凪がれ星

nagareboshi

凪がれ星
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神82
  • 萌×237
  • 萌20
  • 中立5
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
17
得点
623
評価数
149
平均
4.2 / 5
神率
55%
著者
ミギノヤギ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784801978980

あらすじ

写真撮影が趣味の大学生・天惺が
レンズ越しに目を奪われ出会ったのは
顔に大きな火傷痕がある男・槇人。

華やかなモデル業界から一転、
事故で負った痕に向けられる視線に心が擦り減り
逃げるようにこの街の図書館で働く槇人だったが、
そんな過去を知る由もない天惺は
本の貸し借りを通じて交流を重ねていくうちに
槇人の儚げで綺麗な横顔に無意識に見惚れ
思わずカメラを向けるようになる。

レンズの中に槇人を覗く度、どうしようもなく惹かれ
膨らんでいく感情に気付いたとき、
昔のモデル仲間だという男が槇人を連れ戻しにやって来て――…?

無自覚な独占欲を抱くカメラ趣味の大学生×顔に大きな火傷痕がある元モデル

表題作凪がれ星

一宮天惺(いちみやてんせい)22歳 大学生
獅倉槇人(しくらまきと)27歳元モデルの司書

レビュー投稿数17

澄んだ空気の星空のような、  

冬の澄んだ空気
満天の星空
凪がれ星
天の川


写真撮影が趣味の大学生:一宮 天惺 22(いちみや てんせい)はある日レンズ越し目を奪われたのは、顔に大きな火傷の痕がある男:獅倉 槇 27(しくら まきと)

槇人は事故により顔に火傷の痕が好きだったモデルという仕事が心が擦り減り、逃げる様にこの街にやってきた。

天惺も槇人も、互いが存在が心の安心で、
天惺は槇人を写真の中だけでも閉じ込めておきたいくらい深ーい独占欲で、
槇人は傷痕すらも美しいと言ってくれる天惺が重い心の澱を取り払ってくれた存在。
写真を通してお互いに惹かれていく中で、モデル時代の仲間という男が現れてーーーー。


槇人の元事務所のふたり(ヨウスケと瀬田さん)のそれぞれのスピンオフを所望したい!!

紙、修正、白げしげし。

10

知りたいところがまだあった

作家様買いです。

やっぱりこちらの作家様の描く
お話の雰囲気がすごく好きです。
言葉にするのは難しいのですが
ほわわ〜っとしてて温かい気持ちになりました。


攻めが年下ワンコでいい感じなんです〜(*´ω`*)
ちゃんと槇人の気持ちを大切にしてくれる
素晴らしい年下ワンコです(*´ω`*)

そして、今回当て馬になるのか!?と思っていた
羊介と瀬田さんですが、どちらも良い方で安心しました。

個人的に、槇人の火傷の理由が明らかにならないのは気になりました。
なんの事故だったんだろう…?
後、天惺が最初に惚れた写真って槇人なんじゃないの!?って思った謎がとけなかったです。
私の勘違いかな〜。

今回も素敵なお話を読めてよかったです(*´ω`*)

3

ワンコ攻め

ストーリーめっちゃ良かったです!
攻めは、ワンコで可愛いです。ヤキモチやいてるのも可愛い。
ストーリーは、最初に抜き合いしますがそれ以外はゆっくり進んでいきます。お互いに思い合っていく感じがとても良いです。
火傷痕は、私も手のひらサイズのちょっと大きいのありますが、皮膚が薄くなるので元々感じやすい首ならさらに感度良くなりそうだな、と思いました。天の川って表現も素敵ですね。

友人達も良い人です。ヨウスケ可愛い。ヨウスケスピンオフ読んでみたいです。(攻めでも良いけど…ヨウスケ受けが良いなぁ…)

アニメイト小冊子はハメ撮り。ラブラブで、照れてる槇人さんが可愛いかったです!







紙本購入
修正は、コミックス・小冊子共に白斜線沢山です。

3

ピュア大学生に引き寄せられる影ありキャラがいい~!!

イラストはSNSで拝見していたのですが、
ようやくゲット...!

雰囲気からもわかるように夜明け属性の私が大好きな
「救い出してくれる光属性」×「ワケあり」でした...!
浄化~~

序盤から説明なくすっと二人が会話していたり
モノローグはないのですが、その分興味がでてだからこうなったのか~と読み終わりに近づくにつれて面白い感覚になりました!

メインの二人だけでなく、他のキャラクターも個性があってもっとよみたいですし番外編とか2がもしあるなら旅行とかいって写真とったりする二人が見たい...
幸せでいてくれ~

モデル時代にそれまでポジティブだったのに事故が原因で負ってしまったやけどが原因で、気を使われたり怖がられる経験をしたマキにとっては
天惺くんは本編でも言っていますが安心できる存在なんだなとじ~んときました..

激しい喧嘩やすれ違いはせず(ここもうれしい)、あぁ~そんなこといったらうれしいに決まってる~~~ほら~という会話の連続で
優しい子なんだなとほんわかして読めました。

えっちシーンももちろんかわいくって
言葉数は少ないものの確実に思いを伝えて心が動く...
気持ちに寄り添った様子がとっても良かったです♡♡!!!!

3

心の拠り所

めっちゃ良かったです!かなり重たい内容を予想していたら、以外に気楽でコミカルな雰囲気でした。ふわふわ系は大好物なので私はそれで満足でしたが、シリアスのままでいて欲しかったという方の意見も理解できます。

♦ネタバレ♦

「顔の大きな火傷痕を隠さず、気高く、真っ直ぐ生きているマキさんの姿は、天惺にとってどの景色よりも美しい。しかしマキさんは、自分の事をそう思ってはいない― 本当は辛い現実から逃げてばっかりなんだと。」

↑ここのジレンマをもうちょっと…!って感じは確かにしましたね。
広げなかったせいで天惺がただの火傷フェチに見えがち ( ̄▽ ̄;)アハハ

途中から余計な (言い方)二人も現れるんですけど、ただの当て馬じゃなくて安心しました。どっちも面白いキャラだったし、最終的にイイ奴でした。
しかし「いる?」って言われたら… うぅ~ん。

「神」評価のくせにさっきから文句しか書いていないじゃないかー!!って怒られそうw すみません!ちゃんと好きなトコも言います!

火傷痕の原因が事故だったのが逆に刺さりました。業界のライバルやストーカーの仕業とか、そんなドラマチックなことではなく、本当にふとした事から人生が変わってしまった時のショック… 頭も心も追い付けなくて「どうにかなる」でなんとか自分に言い聞かせるけど、ただ現実を受け入れるのが怖いだけ。そんな気持ち、誰もが苦しいほどに共感できると思います。

BLあるあるの「とっさのホテルで致してしまう」流れがくるのかなってハラハラしたけど、それも違って良かったです。(オナはするけど、それはまあ)

「この道に行って欲しかったけど、こっちの情景もすごく綺麗~!」
感想をひとことで例えればこれです。
優しいBL作品が読みたい方にオススメします!

2

マジで神すぎる

私はまず表紙が美しすぎて買いました!この漫画は表紙買いして大正解!私が期待してた以上に感動するし、なんせ人物が美しすぎる!個人的に初心者様にもいいと思います!
(ここからネタバレ注意!)
受け様の複雑な過去も、見ててちょっと悲しくなるときもあるけどそれ以上のふたりの愛情やら友情もとてもいい作品です!1つの注意としては、傷とかが苦手は人は、気をつけたほうがいいかも…ちなみに、受け様の過去の姿も個人的に大好きです!

1

雰囲気が好きな先生

お話の空気感だとか、雰囲気が自分的に好きな先生だったので今回も購入。

キャラも魅力的で素敵なお話でした!
が、もう少し補足があると尚よし!でした。

事故ってなんだったんだろう?
っていうのが気になります!

あと、ちょっと襲うのが早すぎたね…
好きならゆっくり進んで欲しかったなあー…

わんこだから仕方がないかぁ〜笑

攻めくん可愛かったです。

なんだかスピンオフが出そうな予感…?期待しすぎ…?
私的に洋介は圧倒的受けなんですが、先生はどうだろう。

2

表紙が素敵

ミギノヤギ先生の作品はどれも表紙が素敵でまず目に入るのですが、こちらも表紙に惹かれて購入してみました。
顔に痣がある槇人に何故か惹かれる大学生の天惺。
綺麗な顏をしているので人目を引くということもあるけども図書館で働く槇人と接するうちに人柄にも惹かれていくところが無自覚なのかいつしか恋に変化していくところが良かったです。
天惺は槇人のこととても大事に思っているけれど、友人がSNSに槇人の写真をupしてしまったことで、槇人の昔のモデル時代の同僚が訪ねてきて、また一緒に仕事をしようと誘うけれども今の場所が今は大事ということで断ります。
多少波乱はあるけれど、基本二人でいる時間は穏やかに時間が流れているので幸せそうな二人を見ているとあたたかい気持ちになれます。
優しいお話です。

2

傷痕さえ愛おしい

今回はカメラが趣味の大学生と火傷痕のある司書のお話です。

攻様が私設図書館で出会った受様の恋人になるまでと
受様の本編前日譚、本編後日談を収録。

攻様はカメラが趣味の大学生です。

撮るのはもっぱら風景写真なのですが
ある日、廃墟のようだと言われる図書館を覗き見して
興味を惹かれて撮影しようとカメラを除き
顔に大きな火傷痕のある青年と目が合ってしまいます。

その図書館は私設の図書館ですが
館長が年老いて荒れるに任せていたところに
街にやってきた受様が司書として整理を手掛けた事で
また人が通うようになってきていたのです。

受様も本を借りに通い始め
受様友徐々に親しくなっていきます。

攻様が借りるのは天文関係の本ばかりで
受様に指摘された攻様が趣味で空を撮っているのだと
カメラを見せると受様はちょっと複雑そうな顔をします。

その夜、
攻様は天体写真を撮るために郊外の丘に登りますが
受様も攻様と話をして欲しを見たくなったと
丘をやってきました。

受様は攻様の隣で星と夜景に見入っていましたが
攻様の目を引いたのは空を眺める受様で
思わず受様にカメラを向けるのですが
受様にレンズを塞がれてしまい・・・

電子雑誌掲載作をまとめての紙単行本化で、
人物写真に興味がない攻様と訳ありぼい受様との
センシティブな恋物語になります♪

受様は攻様の人物撮影の練習と被写体を引受てくれ
2人はカメラを通してゆっくり近づいていくのですが
攻様の撮った写真を友人の迂闊な行動で
受様の過去が暴かれる事になるのです。

受様はモデルとして活躍していましたが
巻き込まれた事故で火傷を負っていたのです。

物語の中で起こる出来事は受様の事故以外は
どこででも起こり得ることであり
特別な出来事ではないです。

それがかえって物語がどう転がっていくのか
予想しにくくしていてワクワク&ドキドキ
楽しく読ませて頂きました。

受様は傷を負いながらも前向きです。
そんな受様のバイタリティとポジティブさが
彼自身を煌かせ、攻様を惹きつけ、

好奇心旺盛ながらも人の機微を読む攻様だからこそ
受様の中に埋めるしかなかった不安を
柔らかく包み込めたのかなと思いました。

カバー下にキャラクター紹介と四コマがありますので
こちらもぜひチェックしてくださいね。

1

優しいお話

凪がれ星って流れ星とはまったく逆のようなタイトルですね。
タイトルからイメージするこの作品は、ただひとつの星のような相手を見つけたふたりの話でしょうか。

攻めの天惺と受けの槙人ふたりとも一目惚れになるんでしょうね。とても印象深いオープニングになっています。
槙人の顔の傷跡を「天の川」みたいだという天惺は、天然タラシです。モデルだったのに顔にできた火傷で辞めた過去で落ち込んでいた槙人にとって、とても嬉しい言葉だったに違いないのだから。

ふたりが同性愛へと進むきっかけの物語は1話ですぐあり、わりと定番である突然の雨からのラブホへという流れになっています。同性との経験がないのにいきなり抜き合いをしてしまうのは…ご都合主義すぎる気はしましたが、1巻でまとめるにはしょうがないのでしょうか。
Qpaさんなので1話からエロなのもあるのでしょうね。

その後、すぐに槙人の過去の話、そして当て馬的なモデル時代のパートナーの登場です。
ここで出てくる天惺の友人やモデルの羊介や社長の瀬田がとてもいいキャラクターばかりなので、もっとじっくりと読めたらよかったのにと残念です。


キレイな絵柄と優しい雰囲気の作品をいつも描かれるミギノヤギ先生ですが、今作で一番印象深かったのは、状況が変わった時に「今までのように頑張らなくてもいい」ということと「今のままを許して少しだけ楽になってもいい」というこの物語のメッセージでとてもよかったです。

個人的に当て馬まではいかないけど、自分の恋心に気づかないままの羊介がどうなるのかスピンオフないかなぁと期待しています。
瀬田じゃ定番すぎる気がするので、新しい出会いで羊介に心もたされる恋愛が訪れたらおもしろそうです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う