとシッカリと指輪が光ってます。

外していた指輪を再度付けるまで
どんな経緯があったのかが描かれていました。


幼い琥士郎はまだ源慈の過去など知らなくて、
喜んで貰えると思った行動が逆に源慈を怒らせて…。
琥士郎のいじらしさが切なくて涙が出てくる;;

(この場面に限って言えば源慈に張り手をしたい)
(源慈の気持ちもわかるよ?でもさ、)
(何も知らない子どもに八つ当たりしたのと同じやで?)

源慈の大事な指輪が握られたちっちゃいお手々。
よだれと泥まみれで泣かせるんだよ~~~~~!!!
このシーンはアカン。涙腺崩壊した。こういうの弱い。

琥士郎が福の神ってのは言い得て妙かもしれませんね。
(絶妙に合ってるし。時雨さん鋭いな…w)

琥士郎と出会わなければ今の源慈は居なかったと思うと
良かったねぇぇぇぇ!!!(;///;)って情緒乱れるわ。

そんで琥士郎がひたすら可愛かった。
とにかく可愛くて可愛くて仕方なかった。
チビッコ時代の琥士郎も大好きなので、
キュンキュンしながら何度も読み返してウルウルしてます。

6

必読エピソード…!

こちら、初回限定特装版に付いている小冊子です。
(以下ネタバレ入っています)
======================




源慈の指輪についてのエピソード。
このエピソードだけで、源慈がどれだけ指輪の相手を想っていたのかひしひしと伝わって来ます‥切ない。。

そして子供時代のコーちゃんの可愛らしさが溢れて、天井突き抜けております。

源氏の指輪について、事情をまだ何も知らないコー。
源慈に褒められようと、見つけた指輪を持って来たり、ドブに落としてしまった指輪を懸命に拾って舐め舐め(!)して綺麗にして、「大丈夫だよ」と言って渡す健気さに、なんだろうもおう胸がきゅーんとします。
そうか胸が締め付けられるってこういうことか…

そして、指輪大丈夫だよ、と言いかけるコーを抱きしめて「無事でよかった」と呟く源慈。コーのことを本当に大切に大切に想っているんですよね。不器用な姿が愛おしいです。

癒し効果抜群のこちらの小冊子。
心がちょっと疲れた時に、何度も読み返しちゃうと思います。

5

子豹と若かりしゲンジ、最高…!!!

本編内で子豹やショタコウシロウに癒された人も少なくないはず!!!あまりにも可愛くこの時期の2人でほんわか日常ものを1冊読みたいと思うほどの癒し力…

それを初回限定特典冊子で実現してくれたことに感謝しかありません!!!
可愛いとか癒し〜とかそういう喜びはもちろんのこと、つばきさんのことをゲンジが過去にどんな風に引きずっていたのか、そしてそれをコウシロウがどんな風に救っていったのか、その一部を除くことができるのでゲンジが救われたんだということの解像度が爆上がりします。より本編の重みが増す…!!!

間違いなく本編と合わせて必読な1冊です!!

4

可愛いと思ったら最後は号泣

本編「ヒズ・リトル・アンバー」過去のお話です。
全力で色気溢れる男達を描かれる先生…、1ページ目で…まず可愛さがスケールアウトしてます。あの色男の神のナツメ先生が…こんな可愛いまでハイスペックだと…もう…神です(語彙力)

琥士郎の小さい頃のお話なので、とにかく可愛い、とにかく可愛い、とにかく可愛いのですが、後半になるにつれ、可愛さと愛しさとエモさと…源慈さんが琥士郎を見つけるシーンからはもう…涙涙で…!!この短編でこんなに笑って泣いて笑ってを繰り返させて下さる先生はやっぱりすごいなぁと実感した小冊子でした。

ナツメカズキ先生の真骨頂、色気と、反則級の可愛さ、控えめに言って最高です…!!!

4

可愛い!琥士郎!!

もう泣かせないでくださいっっっ!!!
本当に先生の世界観とても素敵です!!!

本編に是非とも追加してほしいくらい
本当に琥士郎が健気で可愛くて
二人にとって大事なお話だと思います。
源慈の薬指の指輪の意味、
琥士郎の思いとか色々感じて。。。
本当に胸が締め付けられて泣いてしまいました。

本編しか読んでいない人にもぜひ読んでもらいたいです。
本編の下巻を読んでると、ちび琥士郎や豹琥士郎が恋しくなってくるのでぜひともこちらをオススメします!!!

4

孤独なおにいさんと豹のお子様のかわゆいお話

以前にも触れましたが、基本、私は人間と獣人のお話は少々苦手でして・・・
ですが、この物語は・・・もちのろん、大好きです!ナツメ先生の描かれる豹、とても可愛くてかっこいい!

源慈さん、そして私も、琥ちゃんが猫であろうと、豹であろうと、天使であろうと、何であろうと可愛くて愛しいのです!

いつもいつも元気でいたずらっ子でどこか健気な琥ちゃん。子どもながらに、源慈さんの心の闇、心の傷に気付いていて寄り添おうとする。だから、いつも源慈さんのそばにいて、源慈さんを笑顔に、源慈さんに喜んでほしくて・・・

琥ちゃんが、つばきさんとの結婚指輪を源慈さんに渡した所までは切なくてキュンとしていたのに、指輪を落っことしてからの・・・さすが、野生の琥ちゃん、ペロペロ舐めて汚れをおとす・・・この下りにギャップ萌え&大爆笑しちゃいました。

”ずっとそばにいてやる”
二人は固~い絆で結ばれていますが、琥ちゃんがいないとダメなのは、源慈さんの方なんですよね。

もっともっと読みたかった。不器用なおにいさんとかわゆいお子様二人のわちゃわちゃほっこりする姿を。もう寂しくて、寂しくて・・・連載が終了したばかりですが、ナツメ先生、また彼らをメインでカンバックトゥミーです!

3

何度読んでも飽きない

源慈×琥士郎

絶対に読むべき
源慈とチビ琥士郎の昔のお話。

源慈の指輪の意味が・・・
亡き奥様から導きを感じさせるような
ほんのりとした愛が、
胸がキュンキュンして泣けてくる!

源慈を喜ばせたい琥士郎の純粋な心、一途な気持ちと、
源慈の父性全開が交わってジーンとくる!

琥士郎の源慈へのピュアな好き好きっぷりが、
可愛くて切なくてほっこりして心を打つ!
幸せになる道として、
2人の繋がりが本当に心温まるもので、
何度読んでも飽きない小冊子でした!

3

チビ琥士郎が超キュートな番外編♪

初回限定特装版の紙本についてきた小冊子を読みました。ピンクの紙で可愛らしい♪
表紙を入れて全18ページ。

琥士郎が小さかった頃のエピソードです。

とにかくチビ琥士郎と、変身したチビ豹がめちゃくちゃキュート♡
本編を読んで、もっとチビさん達を読みたかった私にとってはもう幸せ♪

普通のチビ琥士郎、チビ豹姿、あと耳と尻尾の生えた獣人っぽい姿の、かわいい3つの姿が楽しめます。可愛くってほっこりニコニコしてしまいます♪

源慈のシャツの中に入り込んで、首元でひょこっと顔を出すのも可愛いっ♡

あと冒頭で一瞬ですが、源慈のむっちり雄っぱいが拝めます、ラッキー♪w

ストーリーの詳細は控えますが、チビ琥士郎が、源慈のために頑張って、妻との死別後指輪をつけられなかった若い源慈が、再び指輪をつけられるようになるお話。なのでちょっとしんみりした感じもあります。

本編ラストでも思いましたが、妻を亡くして心に傷を負った源慈は、琥士郎の存在に救われているんだなぁと、しみじみ感じました。
少ないページ数で、こんなにしんみり素敵なお話を描ける先生は、やっぱりすごいなぁと思いました。

本編をお好きな方や、小さい琥士郎をもうちょっと見たい方などにぜひおすすめしたい、ほっこり可愛らしい番外編でした♪

※大人の琥士郎は出てこないので、エロはなしです。

3

げんじだいすき

可愛くてハートウォーミングな小冊子。
琥士郎の源慈だーいすきが伝わる温かいショートストーリーです。

ちびっ子琥士郎のいたずらが可愛い〜。
こんな感じでワチャワチャしながら騒がしい生活を送っている日常が微笑ましいです。
源慈の豊かな胸をムニるぷにぷに肉球が既に萌えの塊。すきな人に抱かれて眠る幸せな一コマにニンマリです^ ^♪
そして、源慈の指輪についてのエピソードが語られていました。源慈の妻に対する後ろ向きな気持ちを、少しだけ前向きにしたのは琥士郎のお陰だったんですね。

妻への想いを無理やり封印するより、妻との思い出を日常に感じながら生きる方が素敵だと思います。きっとそれを琥士郎も分かっていたんじゃないかな。
琥士郎と妻との関係を考えると(下巻参照)、琥士郎が指輪を探し出したのも何かの縁なのかなって考えてしまいました。


琥士郎が源慈のことをもっともっとだいすきになったある日の物語です。琥士郎の健気さと源慈の優しさに触れるあったか小冊子です。

2

大切な存在

琥士郎がまだちびだった時のエピソードが描かれていて、
もうずっとずっと長い間、ふたりは同じようにお互いを大切な存在と認識して生きてきたんだなというのが伝わってくるお話になっていました。

腹が立つことがあったり日々すれ違いがあったり、楽しいことが起こるばかりの毎日ではもちろん無いけれど。
態度ではわかりにくくてもなんだかんだ源慈は琥士郎が大事だし、琥士郎はそんな不器用な源慈をよく理解しているのでこれまで支え合ってこれたのだな、と。
ちび琥士郎が源慈の表情を見ただけで彼の心の内側を思い遣れる部分に愛を感じて、めちゃくちゃジーンとしました。

源慈のもとに手のかかる福の神がきてくれて本当に良かった…!
可愛さと感動が詰まった、大満足のお話でした。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う