ノっぴきならぬ 1

noppiki naranu

ノっぴきならぬ 1
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神63
  • 萌×28
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
21
得点
347
評価数
74
平均
4.7 / 5
神率
85.1%
著者
こふで 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
チルシェコミックス
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784575381603

あらすじ

「ついに見つけた。七年も忘れられねかった男を――」

時は江戸。侠気あふれる伊達な男と、上品で端正な顔立ちの美男。名も明かさず逢瀬を重ねる――それももう、七年前の話。
彼との夜が忘れられなかった寅次は、江戸を転々としながらその"美しい男"を探し続け、ついに再会を果たす。しかし彼は高級料亭の若旦那で、幼い娘と共に暮らしていて…?

『べな』こふで最新作!
艶麗な筆致でつむがれる、毛色の違う【色男×色男】の切なくも甘い"初恋のやり直し"。
描き下ろしも収録!!

表題作ノっぴきならぬ 1

寅次、千枝屋に奉公中
八重辰/八兵衛、料理茶屋・千枝屋の若旦那

レビュー投稿数21

粋で鯔背な男前に興味深く惹き込まれ萌候

…八重辰と寅次の麗しき御尊顔を拝し奉り、わたくしめ眼福恐悦至極に存じ奉りまする。
至極難有仕合(しごくありがたきしあわせ)に奉存候(ぞんじたてまつりそうろう)

私も御多分に漏れず丁髷に若干抵抗が御座いまして
うーむ誠に髪が奇天烈なり。取り敢えず試し読みナリ。と読みまし…丁髷沼、幸せ。
寧ろ丁髷から、はらりと数本の髪の毛が垂れている様がなんとも艶と色気を感じました。

大柄で全身入れ墨の伊達男×訳あり何処か儚さを纏う美男の片想い同士が成就する迄のお話です。
絵柄、物語の運び方、台詞の一語一句全て細やかに精査されていると感じます。
こふで先生初読みでしたが、絵柄がとても好みです。
中性的なお目々キュルル睫毛ぱっちりでは無く、江戸男前で色気が出せる。
表情の描き方がトップクラスにお上手です。

寅次が7年間一途に探し続けるのも良いですよね。
待つだけでなく自ら進む。だけど引くとこは潔く引く。
中身も良い男。

何故八重辰は姿を消したのか?此処が肝ですが
話を進める程に、息苦しく感じどんどん拗れるのが辛かったです。心情的にも立場的にもノっぴきならない(退くも引くも出来ない)状況でお互いが想い合って居る筈なのに…!
◯◯の幸せの為に諦めるとの決断が結局◯◯も本心を言えず紙を寅次に見せる。
その手紙の中身が、皮肉で同情もあり何とも言えない…この文章が思い付くこふで先生凄い。
これだけ子供を想って居るのに「立派な親になる為」に手放す苦悩…からの忠太が良い仕事してました。忠太くん次巻も宜しく!
細かな設定や伏線が全てラストに綺麗に纏まって読後爽やかです。
因みに周囲の反応ですが江戸時代は男色に対して偏見や差別は比較的少なかったので違和感は無いです。

近年、外来語のXLやらDTやらDKやらRージュウハチとか…私の目に付くのは外来語が多くて勿論現代の作品も好きですが、江戸期の日本語は背筋が伸びる様な何とも美しいと再確認しました。

で?2巻でもっといちゃいちゃ見れるんですか!!?(大声)
春はあけぼのに肌を合わせる
夏は夜に情を交わす
秋は夕暮れに一夜を共にする
冬は早朝に枕を交わす
うーん、
どれも迷っちゃうなぁ。
有難き幸せ。

あ、何故ノはカタカナなのでしょうか?

0

是非茶屋に馴染んでいくこれからの2人を

 こふで先生の美麗な絵で、また新しい江戸の物語を読めてとても嬉しいです。一度儚い蜜月を過ごした後、7年も離れていて再会した2人。忘れられない、と探し続けた寅次の根気強さをまずは称えたいですね。八重辰の方からはどうしたって距離が縮まらなかったでしょうから。

 いざ再会してみれば八重辰の素性は、高級料理茶屋の若旦那で、娘もいてと1人でいろいろ背負っている人。今までの人生、大事なものと向き合うのが怖くなると、逃げ続けてきた自覚がある。でもこんな人間ごまんといますよね。自覚していて何か1つでも改善を、と自分を変えようとしただけ偉いと思う。今の茶屋の皆に幸せを願われているのは、彼が凄まじい努力を重ねてきた証でしょう。手先も生き方も不器用な彼を、心根も言葉も江戸の男らしく真っ直ぐな寅次が今度こそ捕まえるのは必然。茶屋の皆に背中を押されてではあったけれど、八重辰がきちんと本心を言葉にできたことが嬉しいです。重荷としてではなく、生きる喜びとなる大事なものが、八重辰のなかでこれから増えていくことを祈ります。

2

パーフェクト

画力、ストーリー、すべてが完璧で素晴らしい!
健気×健気はいいですね。

攻めの寅次はガタイのいい大男でお尻と太ももにまで刺青があるコワモテ顔な反面、気さくですぐ人と自然に仲良くなれちゃう人懐っこさがある不良っぽい色男。
八重辰は役者のような美人で大店の主らしく気配りが出来、使用人からも真面目と慕われている優男。

一時、セフレになるがある日から音信不通で理由もなく会えなくなり、思いを断ち切れない寅次が7年かけてやっと探し当てます。
奉公人の忠太の計らいで2人きりで話せる時間を持ちますが離れている間に八重辰には娘が生まれており…。
この娘、お天のお世話係に寅次がなり案外と面倒見がよく子守りが上手い。手先が器用なのでハサミを使ってササっと紙を切り上げてしまう所なんて微笑ましかったです。

忠太や奉公人達、誰1人として悪人がおらず安心して読めました。
お天に関するエピソードが主役2人の気持ちにブレーキをかけたり逆に加速させたりして、お話に子供が出てくることは不安でしたが読んでみるとプラス効果しかありません。お天がいるからこそお話にリズムが生まれ面白く動いて感動しました。

昨夜電子購入し、すでに5回読みましたが毎回必ず泣いてしまいます。相手を思い自分の気持ちを押し殺して身を引くって…美しすぎます。
寅次の捨て台詞や八重辰の赤ら顔が頭から離れません。

ここは歌舞伎座?新橋演舞場?私、いま舞台みてます?というくらい「こふでワールド」に夢中になりました。
背景を含め絵の描き込みもbl漫画では少数派と思えるほどの量とクオリティで手間がかかりそうですし、なにより江戸時代について先生の知識半端ないと感じました。
時代ものですが難しくはなくドキドキと孤独な男の寂しさが好きな方なら楽しめると思います。

3

7年越しの再会は偶然ではない

BL漫画では、偶然に再会してしまい愛が復活!みたいな流れがありますが、これはお互いが思い続けて...再会なので初めから純愛度が遥かに違う…。

そして物語の緻密さ、キャラ、話の運び方すべてが良すぎて読んでいて幸せでした。

本当に心情も丁寧に描かれており、話が進むにつれて切なさと、お互いのやりきれない愛しさに胸が苦しくなりました。

そして、受けがなにより美人で可愛い。
私は美人で可愛く自己犠牲っぽいところがある頑張り屋な受けが大大大好きなので、大変満足いたしました♡

そして2もあるとのこと。頑張って夏を越せます。

0

待ってました

「べな」が完結して寂しいと思ってたところにコレですよ!冒頭から一気に世界観に引き込まれていました。何だか訳ありの男たちの再会愛に心踊らされました。表情が実に色っぽくて眼福でした。

もうね、再会した時から八重辰の表情が雄弁で、一方的な別れには理由があったんだろうと読者は直ぐに気がつくと思います。

そして娘の存在が2人の邪魔をするとか全然なくて、むしろ2人が一緒になってる理由になるのがまた良かった。

そうなって来ると八重辰が置かれていた立場が気の毒で、虎次に逃げていたのに千枝屋の若旦那として皆に慕って貰えるまで頑張っていた7年が本当に切なくて…。皆が八重辰の為にと最後に動いた姿に感動しました。

読み終わって大満足で正直言ってこの一冊で終わったって良いじゃないの?と思ったけど、番号がふってあって巻末に2巻の宣伝までありました。

この先にどんな話が待ってるのか正直言って予想も付かないです。八重辰を目の敵にしている客とか関わって来るのかしら?それとも娘の母親とか?

次巻も楽しみに待ちたいと思います。

3

No Title

これは少女漫画だと思う。最初から最後まで周囲が祝福し過ぎている。愛し愛しされる為に生まれた彼ら。各々の立場で別れても、またそこに周囲が彼らを祝福してしまうので再び結ばれる。大人同士の甘酸っぱい初恋の続きなのだ。

所帯を持ったが妻となった女性の身体を触れる事ができない受け。理由は七年間前に別れた男が忘れられないから。この理由はとても良い。だが、そうならそうと分かっているなら結婚するなよとどうしても現代人なので思ってしまう。時代的に男は所帯を取り子孫を残さねば男として舐められるといった、そういうものなんだろうか。女性は浮気し子を生むけど生んだ後子供の顔を見ないようにして書き置きして家を出ていくが逃げる際に後ろ髪ひかれたようなシーンがある。次回引き取りに来るのだろうか、その辺にノイズがかかる。だが女性作家ならではの圧倒的な表現力、残された子が純粋無垢でお転婆で愛くるしい。この子なら父親が同性と愛し合っているのを知っても軽蔑せず喜んで受け入れ家族となるだろう。という、うん、なんかその漫画を大量に読んだオタクには物足りない次の展開が読める漫画である。別な方のレビューに展開が目まぐるしいとあったが、展開が読めるタイプの人はだろうな感があるため、これが目まぐるしい?となってしまうかもそれない。だが安心して欲しい。作者側が彼らの問題点をラストで即効解決してくるから読んでいてストレスは全く無い。この子供問題を更に先延ばしされたらレビューはしないつもりだった。話が一段落して作者からいやはや良かったねぇ丸く収まってさぁという内容の書き下ろしがとても心地よい。

ただただ美男と美男がすれ違いにすれ違ってる様を拝める漫画である。普段は凛として仕事をこなす男が、攻めの前では無垢な少女の様に恥ずかしくて逃げたり避けたり色艶となる姿はたまらないほど興奮する。攻めは最初から受けに絆されてるので好きすぎるあまりにちょっと避けられただけで傷つくという繊細な様子がコミカルで面白い。

1巻では七年間どこでなにをどうしてただったが、2巻では共に暮らし始めるのだ。もうラブラブになるしかないだろう。そうだろう。そうして欲しい。

5

酔いしれる一作…

あああもう最高…!
江戸の男達の色っぽさ、艶っぽさにひたすら酔いしれる一作でした…

自分の好みで言えば、時代ものよりも断然現代もの。
平安時代なんかは好きだけど、江戸明治大正…そんなに興味ないなあ、という感じだったのですが、試し読みでもう心を一気に持っていかれ、読み終わった今は満足感でいっぱいです。

タイプの異なる江戸男×江戸男の再会愛。

個人的には、攻めの寅次にはもっともっとグイグイ来てもらっても良かったかなと思うけれど、引き際と理性を持ち合わせているのも寅次という男の魅力かも。

7年を経て大きく変わってしまった八重辰の状況に驚きつつも、揺るがぬ愛で全て受け入れ共に生きようとする寅次の懐の深さに、涙、涙…でした。

やっと自分の心に素直になり、想いを正直に伝えられるようになった八重辰、本当に良かったね…( ; ; )

こふで先生の美麗絵と世界観に、うっとりどこまでも酔いしれることのできる一作でした・:*+.

2

以前は髷、苦手でした

ドラマでも時代劇を見たことがない。
「月代」が苦手なのか??
非BLの「さらい屋五葉」やアンソロ「男色図鑑」くらいしか時代物を読んだことがないと思います。
試し読みはしたとはいえ、こんなの買って良かったんだろうかとうろたえながら読みました。
あの髪型は何日に一回セットしてもらうんだろうかとか着物にくっつけている可愛いポーチは財布なのか?とかじっくり見ながら、です。
絵が丁寧で細か〜い切り絵みたいですね。
江戸時代の江戸文化に触れた外国人のような気になります。
綺麗過ぎて勝手に期待した程のエロさはなかったです。
けなしているのではなく、2人や周囲の人々の心情中心にお話が進んでおりそういうシーンはちょっとだけ、煽りPRに乗せられたわたしが悪い。
2人ともイイ男、色男には間違いなく次巻が待ち遠しいです。

1

完璧でした!令和の今、見たい1冊

大変評判が良いので気になり試し読みをしてみて速攻で購入しました!

初めて読む純和風100%なBL。
正直そんなに和風萌え属性はなかったのですが、、、完璧に萌えました。

何となく読まなかった理由は
難しそう
読みにくそう
古そう
といった偏見にまみれた思い違いの食わず嫌い(;´・ω・)

反省しかない。。。

まず難しくない!
お話し的には想い人を探し求める再会系。
しかも偶然の再会じゃなくてちゃんと追い求める一途な感じです。
萌えるに決まってる!

江戸時代特有の言い回しみたいな感じもあるけれど全然理解は余裕で出来ます。
少しも読みにくさがない!
むしろフォントも作風に合っていてかっこいい。

更に絵が色っぽい!!!
髪型は完全に時代劇だけど(それが江戸なので当たり前!)髪型さえ変わればスーツ着てても何の違和感もない美麗な絵!!!
ただただ普通~にイケメンな2人。
古臭さとはなんぞ・・・?


という事で全ての概念をぶち壊してくれたこの1冊!
滅多に書かないレビューも書いてしまう程でした(笑)
続編が楽しみで仕方ないです(*´▽`*)

2

好きです!

こふで先生が大好きで、「べな」が大好きで、
連載開始当初から楽しみにしていましたが、どうしても一気読みしたくて我慢してました。
やっと読めた感想は、「最高!」です
期待を裏切らない…いや、期待以上でした

こふで先生の描くキャラクターは表情の豊かさと美しさを兼ね備えていて、やはり大好きです。
お二人の顔や仕草から色気も愛嬌も感じられて狂いました。
そして、お天ちゃんの可愛らしさと賑やかな奉公人たちにほっこりさせられました

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う