身体の相性だけは、とびきりヨシ。リーマン×バーテンダーBL!

恋だ愛だはさておいて

aida koida wa satetoite

恋だ愛だはさておいて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神119
  • 萌×278
  • 萌41
  • 中立4
  • しゅみじゃない11

--

レビュー数
34
得点
1034
評価数
253
平均
4.1 / 5
神率
47%
著者
アマミヤ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784040691756

あらすじ

こいつとは今日限り――のハズだった。

岡崎太一は会社帰り、ベンチで寝ている男・藤を拾い、成り行きで体を重ねてします。
なかったことにしたいのに、藤の顔が好み&とにかくフェラが気持ちがよかったが為に、藤とのセフレ関係を抜け出せず…!?

ノンケなリーマン×ビッチなバーテンダーのエロティックBL!

表題作恋だ愛だはさておいて

岡崎 太一,27歳,リーマン
藤 仁成 ,22歳,バーテンダー

その他の収録作品

  • 描きおろし”あの夜のこと”
  • 描きおろし”休日”
  • あとがき
  • カバー下 撮影のウラガワ!

レビュー投稿数34

ピンクの表紙に釣られて買ったらドピンクだった

個人的にエロなしエロ少なめのストーリー重視が好みですが、この作品はエロがあるからストーリーも際立って良かった気がしました!
セフレスタートの2人がお互いの事を好きだと気づいていく展開に、キュンキュンしました。
これが男女の話だったら、絶対好みじゃないけど同性愛だからこそ受け入れられたし、ときめく事もできたと思いました。
ノンケリーマンが色っぽい男の子にほだされて行くのはやはり読んでいてニヤニヤしてしまいました。笑

0

確かに"さておいて"

なりゆきでエッチなことしちゃう2人の、エッチなラブコメがおもしろーい作品♪( ´▽`)

セフレ先行型ストーリーなんだけど、心の揺れ動きが繊細。でも人間臭くて、その辺の表現がうまいなぁと感じる一冊でした。

主人公2人のキャラも良い!というか…キャラが良いからストーリーに味が出てると言ってもいいのかも。快楽にめっぽう弱くて藤のペースに呑まれる太一のあたふたぶりが、この作品を面白くさせています。
藤の方は太一にペースを合わせながらも、主張するとこはちゃんと爪痕を残す策士。飄々としていて掴みどころがない雰囲気が太一を余計に惑わせているのが良いですね。


甘さや溺愛タイプのストーリーじゃないけど、セックス中の太一は藤のことを求めまくっていて、それなりに甘いのがギャップ萌えでした。
不器用な大人の恋愛にジクジクしながら読んでいましたが、最後は自分の気持ちがハッキリ分かってぶつかっていく姿には拍手喝采です!


藤は太一にとって理想の恋人だと思うので、これからの恋人時間は甘さいっぱいで過ごしていって欲しいなと思います^^

0

細部に宿るエロス

・人が落ちてるのを拾う
・攻めはノンケのくたびれリーマン
・受けはちょいビッチな美人バーテンダー
・体からはじまる関係
どれもこれも、見たことあるな…っていう既視感ありまくりです。でもこの話は、ありきたりな感じがしなくて、すごく色気があってチャーミングなの、なんでだろう…絵がきれいだからかな?

などと思いながら読んでいたんですが、絵ももちろんだけど、細かい部分や仕草の描かれ方が、とても洗練されていて素敵なんです。例えば指の形が、首筋の線がカッコいいとか。タバコを吸う仕草がっ…!とか。ネクタイつかんで部屋に引っぱり込むのも、定番だけど良いですよね。
 あと行為の最中に、口に入った髪の毛取ってやったりとか、ついキスしそうになって顔そらしたりとか、もういちいち色っぽい。神は細部に宿るって、きっとこういうことなのね…。

 受けも攻めも普通にしてても色気がムーン…としてます。受けの藤くんが、切れ痔になったから会えませんって置き手紙残して消えて、「そういえば慣らさないでやったことあったな…」って太一が悶々とする、ちょっと笑える場面があるんだけど、もうそれすらエロく感じる笑 キスシーンひとつとっても、ムードありまくりのふたりです。

 このふたりのエロスにすっかりやられ、もっと見たくて続編も電子で買ってしまいましたよ。お互いハマりたくないと思いつつ、じわじわ本気になってく感じがたまらない…。人物のセリフや表情、仕草、目線ひとつとっても、とにかく演出が巧みな作品だなあと思います。

1

えちで不器用で可愛い

初めて拝読した作者さんでした。
美人受けを探していたところ、お見かけして試し読み後に購入しました。

酔っ払っていた藤を酔っ払い、体を重ねてしまう。一度限りにしたいものの、藤の顔が好みでやめられない太一。過去にノンケとの恋愛で傷付いた経験がある藤。そんな不器用同士のエロティックBLです。

太一 / くたびれ系リーマン。黒髪年上ノンケ攻め。
藤 / 誘い系バーテンダー。金髪年下ゲイ受け。

2人の距離感が不器用なりにゆったりと近づいていく感じが可愛くて最高でした。

1

「さておいて」のラブいっぱい〜

何度読んでも〜萌えるのは、ノンケ×ゲイのカップルだから!
ノンケ攻めの太一がいろいろ疑問を感じながら、ゲイの藤くんを好きになっていく様子が堪らないのよ。
セフレから始まるカップルたくさん読んで来たけど、1番好きなカップル。
ノンケの疲れたサラリーマン太一くんと、ゲイで美人な藤くんの「さておいて」のラブなお話。
攻めの太一くんが、受けの藤くんを拾った所から、懐かれてしまった太一くん。
前半は、ノンケの太一くんが〜藤くんの押せ押せに困惑しつつ受け入れて行く模様が微笑ましてwww。太一くんの心の声が笑える。
このお話の好きな所は、セクシャリティがノンケとゲイの出会いで、太一くんが藤くんに、女性の経験を聞いてるシーンがあってリアルだな。と、感じる。
受けの藤くんは、1年付き合った彼の浮気から、不特定多数の人と関係を持つようになる。太一くんもその中の1人だったが、眠っている太一くんに愛おしく抱き寄せられた事で温かさを知ってしまった。
両思いなのに〜過去の恋から臆病になり気持ちを計ってみたりするけど。
太一くんが、行動に出てくれます!
ここが、素敵www

書き下ろしの「休日」が、、、
これ、読めて良かった。
何年後でも良いから、短編では無く〜1冊で続編読みたい。

1

王道シンプルストーリー

あとがきにあった「セフレから始まるとびきりえっちでハッピーな2人」というコンセプト通りの作品でした。

酔った勢いで(その時は未遂だったけど)関係を持って、内心惹かれ合うんだけれどもなんとも煮え切らない大人たち。

太一がだいたい酔っ払っているか、疲れているかで、お、実はいい男〜と思ったのはずいぶん後でほんの数コマ…なのがもったいないやらおもしろいやらw

本音をなかなか言わない言えない2人なりの、くっつき方が勘違いからの嫉妬というあるあるだったけど、お似合いなのでよかったです。

アマミヤ先生といえば、目元や頬や鼻が赤くなっていることが多くて、そんなに?とつい気になってしまいますw

1

寂しさを埋めるゆるめBL

初めて読んだ作者さんでした。
シーモアでたまたま見つけ試し読みしたのち購読させてもらいました。


黒髪くたびれリーマンの年上ノンケ攻め×金髪ルーズバーテンダーの年下ゲイ受けという感じのカプです。セフレの関係から始まるラブ要素もエロ要素もいい感じにゆるめな内容で展開もゆるく進んでいく基本的に攻め視点のお話です。絵柄も癖がなくて爽やかで読みやすいです。

好かれているのか懐かれているのか藤くんの掴みどころのないところに振り回されている太一くんが面白かったです。もっと振り回されて欲しいჱ̒⸝⸝•̀֊•́⸝⸝)一方で太一くんの出張報告がないことにショックを受けている藤くんが可愛かったです。あとひたすら藤くんスマイルが可愛かったです。セフレ関係から始まるのはありがちだなと思ったんですが、セフレだけどどこか違う寂しさを埋め合うように絆され合うお話でいい意味であっさりしていて個人的にすごく良かったです。


いちゃいちゃでもなくピュアでもなくゆるめラブを読みたい方にはうってつけの作品です。物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、大体色んな方に刺さる作品だと思います。ぜひ読んでみてください。

2

セフレから始まる恋

太一くんは会社帰りにベンチで寝ている藤くんを見つけ
藤くんに「オシッコ…漏れそう…」と言われ
立ちションが出来ず開いてる店もなく、
近くにコンビニもない為藤くんを家に連れ帰るのですが…。
太一くんが次に目覚めたのは朝で、明らかに事後です。
でも太一くんには記憶がありません。
そんな太一くんに藤くんが「昨日のかきださないとお腹下しちゃうからシャワーを貸して欲しい」と言います。
太一くんはなかったことにしたいと思いつつずるずる関係を続けてしまい…。


大人の恋の始まりのお話でした。
藤くんがこういう風になっちゃったのにはきっかけがあって
それがすごく切なかったです。
太一くんがこんな風になっちゃったのは藤くんのフェ〇がうまかったのと
藤くんの顔が好みだったからで、ある意味本能に忠実で笑ってしまいました。


描き下ろしに【あの夜のこと】というお話があるのですが
太一くんと藤くんの始まりの日のお話が描かれていました。
なるほど…藤くんはきっとこの時に恋に落ちちゃったんだろうなぁ…と勝手に解釈しました。

もう一つの描き下ろしのお話も可愛かったし
セフレから始まるお話ってあまり得意ではないのですが
こちらの作品はとても可愛く大好きな作品になりました。

1

ほんとに題名通り!

恋だ愛だはさておいて、、、ほんとにこの通りの作品だなぁとしみじみ。
セックスから始まる2人なのに爽やかさと幸福感を感じるなんとも不思議な感覚!
アマミヤ先生の作品の中で1番好きかもしれないです。
いわゆるビッチ受?な貞操観念ゆるゆるな藤くんですが、読み進めていくうちに本当に可愛らしくて一途で素直で健気。アマミヤ先生のふわっとした絵の雰囲気と藤くんを表す感じごすごくマッチしていて魅力を引き立ててる気がします。
単話配信されてるアフターストーリーもすっごくいいです!

2

振り回されるツンデレノンケ最高

アマミヤさんの「ブルー!ブルー!ブルー!」にハマり、こちらも読みました。
こちらがデビューコミックとの事でオドロキ。
この作品もとーっても良かった!

恋人との関係を丁寧に築けないノンケ太一と、貞操観念緩めのバーテン藤のお話でした。
身体の関係から始まるのですが、藤のエロ可愛いさにグイグイ押されて振り回される太一が楽しい←
なんやかんやで絆されていくの堪らんでした♪
男なんかあり得ねぇって言ってるノンケが、色っぽい受けに夢中になっちゃうの好きだ。

切れ痔を真に受けてお薬買ってるの可愛かったし、「コイツ渡せないです」にはキュンときたー。

エロもシチュエーション様々で、藤はエロいし太一もがっついてるのが良かったです。
擬音多めだけど、イヤじゃなかったの何でだろう。

after storyがあるようなので、そちらも読みます!

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う