はだける怪物 下

hadakeru kaibutsu

はだける怪物 下
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神317
  • 萌×243
  • 萌25
  • 中立13
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
40
得点
1845
評価数
405
平均
4.6 / 5
神率
78.3%
著者
おげれつたなか 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
恋愛ルビの正しいふりかた
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784403667107

あらすじ

大阪に赴任した秀那は、偶然、林田の元恋人・弓と出会う。
林田の振るった暴力の痕を見て秀那は……。
秀那×林田の最後の本気の恋物語、完結!

表題作はだける怪物 下

秀那 歩(リーマン・後輩)
林田(リーマン)

その他の収録作品

  • ほどける怪物番外編
  • きゅうじつの怪物
  • 描き下ろし

レビュー投稿数40

かんちゃんの物語の終結

この一連の作品をかんちゃんの物語として読んだ場合、こんな美しい終わり方があるのかと思った。
かんちゃん…林田さんは、過去を抱えながらも秀那と幸せになる道を選んでくれた。

私にはどうしてもかんちゃんが加害者一辺倒とは見えなくて
それ以前に家族から経済的DVを受けていたし、ブラック企業で激しい暴力を受けていた。
二重に被害者である…というか、その被害がなければ果たして林田さんは弓に暴行を働いたのだろうか?

ウィキペディア先生を読むと、DVは「男はこうあるべきだ」という偏見が強い人ほどDVに寛容であるという傾向が東京都やWHOの調査でも指摘されているそうだ。加害者は何らかの精神疾患にあるとして、治療やカウンセリングの対象として捉えるアプローチも試みられているそうだ。

林田さん自身も何らかの治療を受けるべき人だったと思う。
しかし、林田さん自身も周りも、そんなことには気づかない。
弓はサンドバックになって林田さんを受け入れ続けていたが。

弓と別れた後、身体だけの関係と言いながら秀那を求めたのは、林田さんの自傷行動でもあり
自ら救済を求めていた結果なのかと思いました。

秀那とぶつかりながら強い信頼と愛情関係を結んでいき
秀那によって弓との関係まで救いをもたらされるなんて、
秀那、よくやった!ありがとう・・・と思いました。

かんちゃんと弓が再び会わず、写真によって幸せな頃を思い出したのが本当に良かった。
一生再び会うことはないだろうけど、かんちゃんにも弓にも幸せになって欲しい。
過去に大きな過ちを犯したとしても、心から反省し、そして自らに恐怖を抱えながら生きる林田さんの傍らにずっと秀那がいて支えて支えられて生きていって欲しいと思いました。

18

それぞれの答えと踏み出す一歩

最っ高でした!
待ちに待った下巻の発売……
最終話掲載から1年近くかかりましたね^^;
ラストが連載時のものと違っていて驚きましたが、
私はコミックスのラストカットがとても気に入りました!

ネタバレなしで読んで欲しいので、
ちょっとした感想だけ書かせていただきます。

かんちゃん、秀那、弓のそれぞれが色々な思いを抱え、
自分なりに答えを出します。
弓の思いに触れた時には涙がこぼれました。゚(゚´ω`゚)゚。

弓はかんちゃんに〝昔みたいに〟笑って欲しかったんだね。
でもそれって、〝今の〟かんちゃんを受け入れられなかったってことなのかな……
すれ違ってしまった気持ちがとても切なくて、
胸が苦しくなりました。

秀那の答えは、とてもシンプルでした。
かんちゃんを諦めないでくれてありがとう……と言いたいな。
 
かんちゃんの頑なさは最後まで崩れなかったけど、
それがかんちゃんの答えであり、
自分に対する戒めでもあり、
秀那と一緒にいるための努力なんだと思います。


早く読みたいような、でも読み終わりたくないような複雑な気持ちでページをめくりました。
そして、読み終わった後も何度も読み返してしまい、
素敵なラストには何度読んでも胸が熱くなります。

シリアス展開の中にクスッとくる面白さもあり、
番外編・描き下ろしはとても楽しかったです。
特に、パリコレには笑った^^

Hはそれほど多くないけど、かんちゃんがとにかくエロい!
あのお兄さん、自分で潮吹きしちゃうんだもん(笑)

Renta‼︎で購入ですが、修正がとても甘かった!
分かってるねー‼︎と、
修正した方を褒め称えたい気持ちになりました。
何度も言いますが、とにかくエロい♡

最後になりましたが、素敵な作品をありがとうございました。
おげれつたなか先生大好きです(๑>◡<๑)
次回作も楽しみにしています!



15

待ちに待った下巻

うろ覚えですが連載時からの加筆シーンがいくつかあったのでメモ的に。

・第9話冒頭、弓目線での回想シーンはなかったような……このシーンが入ることで弓の考えていることや、アルバムを渡した後の表情の意味が伝わりやすくなったように思います。(間違ってたらすみません)

・ラストシーン、連載時は
アルバムに写真を閉じる(まだ合鍵・指輪は渡さず)→秀那を駅に送る→駅のホームで電車に乗り込むギリギリで秀那がかんちゃんに鍵と指輪を渡す→電車に乗り込んだ秀那の腕を引っ張り「ちゃんと渡せ」みたいなことをかんちゃんが言う→駅のホームで指輪をはめてend

だったように思います。
朝の人のいないホームで指輪をはめるシーンはとても美しく、大好きな終わり方だったのですが
その代わり、アルバムに写真を閉じるシーンが割とアッサリと描かれていて少し拍子抜けした印象だったため
今回、弓との思い出を振り返りながらも秀那に救われたようなかんちゃんの笑顔を見ることが出来て本当によかったです。

15

前向きに終われて良かった

上下巻の作品はほとんどが同日発売なのですがこの作品は下巻が出るまでに2年もかかりました。待っていた…この日を……待ち疲れた………

「ずっと弓が笑っていればいい。俺がそうできればいい」と思っていた林田さん(上巻参照)と「どんなに寂しくてもかんちゃんが笑ってると楽しくなった」と過去を思い返す弓。林田さんは弓が付き合っている人と一緒にいると知り安堵の笑みを浮かべ、弓は林田さんがまた笑えている事を知り嬉し涙を流し…結果的に2人は上手くいかず離れてしまいましたが、林田さんは弓にしてしまった事も、友達であり恋人だった楽しい時間も忘れず前に進む。きっと誰よりもお互いの幸せを願っているはず…

過去に恋人に暴力を振るっていた人間が新しい人と恋に落ち幸せになる…なっていいのか……私も上巻まではそこがかなり引っかかっていて、DVしていた人間に幸せになる権利なんて無いと正直なところ思っていました。なかなか難しい題材ですが、おげれつ先生らしく前向きで未来あるように締めくくれるのが流石おげれつ先生の手腕だなと感激しました。

秀那からアルバムを渡された時の「アイツらしいな」と弓を想う表情も、写真を楽しそうに貼る秀那を見つめる表情も、大切な人を見つめる林田さんの笑顔はとても穏やかで素敵ですね!今まで辛い思いをしてきた分、これからは秀那とたくさん笑って時には泣いて…幸せな日々を送ってほしいです。

14

お互いに良い結末なのでは

待ちに待っていました。不穏な空気だったので秀那と林田が上手くいかなかったらどうしようと読み進めました。
「錆びた夜でも恋は囁く」で弓にDVしてた彼氏とは思えないほど変わった林田ですが、ずっと苦しんでいました。でも林田を許すのは弓でも秀那でも無く林田自身なんですが、彼は自分を許しません。
弓の背中のDV跡を偶然見ることによって、秀那は自分が本当の意味で理解していなかった事に気がつきます。秀那の態度がおかしくなり、2人がギクシャクするのが読んでてハラハラしました。

林田が前を向いて生きていく為に秀那は絶対に必要な存在だし、何事にもそつなく生きて来た秀那が初めて執着したのが林田です。
強面なのに秀那の前だと林田が可愛く見えるのが、不思議でしょうがなかったです。

今回は弓の登場がとても切なかったですが、お互い別の相手と前を向いて幸せになって欲しいと思いました。

さすがのおげれつたなか先生だと思いました。

14

「錆びた夜~」から続いた時間の本当の完結

ずっとずっと待ってました!
もうッッ…!感無量の一言に尽きます…(;////;)

※念のため読み順を記しておきます。
①錆びた夜でも恋は囁く
②恋愛ルビの正しいふりかた
③ほどける怪物(上)…ハードな内容ですが特装版で是非
④ほどける怪物(下)

ー ◆ ー ◆ ー ◆ ー

【「好き」だけで終われない、恋の物語。】
【許されないと思ったのに、また恋をしてしまった。】

この帯の言葉が秀逸で読後に見るとグッときます。

そう。「好き」だけじゃダメだったんですよね…。
かんちゃんはそれだけのことを過去にしてしまった。
ようやく本当の意味で前向きになれるラストにただただ感無量です。

なんかもう胸がいっぱいでうまく書けないのですが、
感じたことを書いていきます。(支離滅裂な文ですみません)

「錆びた~」の時からラストまであの写真がキーなんですよね。

最初は一番楽しかった時間の残像。
弓といたころはあの頃に戻りたいと願うようなアイテムだった気がします。

けれど今は自分を戒めるために必要なモノ。
秀那と付き合いだしてからも外せなかった理由が下巻で明らかになります。
というか、秀那という大切な存在がいるからこそ外せないのです。
これには泣けました。

今となっては自分がDVをしていた罪を忘れない為のアイテムなんですよね…。
写真を撮った当時はDVなんかしていないし、紛れもなく幸せだったはずなのに。
かんちゃんの生きづらさは見ていてほんとシンドイ。

下巻は弓サイドの視点も挟まれているのですが、
弓がかんちゃんを思い出すときに最後に出くるのは笑顔なんですよね。
高校生当時の、とびきり幸せそうで嬉しそうな顔。
私はそれに少し救われました。

かんちゃんと弓の間にある微妙な感情を
第三者として見ることしかできない秀那の戸惑いがまた…。
偶然弓の体に残る傷を見てしまい、
かんちゃんが行っていたDVを肌で感じ、
思わず引いてしまうリアリティに読み手としても抉られました。

好きだから、好きなのに、怖い。
失うのが、離れてしまうのが、戻るのが怖い。
それでも好きが溢れて止められない。
側にいたい。

かんちゃんからも、秀那からも、
もどかしい気持ちがどんどん流れてくるから…もう…(;ω;)
そいうった辛さを"2人で"乗り越えるのが非常に良かったです…!!!

秀那の言葉でまだあの写真が貼られているのを知った弓。
今はかんちゃんがどんな想いで貼っているのかわかってたのかな。
弓からかんちゃんへの無言のメッセージにも泣けました。

「錆びた夜~」で終了した関係だったけど、
今回こそが弓とかんちゃんの本当のお別れだった気がします。
長い長い時間、燻り続けたわだかまりが今度こそ。

あああ、良かった。ほんと良かった。

描き下ろしはかんちゃんのランジェリー姿////
押しに弱いかんちゃんの反応を見ながら
おねだりし倒すのに笑っちゃいましたw

秀那:『このダメはいける…!!』
↑かんちゃん抵抗しきれてないのバレてるやんw
ダメダメ言いながら流されてくかんちゃんがとっても可愛かったですッ(∩´///`∩)

12

涙が止まらない

『錆びた夜でも恋は囁く』→『ほどける怪物』(「恋愛ルビの正しいふりかた」に収録)→『はだける怪物(上)』に続く4巻目にして完結編。

「DV」というダークで許されない行為を題材にした作品です。

DVには加害者と被害者がいるわけで、どちらに視点を置き描くのか、でストーリーは大きく変わっていくと思いますが、今作品は加害者である林田(カンちゃん)が主人公。

彼が主人公なわけで、ストーリーの軸は、

「加害者の贖罪の気持ち」

というところに重きが置かれた内容だったように思います。

林田は自分が弓にした行為を、彼自身許していない。
だからこそ、新しい恋をする気もなかったし、弓の写真を自身の部屋に貼ることで常に自分を罰してきた。

が、彼は出会ってしまう。

秀那という男性に。

秀那と出会い、彼に恋して、だからこそ、彼はかつて自分が恋人にした行為を自分自身が許すことができない。こんなに自分が大切にされていいのか、愛されていいのか。

そして、何より、秀那という存在をなくすことが怖い。

この作品の素晴らしいところは、林田視点だけにとどまっていないところだと思われる。

「弓」というDVの被害者の姿もきちんと描くことで、読者にも林田の行為を正当化させない。

そして、「秀那」というDVとは無関係な人物の感情をも描くことで、客観的にも読ませる。
林田の後悔と贖罪の気持ちを、彼の傍でつぶさに見てきた秀那。
弓とも知り合いになり、二人が和解することを望むけれど。

けれど、加害者と被害者が、そう簡単には交わることができないのだと。

DVの実態について、話で聞くのと、実際に自分の目でDV被害を目の当たりにするのでは受け止め方が大きく異なる。その温度差を、弓と秀那を出合わせることで描き切る手腕に脱帽しました。

「DV」という許されざる行為。
この大きな壁を、林田、弓、そして秀那が乗り越えられるのか、というところを軸に進むストーリーでしたが、最後は大団円。

三人の、それぞれの想いに胸を打たれました。

林田は十分に苦しんだのだと。
弓は、真山という存在を得て、カンちゃんからの行為を昇華できたのだと。
そして、秀那は林田のすべてを受け止め愛したのだと。

素晴らしい結末だったと思います。
涙が止まらない、素晴らしい神作品でした。

12

全国のBL好きさんは絶対読むべき作品

おげれつ先生作品の中でも一番好きなCPの最新巻兼最終巻ずっとまってました!!!田舎なのに一店舗目は売り切れてて、、、本当に焦りました(;;)

語彙力がない私の勢いで書いてるレビューなので参考になる方は少ないかもしれませんが本当に素敵すぎたので感想書かせてください(;;)


---ネタバレ---


開幕から(ほぼ)いきなり林田さんの潮〇き???!!ありがとうございます。私は林田さんの潮〇き見るために今日まで生きてきました!!!てなるくらいにひたすらエッチでした。特にこのCP推しの人は確実に正気を保つために一度本を閉じて深呼吸したのではないでしょうか、、、。個人的にはそのくらいエッチでした(深呼吸)

今回の巻で秀那が林田さんと弓の過去の芯に触れたのですがまたしても描画が上手過ぎて、、、。表面上はラブッラブの秀那と林田さんですが、心内では今以上に林田さんに踏み込みたいのにこれ以上踏み込んでしまっていいのか。林田さんは林田さんで恋はしたいけどまた失うのが怖くてもう一歩踏み出せなかったりで私はいい意味で「うわああああああああ(瀕死)」って感じでした(;;)もちろん最後はめちゃくちゃのめちゃくちゃにハッピーエンドなのでご心配なく!!!!(語彙力


この巻のお気に入りシーンは終盤の秀那の指輪の渡し方の粋なところですね、、、。めちゃくちゃよかった、、、。この気持ちは筆舌に尽くしがたいです、、。

今回も今回で大好きな秀那の押しに弱くてすぐほだされちゃう林田さんがほんと可愛くてかわいくて年下攻めに弱い私は頭をひたすら抱えました(本誌のおまけ)

おげれつ先生本当にありがとうございます。素敵な作品をありがとうございました!!!

10

もっと抉って欲しかった、それでもやっぱり神作品。

DV加害者の林田(かんちゃん)救済物語。

1年以上前に読んだ上巻を先に再読してから下巻に挑みました。
この作品の上手さは、
DVに関係のない林田の彼氏、秀那目線の恋愛軸で描くことによって加害がぼんやりになり、
加害者の自分を許さない林田に、更に秀那の葛藤する想いを重ねた読み手は、
林田に同情して人生のリスタートを後押ししたい気持ちになっていくところ。

林田のDVの過去、また同じ事をして大事な人を失うかもしれない恐怖や葛藤と、
想いを募らせる秀那が少しづつ踏み込みながらも、DVの現実を突きつけられて怯んで葛藤する。
遠距離恋愛という距離感も効果的で、
ちょっとずつ心を開いて通じ合っていく二人にのみ込まれていきます。

その中で、林田が笑っていると聞いた弓のリアクションが堪らない。
幸せだった高校時代やDVの過去を振り返りながら、
ただ待つことしなかった、先に諦めて手を離したのは自分だと、
ずっと、かんちゃんの笑顔が見たくて側を離れられなかった弓が、
林田が笑っていると聞いて嬉しくて涙を流す姿に涙が止まらない…皆幸せになってリスタートで大団円。

でも、違和感に包まれる。
なんでDV被害者の弓が、かんちゃんを笑顔にできなかった自分を責めて終わっているのか?
そして、「錆びた夜~」から4冊再読して、
「錆びた夜~」のDV描写の傷の深さで一気に現実に引き戻される。
それほど弓への暴力は酷くて、傷付いていないフリをし続けて深く傷ついた弓が焼き付いている。

だからこそのモヤモヤなんですが、反対にDV被害者のリアル描写なのかもと考える。
DVを受けた人の多くが自分のせいだと、自分を責める傾向が強い共依存。
だからこそ、離れられないし、年数を重ねるほど傷が深くなる負のループに陥りやすい。
「DVは絶対に許されない」が大前提で、
その辺りも含めて描いているのかもしれないと考えると、また見方が変わってくる作品になっていく。

どんな理由であれ暴力が許される人間はいないし、
皆が今幸せなら、気持ちいいことだけ描いて幸せに酔いしれようという作品にならない為に、
もっと抉って欲しかったというのが本当のところですが、
これだけ、色んなことを考えさせられる、考えたくなる時点でやっぱり深い神作品だなと…。

「はだける~」上下巻だけではなく、「錆びる夜~」から読まないと、肝心なテーマがぼやけます。
それだけ、年下ワンコ秀那の包容力が凄まじいとも言えますね。

おげれつ先生の描く日常での触れ合いや仕草が好きなんですが、
髪の毛や顔を触る場面で見せる、ハニカミ表情やリアクションが堪らない。
エロ描写も極上で、今回もいやらしさ満点です。
数場面ありましたが、林田の下腹部に浮き出た血管がエロかった…。
何より、押しの弱い流されチョロ助の林田さんはいいですね。
このダメはいける…秀那もズルいしエロい、描き下ろし最高でした。

※シーモア:修正は白抜きですが、ぼやけ部分が広くて酷い。
 紙本が細い短冊で修正が甘いです。

9

BLだから伝えられる最良のもの

下巻が出たタイミングで上巻から読みました。
他のレビュアー様が指摘されているように、”ほどける”ほどのパンチはないかもしれません。
ただ、人が人を好きになる事の素晴らしさを高らかに謳えるのが、BLというジャンルならでは!と思っていたところに、本作を読んでさらにBLの意義を強く感じられたので、凄い作品&作家さんだなぁと。

過去に恋人に暴力をふるっていたことで自分自身を許せない林田が、秀那と出会い恋をして愛され、やっと自分を許せるようになるまでが描かれています。
最初に表紙を見たとき、陽キャの秀那がダークな背景に描かれていて、陰キャの林田が明るい背景に描かれているのがちょっと不思議だったのですが(一瞬上巻の表紙が林田かと勘違い…)、読み終えたら、それぞれの巻で描かれている彼らの感情をよく表現してるということに気づきました。

秀那の視点で主に語られているのですが、彼が今まで直面したことのない自分自身の感情と相手の言動に戸惑いながら、丁寧に丁寧に答えを探していく過程が面白かったです。林田に恋をしたことでカッコ悪い、完璧じゃない自分も好きになるように秀那も変わっていきます。人を好きになって、好きになってもらうことの尊さとはまさにこういうことなのでしょう。

転勤した京都で、林田の元彼の弓に出会い、たまたま彼の背中にある火傷(タバコの)を見て動揺する秀那と、そんな彼の態度の変化を繊細に受け止め、また好きな人に暴力をふるってしまうのではと不安になる林田の対比、そこから弓が”自分の傷は見えるところだけ”という場面でずっしーーんときました。すなわち林田の傷はもっと深い部分なのだと、、当時、弓がどんな気持ちでいたのかということが改めて語られ、さらに二人の思い出も浄化され…よかった~よかった~しか出てこないラストへ…!

欲を言えば、真山と弓の話も改めてもうちょっと読みたいです。
番外&書き下ろしはひたすら楽しいご褒美でした。

9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う