恋敵と虹彩~イエスかノーか半分か番外篇2~

恋敵と虹彩~イエスかノーか半分か番外篇2~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神161
  • 萌×244
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

75

レビュー数
18
得点
1019
評価数
223
平均
4.6 / 5
神率
72.2%
著者
一穂ミチ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
竹美家らら 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
シリーズ
イエスかノーか半分か
発売日
価格
¥739(税抜)  
ISBN
9784403524578

あらすじ

旭テレビに中途採用の新人社員が入社してきた。

恵小太郎(めぐみ・こたろう)、
アメリカ帰りの27歳。
現場研修中、深(しん)が面倒を見ることになる。

小太郎は真面目で優秀だったが、
実は竜起(たつき)の幼馴染みで竜起を目の敵にしていた。
竜起は気にしていないため
その執着は若干片想いめいていた。

一方で小太郎は、竜起と深が付き合っているとは露知らず、
親身に仕事を教える深に懐いてきて……?

計(けい)と潮(うしお)も登場する後日談つき、
「横顔と虹彩」続篇☆

表題作恋敵と虹彩~イエスかノーか半分か番外篇2~

皆川竜起,27歳,テレビ局のスポーツ担当アナ
名和田深,27歳,テレビ局の外部スタッフ

同時収録作品departure

皆川竜起
名和田深

同時収録作品秘密と虹彩

皆川竜起
名和田深

レビュー投稿数18

No Title

なっちゃんがコタに揺さぶられててどうなる事かと思った...。めちゃくちゃハラハラしたわ。竜起は静かに怒るから却って怖いよね自分の魅力を認識してない人は困りますねなっちゃんの仕事に対する姿勢が真摯でコタに怒鳴った時はかっこよかった。栄さんの時の後悔をちゃんと自分の糧にしていこうとしてるんだな。後半の計のナイスアシストにニヤニヤしちゃった〜。さすがー!

0

爆走!

今回は、なっちゃんこと深と皆川竜起との間に「恋敵」が登場します。

3つのお話に分かれていて、
①恋敵とのあれやこれや
②恋敵目線の感想文
③走る話(計と潮が登場!)です。

3本目は竜起が富久男に挑戦する話ですが、ドキドキする展開で、今まで特に何も感じていなかった竜起が好きになりました!
計のスーパーマンっぷりに隠れがちですが、この子もデキる男なのを思い知らされました。

「イエスかノーか半分か」では脇でチャチャを入れてくれる竜起ですが、今後さらに楽しく読めそうです。

0

恋人となった二人がとにかく可愛い

番外編1で恋人となった二人のその後のお話。

新キャラのコタがなっちゃんの後輩として登場してくるのですが、なっちゃんと竜起の仲をいい感じにかき乱してくれます。

でもコタくんが真っ直ぐでめちゃ良い子なので、なんとも憎めずだからこそなっちゃんも無下にできずに、それがこじれる原因になったりしてとてもハラハラしました。

嫉妬で怒りをみせる竜起はちょっと新鮮でドキッとしました。

海辺のシーンはそんなわだかまりが一気に吹っ飛んで、とてもほっこり萌え散らかしました。

「秘密と虹彩」は潮と計も登場してきて、なっちゃんのモヤモヤを解消させるべく、竜起が頑張る回!

なっちゃんのことを本当に大事にしているんだなってすごく伝わってきたし、計の起こした行動も素敵だった…。

計のなっちゃんのいじり方に読みながらクスクス笑ってしまいました(笑)

最高の番外編だったので、前の巻の馴れ初め編と合わせて一気に読み進めるのをおススメします!

0

竜起の真っ直ぐさにやられる♡

番外篇1ですでに付き合い始めた竜起と深のその後です。

竜起と高校の同級生で竜起のことをライバル視してくる恵小太郎が中途採用で入社し、現場を覚えるために深の下で研修を重ねるうちに深に好意を抱いていって…という、当て馬登場かぁ~となる展開なのですが。小太郎が竜起を意識しまくっていてこじらせてる感じが可愛らしい。憧れとライバルが入り交じるとこんな風になっちゃうのかぁ~とニヤニヤしてしまいました。

恋愛に奥手な深が必死で竜起と付き合っていることを隠そうとしたり小太郎に断ろうとしているシーンもすごく可愛らしい。そして何より深の関西弁がえろ可愛い!普段の話し方も可愛らしいし、致している間の声も当然ながら関西弁なのですっごく可愛らしく感じました。女々しいとかではなく。

そして小太郎に対しては一切の容赦のない竜起も清々しかったですね。竜起は深を疑ってないし、深に対する愛情にも一切ブレがなくて…。ホントに竜起~、いつの間にそんないい男になったんだよ~!ってウザ絡みしてあげたいくらいでした(迷惑行為)。

そんな小太郎くん騒動の後の富久男エピソードも深に対して真っ直ぐな竜起の愛情表現にひたすら感謝の連続でした。そして最後はご褒美とでも言うように潮計も登場してくれて、とっても楽しい大阪エピソードでずーっとニヤニヤしながら読んでいたように思います。改めて潮の懐の広さ、そして計の優しさも沁みました。

1

マスク下の鼻の伸び

病院の待ち時間の合間に読み始めたら、もうページめくる手が止まらない…。一瞬で沼らす魔力、相変わらずえげつないです。

もうですね。2人の序盤の甘い甘いイチャイチャにニヤニヤしちゃうんですよ。マスク下の鼻の下がデローンと伸びっ放しで、えげつないことになっていたんですがマスクに助けられました。コロナ対策のマスクがまさかのニヤニヤ対策になろうとは……でも、外読みはうっかりすると危険なので今後気をつけることにします(^ ^)


竜起と深の間に、アメリカ帰りの竜起のライバル・小太郎が割り込むという構図。ええ、そうです。ズバリ当て馬くんです。しかし、ちょっと変わり者で諦めない気持ちの強い彼ですが、嫌なヤローではないです。
最初こそ、ADの仕事への理解や仕事とプライベートをごっちゃにするところもあって危なっかしいのですが、基本良い子。竜起に負けっぱな人生を取り戻すべくアメリカへ武者修行に行くし、打倒!竜起のために彼女と別れてテレビ局に入局するという、人生を竜起に支配されているも同然の真っ直ぐで真面目な男です。


三角関係から竜起と一悶着あったのは、このカップルとしてはあまり見ないシーンなのでヒヤヒヤしましたが、引きずらないのもこのカップルの良さ!やっぱりこの竜起のカラッと明るい性格が私は好きだわ。見ていて気持ちが良い。

気持ちをスパーンと伝える陽キャ竜起と、気持ちをしまいこみがちな深。一見相容れないような2人が、どうしてこんなにも惹かれ合うのか不思議なんですが、でも磁石のようにめちゃくちゃ惹かれ合う2人が本当にお似合いで仕方がありません。

キャラが違っても想う気持ちは一緒。離れていても離れていなくても、お互いの息吹を感じとって日々を過ごしていく日常が本当に素敵。
積極的に求めていく竜起に対して、密やかに恥かしげに求める深の対極的な熱情・欲情が、これまた良くて!ページ読み返したこと数知れず(笑)本当に虜になる中毒性がありました。


富久男のターン、楽しかったです!そのイベントを取り上げるとは、一穂先生のセンスは恐ろしい。そして国江田×都築カップルの放つオーラよ…。すっかり大御所の存在感。この2人が登場すると、画がグッと引き締まります。さすがですわ(笑)


この番外編2でも、仕事描写は圧巻。こんな細かいところまで攻める一穂先生に、またもや驚かされました。昔テレビ局で働いてました?と聞きたい。

最後の最後まで引き込まれるストーリーは見事です。お馴染みのキャラも新キャラも全てが最高。
それにしても一穂先生は、当て馬ポジのキャラクターですら本当に魅力的に描いてくれますね。当て馬なのに悪者に見えるどころか、何か応援したくなる。過去の竜起然り、小太郎然り…。読後感がすごく良く感じるのはそういったこと理由かも知れません(^ ^)

さて、どうしましょう。…どんどん「イエスかノーか半分か」ワールドに溺れていくんですが(笑)余韻も楽しいこのシリーズが大好きです。

1

当て馬くんのキャラが良すぎました

天真爛漫なスポーツキャスター竜起くん×関西弁のAD深くん。
前作で恋人同士になってラブラブな二人の前に、当て馬の小太郎くんが出現。

今回もすごく面白かったです。主人公2人が魅力的なのですが、当て馬くんは攻めの竜起くんの幼馴染。ついつい応援したくなっちゃう憎めないキャラで複雑でした。

ADという立場上アナウンサーと付き合ってるなんて言えなくて嘘を重ねてしまう深くんの気持ちも分かるけどヤキモキしちゃいました。

0

皆川の視点もっとほしい

イエスかノーか半分かは1年前から愛読していて、好きだからこそ当て馬だった皆川くんの番外編を読むのに抵抗があるというか。イエスかノーか半分かは好きだけど必ずしもこのカプも好きになれるかわからないしと躊躇ってました。

横顔と虹彩めちゃくちゃお仕事BLで付き合うまでに本当に色々あって、1ヶ月で付き合ったの!?と恋敵で再認識しました笑
なので恋敵と虹彩の分厚さに期待をして、さあ!2人がいっぱいイチャイチャできるぞ!と読んだら深(なっちゃん)視点が多くて、しかも当て馬のコタが魅力的でこじれるのこじれる!笑 なっちゃんから見た太陽のような存在の皆川が自分に対してだけ本気で怒って嫉妬するとかも好きなのですが、個人的になっちゃんをどれほど好きか心の内をちゃんと知りたいなとかコタが抱きついた時の感情描写が欲しい!ので、続編出ないかなとなっています笑

あと疑問に思った点があったのですが、本編で「この前皆川が結婚式の二次会で失恋してて元気なかった」と皆川の友人を通して言われちゃってなっちゃんが思い悩むのですが、これって初見はイエスかノーか半分かの本編読んでたら計のことかなと思ったんですが、よくよく考えるとそれもそれでなんか腑に落ちないように感じました。この前の結婚式で?二年前振られたのに?皆川くんそんなに気にしてたっけ…とさえ思ったんです。だから「横顔と虹彩」を読み返すと栄Pとなっちゃんの間に入れないし、独占できないの分かっててなっちゃんにラジオ聴いて欲しいから栄さんの所に行っちゃわないでねと1回言うんですけど、なっちゃんがなにも言えなくて「冗談」って返す場面があってその後に「これから友人の二次会の司会」と言って去って行ってしまうんです。それからの二次会で喉を酷使してニュースが読めなかった。って明らかに自分の感情に対して追いつかなくて、ヤケクソで酷使したのかな考察を思っちゃったんですけど、計とのこととして考えてる人のが多くて自信がなくなってきました笑 とにかく、皆川視点が少ないからもっと欲しいです。

それと、裏計の相変わらずの口の悪さと悪口のセンスが本当に好きです。なっちゃんのことを鬼太郎呼びするので濡れ場が鬼太郎が脳裏にチラついちゃいます笑笑 もっと計となっちゃんの絡みが見たい!

2

やっぱり大好き!

竜起と深が付き合いだしてすぐの話。
竜起の幼馴染みの恵小太郎(コタ)がアメリカからやってきて深が仕事を教えることに。

深の仕事に対しての誠実さや、周りへの気配りが今作でよく分かりました。コタにも仕事の事をしっかりと言うことができるし、だからこそコタが深を慕うようになり、それが恋心になったのですね。
コタのせいで竜起とぎくしゃくしますが、深が抱える不信感は竜起の以前の想い人。

読者が望んでいるように話が展開していくのですが、予想外にぶっ飛んだ所もあり、読後の爽快感が良いです。
特に『秘密と虹彩』は、話も面白いし本編の2人も出て、読んでいてニヤニヤしちゃいました。
神様(笑)の言葉と行動が、可笑しくて大好きです!
楽しかった、読んで良かったと思える作品です。

1

ライバル?の登場

発売当時には読んでたけど、いまさらレビューを…

手に取ってみて思ったことは、結構分厚い!!でした(笑)
でも、あっという間に読了した覚えがあります。

前回の『横顔と虹彩』で2人がくっついてから、約2週間後からのスタート。
あら、意外とそんなに経ってないのね!

今回は竜起くんの恋のライバル?登場です。(いや、竜起くんとなっちゃんはもう付き合ってるんだけどさ)

旭テレビに中途入社してきた、"コタ"こと恵小太郎くん。彼はなんと、竜起くんの幼なじみ!コタは竜起くんにやたらとライバル意識を持っていて、不憫で可愛い(笑)そもそも、コタが旭テレビに入社してきたのも、竜起くんがきっかけだし。え、なにこれ、コタめっちゃ竜起くんのこと大好きじゃん。ってなるけど、コタが実際に恋するのは、教育係になってくれたなっちゃんです。

コタ登場で、すったもんだあるけれど無事に竜起くんとなっちゃんがイチャイチャしてて良かった(^^)

あぁ、どうかコタにもいい人(男の恋人)ができますように!(笑)

1

皆川嫌いの小太郎くん。私も〜!

うーん!と唸りました。
一穂先生。狙って書かれたのなら凄い。
なぜって、「恵小太郎」という人物を造形した所。この小太郎くん、皆川の事嫌いなんですよね。
皆川のこと毛嫌いする存在がいる、皆川は嫌われる要素がある、と作者様が認めてると取っていいのですよね…
私、皆川が嫌いなんです。
「竜起」とか下の名前で呼ぶのも親しげな空気出すので言いたくない、こんな奴呼び捨てでいいわ!と思ってるのであえて「皆川」と表記します。
どなた様のレビューでも皆川に好意的なので、シリーズ1作目の「イエスかノーか〜」のレビューでも皆川メインの「横顔と虹彩」のレビューでも私だけ「皆川嫌い!」と明記しちゃって、ヤバいそんなの私だけだ…なんて思ってました。
本作では皆川にキャンキャン吠えたてるコタに対して、好きの裏返しみたいな解釈を与えておられますけど。(イヤ、私は本当に嫌いです…)
一方、深(なっちゃん)は引き続き良い子です。真面目で一生懸命で。
今回は「お仕事BL」的描写は比較的薄め、特に皆川の仕事場面はほとんど無しで、なっちゃんも自分の持ち場で頑張ってる。そこにコタがなっちゃんの助手的な感じで入ってきてなっちゃんに恋をする、という展開。
なっちゃんは皆川と付き合っていることを言えず、一つの嘘が連なる誤魔化しを生み、なっちゃんが精神的に疲弊し…と、なっちゃん好きにはハラハラする展開でした。
最初に嘘を言ってしまったのがいけないんだけど、でも本当の事なんて無防備に言えないよなぁ、となっちゃんに感情移入しまくりです。

「departure」
コタがNYに赴任するので送別会をする、というエピソード。
当て馬退場という分かりやすすぎるお話、だったかな。NYできちんと自分だけの幸せ掴め。

「秘密と虹彩」
楽しいこと大好きな皆川が思いつきで「富久男選び」に参加するお話。
ここでは潮&計も登場し、表のクール看板アナの国江田さんと裏の毒舌・計の面白さが読めます。そこが楽しかった。
皆川が強運で1列目取れたとか、失格したけど実際には1位とか、どーでもいいかなぁ私は。
(皆川ファンの皆様、数々の暴言、気を悪くされたらすみません)

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う