ヒーリングパラドックス

healing paradox

ヒーリングパラドックス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神255
  • 萌×2128
  • 萌47
  • 中立11
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
45
得点
1939
評価数
448
平均
4.4 / 5
神率
56.9%
著者
昼寝シアン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
電子発売日
価格
¥710(税抜)  
ISBN
9784801972544

あらすじ

日々残業漬けで疲労困憊、限界社畜の広告マン・黒岩直斗は
同僚に勧められ、スゴ腕と絶賛される岸辺整骨ラボへ行くことに。

同い年だというモデル顔負けのイケメン院長・岸辺一舞の
人懐っこくて積極的すぎる性格に圧倒されるも、
施術を受けるとまさに異議なし天国!!

「とろっとろに…
気持ちよくして差し上げますんで」

ねちっこい手つきと的確な指圧に思わず声が漏れ、
心地よい手さばきに寝落ちてしまって気づけば翌朝…。

すっかり岸辺の施術の虜になってしまいラボへ通うようになるが、
施術はまるで前戯かのようにだんだんと過激になっていき
おかしいと感じつつも、じわじわと体の奥から
作り変えられる感覚に抗えなくなっていく――。

しかし、幼少期に野球で右肩を痛めている黒岩は、
岸辺がそこを避け施術していることに気が付いて――…?


人懐っこい溺愛執着整体師×限界社畜のズタボロ広告マン
巧みな話術と施術でカラダの奥まで解される、
陥落トラップラブ!

表題作ヒーリングパラドックス

岸辺一舞,28歳,整骨院院長
黒岩直斗,28歳,社畜リーマン

その他の収録作品

  • テイスティングパラドックス(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数45

6話の、M字騎乗の直斗の玉を押し上げてる一舞の左手親指がツボ

しっかり計画を練って受(直斗)の前に現れる攻(一舞)という設定が個人的にとても好きなのですが、ヒーリングパラドックスは、"拗れない"という点がとても良かったです。
拗れる話も嫌いではありませんが、一舞の執着度だと、拗れる流れよりも計画通りに落とす流れ方がストーリーとしてとても綺麗だと思うので、拗れなかったところがすごく良かったです。

一舞の執着度を把握してからもう一度、1話から読み直すと、直斗との遭遇シーンの一舞の目元のコマや直斗が名乗ったシーンの笑顔などが、感慨深く感じます。よかったね、ちゃーんと直斗の意思で選ばれて。途中にものすっごい策があったけど。

岸辺先生(一舞)がカズマだと、どのようしてに分かるのだろうか…拗れるのかな…??と不安もありましたが、拗れません。それほどまでに、カズマは計画的です。(笑)
落とす行程まで完璧です(笑)
「~それとも なんか みちゃったのかな?」…言葉だけ聞くとホラーですが、…ねぇ(笑)

拗れないのは、快楽弱い生物な直斗が"真面目"だからということもあるとも思います。

一舞の執着の方に作品全体の印象がもっていかれそうですが、ヒーリングパラドックスをこれから読まれる方は、直斗の素敵さも忘れずに読み進めていってほしいです。

あと、序盤ですが、25分で天国見せてくる一舞のかわいい顔と天国見せられたトロットロの直斗のシーン(r .18ではない)が好きです。

胸のアレや穴が、ぷっくりとした描かれ方です。穴はローズっぽいです。一応、ご報告まで。

12

一言で言えば神

これがこの作者さんの初コミックとか信じられないクオリティ。一言でいえばやばかったし、凄かった。なんかすごくおなかいっぱいになりました。

本屋さんで見つけて買いましたが、クオリティの高さに絵の隅々まで魅入ってしまいました。
絵もうまいしストーリーも濃いし(主に執着が) あと何よりエロも内容も濃い。

こいつはやべぇw って本気で思わせる執着変態策士攻めが見れて満足しました。
あと受けが程よく流されやすくて見ていて癒されました。これはかわいい。こんなかわいかったら執着されるに決まってる!!
受けは180cmはある男前さんでしたが、まぁエロい。お胸が特に最高でした。


この作者さんは今後期待大ですね!

10

これはいい執着攻め!!

あまりにも執着がすごい攻めらしいとのことでポチり。設定には全然惹かれず購入予定から即外すくらい苦手な設定、でもめちゃめちゃ良かった!見逃さないで良かった~!!

一話の時点ではちょっとヤバい攻めに引いちゃってたんですけど、きらっきらのハート飛ばしちゃうし、え?何年越し!?っていう過去が見えてきてからはズブズブ沼に…ハマっちゃって大変でした。

攻めの計画的犯行が素晴らしいです!攻めが気を持たせるだけ持たせてさらっと帰っちゃって、悶々とする受けも好きですが、その裏で必死に我慢してる攻めの描写が良すぎて!好き!!
こういう良さが詰まっててもう神!てなりました。萌えの補給率がすんごいの。思わせぶりな態度に振り回されるのが受けだけじゃなくて、攻めも必死に耐えて頑張ってるのが!良き!

で、計画通り落ちた後の最終話での受けの反応もすごく良かったです。5話で終わっても攻めの犯行大成功って感じで綺麗でしたが、6話が入ることで受けのターンもあって、ちゃんとカップルになれた安心感が出てました。

Hシーンも断面図が入ってエロくて激しくて良かったです!

10

これはいい執着攻め

びっくりです!
何が驚きって本書が初コミックスなんですね!?
絵も綺麗、ストーリーも程よく深く作り込まれ、
エロもどろっと濃厚で、この完成度よ!!

さらにプラスするなら、攻めの岸辺のキャラがどストライクでした…!
いわゆる執着攻めというやつなのですが、
子供の頃に恋をした受けの黒岩を落とすために、
なんと“20年”という驚くべき歳月を費やしているのです!
その執念たるや…愛が重すぎて怖いっ(笑)

外堀をじわじわと埋めて黒岩が自分を求めるように仕向け、
攻め落としてゆく岸辺の目は獲物を狙う肉食獣の目そのもの!
いつもはキラキラ爽やか系なだけに、黒岩に向けられる雄みを
孕んだその表情にぞくっとしてしまいます。

粘着質でストーカー、変態、と一歩間違えれば、ただの気持ち悪い人に
なりそうですが、黒岩への想いとその一途さだけは純度100%でした。

幼い頃、孤独だった岸辺を救ってくれた黒岩との約束を守るため、
直向きに、人の何倍も重ねてきた努力は本物でそれを貫き通してきた
岸辺は純粋に格好いいと思えました。

外見は男前だし、何でも器用にこなすし、悪だくみする顔すら色っぽく、
受けのことも溺愛し、やっぱり変態込みでもイケメン攻めなんですよね。

そのせいか、心情も岸辺寄りになってしまい、
ついつい岸辺の心の声の「落ちろ!」に気持ちがリンクしていました。

だから、黒岩が岸辺を想いながらソロプレイ(尻)に及んだり、無自覚に
嫉妬し出したりしたときには、あと少し…!とじれじれしまくりでした。
それでもまだ、もっと、と修行僧ばりに耐え続ける岸辺の強靭な精神力よ…
流石は20年仕込みの片思いです。

対して、そんな執着男に愛されてしまった不憫な男・黒岩。
最初は同僚の紹介で岸辺の整骨院を訪れたものの、
岸辺から与えられる快楽(マッサージ的な意味で)に
身も心もとろかされ、岸辺の虜になってゆきます。

しかも、だんだん岸辺の手つきがいやらしさまで帯びてきて、
未知のエロの扉まで開かれてしまい…

パっと見、がっしり筋肉質で男らしい肉体の黒岩ですが、
岸辺の超絶テクにかかると、とろけてしまう表情と
その鍛え上げられた肉体美のギャップがかなりえっちでした。
ノンケでがたいのいい元スポーツマンが自分でお尻いじったり、
組み敷かれて悩ましげな顔で喘いじゃう姿とかクるものがありますよね…

基本、快楽に弱く流されがちで、岸辺の態度に違和感を抱きながらも
「頑張ってるね」と優しく頭撫でられたくらいでときめいてしまう
チョロ属性の黒岩。
岸辺から「次に会うときは抱く」と言われても嫌がるどころか、
むしろ期待しちゃっていますし。
いや、でもこのときの岸辺、すごく悪そうでどエロかったもんな、わかるよ…

だけど、一線を越えてしまえば、きちんと自分の気持ちを認められる
潔さもあり、受けとしての可愛さもありつつ、メンタルは男前でした。
これからはその懐の深さで岸辺の20年分の愛を受け止めてあげて下さい♡

描き下ろしはその後の二人が描かれます。
晴れて恋人同士になったからか、以前よりも
ぴったりとくっついて距離感の近い二人にニヤニヤ。
口では強気だけど、岸辺の容赦のない攻めっぷりに
うっとりしてしまう黒岩でした♥

9

初コミックスだと思えない完成度が高い

現在BE-BOY GOLDで連載されている「放課後のエチュード」で昼寝シアン先生を知り、物語がすごく面白くて逞しい躰の描き方も好きなので、作者買いでこちらの作品を買いました。
まさか初コミックスとは知らなかったのでびっくりしました。
そして、思ったよりもずっとエッチでさらにびっくりしました。Qpaさんなのでエロ多めは予想しましたが、やっぱり躰の描き方が上手だからか、ものすごくエロく感じます。

カズマ(攻め)と直斗(受け)の出会いシーン、カズマの反応から彼は直斗のことを知っているだろうと予想できます。
はじめての施術で、すでにカズマが直斗の執着している描写があります。傍から見ると変態だ!と思われる行動だが、個人的にかなり好きです。
隠さない伏線というべきか、カズマはなにか「裏がある」という点を隠さない・隠そうとしないのがまたいいです。
執着攻めが大好きなのでよく読んでいますが、ある程度隠して最後に伏線を回収するパターンが多い気がします。
そういった意味で、一気に種明かしするときの爽快感が欠けるかもしれませんが、考えながら読まなくていいという"ストレス"の少ない作品ではあります。
カズマの直斗への気持ちや愛もや執着も、行き過ぎたものではなく、まっすぐでかなりピュアなものだと思います。
計画性があって、誘導して直斗が自ら落ちてくるのまで待つ忍耐力も素晴らしいです。

初コミックスだと思えない完成度が高く、今後も注目していきたいです
「放課後のエチュード」は5月発売されるみたいですが、楽しみにしてます

7

執着溺愛攻め最高です♡ʾʾ

自分の欲望我慢して、黒岩さんを追い詰めて行くところに岸辺さんの執念を感じました(笑)20年拗らせた想いを成就させる為に必死なところも(♡ˊ艸ˋ) そして、岸辺さんに流されてトロトロにされる黒岩さんも可愛いくて好きです!マッサージでも癒され…もう岸辺さんなしでは生きて行けなくされてしまいましたね。
本当にデビュー作とは思えない画力とストーリーの完成度で、一瞬でファンになりました!今後も追って行きたい作家さんの1人です!
同じ人が描いてると思えないくらい雰囲気違う感じの次作もとっても楽しみです♪

7

ほだされBLの至高♡

甘々整体BL♡
…だと思っていたので面食らいました。

甘〜いマスクの優しい(ちょっと妖しげ)整体師さんはトンデモ変態拗らせ男だったなんて…

受けに対して徐々に(途中からは遠慮なく)本性を出していく様を見るのがほんとに楽しかったです。
自身に陥落していく受けを見る、悦に浸ったワルイ顔すらもセクシー!

そしてなにより身体をトロッッットロにされる受けが可愛い。ジェットコースターの如く攻めの手中に堕ちている癖に認めたがらないそのプライドすらも愛おしい。
文字通り、身も心もほぐされほだされる一部始終に目が離せない〜〜〜!!!

6

完敗(書き下ろしのサービス精神も)

ヒットしているのと表紙がエロエロで躊躇していたのですが、至る所のお勧めに頻出し、試し読みも面白かったので購入しました。萌ツボのフルコースで黒岩と同じくK.O.でした…

抜き合いまでが早巻きでOh…って感じでしたが、完膚なきまでに整体に癒される黒岩が整体師には絆されまいと要らぬ努力をするのが笑えます。そして忙しい広告業と整体師の仕事の詳細は描かずとも、その雰囲気を濃厚に伝える画力が素晴らしいです。しっかり取材されたのかなと思いますし、働く男の人の腕や汗水がかっこいい〜。

そして快楽にほだほだに呑まれていくノンケが最高だし、ガッチリなバックハグや慣れてない騎乗位も堪りませんでしたー。
エロ特化になりそうなのに、幼少期の二人の子供らしさ(と執着の萌芽)の説得力ある魅せ方と、黒岩が岸辺に落ちたのがスパダリ?要素ではなく彼の根っこの部分を知ったからというのが素敵でした。
でも大人になってからも連絡を取るわけでもなく偶然再開した感じでしたが、黒岩が結婚して子供もいたら岸辺はどうしてたんでしょうね?それでも落としにかかりそうで恐ろしい…

「放課後のエチュード」も同様、書き下ろしと電子特典がおまけどころでなく頁数もあり、サービス精神に有難み。
電子派は裏表紙まで見たら閉じそうになっちゃいますが、その次に電子特典があり。黒岩のお尻ムンズと握って「てめえらがチラチラ見てるこれは毎晩俺の恥骨にぶつかりまくってますよって言ってあげたくなる」にノックアウトでした…!昼寝シアンさんにはついて行こうと固く決めました。

6

20年越しの♡♡♡

控えめに言って神!萌が詰め込まれている!

ナオトの男らしくもチョロ可愛くて、アルコール入るとへにゃっとなっちゃうギャップも最高ですが、それ以上にカズマの対ナオトor対その他の違いがすごい!ナオトに会うと大型犬がしっぽブンブン丸になっている感、からの、一人でカズマのことを考えているときと、エッチのときはめちゃくちゃにエロい、、!天国はここか…

幼い頃の想いをずっと大切にしてきて夢を叶えている、というところも、夢破れたナオトに「それでもトクベツ」と伝えるところも、どちらも本当に素敵で、ストーリーラインも好きなのですが、何よりエッロいセックスが忘れられない!!!!頭にこびりつく!!!!

あんなに可愛かったカズマくんがこんな大人に成長したと思うと、、そしてこの20年間の彼の妄想を思うといくらでも白米食べられますね(表現が古い

続きが欲しくて、震える

5

執着攻、変態系バンザイ!

内容については他のレビュアーの方々にお任せして、

ファンの方々、ご本人に謝ってから書きますが、
攻めの「かずま」は興津さんの声で脳内再生されました(幸せだったー)。
何が言いたいかといいますと、興津さんがとても得意とされていらっしゃる
(と勝手に私が思っている)気持ち悪いけど憎めない、
執着変態さんの攻がとってもツボだったもので…。

男女もので執着変態になると、ただの変態に落ち着きがちですが
BLの執着変態って、どうしてこんなにかわいいのでしょう。
受けより断線攻めがかわいかった。もっと気持ち悪くてもよかった。
「ひんむいてなめ回したい」っていうのが決まり文句ですよね、
こういうタイプの変態さんの。

最後に、とらのあなさんの4Pリーフレットがとても良かったので
お知らせしておきます。エロもギャグも入っております。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う