先輩、ナカみせて 1

sempai naka misete

先輩、ナカみせて 1
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神164
  • 萌×253
  • 萌22
  • 中立9
  • しゅみじゃない8

73

レビュー数
36
得点
1107
評価数
256
平均
4.4 / 5
神率
64.1%
著者
沖田有帆 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784799762486

あらすじ

童貞陰キャの引きこもり・春輝は、陽キャVTuber・陽木としてキャラを演じ、人気を博している。

ある日、自分のファンだという男の娘VTuber・ユウ君を見つけた春輝は、
人気獲得(と少しの下心)のためコラボをもちかける。
ところがオフコラボ当日、目の前に現れたのはスーツ姿のイケメンで!?
必死に陽キャを演じる春輝だったが、
ホラゲー配信をきっかけに、弱気な本性がユウ君にバレてしまい…

「もっといろんな声 聞かせてください」

心も体も暴かれる、VTuber BL

表題作先輩、ナカみせて 1

陽本優希、26歳、男の娘VTuber・有漢ユウ
影野春輝、28歳、陽キャVTuber・陽木弥羅

レビュー投稿数36

陰キャとか陽キャとか名前つけるからよくないんだよ

人気作なのは知ってましたがあらすじやレビューも読まずに、まっさらな状態で読みました。

陰キャ陰キャ言っててこっちまで苦しくなりました。だって共感しかなくて自分みたいで。
陽キャに敵対意識はないですが、緊張してしゃべれなくなるのやイベントが苦手なのは同じです。

あがいてる受け君がハラハラして見てられなくて。でもそれでも頑張ってるのが偉いなと。
そんなところに現れた攻めことユウくん。
天然陽キャはこうなんだよ!とはっとさせられました。
でもユウくんはそんなことこだわってなくて、まるごと受け君を受け止めてくれてすっごく良い子で良かった〜(泣)

こんなナイトが現れるのは漫画だから…わかってるけど、それでも受け君に最強の彼氏で味方ができて良かったです。

とーーーーっても読み応えがありました。もう抜け殻です。

0

No Title

すごく良かった。 外出してコンビニでおでん買うのにも勇気がいる子が 配信やってるのすごく頑張ってる。好き。 ユウくんと距離が近づいて好きになってお風呂で泣いちゃうところ可愛かった…。配信の炎上のハラハラとか、物語のラストへのまとめ方とか良かった…。感想がうまくまとまらないけど好きな物語。

0

ユウくんがいい子でとっても救われた

リアル配信者あんまり好きじゃないのに、配信者モノBL好きなんですよね。なんでなんだろ?
ドラマCD化発表されたので、前から気になっていたコチラ、読んでみました。

めちゃ好きな感じで面白かったです。
主人公はリアルでは陰キャだけど、陽キャ設定のVTuber陽木。
この設定あるあるよね、他でも知ってる。
陽木は個人で活動していて登録者100万人を目標にしてる。ある時、大手企業所属の新人男の娘VTuberユウくんからファンだとアプローチがありコラボ配信から親密になっていって…ってお話なんだけど、私が悪い妄想が働き過ぎて、ユウくんなんか裏があんじゃねーの?って思いながら読んじゃってたんだけど、本当にいい子でした。

ユウくんいっつも陽木に気を遣って気に入りそうな差し入れわざわざ遠くまで行って買ってきてくれたり、イチャイチャする関係になってからも奉仕するのみで自分の欲望はぶつけてこないんよね。陽木はその行為をSEXと言ってるけど、それは愛撫をして貰ってるだけなんだよー!あんた何もお返ししてないじゃないの。ユウくんは、乱れるはるくんの姿見るだけで興奮して満足してそうだったけど、相当我慢してたはずだよ。

あんないい子は居ないから最後は素直になって両思い確定してよかったよ。あと、偽りのない自分を出せるようになったのも良かった。

あぁ、これがあの2人で音声化されるのかと思うと愉快な作品になりそうで楽しみでなりません。

シーモアで購入
白抜き修正。
ピンクの可愛いアソコどんなだったのか全く見えなかったのが残念無念

1

共感性羞恥がすごい

陰キャの春輝が陽キャの優希とVTuberでの交流を通して仲良くなっていくお話です。

春輝の「ヤルシカナイッショォ」だけで登録者数70万のVTuberというのは無理があると思いましたが、陰キャが陽キャに心を開いていく過程は楽しめました。

しかし、春輝が配信を切り忘れて、身バレして、同級生に嘘をバラされ、優希の卒業配信に割り込んで色々と告白する流れは共感性羞恥がすごくて見ていられず、薄目で読んでなんとか読み終えました。
やらかしても丸く収まる優しい世界で良かったです。

シーモアは白抜き修正でした。
春輝がチクニーとアナニーをし始めたキッカケが気になります。
描き下ろしはおもらしプレイがあるので苦手な方はご注意下さい。

3

おもしろかったです

電子版が無料立ち読み増量中だったので立ち読みしてみたら面白かったので購入しました。

Vtuberについての知識がなかったけどすごく楽しめました!
陰キャでコミュ障を極めてるのに、陽キャキャラをVで演じている姿にハラハラしました。大丈夫かな…って。
Vtuber陽木の中の人である影野の心理描写が丁寧なので、結構ハラハラしながら読んでましたが、反応が可愛くて面白いシーンも多くて楽しかったです。

オフコラボ配信は2人のプライベートを覗き見してるみたいですごく良かったです。
最初からハラハラしてたけど、陽木が炎上した時はハラハラを通り越して青ざめてしまいましたw
その位、影野の心理描写が丁寧でとても良かったです。

なかなか最後までしないのもキャラに合ってて良かったし、それが逆にえっちだなーと思いました。

コメディなので気軽に読み進められたし、ハラハラしたりときめいたり笑えたり泣けたりして、一冊で得られる感情の容量が多くて買って大正解でした。

もうすぐ2巻が発売されると知り、2巻も楽しみです。

1

先輩が可愛い

配信ものは好きでいくつか読んだけどこれは特に好き。
陰キャな先輩が頑張って陽キャを装いVtuberとして配信しているうちに、男の娘Vtuberのユウくんとコラボすることになる話。

ユウくんとオフで会うことになり、実際に登場したのはイケメン営業マン。
本物の陽キャを前にビビる先輩だったけどユウくんは優しいししかも素になった先輩を見て引くどころか「かわいい〜」
と、なかなか変態みがあって良い攻め!

その後もユウくんがふざけて先輩をくすぐって、笑う先輩にムラムラして押し倒したり。待てが出来ないワンコのような攻めに流される先輩可愛かったです。
ちょっとおバカなとこがいい。

その後すれ違いもあったもののユウくんの誠実な態度により仲直り。攻めがずっと溺愛ムーブなの良かったです。
二人の気分が盛り上がってえっちなことするに至る流れの描き方が秀逸でした!

1

陰キャ受けが成長していく様が好き

過去のトラウマごと大きく包み込む攻めが大好き。
だけど、我慢が苦手で気づいたら直ぐ受けとエッチなことしてる描写がエロカワでした!そんな受けも気持ちいいことが大好きなのも可愛い!
配信者系のBL漫画は多いと思いますが、ストーリーや描写の書き方が切な胸きゅんが多くてとても大好きです。
2ndシーズン連載中なので、まだまだ2人が見れるのが嬉しいです!エッチで可愛い2人をこれからもずっと見守っていきたいと思います!

1

沖田先生が止まらない

2023年、3冊も新刊を出されてその3冊ともがあまりにも天才的だった飛ぶ鳥を落とす沖田先生。

こちらは、不器用だけれど一生懸命努力をして自分の居場所を手に入れた愛おしい人のお話です。
私は正直「Vtberとは何ぞや?」という状態で読みましたが、全く問題なく、とても面白かったです!

つまり、画面のなかでは全くの別人になりきれるわけです。
自分のことが嫌いな受け様は、画面の中では本当の自分とは正反対の陽キャを演じて…というお話。

私も自分のことが嫌いだし、決して明るい人間でも強い人間でもないので、受け様の自己嫌悪や劣等感にはすごく共感して、
だからこそ、それでも頑張ってもがき続ける彼の姿にすごく元気をもらいました!
笑えて泣けてキュンとする、最高のBLです!


1

陰キャラの魅力全開

陰キャな春輝君28歳、普段は自分を「僕」って言うのが可愛いかったです。
Vtuberとして活動してる時の偽陽キャラと、素の違いに悩み落ち込みながらも登録者数100万人目指して優希君とコラボ配信しています。
彼は2こ下だけどいつも春輝君優先で包容力ありまくりでした。

配信のトラブルが原因でごたつきますが、乗り越えた先のお話もきちんとあって安心して読み終えました。タイトルに1があるってことは続くのかなぁ?
2巻も楽しみに待ってます。

0

陰キャオタクの解像度が高すぎて共感の嵐!

個人的2023年に読んだ作品で1位の作品です!

陰キャなのにVチューバーでは陽キャのキャラを演じながら人気者になっている春輝の、陰キャならではの心理描写が的確すぎて解像度が高く、オタクで陰キャな人は絶対に「そうそう」と共感してしまう所がたくさんあります。

そんな春輝が本物の陽キャなVチューバーの後輩とリアルで会う事でどんどん隠していた陰キャな部分がバレてぶっている陽キャな姿がどんどん剥がれていく…春輝の黒猫みたいな動きと言動が面白いです笑
配信中にバレないようにえっちな事をしちゃったり、配信ものならではのドキドキもあります!

演じていた陽キャなキャラが違うと、リスナーにバレるシーンからは心が苦しくなる場面がありますが、春輝がそんなコンプレックスばっかりの自分と向き合って告白するシーンは涙が出るほど勇気を貰えます!(泣きました)

コンプレックスな部分も丸ごと認めて受け入れてもらえる喜びいっぱいで多幸感が余韻として残る作品です!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う