ピットスポルム 二葉

pittosuporumu

ピットスポルム 二葉
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神219
  • 萌×236
  • 萌14
  • 中立7
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
21
得点
1288
評価数
282
平均
4.6 / 5
神率
77.7%
著者
三上志乃 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ジーオーティー
レーベル
picn comics
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784823603754

あらすじ

矢野を思う気持ちが膨れるにつれて、過去のトラウマと親との確執に押し潰されそうになる小田島。
寮での部屋割りを変えてもらうよう提案するがその表情は今にも壊れてしまいそうだった。
小田島の行動と、時折見せる切なげで愛おしく苦しそうな表情に真意が押しはかれずすれ違う二人。
相手を想うあまり心の奥に押し込めたたくさんの「好き」とその人の気持ちを知るために投げかけた「知りたい」が交わる苦しくも優しい恋物語。

表題作ピットスポルム 二葉

小田島 苑,高校生
矢野 久哉,高校生

レビュー投稿数21

ハッピーエンド

DKもの。スパダリ攻めになれるスペックの持ち主の攻めは、不幸な出来事を目撃していて、大きなトラウマがある。そのせいで無駄にスペックをいかしていて、不憫で同情した。
まわりは誰ひとりとして小田島くん自身を見ずに肩書きしか見てない。利用することしか考えていないまわりの人。小田島くんを小田島くんとして見たのは矢野くんだけだった。
小田島くんの「好き」の理由もしっかりしていて、小田島くんというキャラクターすべてに感情移入しやすかった。→めっちゃ切ない。
どのページもどのコマも無駄がない。
そして最後はハピエンなので、いい話を読ませてもらえたな、という気持ちにしてもらえます。

0

徹底された演出作品に期待が高まります

とことん「切なさ」を演出すべく起こる設定と展開に拘って進む物語
ほんのちょっとの言葉の足りなさ、そこじゃない・今じゃない…の徹底したタイミングの悪さ。。。
読者として見てる私としてはハラハラ焦れ焦れ……(>︿<。)
違うんだょ…ホントはそんな事想ってないんだょぉ~…とすっかりオロオロさせられます

例えばそれは矢島の際立った経済的に「貧しい」という家庭環境という設定だったり、小田島の母親との矢島の会話であったり、、、

そうした散りばめられた障害を2人に越えさせていく事で徐々に彼らの覚悟を促し、同時に読者を引き付けていく
沼ってハマっていくのがすごく「理解できる」ストーリー展開です
小田島だけが頑張るのでも矢島だけが頑張るのでもなく、2人共に抱えるものがあってそれを「一緒に越えていく」道を選ぶ
そんなのBL読んでて萌えない訳ないって話ですよね~

しかも高校生なのにずっと先を見据えている小田島の覚悟とか凄い…
一葉ではあんなに不安定街道まっしぐらだったのに、その不安定さをドコか残しながらも矢野を手に入れる為の行動を起こしてからの変貌にはスパダリへのウィニングロードしか見えない程です

何と言うか、、、やはりスゴイ「演出の創り込みが徹底された世界」だな~と思います
普段私が読むDK BLの中では実年齢と精神年齢のバランスが1番取れていないように見える、ほんとアンバランスさをどこまでも感じる2人です
時に大人で時に子供、、、でも紛れもなく「学生」な2人
これが「この作品ならではのリアルさ」なのかも知れない、と思うと私にとってはある意味読んでいそうで読んでいなかったDK BLだなぁ~と感じています
演出過多気味に正直感じなくもないのですがそれでも「理解出来る」し「知りたい」と思わせてくれる
それもまた「創作がくれる醍醐味」だな、と感じています

そして私的にはこの作品の真髄は彼らの「将来」にあるような気がしています

小田島も矢島も折角の優秀さん設定なのでそれを活かして個々が「学生」という庇護されるべき世界を飛び出してから!そうなって尚「2人で越えていく」強さを見てみたい!と思わせてくれる2人です

三葉も四葉もあらすじを読む限りは学生設定なのでまだその未来ではないのかも知れませんが二葉を読み終わった今、私がこの作品から感じるのは「未来」にいる2人が見たい!という欲です

すごく丁寧に気持ちを通わせるまでも、カラダを繋げるまでも時間を掛けてくれていると思います
だからこそ、先を「見たい、知りたい」という欲が沸々と沸き起こってきます♪

先ずは三葉、四葉へ進んで見たいと思います⸜⸜٩( 'ω' )و //

一葉から始まり二葉での一旦の区切りは2人の想いが通じた、というカタチを以て結実しているとは思います
でも、私はどうしてもこれだけ過剰に演出を施された世界観を見て、知ってしまったら「理解出来る」という感情では終わりたくないなぁ~と、、、この2人の先を求めて止みません
その辺の気持ちをすごく上手に誘導された分消化不良でもあるので評価としてはまだ期待への余白を残させていただきました(ღ˘͈︶˘͈ღ)

二葉でもやっぱり矢島の髪色トーンが気になる…
以降、ここに気を散らさないで読めたらいいなぁ~…

0

もうちょっと進んだ展開まで読みたかった

攻め様救済ストーリーでした。
もうちょっと受け攻め両サイドの話があれば良かったんだけどな。まぁ、攻めの悩みは闇深かったからここまで描くのに必要だったのかもな。

自分の執着で綺麗な矢野を汚したくないと離れることにした苑だけど、その頃には矢野ももう苑の事を気になっちゃってたんだわ。恋愛の免疫ない子にあれだけちょっかい出したらそりゃ意識しますわ。

苑ママが毒親じゃなくてよかったね、悩みながらも受け入れてくれてるやん。

それよりも、今まで遊んでたセフレ、苑ガールズ(私命名)今後厄介じゃない?
今まで複数人でシェアしてた苑、誰のものにもならないけどを私のモノでもあるって立ち位置だったのに、急に全員との関係を清算したら絶対追求するし、あの2人隠さなそうだからすぐバレちゃわない?ゲイカップルとして大騒ぎになったりとか?なんかそんな展開は求めてないかもな。
次の巻も買ってあるんだけど、どんな話なんだろ。

奔放なヤリチン×真面目な2人のはじめては朝チュンでしたね。「不慣れでムードもなくてなんかごめんね」って言いながら上半身はだけたパンイチ姿の矢野にエロさ感じてる苑良かったです。
こっそり、穴が見えてるのも私は見逃しませんでした。私、ちんよりも穴が見えてる方が興奮します。

プチエピソードではしょっちゅうやってそうな事言ってますが、次作ではもう少しエッチ見せてくれますか?

シーモアで合本版で購入
白抜き修正

1

やりちんすぎて引いた

いやまじでキモイ。親父のことでトラウマがあったとして、寮に数多くのセフレ女子達を連れ込んでそれを受けに見せるのは…あれ精神病者ではないのか…病院行って治療を受けなさい

2

聞いていたよりライトに感じるのは気のせい?

「男性に惹かれる自分を抑圧してきた攻めの救済が描かれている」と聞いて昂ぶってしまいすぎたのかもしれません…

多分、ギャグ調になる場面がちょこちょこ見られるからかなぁ。
トラウマについても、もっと拗れてるのかと思いきや、特に自分のためというより、母親からのひとことがトラウマから抜け出さない要因になっていたようなのに、いざ登場すると母親は理解のある風…そこらへんの説得力がもう少し欲しかった気がしました。

トラウマと、あとは受と結ばれるという軸があると思いますが、受の気持ちの揺れや決め手が思っていたよりあっさりしてる気が否めず。

テーマにはグッときたんですが、王道なシチュエーションが散りばめられていて
正直、読みやすい、というより物足りない感じがしてしまいました。私がオタク過ぎるのかもしれませんが、ちょっと残念です。

4

小田島の気持ち

『ピットスポルム一葉』の続きです。
一葉をまだ読んでない方は、そちらから読んだほうが良いです。

部屋替えの話から始まって、そこから怒涛の展開で
悲しくて苦しくて辛かったのですが、
ちゃんと小田島のお母さんが、小田島の気持ちを考えてくれてたのは救いでした。

小田島の気持ちが救われてほんとによかったです。
矢野も自分の気持ちを自覚できて本当に良かった…!(*´ω`*)

思ってたより波乱の展開が長くて
個人的にはもっと二人のイチャラブが見たかったし
これからの二人のお話がもっと読みたいなぁと思った作品でした。

0

シンプルだけど強い

はなから気持ちを伝えるつもりはない小田島は、矢野が近付いてこないように突き放し、やがてギクシャクしてしまうふたり。
そんな小田島がちょっぴり自分勝手な気もしたけれど、彼の心の中はたくさんのことが絡み合っているのでそうなっても仕方なかったのかなと納得できました。

でもそのまま引き下がる矢野ではなく。恋愛初心者で何もわからないながらも、ただ真っ直ぐに小田島を求めに行くわけです。
周りの誰かじゃなく、自分自身のために。自分が小田島に会いたいから会いに行く。
とてもシンプルな行動でしたがその純粋さが小田島の心を解すことになって、ふたりはやっと前に進むことができたのだなと思いました。

思いの外あっさりと理解を示してくれた小田島母でしたが、自分を押し付けることでは解決しないと悟ったのでしょうね。
親子関係も良い方向に向かっていきそうで安心しました。

こちらで完結なのかと思いきやまだ続いているそうですね。続巻も楽しみです。

2

キャラの性格にめっちゃハマりました(><)!♡

トラウマ持ちの登場人物が出てくる漫画はたくさんあると思いますし、この漫画もその1つだと思うんですけど、なんて言うんでしょう、
この漫画はすごく綺麗です。

どのキャラもベースに純粋で綺麗な心を持っているから見てきたものとか経験を経て変わってしまった姿にむしろグッときます。

特に小田島と小田島のお母さんは、トラウマ持ちのキャラとしてすごく魅力的でした!
このふたりはなんだか自分の愛してる者のために一生懸命でどこか暖かくて、、
ア゙ア゙ア゙救われてくれ(;_;)って目線で見てました。
どちゃくそ感情移入してました。

矢野はもう大好きです。
健気すぎて、、、!!!家族のためにっていう一心で生きてて、
小田島の生きてるモテるモテないとか好き、好きじゃないとかのドロドロとした世界観とはかけ離れた場所でまた葛藤している感じが複雑で良いです。

そういう矢野だから小田島も好きになったんだろうなぁ。

最終的な展開もすごく良かったです。
めっちゃ心拍数上がりました(,,•﹏•,,).ᐟ‪‪‪.ᐟ‪‪‪

小田島の「矢野か、矢野以外か」感と
矢野の目のキュルキュルとした作画が好きすぎてもうだめです私は。
三上志乃先生美形とカワイイ系のかきわけ方神すぎてありがとうございます。(土下座)

大好きな作品です。

3

感情ジェットコースターでした(><)

一葉でも号泣して、ハピエンになるだろうとは分かりつつも二葉でも号泣しました。

攻めと受けが全く違う境遇で、お互い関わるはずのない人種だったけど、攻めがとあることがきっかけで、一方的に思いを寄せてしまい、かなりの執着を抱いてしまいます。
でも、攻めの境遇が複雑で、攻めの気持ち考えると読んでる最中ずっと涙止まりませんでした。

ストーリーの作り込みがエグいので、エロ要素は少ないですが、所々の攻めの感情とか表情だけでも、かなりの満足感でした。

本当に全人種にオススメしたい作品です。
読めて良かったです(T_T)

3

気がついたら引き込まれていたーーーー!

2巻まとめてのレビューになります。いわゆる高校生寮生もので攻めの執着がーとか思いきや。。。思いっきり裏切られて最高でした。それぞれに葛藤がありそこからの展開がドラマチックに構成よく描かれていていて読んでいて止まることがなかったです。また目線使い方がとても上手でそこに乗る言葉でキャラクターの感情がとてもよく伝わってきてどきどきしました。
溺愛とはまた違う愛の形を読みたい方にオススメしたいです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う