ロングピリオド 下

long period

ロングピリオド 下
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神61
  • 萌×224
  • 萌11
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
434
評価数
96
平均
4.5 / 5
神率
63.5%
著者
古矢渚 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784829686805

あらすじ

このままだと佑征が見えなくなる。
その虚勢を、崩したい。

高校生の樹は、幼馴染の佑征に避けられている。
佑征だけは、どんな時も味方でいてくれたのに、中学から素っ気なく遠ざけられがちだ。
なのに、佑征から向けられる視線は、愁いを帯びていくばかり。
そんな何かを堪えるような目を向けられたら、こっちだって……。

表題作ロングピリオド 下

有馬佑征、高校生
早川樹、高校生

その他の収録作品

  • 描き下ろし ノットピリオド

レビュー投稿数12

多感で繊細な男子高校生を描いたらやはりピカイチの先生

個人的にDKものを描いたら右に出る人はいないと思っている作家さんの新刊です。

なんでもできる天性の天才とそれをそばで見守り続け気持ちを隠し続ける幼馴染のお話です。

この元気でわいわいやっている男子高校生の日常なのにどこか本心を隠していて絶妙に一線を引いているかのような、薄い膜が張っているかのような関係性が本当になんとも言えなくて最高です。
そしてその一線が飛び越えられる一瞬を、あ、超えるな、と読みながら察してしまうほどすごく紙面全体がシンとなる描写にぐわーっと来ました。

そして何より気持ちを隠して執着しているゆうせいの方が気持ちが重いかと思いきや、それをずっとわかったうえでずっとそばにいたがって気持ちを煽るようなことをしてきてた樹って最高などんでん返しでは!?
たしかにどんな時でも絶対味方でいてくれる存在って友情恋愛はもちろん、もはや家族も超えて本当に大切な存在ですよね…お互いめちゃめちゃ執着しあってるの最高です。
最後まで恋愛!って感じにならなかったのも個人的にすごく好きなポイントでした。
この2人がずっとお互いを尊重し合って生きていけますように!!

6

上巻は萌2、下巻は神~!

下巻…始まりから今まで閉まっていた佑征くんの思いが溢れ出して・・・。これまで越えなかった一線を越えるのドキドキした。。

樹くんの過去編でお兄ちゃんとのことも分かり、クラスメイトから陰口言われたときも、、天才肌の苦悩を抱えて生きてきたんだな。
辛いときに傍にいていつも味方だった佑征くんの存在が大きかった。基本寡黙だけど言うときちゃんと言ってくれるのでかっこいい。

上巻は萌2でしたが下巻の展開が好きだったので神評価です~!
雪合戦のところ気持ちのぶつけ合いも読めて最高でした。
樹くんすべて分かっていたのを踏まえて上巻から読み直したくなりました。

えろはないんですが大満足。少し触れる感じが逆にえろい気もしてきた。。。

結ばれてからのお付き合い編が読みたい~~!

5

私の“幼馴染みBL”の教科書にします

上下巻を読んでの感想です!
幼馴染みBL、それも“同い年”の幼馴染みが数ある設定の中でも一二を争うほど大好きな私、あらすじを読んですぐに購入を決めました。
好きな設定の作品はいくらあっても嬉しいですし、これからも沢山読むんだろうとは思うのですが、私の中での幼馴染みBLのお手本というか、教科書を見つけてしまったような気がしていて、この作品に出会えて良かったなと思います。


古矢先生の作品は他にも読んだことがありますが、穏やかで優しい空気感とキャラクターの表情や行動から伝わってくる心理描写の繊細さがとても魅力的だなと感じる作家さんでした。
それが今回は上下巻という大ボリュームで、幼馴染みの佑征と樹がどうやって出会い、どんなふうに育ち、何を見てどう感じてきたのか、そんなふたりの半生をじっくりと見守ることができ、読み応え十分でした。


樹は天才肌で飄々とした性格。一方の佑征は物静かで落ち着いた性格です。一見正反対のように見えるふたりですが、樹の自由奔放な振る舞いに佑征が振り回されるようなかたちで、微妙なバランスの関係性のまま腐れ縁を続けています。
何でもそつなくこなせる要領の良さゆえに、それを持ち合わせない周囲との軋轢が生まれてしまい、時には陰口で、また時には直接悪感情をぶつけられてしまう樹。
それを、最も比較されがちな幼馴染みという立場でありながら、彼のありのままを受け入れて手放しで肯定する佑征。言葉は多くなくとも、いつもただ傍にいてくれる佑征の優しさに、樹がどれだけ救われていたのかは想像に難くありません。


下巻後半の、雪の中でふたりが想いを吐露する場面で樹が、

「お前は世界で一番俺の味方でいてくれたじゃん 俺にはそれで十分だよ」

と言って見せた笑顔がとても印象的で、いちばん大好きなシーンです。
普段から自然体で過ごしているような樹ですが、どこか相手にこう見られたいという姿を演じているようにも見えました。それは佑征に対しても例外ではなく。
いつも佑征より一枚上手でいようとしているようで隙を感じさせない樹が、そういった壁を取り払って、彼のいちばん無防備な姿を晒した瞬間のように思えました。
ちょっと照れくさそうな、くしゃっとした笑顔がとても年相応に見えて、また中学時代の雨の日のシーンとも重なり、樹がそんな表情を見せられるのは今までもこれからも佑征だけなんだろうなあと思うと、幼馴染みのふたりがこれまで一緒に積み重ねてきた年月の重さや尊さにぐっときて、とても温かい気持ちになりました。


きっとこれからもふたりの関係性は大きくは変わらず、佑征が樹の尻に敷かれるような感じで仲良くやっていくんだろうと思いつつ、イチャイチャするような場面では佑征お得意の(?)ムッツリを大いに発動していただいて、逆に樹をドギマギさせていたら面白いなあとニヤニヤしてしまいました。

4

永き恋路の終着点

一途で不器用な攻めと飄々としている器用貧乏な受けの幼なじみふたりのお話。

幼稚園からの付き合いだけど近いようで遠いような関係。
頭が良くて何でもこなせる樹は佑征の自分に対する一途な恋心をまるで察しているのか試しているのかといった振る舞いをしますが、佑征はこの気持ちは諦めるしかないものだとしまい込んでしまってもどかしい距離感が続きます。

天才肌ゆえに他人から妬まれることも多く、対人関係が上手くいかないこともあれど佑征だけは絶対の味方でいてくれる。
平々凡々な自分には樹の抱える悩みこそ全部理解できるものではないかもしれませんが、その孤独感を埋めてくれる佑征の存在は樹にとってとても大切だったのだとうるっときました( ; ; )

上に書いた「佑征の自分に対する一途な恋心をまるで察しているのか試しているのか」というのは決して、佑征の気持ちを無下にしてやっていることではなく、不器用な彼にきっかけを与えてやろうとしてるんだと感じました。
さすが幼なじみといった感じ…!!

ストーリー全体としては、今まで通りの”ただの幼なじみ”からどのように変化していくのか、高校生らしさを等身大にしたような素朴な作品で心温まるものでした!(〃^ー^〃)

2

高校生✕同級生

上巻は祐征視点のお話が多かったですが、下巻は樹樹視点のお話が多く描かれています。

煽る樹に乗せられて樹にキスをする祐征がむっつりでしたね…!!
でも、あそこで止められる祐征は紳士でもあります!!

樹が祐征を友達以上に思った理由にはトキメキました!
あんな風に言われたら惚れるしかない…!!

二人の告白シーンが凄く尊かった……!!
祐征が隠していることに樹が気付かない訳がなくて、樹がそんな祐征を見て何も思わずにいられるはずがなかった……!!

両想いになってからの初夜には期待しちゃいましたが、親が帰ってきてしまったので残念ながら初夜はなかったです。
初夜も見たいし、大学生になった二人も見たいので続編希望です!!

2

幼馴染高校男子の繊細な恋心

佑征×樹


下巻では、
2人がもっと素直になれるといいな〜と期待し、
不器用さとコミュニケーション不足が、
もどかしくて同時に愛おしい展開を生んでいる。


樹から迫られて、
キスしてしまった
2人の間の混乱がますます加速し、

樹は明らかに佑征に対する感情に苦しんでいて、
その痛みがひしひしと伝わってくる。

樹の視点も加えると、
彼は天才だから孤独。
それに兄との関係性が心に深い裂け目を作り出している。
まるで刃と楯みたいで、
他の人を引き寄せる一方で、
心の中に寂しさを抱えていく。
樹の心の奥には理解されない感情を誰にも共有できないから、
唯一の味方は佑征。
なんだかまた切ないのだ。

静かな雪景色の中での告白は、
樹の虚勢が剥がれ落ちて、
2人の真剣なセリフ、
樹が佑征の心の中を理解しようとするその切実さ、
佑征の隠していた感情が、ついに打ち明けられる。
もう、全部が静謐で美しすぎる!
それぞれが互いの本心に向き合い、
ようやく素直になれるその瞬間、思わず涙が・・・。

エッチ寸前のシーン、
樹のオープンマインドさが引き立って、
佑征がずっと抑えきれなかった感情があふれる・・・もう、かわいい!
その後、樹のいつもの余裕がどこかに飛んでいって、
素直な恋心だけがクッキリと見える姿が本当にキュート!

幼馴染、
お互いに好きだけど
そのじれったい気持ち、
感情の揺れ動き、
恋愛の喜びや痛みがリアルすぎて、
ちょっとしたキスシーンがもう胸キュンしてしまう!
ずっと抱え続けてきた焦燥感と、
これまでの遠回りだった時間は、
隠された絆としてじわじわと広がって、
何度も読み返したくなる、
高校生の恋模様でした。

0

最高でした♡

とてもとても良かったです♥
読み終えたあと胸がいっぱいになりました(*^▽^*)
心理描写や表情の繊細な変化が心を揺さぶられました♪

上巻では、佑征視点で物語が繰り広げられて樹への想いを消すために苦悩している姿が描かれ最後に樹からの試すような言葉に佑征はどうするか⁉と気になってしょうがない展開でした。
下巻はそこから物語が始まりました。
外の雨音と静寂な暗闇の中でベットに2人…もうドキドキと緊張しちゃいました♪
樹の「しないの?」破壊力ヤバい!! これは狡いよ~(´;ω;`)
ついにキスしてしまった佑征…そこで止められたのも偉いよ。
樹、やっぱり佑征の気持ち気づいてるでしょう?なぜ聞かないの?
ドキドキしたし、じれったい2人とも自分の気持ちを言わないからもどかし~い!

冬休みが終わり学校が始まったけど明らかに2人の関係に距離ができていて、このまま離れてしまわないか不安になりました。
そして樹はまた陸上部・松島に追いかけられ、そこに土居先生が登場。上巻で樹のこと見ていたから何だろう?って思ってたから接触があって良かった。
ここで樹の「天才肌」故の苦悩が明かされます!
彼が部活や進路に対して真面目な様子がないのか。佑征が「もったいない」という言葉を樹に言わないであげてと告げたのか。
過去に樹の天才肌は周りから最初は称賛の反応だったのに羨望の対象にされるようになったのが分かりました。人間関係の難しさと感情コントロールの難しさを強く感じました。とても辛くて苦しい、兄からもそう思われたときは言い表すことができない感情だっただろうな(´・ω・`)
でもそれを佑征だけは「樹のせいじゃない」と言ってくれたのが、樹にとって心の救いで支えで自分らしくいられたんだろうなと感じました(o^―^o)
そして土居先生もよく樹のことを見ていて素敵な先生です。

距離を置いたままの2人それぞれの所に佑征は樹の兄と里帆、樹は優香。
このままじゃいけない動かなければ変えられないと、何気ないかもしれないけど些細なことが後押しになるのだと感じることができた印象深い場面でした♪
里帆と優香が2人にいい影響を与えてくれた、そして彼女2人が良い子すぎて絶対幸せになってほしい♡

最終回は最高すぎました!
雪が降る静寂のなか2人だけしかいない河川敷、雪合戦を唐突にし出す2人。
いつものノリのような空気感からガラッと2人が胸の内で燻っている感情の吐露する場面はどのコマも目が離せないし想いが熱く伝わってきて感情を揺さぶられまくりヾ(≧▽≦)ノ
佑征が今まで樹から逃げて傷つけてきたことの謝罪をしたけど、肝心の「告白」をしない佑征。それを指摘し引きずり出そうとする樹、頑固なのはお互い様だと思うけど今回はおれた樹。やっぱり気づいていたんだね…樹の「告白」めちゃくちゃ良かった♥表情も最高♪ やっと佑征も「告白」できて本当に良かった!

佑征は樹に尻に敷かれてるって友達に言われていたの本当にその通りだと思うけれど、樹の心を支え受け止めてくれる器の広さは佑征しかいないと思いました!
兄と向き合う樹、自然に接しているけどかなりの勇気が必要だったろうし簡単には元通りにはいかないかもだけど佑征がいてくれたから大丈夫だと思います。
心の繊細さは、佑征より樹の方が傷つきやすい子だと感じたので佑征の今までの行いを考えると罪深い子だと思いました!
でも結局どっちもどっちかな…(笑)

恋人になった2人、さほどいつもと変わらない感じ?かなと思ったけど…この自然な流れで空気が変わるのヤバい!2人らしいな~と思いました(o^―^o)
あと2人が「大切な存在」と認識したキッカケみたいな「萩の満月」が繋がりを結んだお菓子っていう存在で印象的でした♡

素敵な作品でした(⋈◍>◡<◍)。✧♡

0

2人の思いは

上巻から引き続き読みました。


距離感と、関係性に悩む二人が続いていました!

樹の抱える孤独感は、切ないなぁ。寄る辺ない。

何でも出来てしまう樹は、いわゆるギフテッドとかタレンテッドのような感じですもんね。 
出来すぎて、回りからバリアを張られてしまう。

だけど佑征は違う。樹が唯一、寄り添える存在なんですね~

正直、じれ焦れしながら二人の関係性を追うのはしんどさも有りまして。
え?これ着地どうなります?

ついね、半分くらい読んだところでラスト近くをチラ見してしまいました。

つい、朝チュンで良いけどございますかしら?
と、思ってみたけど、さすが古矢渚先生。
ある意味裏切らないぁ。
いいとこまで行くんだけどな~!
とはいえ、佑征も樹も互いに向き合って幼なじみから関係を進められたのは良かった。
タイトルどおりの展開でした。



1

上下巻の必要性

作家買いです。
古矢先生の作品は、恐らくすべて購読しています。
先生の作り出す世界観が大好きで、毎作発売を楽しみにしています。

が、しかし今作品、皆さまの高評価の中、大変心苦しいのですが、「ん?」と思ったところがありましてかなり個人的な感想を。



…これ、上下巻にする必要あった?



攻めとなる佑征の「ぐるぐる期間」なっっがと私には感じられました。
長く感じちゃったんですよ。
そりゃ、男同士だし、幼なじみだし、相手は何でもできるスーパーイケてる男子だし。
悩むの当然なのですが、なんだか同じ場所でずっとぐるぐるぐるぐる。
読んでいてイライラするというよりも、困惑しました。

物凄く劇的なエピソードがあって二人の想いが成就、というわけでもなく、想いが通じ合った場面も「え?今?」という困惑が先に立ってしまいましたね。
もっと気持ちの変化や揺さぶられる時、あったよね!?と。

1冊でまとめられたんじゃないかな。
もしくは、上下巻にするなら、くっついてからの二人の話を長めにとっても良かったのでは、とかね。
偉そうなことばかり、すみません。

ただ、ですね。
えっちシーンが無くて、そこは古矢先生の「らしさ」が出ていて、とても嬉しかったです。
あと、先生が描かれる青くさい世界観がやっぱり好きだなーと。
今後も作家買い、しますよ。絶対。

9

ふわっと

何でも完璧にこなす樹ですが、本心が見えず謎が多い人だなと感じた上巻。
下巻では彼がそんな風になったキッカケが明かされていきました。

運動神経がすごく良いのに何の部活にも入らず、頭がいいのにそこそこの大学しか目指さず…
明るく奔放なわりに自分のことはあまり語らない樹。
佑征もそのことには触れないようにしているので、"何か"あったんだろうなと感じていました。
そしてわかってきた過去は、生まれ持った才能が邪魔をして人間関係が上手くいかなくなってまったり兄ともギクシャクしてしまった、というモノ。
謎だった樹のことが少しずつ見えてきて、やがてふたりの気持ちが交わっていく展開になるのだけど…
佑征が頑なに隠そうとしていた想いは樹の才能に何か関係があったのか…?と、その繋がりがわからずモヤモヤしてしまいました。

なぜかずっと上から目線の樹は、両想いになるシーンも余裕たっぷりでその態度は変わらず。
遠回りしていたふたりがやっと同じ場所に立てたのだから、ほんの少しでも樹の言動に変化が見えたらよかったなと思いました。

それにしてもなぜ佑征は小説を書くのをやめていたのでしょうかね。
上巻冒頭の佑征の言葉にかかっているのだとしても、佑征がどんなジャンルの小説を書いているのかわからないので推測するのが難しかったです。

DK同士だけどわちゃわちゃしていないし、切なげな雰囲気で進んでいく感じはすごく好きだったのだけど。
情報が多いわりに着地がぼんやりしていて、なんとなくスッキリできなかったのが残念だったなと思いました。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う