目黒と秋野は気づかない 2

meguro to akino wa kizukanai

目黒と秋野は気づかない 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神38
  • 萌×210
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

93

レビュー数
10
得点
236
評価数
51
平均
4.6 / 5
神率
74.5%
著者
ゆくえ萌葱 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784199609848

あらすじ

SEXしまくりだけど、恥ずかしすぎて好きって言えない――酔った勢いでヤッて以来、親友兼セフレになった、女たらしの大学生・秋野とゲイの目黒。そんな半端な関係の二人に苛立ったゲイバーのママが「いい加減、お前ら付き合え!!」と一喝!! そんなハンパな関係の二人にイラ立ったゲイバーのママが「いいかげん、お前ら付き合え!!」と一喝!! ようやく恋人同士に◎ ――と、張り切って秋野がスパダリぶりを発揮する一方、ノンケとの恋に戸惑う目黒は昔の苦い初恋の記憶が蘇って…!?

表題作目黒と秋野は気づかない 2

秋野千春、大学生、女好き
目黒匡、大学生、家事万能

その他の収録作品

  • 目黒と秋野はやっぱり気づかない
  • カバー下漫画

レビュー投稿数10

やはり良きでした

2巻も楽しみで1巻から一気読みしたんですけどやはり期待通り最高すぎました。目黒の初めての男に嫉妬する秋野や、無自覚で甘々過ぎる二人の距離感行動しぐさ。
そして安定の濡れ場にママが凄いキーパーソンというところも、この作品の味を出していたと思います。
それから、二人の周囲にも甘々感が伝わっていたり。変化がしっかり伝わっていたり。最後は秋野→目黒の展開にうはうはでもありました。
攻めが受けを好きだー!好き過ぎるー!っていうのも好きなので実に楽しめました!

0

続編

前回モヤモヤした部分を上手く補完してくれるストーリーでした。

タイトルがタイトルなのでラストまで付き合わずに引っ張るのかと思いましたが、一話目でサクッと付き合い始めます。

目黒の過去を絡ませる形で当て馬のような存在が登場、それをきっかけに秋野が自分の言動を見直します。
前回かなり秋野へのツッコミ不足を感じていたのですが、秋野が自分でツッコミを入れたことでかなりスッキリしました(それでもクズだとは思いますが)。

本作の秋野の行動は完全に自己満足でしかなく、元カノからしたら迷惑だと思います(笑)
しかし目黒の為にはなったので良かったです。秋野が自分をクソ野郎と認識した上でそれを改善する為に行動した事実を、目黒に分かる形で見せた事に意味があったと思います。

当て馬もまるで目黒に手を出そうとしているかのような描写でしたが、ただただ深く考えていないだけのような気もしました。
結局過去回想と電話口でしか登場せず、良い踏み台と言った感じのキャラでした。目黒が地元で悪い様に言われていないかだけ心配になりました(そんなことはなさそうだが)。

その後もサラサラと話が進んで行き、物語として面白かったかと言うと物足りなさがあるのですが、続編としては綺麗だったかなと思います。
一巻で匂わされていた目黒の過去と、秋野のクズさへのツッコミ不足感を補ってくれたので満足度は高いです。

0

やっと気づきました

ゆくえ萌葱先生、新刊が立て続けに出ました。相乗効果が狙えて良いですね。こっちがかなり時間空いての続刊なのがややネック?ただ1巻からの読者からするとこの絵柄の変化が嬉しい。先生の最新の絵で目黒と秋野が動いていること自体が嬉しい。

案の定ふたりはラブラブバカップルになり幸せに暮らしましたとさ、おしまい、です。
秋野の振る舞いはリアルに考えると(特に元カノに会いに行くアレ)全くもって好ましくないので、話の展開は正直好みではなかったものの、ハモる2人は好きです。あと目黒が可愛いから…可愛いよ目黒…
個人的には目黒(表紙右)が元タチだからリバ見たかったけど、雄×雄作品の多い先生、意外にもリバにはしないんですよね〜。懐の深いというか、情に厚い方の雄が入れられる側をやる印象がある。

2

そういえば言ってた

自覚した頃にひどい目にあってタチ専門になったって言ってたね
ひどいやつだよな
自分への好意を利用して、自分の中でだけ勝手に良いように思い込んでる

しかし、2人共頭も良いし実家もお金あるんだろうな
一人暮らしなのに結構ホテル利用するもんな
バーで週1どころじゃなく飲んでるみたいだし
なんの職につくんでしょ

彼氏になった途端にちゃんと彼氏をやる秋野、良いんだけど、令和の彼氏になって!家事全般を相手に期待して、自分は惜しみなく甘えさせるたけとか、どうかと思うけどな
相手をよく見てるとことか、良いやつだなとは思うから
でもさ、既に別れた彼女達については謝るのも自己満足だし、関係ないんじゃないかなぁ

0

予想以上に心にしみる

秋野×目黒


強気同士がぶつかって、面白い進行の中で、
目黒の初恋が意外にも痛々しくて混ざってくるところに、
秋野の独占欲が引き出されて、
目黒の痛い感情が秋野に救われる展開にグッときて、
2人の想いが通じ合ったことにこんなにも胸が熱くなったなんて!
この2人を見て、笑って、じわじわと心にしみる感じがたまらないです!


付き合うまでのあやふやな考えをしたり、
何かに意地を張ったりして、
ついに決意する過程にニヤニヤが止まらない!

付き合っても不安だらけの目黒・・・
目黒がノンケへの抵抗。その理由、やっとわかった。
そのツラさに胸に迫る!
そんな目黒に愛を見せて、守ってくれる秋野がいて、
もう愛おしくてキュンキュンしちゃう!ほっと一息ついた。

男前×男前で、2人もカッコいい!
関係性がずるずるして、エッチはちゃんとして、
素直になれなかったも、また2人らしくて、大好き!
ようやく付き合うことになった2人も大好き!
甘さがほとんどなくても、
コミカルな流れの中にしっかりと愛が漂っているのが最高で、
萌えて、すごく楽しめました!

1

最初から最後までずっとニヤニヤしてしまう!!

告白して友達ですらいられなくなったらいやだ~みたいなネガティブな理由で関係を進展させないわけじゃなく、あっけらかんとしている2人が面白くてツボで好きでした。てか関係性の名前なんてどうでもいいくらいほぼ恋人だし!これが2人のいちゃ甘だ!とか思っていた1巻。

甘かった~~~~~
2巻で早々に名実ともに恋人になった2人。
まさかこんなにもだもだきゅんきゅんするとは思わなかった。

秋野がはちゃめちゃ男らしくなっちゃうのも人前でいちゃいちゃするのためらわないのも最高だし、面倒見てやるスタンスだった目黒が秋野に弱いトコ晒して裏切られないかを不安に思っちゃってるのも可愛すぎた…
ノリはどこまでもサバサバしてるのにはちゃめちゃに甘いのなんなんでしょうか…

そして周りの人々(特にママ!!)が影の立役者すぎて拍手喝采です。
私もこの世界線に行って2人を煽り散らかしたい。

とにかく口が緩んでしまうの不可避な1冊でした。最高…!!

1

タイトル回収の被せがおもしろい

1巻ラストで付き合うことになったと思ったらまだだったんですね〜。
「目黒と秋野は気づかない」はまだ続く。
目黒が秋野はノンケだから…と何度も思うのはトラウマがあったからなんですね。
頭では洸平と秋野は違うとわかっている。
でも怖い。
感情ってそういうもんよなぁと思いながら読みました。

洸平に対して啖呵を切る秋野が気持ちよかった。
目黒にそんな顔をさせる洸平がムカつくし、何もできない自分にムカつく。
1巻では自己中おバカが過ぎましたが、その単細胞な性格のいい面が出てよかったです。

洸平のことを知り、過去の自分がクソだったとケジメをつけるところもよかった。
目黒のことを好きだとなかなか気づかなかったけど、明らかに今までの彼女への気持ちとは違うとわかってくる過程もおもしろかったです。

なんとかお互いの気持ちを自覚した2人ですが
付き合って1年経ったことに気づかない
それはもはやプロポーズだと気づかない
とタイトル回収を被せてくれたところがおもしろかったです。

あとがきの先生がかわいかったです。

1

2人の関係変化に刮目せよ

前巻。秋野と目黒のコントみたいな"気付かない"やりとりを延々と見せられ、ヤることヤってんのに一向に進展しない2人の関係性に呆れ果てていたわけなんですが……このもどかしさや焦ったさは、この2巻で全部が完璧に回収されましたっっ!( ˃̶͈̀∀˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

普通の回収じゃないですよ、完封回収!(≧∀≦)
ひぇぇぇ〜…良すぎて良すぎて、萌え転がりました。作者さん、読者が欲しいものを分かってらっしゃる…。
めちゃくちゃ最高でした。エンディングに向けての盛り上げ方、スッキリする読後感、すんばらしい……っっ!!!


前巻にて、"好き"とも言い合わないし、付き合うのワードも出ないし、完全に惹かれ合ってるのに自覚してない罪深きウブな2人だったのは、ご存知の通りかと思います。2巻の始まりもですね、もちろん無自覚ムーブぶちかましで周囲を振り回す迷惑な2人なのは変わんないです。
居心地の良さから一緒にいる時間も多く、あれだけセックスしまくって満たされてて。状況証拠は整ってやがるのに、どういうワケか…マジでどういうワケか、恋人の関係に収まってない不思議な2人に何度も白目を剥きました。

しかし。
このミステリアスな関係が…
ついに!
ようやく!
やっっっっと!
終わりを迎えることになります。

まぁ……外野の温かいアシストがあったがゆえの進展ですが、それでも名前のある関係というのは大きな効果があるってもの。それについても、秋野と目黒の"恋人"への身構え方は違うもので、特に目黒の不安感…過去のトラウマは大きな壁で、彼らがまだまだ不完全な恋人関係でいることの原因となっています。交際のハードルは意外と根深かったんだなと、ここで気付かされました。

ですが。
ここで注目すべきは覚醒した"恋人"秋野。
秋野の恋人ポテンシャルに刮目して下さい。

もうね…もうですね……秋野がどえらいカッコいいんですっっっ!!!
1巻ではクズ寄りだった秋野とは天と地の差。これをもって何が分かるかというと、秋野のこれまでの元カノたちとの恋愛はままごとだったということです。
目黒への"好き"が秋野の言葉とセリフから一目瞭然。秋野の中では、目黒のことをちゃんと恋人として認識していて、最大限の愛情を目黒にたっぷり心と身体に注ぐ姿に感動しました…。ちょっとぶっきらぼうなところもあるけど、気持ちは真っ直ぐでブレてないし、やることに勢いと即決力があるから見ていて清々しいです。

目黒が不安になる要素を取り払うために頑張る姿勢に惚れ惚れしました。男前に成長した秋野から目が離せません!
そんな2人のやりとりからは、愛しか感じないですよ、ホント。つい最近まで付き合うとか好きが自覚できずにいたなと思いました^ ^


本当の意味で気持ちが通い合い、恋人同士になっていく2人の恋愛の軌跡……最高でした。
交際までの流れは遅かったけど、恋人同士になってからの展開はスピード感とリズミカル感がハンパなく、読んでいてとっても楽しかったです♪( ´▽`)
"気付き"はしないけど、絶妙に関係がトントンと進む彼らのチグハグ交際に萌え倒されました,

萌えの質、萌えの量ともに大・満・足。
完璧なエンディングに、拍手喝采です^ ^

1

萌えが致死量

5年越しの続編!

いつになったら付き合うんだよ?!というところから始まる2巻。
↓の方のレビューに一言一句同意で解釈も完全一致なので、付け足して書くこともないのですが、一言だけ...。

割と序盤でママに一喝されようやく付き合うことになったわけですが、こ の 後 が や ば い ん で す ! !
秋野が急にカッコいい!!!!!
大事なことなので2回言います。
秋野が急にカッコいい!!!!!
これはもうぜひ、読んで確認していただければと思います。
本当に、秋野が急にイケメンになりました。
色々すごいです。
過去の彼女さん達に対する最低な態度にもちゃんとケジメをつけます。(これは本来なら当たり前のことだし、無かったことになるわけではないのですが...)
しっかり清算したうえで、もう見ていられないほどの甘々溺愛ゾーンに突入します。

思えば最初から無自覚なだけで両想いっぽさ全開だったわけですが、晴れて恋人同士になったふたりはもうヤバいです。

読者のハートを鷲掴みにしにきました。

もっともっと、ずっと読んでいたいな...

4

これは愛が過ぎるよーーー!( ´͈ ᐜ `͈ )

これは非常に良き続編でした(∩´///`∩)
終始ニヤニヤニヤニヤが止まらなかったし、
読み終えた後に即リピしたよね…BIGLOVE♡

いやもぅね、
これは愛が過ぎるでしょ~~~////
って一言に尽きるんですよ。

私は1巻のレビューでこう書きました↓↓↓

 何をしても、何が起こっても、
 周囲からどれだけ背中を押されても、
 恋人ルートしかない道に立たされても、

 目 黒 と 秋 野 は 気 づ か な い w
 恋 人 に は 絶 対 な ら な い w

しかし2巻を読むと恋人云々の次元を越えて

 付き合ってよーが、
 付き合ってなかろーが、
 例えどんな関係になろうが、

 目 黒 と 秋 野 は 気 づ か な い w
 恋 人 ど う こ う の レ ベ ル じ ゃ な い w

最後の最後までタイトル回収してるんだけど
1巻のときみたいな焦れったさはなくて、
そういう『気付かない』なら大好物だぜ…!!!
って性癖爆発させながら噛みしめました。

無自覚なままクソデカ感情抱えてるの
マジのマジで萌えが過ぎる。ゆくえさん天才。

あと1巻で秋野のクズっぷりが苦手と思った人は
とりあえず温かい目で2巻の秋野を見て欲しい~!
秋野もね、そこまでバカじゃなかったなっていう。

(っていうか何も考えないトコ長所だった)
(何も考えないところが逆に頼もしい)
(秋野にこんな感情を抱くなんて…(困惑))

ママのツッコミポジも安定の的確さでした。
読者の気持ちを代弁してくれる影の主役…!
カバー下はママの恋愛事情(?)がチラリしてます(﹡´◡`﹡ )


さてさて。

あれだけママに背中押されまくっても
いまだ付き合うに至らない目黒と秋野でしたが、
ようやく観念して認め付き合うことにしました。

目黒としては
秋野はノンケだし…って感情が拭えないけれど、
予想に反して恋人になった秋野はカラッと積極的。

人前でも距離が近いし、
手を繋ぐことにも躊躇がなく、
めちゃんこ THE・彼氏! なんですね。

けれど目黒はどうしても戸惑いが大きく、
過去のトラウマと秋野が重なってしまいーーーと展開します。


ゲイがノンケと付き合う怖さが描かれて
怯えたような目黒の表情が切なかったです。が。
それ以上に秋野が頼もしくてキュンキュンした!

なにやだも~~~~かっこいいじゃん!秋野!
って興奮したよね。チョロい読者なので。ふふふ。
(1巻で彼女や目黒を家政婦扱いしてたことは)
(とりあえず忘れて上げようね…私…)

いつまで経っても
「たぶん好き」のスタンスを絶対崩さないくせに、
無自覚でクソデカ感情抱えるほど好きなんですよ。
めっちゃズルくない???

多分だけど、
目黒はこの先もずっとうっすら不安を抱えながら
うっすら秋野を100%信じないままかもしれない。

でも目黒の様子がおかしいと秋野が敏感に感じ、
その都度ちゃんとコミュニケーションを取って、
気づいたら老後だった!?みたいな。

(目黒がうっすら不安になるのは最早性格で、)
(そんな部分も秋野は大らかに包み込むのよ…)
(っていうのが私の解釈)

深~く愛し合ってるのに気づかず一生を共にする。
この2人ならそれも案外幸せなんだろうな…、と。
心が満たされる続編に大感謝です(;////;)

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う