放課後のエチュード

houkago no etude

放課後のエチュード
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神235
  • 萌×2107
  • 萌42
  • 中立14
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
56
得点
1743
評価数
406
平均
4.3 / 5
神率
57.9%
著者
昼寝シアン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784799752500

あらすじ

【一途な後輩×天才肌の先輩、恋と青春の本格バレエBL!】
舞台はとある芸術系高校。バレエ学科の凡人学生・見延千裕は、性格激悪と噂の先輩・一宮 瞬と出会い、その天才的なダンスセンスに一目惚れしてしまう。学校独自の風習「ペア練」で一宮と2人きりの放課後レッスン権を手に入れた見延だったけど、なぜか一宮が〝カラダの関係〟を迫ってきて…!?描きおろし甘々えっちも収録♥

表題作放課後のエチュード

見延千裕,高校1年,バレエ学科専攻
一宮瞬,高校2年,コンテンポラリーダンス科専攻,元バレエ学科

同時収録作品放課後のエチュード

二見,芸術系私立学院教師
一宮瞬,二見の教え子

その他の収録作品

  • イチさんの放課後レッスン
  • そのあと(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下(キャラクタープロフィール)

レビュー投稿数56

尊い、、

ただただ尊いです…!!!!
どんどんみのべにイチさんが心を開いていくところがもう読んでいてきゅんきゅんしっぱなしでした…(TT)♡
すれ違いもあり、好みすぎました!
自分自身バレエをしていたことがあるので、いろいろ共感できる部分もあり、とっても読んでいて楽しかったです♡
みのべのいつめん?とのやりとりも面白くて良きです(><)
最後は2人の気持ちがちゃんと通じ合ってもう幸せな気持ちになれました
えち要素もちゃんとあります…(小声)ビーボーイさん特有の(?)感じで最後にくる感じです(?)

0

大好きなシリーズのひとつ

久々に1巻から今年発売の3巻まで一気に読み返し、「やっぱり大好きだ〜」と余韻に浸っています。

大型ワンコの後輩 ×才能溢れるツンデレ先輩とが織りなすバレエBL。

第一話から抜き合いがあり、初めて読んだ時は展開はやっ!とびっくりした記憶が(笑)
展開は早いんですが、唐突感・違和感はなく。ちゃんとそこに至る流れがあるからだでしょうか。昼寝シアン先生の上手さだなあと思います。

BがLする萌えはもちろんあるんですが、シンプルにバレエ漫画としても面白い!
(最後のセッッのシーンでの「待てが長かったんで…」に萌え転がった)

「イチさんの放課後レッスン」と題してちょこちょこ丁寧な解説が入っており、
クラシックバレエとコンテンポラリーバレエの違いなど、勉強になりました◎

イチさんが身長のせいでロシアのアカデミーに入団できなかった、過去のエピソード。
本当にこういうことってあるんだろうなあ…と、才能だけではどうにもならない、生まれつきの身体的特徴に左右されてしまう理不尽さや辛さも感じ、胸が痛みました。

恋愛的な萌え、バレエという芸に邁進する青春萌え、いろんな萌えの詰まった作品です。

0

姿勢と筋肉の美しさ


合間に入る解説が分かりやすくて、バレエには明るくない者でも問題なく読めました。
やはりなんと言っても作画が素晴らしかった。
筋肉の流れと身体のしなやかさの表現が美しい。
個人的には姿勢と共にきゅっと上がったお尻のラインが好きです。
踊るシーンの躍動感はどこをとっても圧巻。素敵です。

肝心のストーリーはというと、ないものねだりな2人が切磋琢磨しながら一皮剥ける…王道青春ものとったところでしょうか。
恵まれた体躯を持ちながらも、その活かし方が分からないでいた後輩と、才能はあるけれど努力ではどうしようもないところで弾かれてしまった過去がある先輩。
一宮に惚れ込んだ見延が好き好きとぐるぐる追いかけて様はかわいらしかったですし、徐々に信頼関係のようなものが大きくなっていくのも、互いに影響されて踊りに対する意識が変わって成長していく姿もとっても良かった。

だからこそちょっと、性的な描写に関してはミスマッチな気がして、ストーリーに対して唐突感が否めなかったのがやや残念だったかな。
舞台後の高揚感と達成感とで感情がぶわっと高まっていたのもあって、描き下ろしも含めて終盤はすごく良かったと思うんです。
ただ、その他はもっと信頼関係が築けてからの方が萌えられたかなあと惜しいです。
2人のキャラクターも題材も好みでしたので、続刊に期待を込めてこちらの評価になりました。

0

スポーツ×BLの最高峰

バレエをスポーツか芸術とどちらで捉えていいのかとも思うのですが、もともとそういったものを題材にした漫画が大好きなわたしにとって、どちらの要素もふんだんで読み応えがあり、本当にもっと早く読まなかったことを後悔しました。期待以上の展開になっていてこれからが楽しみですし、ずっと読み続けたいです。

0

バレエ無知も魅了される踊りの描写

昼寝シアン先生の既刊作品は拝読させて頂き、今作も作家買いさせて頂きました。

個人的、各項目5段階で
溺愛 4
ツンデレ 3
肉体美 3
エロ 2
な感じだと思います。

一途な溺愛後輩×天才肌なツンデレ先輩のカプです。芸術系私立学院。そこのバレエ学科の学生である見延くんは、ある騒ぎを起こしていた一宮先輩の発言に引きつけられ、踊りに魅了される。放課後のペア練習で更に、一宮先輩ことイチさんに夢中になり、何となく続けていたバレエに対しても本気で取り組むようになり…。

私自身、バレエの知識が殆どなかったので、バレエ男子達のお話はかなり新鮮でした。色々な専門用語やバレエの演目など、一気に描くのではなく、小出しで描いてくれているので、そこまで混乱することなく楽しく読むことが出来ました。そして何と言ってもやっぱり踊りの描写には圧巻です。当たり前だが、音楽が流れていない。でもちゃんと踊っている様に見える、魅せる。更には肉感を唆る身体とは違って、引き締まった身体、しなやかな手足、程良い筋肉など、キャラクター達の肉体美が素晴らしいです。釘付けになります。

バレエなので、練習したり踊ったりしますが、それだけでなく、見延くんは恵まれた身体だが、才能は凡人。イチさんは圧倒的な表現力と才能だが、身長がバレリーノとして適していなかった。そんな2人がお互いを高め合う姿がまさに青春で、頑張れと応援したくなります。無い物ねだりな2人だと、どこかで歪み合うこともありますが、今作ではそう言った険悪な描写などはありませんので、安心して読むことが出来ます。

絡み描写では、抜き合いだけです。あんなに凄艶な雰囲気の絡み描写なのに、本編では最後までしていません。良い所で本編が終わり、描き下ろしのそのあとで、やっと身も心も繋がる2人。待ってましたよ。

タイトルに数字の表記がされていませんが、昼寝先生のあとがきで、もう少し続くと書いてありましたので、続編物となりますので、次巻も買わせて頂きます。

0

表紙、最高じゃないですか?

3巻が出たので1巻から読み返してます。
レビューまだだったので書いてみよう。

小学生の時にバレエマイブームありました。
チュチュかわいいな、いーなーって思ってました。友達が習ってて発表会の写真見せてもらったら、なんか、思ってるのと違う、化粧が似合ってなくてケバケバしくて萎えちゃった。
私が好きだった当時のバレエマンガは、さいとうちほ先生の[星を摘むドンナ]
この作品にも載ってますが、その本の余白にバレエ小話が載っていてへーと思っていたもんでした。
最近だと、ジョージ朝倉先生の[ダンス・ダンス・ダンスール]も面白いです。

バレエダンサーって高身長でがっしりした体格のイメージがなかったから見延くんみたいな183cmガッチリがバレエに恵まれた体格って言うのは、ビックリしました。確かに小さくて華奢だと女性のアシストしにくいのか?(いや、でも社交ダンスでもフィギュアスケートでもそこまで高身長じゃないな男性)

ツンデレイチ先輩と見延くん、2人の放課後レッスンで心身ともに距離が近づいていくんだけども、イチ先輩の挑発がスゴいんだわ。

踊りに魅力がない見延に対してのアドバイスで
「観客に背を向けるときは最後の最後まで
『視線を残す』
気にさせるんだよ
『最後まで俺を見ろ』と」
って実践する時の視線。
読者も釘付けです。
そのあとはレッスンそっちのけで2人でたぎってました。割とイチ先輩淫乱ですよね。練習中見延の股間にお尻擦り付けたりして挑発してますよ。

才能に恵まれて努力も人一倍なイチ先輩、身長のせいでバレエ界では頭打ちでコンテンポラリーに趣旨替え。結構辛い、自分ではどうにも出来ない。

イチの才能と身体に執着する教師の二見大人げなーい。見延に嫉妬してイチ先輩を拘束レイプってさー。あんなやつより俺のがいいやろ!って言う二見に見延の良さを惚気るイチ先輩。男前やん?
そんなん言われたから引き下がる二見じゃなさそう。まだなんか企んでそうやん?

レッスン中にイチ先輩と見延イチャイチャしてたんはSEXはしてなかったんだ!兜合わせばっかしてたんか。最後2人が初体験で大感激してたけど、見延冷静になったら、イチ先輩の手慣れた感にモヤモヤするじゃね?あれ?初めてじゃなかった?じゃあ誰と?二見⁉︎ってならん?この先。

それにしても昼寝シアン先生は、身体と表情の描き方素晴らしいですが、乳首が扁平です。興味ないんでしょうね。単なる体のパーツの一部って感じ。
うーん、非常に残念です。
でも、こういうところに作者さんのフェチが出るのが面白いですね。

紙本で購入
白抜き修正

0

体が綺麗過ぎる

ヒーリングパラドックスで昼寝シアン先生の描く、色気、体、ストーリーの濃さに惹かれてファンになってしまったので作者買いしました!今回も素晴らしかったです。
昼寝シアン先生が描くとても上手な体がバレエというテーマてにより強調されているのがとても良いと思いました。

まず、イチさんの踊っている時の凛々しさとセックスをしている時のギャップが凄く刺さりました。そして才能は申し分ないものの、身長が低い事や周囲の妬みと常に戦っていたイチさんの強さに凄く惹かれました。

見延は身長が高く、バレエ向きな体を持っていながら誰かに見て欲しいという欲が無く、地味な演技になってしまうという課題がありました。2人は互いに持ってないものを持っており、ないものに引かれる関係って素敵だな〜と感じさせられた最高の作品でした。

0

思ったよりずっと良い

バレエものか〜、ぐらいの印象しかなかったのですが(リブレだし)、何これいいじゃん、ってなりました。

持って生まれた体、でもダンサーとしてのモチベーションがイマイチなワンコ攻め。
一方天才のイチさん。気難しそうで屈折しながらも芯は曲がってない。孤高を貫いているけど、超絶ポジティブ好き好きワンコ攻めに陥落、というお話でした。

刺々しい物言いをしているけど愛情たっぷりなイチさんと、何があっても絶対にこいつだけは俺の味方、そんなまっすぐな愛を傾けてくる攻めくんの対比がいい。
会話も洒落てていい。

続いて欲しい〜、と思ったら続くようなので楽しみです。

1

ちょっと読みづらい

バレエ漫画とのことで期待値が高かったせいもありますが…
要素が多すぎて、うまくまとめきれていない印象でした。
せっかく絵が綺麗でバレエの体もこだわって描いているのにもったいない!
展開が唐突で漫画としてスムーズに読むのが難しい。
絵が綺麗で丁寧だし、バレエ漫画をBLで本格的にやろうという人は
珍しくて貴重だと思います。
もう少し漫画として読みやすくして貰えたら、
もっと絵もバレエについての蘊蓄も楽しめるんじゃないかなあと思いました。
偉そうにすみません。

1

魅せ方がすごく熱さに圧倒される

本格バレエBL!のアオリ通りの作品でした。バレエをよく知ってるんだなっていうのと、特に踊りシーンの魅せ方がすごくて、作者の気合いと熱量が感じられる気がしました。その熱さに圧倒されます。
内容はめちゃくちゃ詰め込まれてました。物理的にコマや字数が多いのもあるけど、抱えてる感情が濃密。心理描写が多いってことでなく、内側の複雑さや葛藤がエピソードや表情から伝わってきそうな感じです。
構図は夢を諦めざるを得なかった天才・イチと、まだまだ未熟な原石・見延が出会って…っていう王道スポ根系かな。バレエに加えて二人がくっつくまでが描かれてますが、これ一冊だと当て馬の二見絡みで分からないことが多くて…。
ここが気になるのは、イチがどん底にいたとき近くにいたのは二見の方だから。見延と関わるようになったときのイチは、すでに一番底からは這い上がった状態に見えたので、イチが自力で浮上しかけたところを見延が後押しした感じなのかな。イチの見延きっかけの変化がもっと見たいと思うのは欲張りでしょうか…。
あ、でも踊る見延を見て素直に「がんばれ」と思えるイチは素敵でした。精神的に落ちてたら持てない感情だと思う。イチも見延も純粋で魅力的なキャラでした。
次巻も楽しみ。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う