Ω嫌いのリアリストα×恋人に捨てられたロマンチストΩのアンチディスティニーラブ たったひとりの、最初で最後の番――

ロマンチック・ラメント sequel

Romantic lamento

ロマンチック・ラメント sequel
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神143
  • 萌×243
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
17
得点
923
評価数
200
平均
4.6 / 5
神率
71.5%
著者
左藤さなゆき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784796415682

あらすじ

「旭もっとだ…もっと俺に溺れろ――」

3年付き合った恋人に運命の番が現れてあっさり捨てられた旭は、元彼の双子の弟・煌臣と出会って惹かれ合い、番になる。恋人になった途端過保護になった煌臣に甘やかされながら、旭は幸せな日々を過ごしていた。しかし、新入生として入学してきた煌臣の従兄弟・遊真が旭の運命の番ということが判明。もう二度と運命に振り回されたくないと思うも、遊真は旭に固執し、煌臣との関係にも暗雲が立ち込め…?

表題作ロマンチック・ラメント sequel

伴 煌臣,α,大学生
藍沢 旭,Ω,大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし(描き下ろし)

レビュー投稿数17

運命とは?

一生を共にすると信じていた相手に運命の番が現れ、自分が“運命じゃない方“となってしまった旭。
そんな旭の前に一卵性の双子の煌臣が現れ思い出を上書きして行き、本当に心から結ばれて番にもなる。
ロマンチック・ラメント sequelでは、今度は旭に運命の番が現れてしまう話。
運命に憧れる遊真と運命を恐れる旭。旭を捨てて運命を選んだ誠臣とその運命の満留は番解除の投薬を開始。それぞれが運命に翻弄され、戸惑いながらも前に進んでいく姿に、胸がぎゅっとなります。
前作から変わらず旭をベタベタに甘やかす煌臣とその隣で幸せそうにしている旭がとてもかわいいです。
2人とも運命ではなく自分の心を信じて、これからも仲良くしていってほしいです♡

0

出会いの順番も運命か

運命に抗い恋心を貫くオメガバース、続編!

さて、続編といえば「波乱」。
そして、本作を襲う波乱の大波は…

旭の方に「運命」が現れる…!

うわ〜……ですね。
しかもそれは誠臣煌臣のいとこの遊真(あすま)。
悲劇っこ思考が抜けきらない旭はそりゃもうグラつく。
遊真に惹かれる、というグラつきではなくて、お前なんかもう俺の番じゃないって煌臣から言われたら?自分と煌臣の仲はどうなってしまうの?…っていう不安。
どこまでも「運命」が追ってくる…
これぞ「ザ・オメガバース」という醍醐味でしょうか。

漢気にあふれた煌臣はずっと旭を守ります。
結果的に、運命に憧れ運命の幸福面だけを見ていた遊真が置いてきぼりに、という展開になるので、ここはまた一つの切なさというか、恋と運命の残酷な一面というか。
遊真がイヤなヤツだったら逆に良かったのに、良い子でイケメンだからやりきれなさがあります。
また、誠臣x満留CPも幸せにたどり着けなかった…
こっちの経過も読んでみたいけど。
一点気になるのが、双子のαと出会う主人公、その2人の運命が自分の幼馴染の満留で、自分の運命が双子のいとこ。
これは渋滞してると思う。
そこだけドラマチック過剰だけど、総じて運命に翻弄されるオメガバースの大命題に関して非常に読み応えがありました。

0

攻め様がめっちゃ萌え"(ノ*>∀<)ノ

ちるちるさんのニュースで知って、好きそう♡と購入したのですが、正解でした(*^^*)

『運命の番』ではなく、自分の気持ちで番になった受け様の旭と攻め様の煌臣。
無愛想な顔して、旭にだけ見せる甘い顔、優しい顔。
めっちゃいいですね~(*^^*)
給餌やマーキングも念入りに♡
初っぱなから、αの強い執着全開の煌臣にきゅんきゅん"(ノ*>∀<)ノ
そんな煌臣の態度を、素直に嬉しげに受け入れてる旭、可愛いのぉ。

そんな甘々な2人の前に現れたのは、今度は旭の『運命の番』遊真。
煌臣以外のフェロモンを感じていまい、動揺する旭と、旭ファーストで揺るがない煌臣。
”運命”は怖い、と逃げていた旭が、それより煌臣に後悔してると思われる方が怖い、と遊真と対峙できて、よかった~。
でもって、自分の気持ちは揺るがないけど、内心では嫉妬の嵐だったのであろう煌臣も可愛くていい(>ᴗ<)
「番になっといてよかった」って、心からの本音に、きゅんでしたよ。
昔の男にも運命にも、全方位に警戒と威嚇してた煌臣が、本当にはなまるな攻め様で、大好きです(≧∇≦)

4

うわぁぁ

今度は受け様の運命の人が現れるって、なんてドラマティックな展開なの…!!
本当にオメガバースってこういうところも含めていいですよね!受け様、運命に振り回されてきたからかわいそうなのだがと思いつつ読んでましたが、当て馬さんの運命のαも良い人でした…当て馬キャラさんが良い人だとさらに切なくなるんですよね はーボヤキがとまりません。(笑)
番ったあとのΩの設定って作品によって若干変わってくると思うんですが、めちゃくちゃ溺愛されていてかなり良きですね!大事に、それこそ宝物みたいに扱われてるのをみて、良かったねぇ!!って本気で思ってました。溺愛されてる受け様は最高です。
ラストの方でちょっと嫌なことが匂わせでありましたね。元彼、まだ受け様を想ってる部分があるとか…これに関してはもう永遠に誰にも言うなよって思っちゃいました。誰も幸せにならぬ。
あーだこーだぼやいて書き散らしましたが、それなりの重みがありどんどん引き込まれる物語と、セックスシーンの多さ、切なさなど盛りだくさんで読んでよかったなぁと思える作品でした!

6

攻めの煌臣が素敵!

ロマンチック・ラメントで辛い思いをした2人だからこそ幸せになって欲しいと思ってました。

運命の番が現れて恋人に捨てられた旭、そして上手く行った途端に煌臣が一卵性双生児だった為に運命の番が同一人物だと判明したときの絶望、それでも運命に抗って旭を選んだ煌臣の好感度が爆上がりしたのが前作でした。

それなのに今度は旭に運命の番ですよ!しかも煌臣の従兄弟だなんてどんだけ遺伝子強いのよ!って思ってしまいました。w

でも煌臣のスタンスは前作から一貫して変わらず更に好感度が爆上がりでした。あんなに強い態度で引っ張って貰って旭は幸せだと思いました。

遊真が運命の番に拘るキッカケは理解出来ましたが、あれはアルファとオメガでなくても有り得た事なんだと思うんですよね。とても気の毒に思いました。そう言う意味では彼も母親の言葉の呪いにかかっていたのではないでしょうか?だから今まで出会って来た人間とも関係を築けなくて、運命の番に執着してしまったのでしょう。

旭の手を簡単に離してしまった煌臣の片割れの誠臣ですが、番を解消する実験に参加してるとありました。歪んだ関係から始まった運命の番との関係がギクシャクして上手く行ってないからだそうですが、一旦解消して改めて運命の番を知ることによって上手く行って欲しいと思いました。

2人のオメガの運命を変えてしまったのだから、ちゃんと自分の番を今度こそ幸せにして欲しいと思います。

旭と煌臣が幸せになって落ち着いて生活してるお話を続編として読みたいです。

7

煌臣の愛の大きさ

「ロマンチック・ラメント」の続編。
発売をすごく楽しみにしていました。

今回もひと悶着あって、どうなることやら…と思ったけど
二人の絆の強さを再確認しました。

煌臣の気持ちが一切ブレることがなくて
旭を心から愛してるのがわかります。
そして、旭を丸々包み込んでるなぁって思いました。
旭への溺愛っぷりがとにかくすごいです。
溺愛攻めが好きな私からしたらたまりませんでした(*´ω`*)

誠臣のことや、遊真くんのことを考えると切なくなるけど
運命の番って絶対じゃないんだなぁって
煌臣と旭のことを見たらそう思いました。

1巻に出てきていたお医者さんが今回も出ていて
やっぱりいい先生だなぁって改めて思いました。
先生の言葉が胸に染みます。



今回も素敵なお話を読めてよかったです。

0

この二人応援し続ける!

また、運命の番がやってきましたね。
オメガバースの共通の認識として、番になったオメガは番のアルファのフェロモンしか感じないし、オメガのフェロモンも番のアルファにしか影響を与えない、となっていますよね。
今回、番になった旭が運命のアルファに出会ったら、というお話でした。

旭が、また悲しい思いをするんじゃないかと思ってハラハラしました。
揺るがないはずの煌臣もダメージ受けてましたね。
自分は運命に負けないけれど、旭はどうなんだろう。
不安でたまらなかったでしょうね。
旭の事は信じしているけど、運命ってやっぱり暴力的な強さで、彼らを揺さぶるんでしょう。
この二人は、自分の意志で一生一緒にいたいと決めたんですから!この二人なら大丈夫‼

誠臣たち、不安な感じなんですね。うまくいってなくて、まだ旭のことが好き?
そんなの旭には伝えられないですよ。
今、旭がとても幸せそうなので、誠臣たちもうまくいけばいいなと思いますが・・・
でも、もう旭を振り回してほしくないです・・・

11

運命の番

ロマンチック・ラメント続編です。
この作品は、オメガバの運命の番をじっくり考えられる作品ですよね。

今回は受け側に運命の番が現れてしまいます…。その運命の番も良い人で…それがまた切ない…。
運命に振り回されるストーリーですが、2人の愛を再確認出来てとても良かったです。

攻めが執着溺愛系なのも好きです。
甘やかしているのが可愛かったです!

まだまだ、見たい2人なのでさらに続編もあると嬉しいです。
誠臣サイドもとても気になりますが…!












紙本購入
修正は太め白短冊です。
アニメイト小冊子も白短冊です。(こっちのが細い)

6

オメガバースのストーリーに深みがあります

αの恋人が運命の番に惹かれた瞬間を目の前で見て絶望を経験したΩの旭が、元恋人の双子の弟αの煌臣と出会って再び運命に立ち向かう恋をした『ロマンチック・ララメント』の続巻です。

あんなにぶっきらぼうだった煌臣が番となった旭を甘やかして体調管理まで~溺愛っぷりが半端ない。
でも今作では旭の方が運命の相手と出会ってしまいます。前作で運命の番に翻弄された2人にまた試練が…
相手の遊真は運命に理想を持っているので旭にグイグイ来るし、旭は反応する身体に戸惑いを隠せない中、
煌臣はすごい威嚇です。テーブルを蹴り飛ばすシーンは迫力!αの本能だけでなく、ものすごく旭への愛情が感じられます。

旭の主治医の先生が前作も今作も優しい言葉掛けがありますが、“運命の番とは出会う確率が低い”のに新入生として入ってくるかなぁとちょっとストーリーにご都合主義が感じられたところ、
元恋人の誠臣カップルが番の解消治験を開始したエピソードが、この作品に深みを持たせます。
インタビューで先生が泣く泣くカットしたと仰られてて、セリフのみのエピソードですが、運命の番たちが全て幸せというわけではなく、やはり人は心が大事なんだと感動しました。

花を散らした表紙が美しくて、その花言葉を知るとまた深い…!リンドウ、アネモネ、次はどの花の表紙かと楽しみです。

11

溺愛攻めに健気受けたまらん…

左藤先生はかわいらしいオメガバ描くのほんと最高です。
受けの旭の健気っぷりとかわいらしさは一級品です。
事の発端となった誠臣ペアがかなり気になります。
運命の番と出会って旭をふってからいろいろあったんでしょう。そして番を解消するため動いてる…だと?気になる。気になりすぎます。
続きを…サイド誠臣編を…是非よみたい。

当て馬くんもいい子そうなので、恋愛してしあわせになってほしいです。

おまけ2ページの旭がかわいくってかわいくって。
本編最後に巣作りもありました。
煌臣じゃないですけど
あーかわいー
って終始思いながら読みました。

旭の友人たちですら
かわい…ってみんな思うくらい旭はかわいいです。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う