先生と、ずっと

sensei to zutto

先生と、ずっと
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神86
  • 萌×236
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
600
評価数
132
平均
4.6 / 5
神率
65.2%
著者
らくたしょうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784403668883

あらすじ

高校教師の令と元教え子の咲翔は恋人同士。咲翔に一途に愛され、幸せを噛みしめながら過ごす令だが、新社会人になってどんどん男に磨きをかけていく咲翔の姿に、焦燥感も芽生え始めて……!? 元教え子×高校教師の育み盛りな恋物語・続篇!!

表題作先生と、ずっと

堂本咲翔,社会人1年目の営業,23歳
佐和田令,高校教師,33歳

その他の収録作品

  • 先生と、それから番外編
  • このさき、ずっと(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下漫画(成長記録/理想像)

レビュー投稿数13

楽しい続篇!頂点はまだ遠い2人

咲翔×令

らくたしょうこ先生のインタビューの通り、
楽しくて楽しくて、
あまあまラブラブはもちろん、
喧嘩、すれ違い、嫉妬、泣き顔、普通だったら重くなるかと思ったけど、
先生の手にかかるとどれも軽くて、
胸キュンの連続で、面白くてページをめくる手が止まらなかった!

付き合って4年が経つ、
咲翔の一途な愛が薄れず、むしろ増しているのが心から尊敬!
そんな咲翔の愛情に(当て馬が仕掛けても、)
令の揺るぎない一筋の心に超キュンキュンしちゃう!
ジジイになってもずっと一緒ってラストが最高!
令が感じる「人生の頂点」というのも、
2人がお互いに愛想を尽かされないように、
一生懸命している姿を見ると、
本当の頂点は無限だと確信して、
これからも絶えずラブラブが進化していくはずだ!

令の猫被りな一面や、咲翔の前だけの素顔と泣き顔が変わらず可愛さが爆発的で、
涙目トロトロエロキュンエッチ光景が、今回も健在で、萌え心も大満足!

黒髪の咲翔が、新社会人としての元気すぎて、
仕事でも、令のことでも全力でバリバリこなしている姿が、めちゃくちゃカッコいい!
まだまだやんちゃなところがあるけど、
悔しくて涙が出るような瞬間も見せるのがグッとくる!

咲翔が小学生の頃、ふと令とすれ違ったイラスト、めっちゃ可愛い!
まさに運命の出会いで、いいね〜!

同時収録の「先生と、それから 番外編」、
大学生バージョンの咲翔。
あの時の2人のラブも見れるなんて超嬉しい!

こんなに素敵な続篇!を楽しませてくれてありがとうございます!



・店舗共通特典ペーパー:
咲翔が令に高級アイスを買ってあげて
令の超幸せそうな顔、最高!

・コミコミスタジオ限定特典描き下ろし4Pリーフレット
描き下ろし漫画2P『雨の日』:
雨の日でおでかけできない2人の反応の違いが面白い!
咲翔が令の読書姿にドキっとする姿がすごく愛おしい!

3

愛しさパワーアップ!!

続編待ってました!!!

素直で良くも悪くもまっすぐで単純な咲くんがちょっと大人になってて、すぐにネガティブおじさんになってしまう令さんが恋人に素直になれるようになった成長が見えた続編でした!笑

今回新キャラとして思い込みが激しい男子生徒が登場しましたが、彼目線の令さんが描かれていたことで咲くんに対して令さんがどれだけ本音を曝け出して甘えているのかを実感できて萌えました…相変わらずネガティブだけどちゃんと成長してる…当て馬くんありがとう…

そして相変わらず思ったことを素直に言っちゃうし、機嫌が悪くなったのを隠せない真っ直ぐな咲くんですが、かっこよくなろうと頑張ったりちゃんと令さんのことを知ろうと努力しているのをたくさん見れて、なんか親心が…笑

2人がいちゃいちゃしてるところも相変わらずちょっと面白くでも最高に萌えます。やっぱ咲くんカッコよくなった!!

ちなみに鷹見さんは前巻以上に不憫さと残念度が極まっててあて馬にすらなれず哀愁漂ってました笑


3

ずっとこのままでいてほしい二人♡

「先生と、それから」の続編。前作が大好きで、続編連載を知らなかったので、発売を知って歓喜しました!

前作の4年後のお話。
受けの令は高校教師、攻めの咲翔(さくと)は元教え子の新社会人で、二人は咲翔が高校卒業後からお付き合い。二人の仲は順調なのに、令の気持ちは少し晴れないようで…というお話。

まずはとにかく、咲くんが成長している!身長が伸びて体格もよくなって、黒髪スーツ姿もカッコいい!初っ端から激萌えでした〜♡
外見は大人っぽくなったけど、中身はあまり変わらない、いい子で可愛いままです。「オトナのオトコ作戦」てww

一方の令さん、相変わらず美人なのに少々ひねくれていて、ちょっとおかしな言動をするところが面白くて可愛いw
でも10歳も年下の咲との関係にいまいち自信が持てなくて、「今が僕の人生の頂点」なんて思ってるところが切ない…。

咲くんは前作から本当にいい子なんだけど、今作でもお花のプレゼントシーンで、もう最高にときめいてキューンとしました。うう、咲くん成長したね…ほろり。

一緒に遊園地へ遊びに行って、令さんの失言やら、教え子の発言やらで、ちょっとギクシャク。令さんは咲が大人になっていくのが不安で、咲は令さんに子ども扱いされるのが嫌で…噛み合わない二人がまた切ない…。

その後の仲直りシーン。
咲の「宝物だもん」にキュン!
「独り占めしてほしい」にまたキューン!
令さん「目の前の君が一番大事」キュキューン!
もうヤバいです。たくさんのキュンと萌えの詰まったシーンでした〜♡軽々姫抱っこも良きです。

そしてラストに仲直り後の濡れ場シーン。
丁寧に描かれていて、二人が強く求め合うのが最高でした!「令」「さくと」って何度も呼び合うのがもうギュンっときます!
らくた先生の絵って可愛らしいのに、濡れ場はしっかりエッチで好きです♡

これからもずーっと、こんなふうに夫婦漫才みたいに仲良くしていってほしいなぁと思うラストでした♡

番外編は大学時代の咲くんが、友達と旅行に行っちゃうお話。久々に金髪が可愛い咲くんです。

書き下ろしは、本編後の二人のお話。咲くんが仕事で落ち込んでるのに令さんが…w でも仲良しな二人にほっこり。

ちょっとポンコツで大人になりきれてないような令さんと、令さんに追いつきたくて頑張る咲くんが、可愛くて愛おしい気持ちになる続編でした。
大好きな二人のその後が読めて、本当に嬉しかったです。描いてくださった先生に心より感謝を♡

シーモア購入 白抜き修正(真っ白で残念!)

2

先生かわちいね

幼児退行しちゃう先生が可愛くてしゃーないです。

先生が若くてどんどんカッコよくなる咲くんに捨てられちゃうのが怖いってなるところから少し拗れるのが今回の山場でしたが、出てっちゃった咲くんに置いてかれてうえーんて泣いちゃう先生がもう可愛くて可愛くて…
それを圧倒的光属性で一途な咲くんが結局一蹴するのが爽快でした。
あんなまっすぐに愛されたら先生も悩みなんて吹っ飛んじゃうよね。
ただ咲くんがデカくていい男になりすぎてて若干の戸惑いはあった笑
可愛いわんこのままでいてほしかったと先生のように少しだけ思ってしまいました。もちろん大人の男になっていく咲くんも好きですが。

1冊目から大好きな二人の、続きのお話が読めてとても嬉しかったです。
これからも先生の面倒くさいところを、ちゃんと面倒くさいと思いつつ愛おしく思ってしまう咲くんでいて欲しいな。
らくた先生、可愛くて癒されるお話ありがとうございました(^^)

2

続編うれしい!かわいい!

前作も面白かったので続編が出てとても嬉しいです!!
らくたしょうこ先生の絵柄なので安心に安定に可愛くて綺麗で大好きです!!

交際して何年経っても咲翔くんの愛が変わってなくてめちゃくちゃほっこりしましたーー
変わってないどころか愛が増してて、ワンコ感も増してて最高です!
本当に本当に可愛いよぉーー
令さんは相変わらず色々考えてしまうところがあるけれど、咲翔くんの大きな愛情に包まれて幸せを噛み締めているのがとても良かったです。

3

先生と、ずっと

相変わらずネガティブ思考の令と元気おばけの咲翔のわちゃわちゃとお互い好きだけど、嫉妬やこの先の不安に喧嘩したり令のちょっと頑固なとこや突っ走り気味の咲翔が面白かった。

2

楽しく萌えるかわいい続編

らくたしょうこ先生が描く恋愛が好き。とってもかわいい。
前巻よりも2人の成長が見られつつ、なんというか1冊を通して壮大な惚気を見せられたような…思わずにこにことしてしまう続編でした。
ちょっとした日常描写にぽかぽかします。

新社会人になった咲翔と愛し愛されな関係で充実した日々を過ごす令。
恋人同士になった2人のその後のお話といえば…な部分も描かれつつ、暗くなりすぎない読み心地で進むのがうれしい。
この2人、たとえちょっとしたすれ違いが起きたとしても、なぜか笑えてしまう面白さとかわいらしさが一緒についてまわるのが不思議でなりません。楽しく萌えて安心して読めます。

こちらの作品。攻めの咲翔も魅力的な青年ではあるのですが、やはり受けの令のキャラクターが飛び抜けて面白すぎるんですよね。愛すべきだめな大人。
幸せの絶頂にいながらも、突如として頭に自家栽培のきのこが生えそうなネガティブさを見せる令が好きです。
現実的な毒を吐いたかと思ったら、いい大人が泣く、ヤダーッ!っとぐずる。
かと思えば年相応な大人な発言もあったりして。
こんな人、目が離せませんよね。なんてキュートな人なんだろう。
咲翔が早く対等な関係になりたいと足掻く姿もまだまだ青臭くて良かったですし、そんな彼の学生時代と変わらない飾らない真っ直ぐさが令の胸にサクッと刺さったり…本当にすごく相性の良い2人だなあと思います。

愛情と多幸感に満ち溢れた素敵な続編でした。
老後とまではいかなくても、10年後の2人にも会ってみたいなあ。

2

毎日が人生最良の日!

咲くんの成長著しい続刊です。
なぜだか前編よりこっちのほうが好きだな~(先生と生徒っていう枠がなくなって安心?するせいかな…)と連載時に思っていたのですが、改めてまとまったものを読んで、やっぱりこの後日譚のが好きだな~と、パワーアップしてるほのぼのを噛み締めました。

らくた先生の描くキャラクターって、ときどき情緒が理解不能なときがあるんですけどw、本作のふたりは一番わかりやすくて好きなんですよね。あと、令の拗らせかたって割と陰キャの大人あるあるな気がして全然他人事でない、むしろわかりみがすぎて怖いくらいです。。

こんなに危うい先生だからこそ、俺がしっかりしなきゃ~な咲くんが社会人になってますます成長して、いい男になっていくのがめちゃくちゃ眩しかったです…。新キャラ、先生のアンニュイさに惹かれる当て馬未満くんがとても可愛かったんですけど、あまりに咲くんと先生の間につけ入る隙がなくて、ちょっと不憫でしたね。

幸せが極まるたびに人生を締めくくろうとする令の姿勢に日常ラブの尊みがあふれてて、、面白さのなかにじんわり感動させるものがあります。令の処世術とか日常観にわりと共感できてしまう自分もこんなにダメな大人なんだろうか…。。大人ってなろうとする過程(咲くんみたいな時)が一番ちゃんとしてて、歴が長くなるとダメにしかならないのかもしれないかも…とふと考えてしまうのでした。

笑ったり怒ったり喧嘩したり仲良くしたり…喜怒哀楽によって彩られるささやかな日常が素敵な人生を作っていくんだよ~の日常BLの醍醐味満載な一冊だと思います。

2

すれ違っても、想い合う

お付き合いを始めて数年経ったあとのふたりを描いた続編でした。

まず咲翔の髪が黒くてめちゃくちゃ新鮮…!
背も伸びて見た目はグッと大人びたけれど、中身は相変わらず子供っぽいというか背伸びしたがりなまま…そんなアンバランスさがなんとも言えずツボでした。
そしてまた令も変わらずにうだうだグジグジしているのだけど(笑)
面倒くさいところもひっくるめて彼の魅力というのがよく伝わってくる展開になっていたのが良かったです。

社会人になって早く令に近付きたい咲翔と、どんどん大人でかっこいい男になっていく咲翔の姿を素直に喜べない令。
ふたりの間には確かに同じが想いあるのに、それぞれ焦りが邪魔をしてうまく噛み合わないという歯痒い部分もありながら。
それでも大きく拗れてしまわずにいられたのはやっぱりお互いに大好きだからで、ハラハラするところもありつつしっかり笑えるところもあるその関係にめちゃくちゃほっこりしました。

当て馬的な生徒も登場しますがそれほどふたりの仲をかき回す存在ではなく、どこまでも的外れな彼が可愛くて面白かったです。
そしてそんな高校生に張り合ってしまう咲翔はやっぱり子供で、でも誰よりも令のことを理解して包みこんであげるところは大人で。
程よいバランスを保ちながら支え合っている様子が素敵だったなと思いました。

これからも色んな場面でぶつかり合うことがありそうなふたりですが、それでもずーっと一緒に居る未来が見える結末にじんわりあたたかくなるようなお話でした。

2

令さん、そりゃないよ…

令さん、何でこんなに卑屈なのー!?
将来有望な年下の彼氏。しかもめちゃくちゃに愛されているときたら最高なのに。あぁー勿体ない!!


今が人生最高のピークと位置付ける令に、不穏な動きを感じ取りましたがやはり。
恋人同士で一緒にいて幸せで楽しいのは間違いないのに、その感情に浸るより"いつか"の別れや咲翔が自分から離れていくそのときばかりを考えていることに、すみません……めっちゃイライラしました。

令の根暗でやる気ない性格も気になるけど、それよりも咲翔の気持ちを蔑ろにしているのが恋人としてどうかなって。
咲翔は令が大好きで、身体を鍛えるのも仕事で成果を出して恋人のいる大人のポジションまで早く辿り着こうと頑張っているのに、令は自分のことばかり。そりゃあ咲翔は生徒だったし、どこか頼りない子どもっぽさが通常稼働だとしても、恋人の成長を不安視するなんて寂し過ぎます…。

令は今も昔も変わらずで、咲翔の方は環境もスペックもどんどんアップデートしていく姿に焦る気持ちも分からなくもないです。2人には付き合って4年の歴史があってその間にたくさんの幸せを感じてきたのなら、後ろ向きじゃなくて前向きに考えることが、自分にとっても咲翔にとっても誠実な態度だと思うのになぜ逆をいく!?

急に子どもだと思っていた咲翔が"大人の男"になったら、惚れ直す余韻より怖さの方が増すのは理解できますが…それでもですよ。もっと素直に咲翔への気持ちを前に出していけば良いのに。じゃないと、令に頼られたくて甘えて欲しくて頑張ってる咲翔の気持ちが報われず可哀想です。
令が"大人"を出すのなら、咲翔を手のひらで転がすように甘え倒しちゃうのも良いのでは、と思います^ ^


どっちかというと咲翔より令の方が子どもっぽくて、それがまた変なギャップを生み面白かったです。
咲翔の成長ぶりは目を見張るものがありました。将来はスパダリになりそうな予感すらする頼もしさで、令の心配は尽きないかも知れませんね。
でも咲翔の令LOVEは筋金入り。一生安泰なのは間違いないでしょう!


前巻で登場していた令の勘違い思い込み元カレや、新たに登場した妄想癖の強い令の教え子などクセが強いキャラが登場し、今巻も見どころいっぱいです。
同じ社会人となり、立場的には同等になった2人の今後が更に楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う