恋人同士の春らんまん 発情期(ヒート)が止まらない!!!!

ごちそうΩはチュウと鳴く 2

gochisou omega ha chuu to naku

ごちそうΩはチュウと鳴く  2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神342
  • 萌×247
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

147

レビュー数
41
得点
1917
評価数
399
平均
4.8 / 5
神率
85.7%
著者
はなさわ浪雄 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
Tulle Comics
シリーズ
ごちそうΩはチュウと鳴く
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784861239809

あらすじ

ネズミ族のΩ・胡桃沢さちおと、キツネ族のα・宇迦野 忍。
漫画家と担当編集者、捕食・被食関係という立場を超えて結ばれたふたり。
恋人としてよりいっそう甘やかしてくる宇迦野とともに、訪れた春を謳歌するさちお。
ところが予定外のヒートが始まって、またまた波乱の予感…!?

スパダリキツネ編集者α×ネガティブなネズミ漫画家Ω
大人気☆獣人オメガバース、待望の続編!

描き下ろし24p小冊子付き特装版も!

表題作ごちそうΩはチュウと鳴く 2

宇迦野忍、胡桃沢の担当編集者・キツネ族のα
胡桃沢さちお、漫画家・ネズミ族のΩ

その他の収録作品

  • 宇迦野の気持ち
  • OINARIのパンツ(カバー下)
  • あとがき(カバー下)

レビュー投稿数41

超絶最高のキツネとネズミの幸せ続編

待ちに待った作品の続編がついに降臨。
ん゛もーー……控えめに言っても100点!えっちなネズミとスケベなキツネの蜜月期がみっちり詰まった至高の一冊です。

可愛いすぎるお餅ネズミのさちおと、常にさちおを捕らえて離さない溺愛ハンター宇迦野が繰り広げる満足度100%のワチャワチャラブコメディーは、とっっても可愛くって面白くって、それでいてエッチ。時に切なくしんみりしちゃうシーンもあったりするけど、総合的にはやっぱり楽しい感情が1番でした♪

間違いなく「神」評価。神評価1ポチでも押し足りません!


1巻も最高でしたが2巻もウルトラ最高〜
オメガバース・獣人・弱肉強食カースト…色んな要素てんこ盛りの世界観が、独特かつ斬新で初めて読んだ時の感動は今でも覚えています。
この続編は2人の恋人編。どんなイチャイチャが繰り広げられるだろうと読む前から期待値マックスでいましたが、その期待は裏切られませんでした。

2巻の始まりからあまあま。恋人モードの完全プライベートデートはホワホワの甘さで、さちおの戸惑いとウキウキする宇迦野の温度差を感じながら、甘い甘い2人の時間を思いっきり堪能させて頂きました。
それでこその恋人編。ニヤニヤが止まりません^ ^

恋人オーラダダ漏れの2人にニヤつくのはもちろんこの続編の大きな見どころで間違いないのですが、恋人同士だからこそ抱えてしまう不安や悩みっていう部分にも触れていまして、ただのイチャラブ洗脳ストーリーになってないのがこの作品の深いところです。

はなさわ先生のメリハリの効かせ方がとっても上手い。ギャグッ気のある面白い回があれば、「番」関係や2人の将来について考える真面目な回もあったりと、恋人という一歩進んだ関係になったからこそ言及できる、人生観・恋愛観・仕事観について、色んな側面からアプローチしているのがこの続編の奥行きの深さかなと思います。
この2人なので、ひたすらイチャイチャしてるだけでも神評価に値しますが、悲しみや切なさを全面に出した2人のやりとりもまた神評価に値するほど引き込まれました。

恋人同士とはいっても未来永劫安泰じゃないし、そこから生まれるまた別の感情に侵食されつつも乗り越えていく宇迦野とさちおの繋がりの深さに感動です。
喜怒哀楽のたくさんの感情に満たされた今作ではありましたが、やっぱり何と言っても見せ場は終盤でしょう。1ページまるっと使った宇迦野とさちおのキスシーンはめちゃくちゃ最高すぎた…。2人の未来に期待できる素敵で素敵な場面でした。


もしや、これって続編あったり?と思っていたらビンゴ!その先が見たいなと思っていたからこれは嬉しい朗報です。(バンザーイ)

絵もキャラクターもストーリーも全部がハイクラスの2巻。私は小冊子付きを購入しましたが、それも含めて最強クラスの面白さでした。
おススメしない理由が見当たらない最高の作品に出会えて胸が幸せでいっぱいです(*´︶`*)

17

これ以上の漫画があるかいな(過言ではない)

まっじでやばい
ケモナーオメガバ大好き社畜は最高に心が満たされた。
本当にヤバイ
話はもう1巻読んだ人ならもう いうことない 満足K点超えてきた
今回は種族体おおめ とにかくおもちネズミが至る所に
狐もかわいい なにもかもかわいい

うかのさんの指にきゅとしがみつくちいこいのち・・・・・・・・・・・
ウッ

あとねシャー芯で漫画かいてんの、ネズミが。ちいこい体で
むり しんだ とおとい いきて 

語彙が死ぬまんが殿堂入り過ぎる
あと3冊くらい買ってはなさわ先生に印税を支払います。
布教します。友達に無理やりにでも渡す。

マジで最高漫画 しかも続く ありがとう 政治を語るのはご法度だろうけど
死にたくなるようなこの世の中で死ねない理由ができた
しごとがんばる

10巻とかつづいてほしい
はなさわ先生ほかの漫画でも買い支えたい(作家買いしているので問答無用で買うけど)

1巻買って良かった人類はみんな買え。損するはずがない。特しかない。

特装版には小冊子がついてきて、アニメイト限定小冊子と、有償アニメイト小冊子と、ペーパーとで盛沢山大満足でした。

ケモ好きは全人類買ってくれ。

16

さちお可愛すぎか!

前作も最高でしたが、今作も冒頭から最高でした。さちおが種族体をとった時のワガママボディの魅力的なこと!宇迦野さんじゃなくてもハムハムしたいです。www

この巻では宇迦野さんのさちおへの溺愛ぶりにキュンキュンさせて頂きました。2人で過ごした翌朝の朝食とか完璧過ぎて、さちおの戸惑いも分かるような気がしました。

個人的に好きなシーンは2人のデート中に声を掛けて来た、グルーミングサロンの女性がさちおを見下した態度を見逃さなかった点でした。さちおは当たり前のように受け入れてても、彼女を許さなかった宇迦野さんの格好良さに痺れました。

はなさわ浪雄先生が凄いと思う点は、宇迦野さんの表情が狐にしか見えない点なんですよね。目の描き方とか純粋に凄いと思います。

さちおが獣化して戻らなくて宇迦野さんちで同棲してたエピや、漫画家として斜め上に暴走したさちおを担当編集者として宇迦野さんが手綱を引き締めるエピとか、盛り沢山な内容で3冊くらい読んだような読後感でした。

まだ続くようなので今からとても楽しみです。捕食と被食関係の2人がこれからそれぞれの家族にどう挨拶するのか、漫画家としてさちおがどう成長するかとか気になるところが沢山あります。

オメガバを避けてる方がいたらもったいないと思える作品です。特装版があるうちに購入して下さい!

15

溺愛数値が突き抜けすぎてて幸せだ…

これぞ続編の醍醐味!!
想像以上に甘すぎる恋人編にありがたみを噛みしめるの通り越して、
幸せ歯ぎしりしておりました…(ღˇᴗˇ)ギリギリ♡

前巻、漫画家と担当編集というビジネスパートナーから
晴れて恋人同士になったネズミ族Ωのさちおとキツネ族αの宇迦野。

そこに至るまでは種族による捕食・被食関係という障壁にぶつかり、
一度は関係を断ってしまおうとした程にたくさん苦しんできた二人。

けれど、今回はそんな葛藤など微塵も感じさせないほどの激甘っぷりでした!
相変わらず宇迦野がさちおを食べたいう欲望はなくなってはいないし、
恋人でありながら捕食者と被食者という根本的な悲劇性は消えないけれど、
リスクを承知で一緒にいようとする二人の関係性が尊みの極みでした!!

特にこの続編では宇迦野が超進化を遂げているのです!
スパダリ溺愛攻めに!!!

冒頭から。。。
愛情たっぷりの朝食を作ってやり、デートでは手を繋いでリンクコーデ、
と恋人モード全開な宇迦野にこんなに甘い感じだったっけ!?と
嬉しい驚きで初っ端からニヤニヤしてしまいました。

あと、恋人同士になったことで「先生」呼びから「さちお」呼びに
なっているのですが、あえて敬語が抜けていないのもまたよき♡

以前は飄々としていていまいち何を考えているかわからなかったのに、
今は四六時中頭の中がさちおだらけだってわかるくらいに愛がダダ漏れで
すっかり溺愛彼氏になっちゃってるんです♪

とにかくさちおに向ける視線も態度も言動も、その全てが激甘なんです!
さちおに好意を寄せる相手には露骨なくらい牽制して嫉妬しちゃうし、
さちおに敵意を向けられようものなら全力で庇ってくれるし、
宇迦野の彼氏力が爆上がりすぎて糖分が供給過多すぎる(∗ˊᵕ`∗)

最初はヒート事故がきっかけの愛のないセックスという
不純な始まりだったのにいつの間にか純愛になっちゃってたんですねぇ。

そんな宇迦野の溺愛に絆され事あるごと発情してしまうさちお。
その度にヒートセックスに突入し、とろとろに蕩けまくり、
しまいには理性がぶっとんださちおが「(うなじを)咬んで」と
おねだりしてしまう二人の甘エロを堪能しておりましたが、
ある日、意志に反して獣化したさちおは人型に戻れなくなってしまいます。

ネズミ姿から人間に戻れず治療と介助を必要とするさちおは
思いもがけず宇迦野と同棲生活?をスタートさせることに。

ふとネズミ姿のさちおをまじまじと見つめて思ったのだけれど、
前巻に比べると画力が上がったせいなのか、以前にも増して
さちおがおいしそうに見えるんですよね、私だけ…?

それはさておき、
ネズミのままなのでいつものようなスキンシップはとれないものの、
指の腹で優しくさちおを撫でてやったり、小さな体で宇迦野の指に
きゅっと抱きつくさちおの指先を通した愛情表現が微笑ましかったです。
不自由と引き換えに手に入れた束の間の二人きりの閉鎖的な世界は
まるで蜜月のようでもありました。
だけど、その反面、いつものように触れ合えないことがもどかしく、
切なくもありました。

さちおがネズミになってからも甲斐甲斐しく世話を焼き、
人型であろうとネズミの姿であろうと、変わらぬ愛情を注ぎ続ける宇迦野。

けれど、一向に人に戻れず、気丈に振舞う恋人の不安にも気付いていたのか、
さちおが「別れていいよ」と宇迦野に告げる場面では胸が引き裂かれそうな
思いでした。
ネズミのままでは宇迦野の子供も産んでやれない、重荷になりたくない、と
涙をためるさちおにこちらまで涙ぐんでしまった…。

そんなさちおに返した宇迦野の言葉は想像以上の愛に溢れていました。
人とネズミのままでは番にはなれない。
でも、入籍はできる、と。
小さなさちおを掌に乗せて
「私と結婚してください、さちお」と愛おしそうに口づけるシーンでは
まぶたに溜まっていた涙が溢れ出し、もはや号泣状態に。

なにこの誠実さの塊と海よりも深い愛情は…!!
宇迦野ってこんなにいい男だったんか…
どんな姿であろうと、さちおがさちおでさえあればいいという
宇迦野の無償の愛に私の中の彼のスパダリ数値が激増いたしました。

そんな宇迦野の愛の力によって最後は人に戻れたさちおでしたが、
待ちわびただけにその後のご褒美エッチは普段以上に格別でした♡

今回の件で番になることを決めた二人ですが、
次回は番契約&結婚と大イベント目白押しで続きが楽しみでなりません♪

12

可愛さにメロメロです

1巻にすっかり心を奪われて、わくわくしながら2巻を読みまして、やっぱり好き~~となっています。
おつきあいすることになったけれど、もともと陰キャの胡桃沢先生。
普通に浮かれていればいいのに、色々なことが心配になってじたばたするのが可愛いやら、おかしいやら。
でもそこで終わらないのがこの作品なのだなと、思いました。
2巻の最初のお話である6話で、恋人ができたばっかりだから突然ヒートが起こったりしたんだろうくらいに、軽く考えていた私を嘲笑うような後半の展開。
布石だったとは予想だにしませんでした。
そして、このままもう人型には戻らないのか、などと、そんな未来まで想像したりしてしまいました。
何が良かったって、宇迦野さんが、自分の家に連れ帰ってネズミ体の恋人のお世話をしていた毎日を、蜜月だと思っていたことです。
二人が可愛くて、呻いてました。
この後も続きがあるようなので(やったー!)、3巻を楽しみに待ちたいと思います。
宇迦野家が気になりますね。
挨拶が先だよ、と胡桃沢先生は言ってますが、おそらく色々な事を踏まえて、既成事実を作ってしまいたいんでしょうね。宇迦野さん。うー、これも布石なんだろうなあ、うーん。

胡桃沢先生が、ネズミは餌界のスーパーエリートだ!と自負されていて、それを誇りに思っていることがツボでして、いつもわりと控え目だから余計に面白いです。
それにしても、グルーミングが可愛いすぎました。歯ブラシ……!

そうそう、挟み込まれていた読者アンケートのハガキも可愛かったです。

12

笑いあり、涙あり、感動あり

1巻より収録話数が増えて分厚い本ではあるんだけど、
体感的には500Pぐらい読んだ気分の満足感ありです。
どの情報もエピソードも濃くて満たされる~ッ!!!

付き合いたてホヤホヤのイチャラブがあり、
編集者×作家としての関係性が描かれ、
捕食者×被食者の設定の深掘りもあって、
オメガバ番システムの関係性の深掘りもある。

更に世界観の沼ズブズブになる続編でした(;///;)
めっちゃ良かったしすっごい面白かった~!!!!!


さてさて。

晴れて恋人となりラブラブな日々を送る2人。
捕食問題は解決しないながらも愛を育んでいます。

今まで自分の不遇を糧に創作活動を行ってきたさちお。
今の自分では良い作品が描けるのかと不安になったり、
αと関係を持つことでヒートが不安定になったり、
果ては獣型から人型に戻れなくなってしまったりーーー。

宇迦野とさちおの仲が深まる様子が多方面から描かれているお話でした♪


項目にわけて萌え吐き出しをば。。。

◆さちお
とにもかくにも可愛すぎて可愛すぎて好きしかない。
愛らしすぎて食べちゃいたい気持ちがよくわかる…!
・人型
・種族体
・呪詛体 どれもかわいすぎる。全部好き。

宇迦野と恋人になって変わるかな?って思ってたけど
餌界のスーパーエリートの矜持が全くぶれないの最高!
初めての嫉妬もさ~、え?そこ~!?みたいな。
『俺をなんだと思ってるんだ?』
『ネズミだぞ?』
『餌界の王ですけど!!』
は~~(∩´///`∩)さちおの餌界語録が増えてく~!(癒)

相変わらずチョロインでシリアスクラッシャーだけど
1巻から比べて情緒が育っているのがすごく良かった。
宇迦野が大好きで自分からも行動を起こそうとするの。
捕食に関してはさちおの方が肝が据わってるのがカッコイイです…!

食べられちゃってもいいってのは本気だったけれど、
そのせいで今回はさちお側に問題が起きてしまいます。

これがちょっぴり切なくて泣けるんですよーッ!!!
(読み返す度に100発100中で涙腺緩んでる…)
もぅもぅ……、めちゃくちゃ良かった……(;/////;)

◆宇迦野
相変わらず食えないところがある人ですが、
さちおを溺愛してスパダリ化が止まらないとこ萌え!
ちょっと意地悪なとこも含めてスーパー彼氏だよ…!

でも、、、
さちおを捕食しかけたのは今でも大きなトラウマでね。
この件になるとグッと弱腰になるギャップがシンドイ。
パーフェクトFOXが弱さをみせるのシンプルにズルイでしょ…(激萌)

あと元々の性格ってのもあるんだろうけど、
【お願い上手な次男×お願いに弱い長男】の関係性!!
言われてみれば宇迦野は弟属性っぽいし、
さちおのいざという時の肝の据わりは兄属性だな~と。
兄弟の属性に弱いのでめっちゃニヤニヤしました///

今回さちお側にトラブルが起きた場面、
本編はさちお視点でしたが描き下ろしでは宇迦野側の描写がありました。

声に出しては言えない本音がキュッと胸を締め付けて、
本編をリピしてまた泣けるっていうループでした。
箱庭…、サンクチュアリ…、表現できないエモさがありますね(;////;)

(ちなみに余談ですが、しおさちは地雷だけど、)
(しおさちに嫉妬する宇迦野さんは性癖でした。)
(ありがとうございますありがとうございます…)

◆番システムに対する捉え方の違い
宇迦野が思ったよりネガティブに捉えてて驚きました。
"さちおに嫌われる未来"が宇迦野の中にあるんですよ。
さちおを捕食しかけた自分を許せないままなんだな~と思ったらめちゃ切ない(涙)

対してさちおはサッパリしてて前向き。
フェロモンを振りまく怖さがなくなるのもあるけど、
根本的に宇迦野への信頼と愛が感じられて良きです!

って書いてて思ったんですが、
基本的には【宇迦野(コミュ強)×さちお(陰キャ)】だけど、
根本部分は【宇迦野(少し臆病)×さちお(光属性)】ですね。
足りない部分を補い合う凹凸がピッタリしてるというか…。
2巻でもさちおの光が宇迦野を照らす場面がありグッときました(;////;)

笑いあり、涙あり、感動あり、最高です!!!
3巻も楽しみだーーーー!!!ヾ(*´∀`*)ノ

11

きたぞ…

きました!もうずっっと1巻が発売されてからもう2巻待ち望んでました!泣
今回もめちゃくちゃ良かったです…
えっちだしかわいいしもふもふだし…
私のすきが詰まってる作品です。ふたりが以前よりより恋人らしくめちゃめちゃニヤニヤしながら見てました‪‪❤︎‬
続編決定との事なのでまた楽しみが増えましたね!これは持論ですが腐女子はBL本は大体年1の発売なので気長に待てますよね。全然待ちます。待たせていただきたい

10

待ってました♡♡♡♡

1巻を読み終えてから、続編を心待ちにしてました!

笑いあり、ラブあり、涙あり・・・こんな絶妙なバランスの作品はなかなか無いです。さらにキャラクターが魅力的だし作画もイイと・・・!正直エロはもうちょっと欲しいですが(どすけべランジェリーの夢がまだ叶ってない)(でもウカノさんは結局さちおにデレデレだから嫌がることはさせないんだ!だからさちおが自分で着てくれなきゃ・・・!)、それを補って余りあるほどストーリーがイイ(*´◒`*)

いろいろ重なって人型に戻れなくなってしまったさちおにプロポーズし、口付けるウカノ・・・もうこの辺は、画面の中がジ●リでした・・・こんなの、最高じゃん・・・っ!

ここで終わっちゃうかな?と覚悟してましたが、なんと続編アリと!!
何度も読み返しながら3巻を待ちます!

10

全部良くて感動しました!

前巻も良かったけれど、パワーアップしてて本当にすごく良かったです、最初から最後までずっと、全部!

絵も綺麗だし、内容盛り沢山で読んでいてページをめくる手が止まらずに、一気に読めました。
設定がオメガバースだけではないので、ブラッシングし合うシーンは新鮮でした。

宇迦野さんがさちおをすごく大切で愛しているんだなぁとひしひしと実感できたし、さちおの宇迦野さんへの思いの強さで人型に戻ったシーンは心を動かされました。

さちおにMっ気があるのも良かったー!
お仕事への葛藤も描かれていて本当に読み応えがあって、2冊分の値段を払っても読みたいと思えるクオリティとボリュームで大満足でした♪

10

2巻も最高すぎる!コミカルでハッピーな獣人オメガバの傑作

こちら大好きな作品の2巻!
連載も読んでいたのですが、小冊子も読みたくて単行本を購入しました。2巻は1巻よりもやや厚みがあって読み応えあります。特装版の表紙は箔押し仕様で、タイトルがキラキラして綺麗。

結論から言うと、最高すぎる2巻でした!この1冊で、可愛さあり、楽しさあり、エロあり、切なさあり(ちょっぴり)、愛あり、萌えありと、てんこ盛りな1冊です。

読みどころがたくさんなので箇条書きしてみます。ネタバレ注意です。

・1巻で無事にCPとなった2人。2巻は甘々のお付き合い編。初めからイチャコラしてて萌えます。お付き合いに慣れないさちおが、思考がグルグルしてるのが可愛くて楽しい♪さちおの可愛さは1巻よりパワーアップしています!

・宇迦野さん狙いで近寄ってきた女性に、餌としてなら負けないぞ!って対抗するさちおが愛おし…。庇う宇迦野さんも素敵♡直後の手繋ぎシーンが、2人の愛が感じられて尊い…。

・お互いのグルーミングシーンあり。モッフモフの宇迦野さんとさちおがイチャついて楽しい♪クリーム大福なさちおネズミも可愛い♡
その延長で、さちおが宇迦野さんに首を噛ませようと誘うシーンは、エロかわいくて大変良きでした♡

・中盤少々心のすれ違いが発生するも、結果絆が深まってほっこり。

・後半、さちおがネズミから人に戻れなくなるトラブル発生。モフモフのネズミ姿が堪能できます!(ストーリーはすこーしシリアスに)

・終盤にはうるっとする展開も。さちおが健気すぎて、もらい泣きしました…クスン
そして宇迦野さんからの…わーーー!詳しくは省きますが、最高の展開!2人のキスシーンは(人と獣だけど)キュンとしました。

・濡れ場も数回盛り込まれてて、エッチで可愛い2人を楽しめます。

全編通してあの手この手でイチャコラしてる2人を楽しめる、読みどころ満載のハッピーBLです♪楽しさがたくさん詰まった神作なので、1・2巻あわせて、ぜひ多くの方に読んでもらいたいです。

最後はキリよく終わりますが、シーズン3に続きます。楽しみ〜〜♪

ちなみに特装版の小冊子も最高すぎる内容でした!(ねず耳メイドのさちおが…!)特装版の購読をお勧めします。

(こちらの作品、1巻のドラマCDも最高に良かったです!2巻もぜひCD化してほしい!待ってます♡)

紙本購入 白抜き修正

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う