オレとあたしと新世界 6

ore to atashi no shinsekai

オレとあたしと新世界 6
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×210
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
211
評価数
47
平均
4.5 / 5
神率
63.8%
著者
古宇田エン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オークラ出版
レーベル
enigma COMICS
シリーズ
オレとあたしと新世界
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784775530238

あらすじ

交通事故の昏睡状態から10年の時を経て目覚めたしのぶ。
しのぶに寄り添い続けたマコト。

動き出した現実、切り離せない過去、すれ違う想い──

ふたりが出した決断は…!?

「無駄なんて
なにひとつ
なかったよ」

孤独を抱えたふたりの軌跡と、にぎやかな仲間たちを描いたヒューマン・ラブストーリー!
ついに完結!

※WEB雑誌 enigma 掲載、並びに電子配信作品に加筆修正、描きおろしページを収録

表題作オレとあたしと新世界 6

しのぶ,バー経営者
小林誠(マコト),会社員

その他の収録作品

  • その後
  • あとがき(カバー下)
  • カバー下イラスト

レビュー投稿数14

完結巻

2巻、いや3巻あたりまでは、掛け値無しに商業BL界に名を残す名作になるであろうと信じて疑っていなかったんです。完結巻に萌評価をつけたくはなかった…あとがきで4巻で完結しますと書いてらしたことがあった気がしますが、4巻で完結していればどれほどよかったか。
悩んでいる描写でひっぱり続け、結局2人でしっかりした対話がないままに、第三者の言葉に影響されての唐突なラスト。それならもっとテンポ良く濃密に話は進めれたのではないか。この作品が、登場人物が大好きだっただけに、なんとも拍子抜けの気持ちが拭い去れない。

1

大人の恋の完結巻

よくこんなセリフを思いつくな!とかキャラ濃いわぁ〜と、のんびり読んでいると、あー分かるって恋愛モードになって切なくなったり…。
あれもこれも食べたい、欲しい。色んなエピソードを読みたい私の欲を満たしてくれる6巻でした。

マコちゃんはオバァと話さなかったら、きっとずっと悩んでしのぶとは平行線のままだったような気がします。案外第三者からの忖度ない意見って心に響くものですよね。
オバァの語りシーンではちょっと涙が出てしまいました。

人生の岐路にどちらを選んでも間違いは無いのに、愛を失うことが人一倍怖くて恋人と一緒に次のステージに行く希望と勇気を持てないマコちゃんにメチャクチャ共感しました。
しのぶの本名が読者には明かされないのも良い設定でした!

歌手 p!nkのtrue love という大好きな曲とリンクする部分があり、リピートしながら何度も読み返しています。
素敵なお話をありがとうございました♪

0

ついに完結〜!

本当ついについに完結しました!ちょっぴり寂しいけれど4、5巻辺りからの展開を見ると、6巻で二人のわだかまりみたいなものがなくなり、そしてお互いを本当に求めているということが分かり、本当に本当に先生素晴らしい作品をありがとうございました。
この作品を書店で初めて手に取った時は帯に山田ユギ先生おすすめというのがあり、気になって購入したんですが、本当最高な巡り合わせでした。ストーリー重視の作品でもあるので、普段山田ユギ先生や木下けい子先生、阿部あかね先生、そしてがっつり雄受け主体ですが内田カヲル先生など、そういった先生たちの作品が好きな方はきっと、おおー!となると思います。本当読んだ時、ああ、山田ユギ先生がおすすめするのがわかる!おなりたした!まだの方是非!今後スピンオフがあるとのことで……♡まじで楽しみです。生きてて良かった。

0

終わってしまった…

大好きな作品でした。しのぶのゲイ仲間同士の会話が想像しているオネェそのもので、とてもツボでした。
終わってしまって悲しい…しのぶちゃんロス…

マコちゃん、しのぶちゃんに失望してちょっと冷めていたことにショックでした。捨てられる恐怖から逃げる為に距離を取ってるものだと思っていたら…。
結局やっぱり好き、離れたくないってなって、ホント良かった。おばぁって偉大。私は歳とっても大したこと言えなさそう…。
マコちゃんからのプロポーズは若干拍子抜け。もっとマコちゃん必死な感じになると思ってたなぁ。でも笑顔が戻って良かった!可愛い過ぎ!マコちゃん自分の気持ちを素直に吐き出したら、本来の性格に戻った気がする。断然そっちの方が好きです。
東條さん以外の登場人物みんな大好きでした。東條さんはマコちゃんの処女奪ったので嫉妬しちゃう。1人1人のキャラが個性的で人間味があって愛すべき人達でした。
しのぶちゃんのお店、行きたいわぁ。しのぶちゃんにイジられたい…。
もっともっと読みたかったです!

1

完結おめでとうございます

やれやれ〜思っていた通りのハピエンで、ここまで描き続けて下さりありがとうございますの気持ちです。

しのぶとマコ、周囲みんなが魅力的でわいわいするのが楽しくて。
特にオネエさまキャラたちの毒舌の語彙力が豊富すぎて何度も笑わせてもらいました。

そんな中、2人の純愛がよくて。
ただ、お互いを思う余りじりじり感が増していくのが正直しんどい面もありました。

そこへきてのおばあの
「面倒くさい子だね あんた」
はこうきたか〜!と爆笑しました。
おばあがマコに「根が素直だから」「根腐れせずに大したもんだ」「勿体ない」と言うのが至極ごもっともで
「平和な時代に生きてて 好き合ってる相手がいる」
「こんな贅沢なことあるかい」
にほんまそれ!!と思いました。

しのぶがたいがいめんどくさいけど、あれだけ悩んでいたマコが遂に心を決めて、ほんとによかったよかったとなりました。

ただ好きなだけではダメなのか、相手にとっての自分の価値、相手とつりあうか、パートナーとしての資格…など考えてしまう心理を丁寧に描かれていたと思います。

周りのキャラがもれなくおもしろくて、やりとりが最高なのでこの後もずっと見ていたいわ〜の余韻でいっぱいです。
メインだけでなく脇キャラをこれだけ魅力的に描かれる作家さん大好きなので。

オネエキャラ同士のボケツッコミも最高だしのぶ母もしのぶを地を争えないたくましさで元気がでます。
しのぶ母はマコと仲良いのが情がめっちゃ微笑ましいてます。
マコは母親の愛情を知らないからうれしいだろうなとほっこりするし

しのぶがマコと出会った頃の短髪にしたのもうれしかったです。短髪、後ろ髪すっきりが好きなのでせっかくなのできれいなうなじを見せてほしい。似合うし、清潔感あるし、いい男が際立つし。
何より出会った頃のように新鮮な気持ちになるかなと。

にしても、長きにわたった純愛を最後まで描ききって下さりおつかれさまでした。ありがとうございます。

2

おばーに助演女優賞✨

最終巻、手元にあるけどなかなか開く事ができませんでした…

オレとあたしと新世界 は1巻から昏睡10年??まるでジェットコースターのような展開で、二丁目界隈のオネエ事情も、BLにハマりたてな私にリバという衝撃も与え、魚心水心展開もありけっしてキラキラなストーリーではなかった所がリアルで心に刺さり、私にとって新世界な作品です。
途中からはしのぶとマコはどういう決断を下すのか、怖くて怖くてなかなかページを捲る事ができず…でもどんな結末も今まで読んできたからきっとこの二人が別れても素敵な最終回なんだろうなと、覚悟を決めて読み進めたんですが、最終回まで全くわからなかったーーー!
しのぶは仲間に恵まれて後押ししてもらい、マコは沖縄のおばーに尻、いや、脛を叩かれて、お互いを思い合い過ぎて言えなかった事を言えてよかった!ほんとこの二人は言葉が足りないよ(涙)

しのぶの名前が書いてある婚姻届のぞき見したかったなぁ~


2

嬉しくて寂しい。

終わった…。 終わってしまった。
読み終えて真っ白に燃え尽きました。
いや、一番大変なのは古宇田エン先生ですよね。
笑いあり涙あり血肉注ぐ熱量を感じる素晴らしい作品でした。

明るくユーモアの有るキャラクターに対して、ストーリーは大変重い。重苦しい。
事故で10年眠り姫だった しのぶ、正確には9年300…いや体感的には幾星霜を経て目を覚ます。
献身的に待つマコちゃん。
10年後、周りはどのように変わったのか。

先生の描き方が軽快で、人と人の絆、情、人間臭さ。
細やかなギャグを挟みつつ、時に鋭く抉り込んでくる。
どうしたらこんなにも魅力的な人物を多数描く事が出来るのかと感心し毎回楽しみにしてました。

だけど根底に有る深潭の孤独。

6巻悩む、苦しむ、悩む。
悩むって本当にしんどい。
思考がネガティブになって自信を無くして、ストレスも増して感情的になる。しんどい。
全てを突き放す。だけど楽にならない。
これまたしんどい。
しのぶは早く追いつきたいが、マコちゃんは過去を見ている。近くに居ても孤独、離れても孤独。
お互いが幻を追いかけている様で私もしんどい。

過去も今も悩んで考えて10年…
素直になろうよ。疲れたよね。
もう良いじゃない?どうしたら楽になれる?
…「結婚しよう」
もうもう、嬉しくて泣きました。
10年の空白。だけどその10年悩み苦しみ最後に辿り着いた場所。
「無駄なんて何一つ無かったよ」
それは今が幸せだからこそ。2人の出会いも悩んだ日々も無駄なんて無い。1巻とリンクして更に感動しました。

2016年連載開始。途中長期休載も経て完結まで7年間。本当にお疲れ様です。完結まで描いて頂きありがとうございました。
この作品が大好きで、ずっと心の隅に残ってました。
完結を読み、やっと深く息が吸えた気がします。
こんなにも頭の海馬に残る作品に出会えて感無量です。

もう会えないのが寂しいです。しのぶやマコちゃん、キバさん、リュージ、松木さん、丸ちゃん、ハマー、なんならアルカイックスマイル東條先生も。皆大好きでした。
私にとって新世界はここしかありません。

また何か機会が有れば続編でも、スピンでも、少しだけでもさきっぽだけでも、描いて頂けると大変嬉しいです。
切羽詰まったやり チンみたいな締め方ですみません。
言うだけタダ〜(笑)

自分24時間いつでも戦えます、待てます。

って東條先生のスピンオフ!?生きる糧!!
来年はユンケ○飲んで寝ずに待ってます!

2

神をつけたかった

見守り続けたしのぶとマコトの物語も最終巻。
早く読みたいけれど、読み終えるのが少々寂しくもあり…
読み終えた今、最終巻である6巻は萌萌寄りの萌。全巻トータルで萌萌かなと思います。
素直に神をつけたかった自分がいます。

もう、ずっとしのぶとマコトの心のすれ違いにそわそわとしていたものですから、最後の最後に一体どんなドラマが見られるのかと期待値大だったのです。
結末としては、これ以上ないほど見たかった最高なものでした。
けれど、最終巻の内容としては…うーん。前巻までの流れを考えると、もう少し深いものが見られたらうれしかったかもしれないなと。
あれほど悩んでいたマコトですから、もっとしのぶに自分が背負っていた重たい過去のトラウマの部分を見せてほしかったですし、もっと弱音を吐いてほしかったです。しのぶは絶対に真正面から受け止めてくれると思うので。
きちんと向き合って言葉にして相手に伝えること、話し合うこと。何より大切だったその部分が海という場所で丁寧に描かれていたのは本当に良かったのですが…

なーんだろうなー!ガヤガヤとした周囲の人々との明るいやり取りも大好きなのだけれど、それも含めてオレとあたしと新世界らしさなのだけれど、最後の最後はもっとしのぶとマコトの苦しいところも、慈しみ合うところももっと見たかったんですよ。
繰り返しになりますが、終わりは最高なんです。
心理描写の丁寧さも今回もすごく良くて、やっぱりこの作品とこの2人、周囲の人々、そしてこの世界観が大好き。
しかしながら、今までの2人のことを思うと終盤あたりからがあっという間に感じられ、あまりにも駆け足すぎました。
好きだからこそあと少し長く余韻に浸るように見たかった。

とはいえ、素晴らしい作品であることに間違いはないです。2人に出会えて、最後まで追いかけて本当に良かった。

3

2人の新世界

ついに完結か…
長かった。でもそれが逆にリアルを感じさせたようにも思う。
それに、離れていた時間が良い方向に働いたみたい。
距離は人を不安にさせるけれど、何でも思った事をすぐ直接言えばいいってもんじゃない。
今回はマコトが「やっぱりしのぶと」って。
やっと。
やっと。
とはいえ、やはりリュージのおばーのお言葉が大きかったんだと思う。
明日があるかは…わからないんだもの。
トラウマまでいかなくても、誰にでも何かはある。だけど今好き合ってる相手の手を取ればいいじゃない。
これからしのぶとどんどん記憶を作っていけばいいんだと思う。
店もこれから大繁盛。
仲間もいっぱい。
2人の新世界。ステキがいっぱい詰まってそう。
ホント、途中ハラハラしたよね。これからだってドタバタがあるだろうし、何なら大喧嘩だって何度もやりそう。
でもここで「良かったね」が言えて嬉しいわ!

1

おばーー!!!!!!

リュージのおばーがズバッと言い切ってくれて、マコちゃんの背中を押してくれてました!
仲間や身内のような近い距離の人(しかしマコちゃんからすると好きなのに心の中では一線は引いてしまってる複雑み…)に話して意見をもらうよりも客観的立場の第三者のあけすけな意見が後押しになる………そうだなぁ、確かに一旦冷静にさせてくれるのかも。
おばー絶対マコちゃんの話聞こえてるだろうと思ってたけど、やっぱり聞こえてましたね。
最後には年の功な話をアドバイスしてくれたけど、話したことにいちいちそれはああだこうだと反応せず、聞こえないふりを徹底して吐き出してる間は黙って聞いててくれて素敵な人でした。
マコちゃんは正直悩もうと思えばいくらでも悩めちゃうんでしょうけど、疲れたからって言葉も本当だし、自分が面倒くさい人間で考えすぎなことにもちょっと気づいたし、しのぶのことが好きなのは変わらない事実だから、もう気持ちに従ってみることにしたんだなって思いました。
3巻からずっと続いていたトラウマやら愛を通り越して信仰に近いとかの複雑な問題やら遠距離やらが6巻に来てトントンと解決(?)してしまった感もありますが、マコちゃんのあの満開の笑顔がまた見れてよかったです。

連載開始から7年経ったんですね、あと2年と303日(ピッタリ7年ではないだろうから、端数は303日じゃない気もしますが。)でしのぶが寝ていた時間だと考えるとずっと傍で看病し続けて待つにはやっぱり果てしなく長い年月だよなぁと改めて実感します…。
もう読者からすると結婚してるみたいなものだったし、"結婚"の二文字が出たときは断られはしたけどきっと結婚するんだろうと思ったものですが、マコちゃん&しのぶ、ご結婚おめでとう!
ずっと幸せな姿しか思い浮かばないけど、末永くお幸せに!
折角なので指輪だけでなくタキシード姿(?)も見れたら嬉しかったなー。

話は変わりますが、またまたインパクトと個性のある美形スタッフが新世界に加入してます。笑
丸ちゃんの紹介の仕方が性別不明でズルい。
東條先生は今回出番少なめですが、スピンオフがあるそうなので楽しみにしたいです。
ハマーにもいい人がみつかるといいな。

6巻単体では萌だったのですが、全6巻纏めると萌2です。
長年のご執筆お疲れ様でした!

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う