番ヅラはやめてくれ

tsugaizura ha yametekure

番ヅラはやめてくれ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×210
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

193

レビュー数
6
得点
108
評価数
28
平均
4 / 5
神率
35.7%
著者
粒乃木つぶ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイオメガバースコミックス
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784799767313

あらすじ

「先生、腰抜けちゃった? 可愛い」

ゆるく平和な教師生活を満喫していた並川は部活指導中、事故で生徒の愛田と番になってしまう。
愛田が番解消の薬を飲める18歳になるまで、残り一ヵ月。
“発情”を管理するためのスキンシップを許すことになり――…!?

早くシたい生徒(α)×生徒とはシない教師(Ω)、
“健全でいたい”生徒×教師のオメガバース開幕!

描きおろしは白衣でおねだり濃厚プレイ18P

表題作番ヅラはやめてくれ

愛田颯、α、17歳→18歳、高3→大学生
並川将輝、Ω、26歳、高校の理科教師
情報修正依頼中

レビュー投稿数6

年下アルファ攻め、可愛いよ〜…!!

痛くない・辛すぎないオメガバースで、大好きなお話でした〜

高校生α × 教師Ω。

普通は知り合って→関係性を深めて→うなじを噛んで番、ってステップになるけどこのお話の場合はアクシデントにより「つ、番になっちゃったー!?」ってところから始まります。これが個人的にすごく面白かった!

で、こちらのオメガバースの世界では「18歳以上の成人は薬で番解消が可能」で、17歳11ヶ月の愛田(攻)の成人を待って番を解消しよう、ということになるけれどー

というお話。

攻めがめちゃくちゃ押せ押せで来るのかと思いきや(押してはくるんですけど)、唇にキス…と見せかけて、でこチュー!「キスは淫行になっちゃうもんね」なんて手を離したりして、物足りなくなっちゃうじゃないか!!と受けの気持ちできゅん、でした。

そんな年下わんこ攻め君も最高なんですが、受けの並川もまた可愛くて。
特にロッカー前での巣作りからの流れが個人的にめちゃくちゃ好きだった。。
そこで「待て」のできる年下わんこ攻めもまた素晴らしい。
我慢できない攻めもいいけど、受けのために耐えられる攻め様が一番好きです。

自分の本気度を言動で真摯に見せてくれる攻め様にグッときた、大好きなオメガバースのお話でした◎

1

先生と生徒の「健全」関係にニヤニヤしてしまう

愛田(α)×並川(Ω)


お互いに欲しがっているのに、
先生と生徒の「健全」関係を保つために、
抑えきれない欲望を抑えようとする
爆発してしまいそうの境界線に立たされている
中途半端なイチャで2人が見せるトロトロ姿が萌え刺さる!

2人のキュートな表情変化が注目すべき点で面白い!


高校教師の並川が、
小さな事故がきっかけで生徒の愛田と予期せぬ番になってしまう。
番解消はできるが・・・、
この突然の出来事で、教師と生徒の関係が一変する。

αとΩという欲が交錯し、
並川の健全意識に従って、
愛田がエロ行為を少し制御する。
2人の間には、
不完全ながらもホロ苦いエロスや、
微妙な感情の揺らぎが生まれいく。

並川、
美人ホクロがポイント高い!
どんどん愛田に呑まれていく様子が可愛い!
体がものすごく感じているのに、
立場やプライドによるツンツンな一面も可愛い!
ヒートのときに無意識に愛田のジャージで巣作りをしたり、
愛田に向けて欲求が湧き出す姿勢がいじらしくてグッとくる!

愛田、
チャラっぽいけど、
ガンガンアピールする超ワンコ!
嘘をするほど一途で、
番かどうかは関係なく、
最大級の恋心を本気で証明したいという熱い気持ちがこっちまでもえ上がる!

教師と生徒という立場が終わった後も、感無量!

並川の恋に迷う大人の間抜けな感情、
愛田の恋する男子の躍動する気持ち、
そして、
2人の関係性の変化が全部丁寧に描かれていて、
ハートを掴むオメガバースでした!

2

事故で番になっちゃった2人の行方は、、、?!!

まずは粒乃木つぶ先生、デビューコミックスおめでとうございます!!

Xでお見かけしたときから、発売日を楽しみにしておりました(ˊᵕˋ)‪

という記念すべき商業1作品目は、生徒×教師が事故って番になっちゃったかも?!! な、衝撃的幕開けのオメガバースです。


この世界では、18歳になったら番解消薬が飲めるとのことで、攻めの18歳の誕生日まで残り一ヵ月。
ラットを管理するために、受けである教師はスキンシップを許す。
が、番となった途端、受けのことが嫌いだと思っていた攻めが、しつこいくらいに受けに好き好きアピールするようになります。
これも番になった影響なのだと受けは思いますが、ある日、実はヒート中でもないのに番になることはないのだと気がついてしまい、、、


事故で偶然項を噛まれたという設定が、とにかく面白かったです。
よく考えてみれば、そう言えば番ってヒートえちしてるときに項噛まなきゃ無効だよね、という前提を忘れるくらいにです!(まりあげはも冷静になってあとで考えてみた)


個人的にあとは、先生への好きの想いを、事故を好機と捉えて、めちゃアピールしまくる若さや、先生のことを好きすぎてあれこれサバを読むいじらしさも可愛かったです。


無事に高校卒業後、宣言通り先生を番にできてよかったね! と思えたカワイイ年下×年上オメガバでした。


ちなみにカバー下のプロフィール帳に、受けの書く欄を攻めが書いてるのも仲良し番っぽくて良きでした。

1

年下番のゴン攻めに御用心

オメガバースと年下ワンコ攻めのコラボ、最高ですね!教師にゴン攻めする生徒の無邪気さ、腹黒さがめちゃくちゃ楽しかったです。
ハプニングで番になっちゃった2人の、ここから始まる擬似番ライフをとくとご覧下さい♪( ´▽`)

うなじ噛みから関係がスタートする展開が新しいですね。
教師と生徒とはいえ、接点があまりなかったところからの関係構築なんで、本当にまっさらな状態から恋の駆け引きが始まっていきます。0(教師生徒の関係を考えたらむしろマイナス?)から10にも100にも育っていく2人のストーリーが、番関係に依存することなくちゃんと自分の気持ちで好きだと自覚していく流れがとても素晴らしかった。
偶発的に起こった番関係が、実は必然的で運命的なものだとしたら……?
愛田と並川の間には運命的なもので繋がっていたとしか思えないくらい、深い結びつきを見せつけてくれました。

番アドバンテージを最大限に利用する愛田が、自分の生徒という立場や年下パワーをフル活用して、並川を落としにかかる様は、さすがのアルファ。利用できるものは利用してしまえ、っていう考え、嫌いじゃない(笑)むしろもっとやれやれーって感じ。
無邪気にアプローチかけてくる愛田に絆され気味な並川もこれまた良くて、理性と本能の狭間で悶々とするのも、愛田に惹かれているからに他ならないからなんですよね。
心も身体も求めているのに、セーブをかけているのは教師と生徒という立場的なものだけ。この壁を乗り越えてこそ、2人が心から本当の番になるっていうことなので、その道のりをとことん味わって欲しいと思います^ ^


オメガバースの中では楽しく読める部類のストーリーです。オメガ差別とかそういうのもないし、どっちかというとラブコメ寄りかな。
サラッと読めるし読後感も良いので、オメガバース初心者の方でも抵抗なく読めると思います。

1

事故で番った生徒✖️教師

バスケしてたらぶつかってうなじを噛んじゃうなんて!そんなの!ある??_(:3 」∠)_

そんなとこからはじまるワンコ系DKと理科?の先生のオメガバース。番を解消するおくすりがある世界線です。

オメガバースというとひたすらせっくすしてるイメージが有りますが(そんなことない)、こちらはきっちり卒業までガマンできるタイプのカップルです。

番契約って結婚にも通ずるような重いやつなのに家族に相談とかしないで高校卒業したら即・・・で良いのか?とモヤったりもしましたが、先述のおくすりがあるので問題ナシ、でしょうか?

ひたすら二人の世界で進んでいくので、もう少し他のキャラが絡んでも楽しかったかも、と思います。通りすがりのマッチョとか(お気に入り)。

ヒートで誘ってくる先生@ロッカーが可愛すぎて、あそこで耐えられるDKは本当に我慢強くてすごい・・・しぬほどご褒美あげたい!

完結表記ないので続くのであればもっとラブラブな二人が見たいです。

2

もっと葛藤を、もっと翻弄を

粒乃木つぶ先生の初単行本を拝読させて頂くのが楽しみでした。

個人的、各項目5段階で
絆され 3
ワンコ 2
エロ 1
な感じだと思います。

生徒の愛田くん×教師の並川先生のカプです。

教師の並川先生は、部活指導中の事故で、生徒の愛田くんにうなじを噛まれてしまう。しかし、発情期での性行為中じゃないと、番にはならない筈だが、どうやら番が成立してしまったようで…。

身体がぶつかって転んだ拍子にうなじを噛まれてしまった並川先生。オメガバースの基本的な設定からも、普通なら発情期中の性行為の時じゃないと番にはなれないのに、今まで接点が無かったクールな愛田くんが、うなじを噛んでからは、ワンコ攻め化して並川先生に付き纏う様になるので、これは番が成立してしまったと思う並川先生。
いや、それで番になってると思うの?とちょっと困惑してしまいました。結論としては、やっぱり番にはなってないし…。今までにないオメガバース展開にしたかったのかもしれませんが、ちょっと無理があったような…。

普段はクールだという愛田くん。だけど、並川先生の前ではワンコ攻めになります。でも、もっと並川先生にグイグイ迫っても良かったかなと思いました。意外と愛田くんが理性的で、しっかり生徒と先生の関係を弁えているので、ワンコ要素はちょっと物足りないかなと思いました。

帯に、快楽に弱いと表記されている並川先生ですが、そこまで快楽に弱いのかな?と思いました。生徒の愛田くんとは淫行はしないと、一線引いているので、物語り終盤以外の絡み描写では人並みくらいの感度ではないかなと思ったので、もっと愛田くんに翻弄される姿が見たかったです。

生徒と教師の関係を守っているので、身体を重ねるのは、愛田くんが高校を卒業してからなので、あまり生徒と教師の葛藤とかは少なめなので、切なかったり辛い描写はあまりなく安心して読めるので、読んでみては如何ですか。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う