美しい男に、恋をした。

きみの春花

kimi no sumire

きみの春花
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神127
  • 萌×257
  • 萌33
  • 中立3
  • しゅみじゃない14

--

レビュー数
34
得点
965
評価数
234
平均
4.2 / 5
神率
54.3%
著者
有馬嵐 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリアコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥673(税抜)  
ISBN
9784866573977

あらすじ

平凡な高校生・純恋は、転校した男子校で“孤高のマドンナ”と噂される先輩・東城と出会う。喧嘩から助けたことがきっかけで彼に気に入られ、気づけば一緒に過ごすように。美しい見た目とは裏腹に男らしい東城の本性に驚くも、他人を寄せつけない彼が自分にだけ甘えてくれる姿に、純恋はドキドキしてしまう。そんなある日、男に襲われて怪我をした東城から、突然キスをされて――…!?

表題作きみの春花

君野純恋,15歳,男子校に転校して来た高校1年生
東城卓,17歳,マドンナと呼ばれる高校3年生

その他の収録作品

  • 番外編① 3話のあと
  • 番外編② 最終話のあと
  • 番外編③ 安藤という男
  • あとがき
  • カバー下漫画

レビュー投稿数34

読んでるうちに身体がデトックスされてくような感覚

白のスミレの花言葉は「あどけない恋」「純潔」「無邪気な恋」。
花言葉通りの純恋くんのピュアさ素直さはもちろんだけど、東条先輩が想像していた「マドンナ」と違くてとっても積極的だしよく笑うし情熱的だし素敵なキャラでした!

読んでるうちに身体がデトックスされてくような感覚で心地よいです。
『どっちも有り』と言ってた意味やっとわかりました。
これは確かにどちらもアリアリ!ひとりの人間としてお互いに好きあってて、その延長線でのことだから……♡♡膝枕したり、手を繋いだり。二人のひとつひとつの仕草が可愛くてキュンがたくさんでした!

0

春花と書いて、すみれと読みます。

なんとも懐かしい、少女漫画をミックスさせた様な作品でした。
平凡な高校1年生 純恋 とマドンナと呼び名が出るほど綺麗で可憐な容姿の3年生 東城との純愛ラブストーリーです。
まず、マドンナの単語が懐かしい。
これはどちらかを女性に変えれば、そのまま少女漫画でもいけそうですね。

純恋は平凡と書かれてますが、絵柄が綺麗過ぎて可愛いイケメン×綺麗なイケメンのBLです。
全力で応援したい2人。
はぁー眼が癒される。

マドンナと呼ばれて孤高の存在ではある東城が純恋の前では積極的に誘い照れたり拗ねたり甘えたり心を開いていくのが可愛くて、その一挙一動にドキドキして表情を変える純恋も可愛くて…最後のHシーンまで可愛かったです。良き良き。

そしてね、1頁目に福岡から来たと話していたので方言がいつ来るか!?と待機していたら、最後の一言「卒業○○○○」ここで来た!
他にも何人かいらっしゃいましたね。
皆様、私も萌えました!
刹那さと萌えで2倍。

仰げば尊き…いや、意味違うか。

ちなみに白いすみれの花言葉は 「あどけない恋、無邪気な恋 」 まさに純恋とこの作品に相応しいですね。
すみれの花言葉は素敵な言葉がたくさんあって迷うのですが、私からは2人にピンクのすみれ 花言葉「愛 。希望」をプレゼントしたいと思います。

0

絶対買うべき

キュンが止まらない作品でした。

0

ワンコ後輩✕強気先輩

転校生の君野が上級生の東條が殴られそうになっている現場を見て、身を挺して東條を守ったところから、段々と距離が縮まっていくお話です。

学校ではマドンナと呼ばれている東條が煙草を吸っていたりするギャップが面白かったです。
東條には中学の友達3人に襲われそうになった過去があり、そこから人と話さなくなりましたが、君野に心を開いていく展開が可愛かったです。

修正が入るような描写はないですがちゃんと致してます。
君野が無知でピュアな受けっぽく見えるので、君野が東條を抱く展開に頭が混乱しました。
2年後にはリバる可能性があるようなので見守りたいです。

0

DKの青春BL

青春系のBLが好きで、表紙に惹かれて購入しました。
学校で「マドンナ」と呼ばれている一匹狼の先輩(受)と、彼のテリトリーに入ることを許された後輩(攻)のお話。

先輩の東城くんがとにかく美人で素敵でした…!
美人だけど性格は男らしくて孤高の一匹狼という感じ。
後輩の純恋くんは可愛い系男子で、東城が自分だけに甘えた姿を見せてくれることにドキドキが止まらない。
基本的にピュアな2人のお話なのですが、若干エロもあり。
後輩の純恋くんが攻めではありますが、なにせとても可愛い(そして先輩が色気抜群の美人でかっこいい)ので、つい逆でも良いな…と思ってしまいました(笑)

学校という閉鎖空間で恋を育む2人の青春が眩しい一冊でした!
続きも発売されたようなので、読みたいと思います。

1

純度1000%

心が洗われる、とはまさにこのこと…。

高校生の純恋は転校先の男子校で
周囲から“孤高のマドンナ”と噂される先輩の東城と出会い、
ひょんなことから気に入られてしまいます。

純恋の健やかさがハンパない…!
一体何食って、どんな環境で育ったらこんなにいい子に育つのでしょう?
純粋だけど、人の気持ちの機微にも聡く、いい子過ぎる!!
高校1年生にして声変わり途中とあって、
まだなの!?と思ったけれど、このピュアさなら納得でした。。。

そして、そんな純恋にベタ惚れな東城ですが、
こちらは過去のトラウマもあり純恋とは正反対にちょっぴり不良気味。

だけど、他の誰とも違って下心なく自分に向かってくる純恋に
唯一心を許し、どんどん惹かれてゆきます。
周囲が騒ぐだけあって際立った美貌の持ち主でもありますが、
そんな東城が容姿中身ともに平凡な純恋に惹かれていくのがまたいい!

純恋の初々しさからエロはなくても全然ありだなと思っていたのですが、
一応最後の最後で身体を繋げております。
ただ、てっきり東城×純恋だと思っていたので、ちょっと意外でした。
とはいえ、今回は純恋に気遣った東城が尻を差し出した形だったので、
今後の展開次第ではリバもありえるのかしら…?

2

受け攻め

2年後の後輩くん(純恋)受け派なのでどうしても見たいという気持ちはありますが
あとがきを読んでこの2人はどちらでも良いし幸せだと感じました
個人的に純恋がレイプされそうになった過去がある東城先輩を怖がらせないために顔を見ないでと言ったのがめちゃくちゃ良かった
お話はすごく優しくてお互い自分のことだけじゃなくて最初の喧嘩を止めるとこから最後のえっちまで相手を尊重してて素敵な関係性でした
ただ純恋が最後までしたいと言いながら具体的な準備のやり方を知らなくて調べてないのがちょっとうーんとなりました(純粋という意味では良いのかもですが…)
先輩は3話の後なので半年以上ずっと調べたり準備してたようなので熱意の差が余計

1

絶対にネタバレ無しで読んで欲しい作品です

書店で手に取ったきっかけは綺麗な表紙でした。本編も線が細くとても綺麗な作画で、まるで青春映画を見ているようです。

有馬先生も仰っている通り大きな事件は起こりません。2人の日常を何処かから眺めているような感覚です。

2人が互いに惹かれ恋仲になり、季節は流れ、卓の卒業式前日。ベッドに寝転んで手をつなぎながら、なんでもないような会話をしているシーンがたまらなく好きです。

そして純恋の「先輩と最後までしたい」
読み進めると、卓が受け入れる側なことに驚き。装丁だけを見て深く考えずに買ったので、受け攻め表記がここまでどこにもなかったことに気づかず、なんとなく無意識に卓×純恋だと思いこんでいました。

表記がないことがこの作品の醍醐味だと思っています。わたしがこの作品を好きな1番の理由です。自分は元々後輩×先輩という設定が好みですが、読む前から知っていたらここまでの感動はなかったと思います。

上手く説明できないのですが、受け攻めといった役割が先にあって生み出された2人ではなくて、2人が一緒に過ごす中で結果的にそうなったというか...
BLとか、受けとか攻めとかではなく、2人の恋の物語だと思っています。
受け攻めを知らない状態で読んでこその作品、絶対にネタバレ無しで読んでほしい作品です。

初めて読んだ時の驚き、感動を今でも忘れられません。1度記憶を消して、もう一度読みたいです(笑)

純恋と卓がこれからも健やかに、幸せに、一緒に日々を過ごしていけますように。

2

めっちゃ好き

まず絵が素晴らしいです!
二人の関係はずっと変わらずに居て欲しいです。展開は普通にあるblですがなにか私を惹きつけるものがありました。
コメディーではないでしょうが少しクスッと笑ってしまうようなところもあり、重すぎない展開が好きです。
読んでいるうちに絵柄の綺麗さのせいか可愛い少女漫画にも感じるところがありました。
受け攻めで「えっ!?」っと思いましたがこれはこれでよかったです。
blを最近読み初めての友達にも貸したのですが気に入ってくれました。

マジでおすすめします。

2巻楽しみーーーー

2

学園のマドンナ

 顔が美しいことで有名な東城と、転校してきた純恋のお話です。東城は自分の顔が嫌いで、屋上で隠れているときにふたりは親しくなります。
 ふたりのデート先はパン屋やプラネタリウムのカップルシートで、先輩である東城が卒業したら会えないと思うところは、高校生らしい王道だと思います。
 ふたりの等身大の日常を垣間見ている、そんな気分になれる一冊です。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う