副音声はうるさい十分に (3)

fukuonseihaurusaijuubunni

副音声はうるさい十分に (3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×28
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
104
評価数
24
平均
4.4 / 5
神率
54.2%
著者
英子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
MUGENUP
レーベル
エクレアコミック
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784434311215

あらすじ

野崎と西田は、上司と部下でセフレの関係。
どう見ても両想いなのに、すれ違ってばかり。

野崎の同僚・猫谷の帰国で嫉妬にくるう西田だったが、
それはまた野崎も同じで……

BL界新鋭の英子が贈る、
心の声がうるさすぎるの新感覚すれ違いラブコメディ!
二人の関係に暗雲が……? 「切ない」が止まらない第3巻!

表題作副音声はうるさい十分に (3)

野崎,課長
西田,部下

その他の収録作品

  • 描き下ろし(描き下ろし)

レビュー投稿数5

そろそろ気づいて⁉︎

シリーズ3巻目!
さすがにもう3巻だし、お互いの気持ちに気づいてもいい頃では?もしや最終巻か?と思ったんですが、相変わらずなお二人さんでした。

読了後に復習がてら1巻から読み返してみたんですが、わずかながら進展しとる!
ほんのわずかですが、確かに距離が縮まってる!

誤解しかなかった2人が、それに気づいて"お互いの情報を正しく伝えよう"って決めたんですよ。
それってすごい進歩なんですよね。
まぁ決めたからといって、お互いの気持ちを素直に伝えてないし、伝わってないんですけどね。

一進一退の状況ですが、やっぱりもう少しこの2人のすれ違いを見ていたい気もするので、次巻も2人だけが気づいてない相思相愛を見せていただけたらなと思います。

0

副音声を聞かせてあげたい!

アップダウンすさまじ!!!
こんな好き好き大好き言い合って通じあわないことある~思いやり愛情が深い分せつない…

変態紳士と過激派部下のラブコメだったのに~しんどい可愛い好きしんどいがグルグルやってくる

嬉しくって言葉より先にキスしちゃったり、嬉しすぎてかぶせ芸になっちゃったり、そこらかしこに好きが出てるのに!!

副音声の重さが増す分、主音声にも漏れてるのに!!
以前よりお互いを見つめるお顔可愛いらしくなってるのに!? 難儀!!!
拗れるほどに可愛くなるのも難儀!!

なんで通じあわないの~しんどい…だけで終わらないところも楽しい。
チーズに対するコメントがキレっキレでチーズマウントに爆笑。
チーズネタでこんに引っ張られるとは!!!
これで波は引いたのかな?と思ったのに、またまた拗れる?どうして!!

冬が寒くて本当に良かったね……
というエピにはニコニコほくほくするのに!

2人はどうなってしまうの~
早く通じあって!まだまだ終わらないで!!と気持ちがせめぎ合ってしまう。

1

もうそろそろ幸せにしてあげて

この作品大好きです。
心の中では好き好き言ってるのに、なぜかすれ違う二人の心。
その表の言葉と心の声のすれ違いや脳内お花畑みたいなところが好きなんですが。

そろそろ両想いしてあげてほしい。
2人とも辛い思いをしながらセフレのふりをしているのが可哀そうです。
今回もようやく、ラブラブバカップルになれそうだと思ったのに、結婚を力いっぱい否定したから、また二人の心の距離が離れてしまったじゃないですか。

どうやったら、2人は両想いになれるんでしょうか?
こうなったら猫谷さんになんとかしてもらいましょうか?
この二人に任せていたら、ずっとすれ違って、2人とも胃潰瘍になりそうです。

是非とも次巻では両想いになりますように。

1

このノリは続く

2人の距離が縮まったような…でもまだまだなようなw
お互いめちゃくちゃ大好きなのに、まだセフレだと思い込んでいる。じれったさもありますが、おもしろいです。

相手に別のセフレがいるとか、お互い猫谷のことが好きなんだろうとか、根拠がないのになぜそこまで思い込めるのかね…と、じりじりするんですが。

その行き違いの、副音声と主音声のアンバランスさに笑ってしまいます。食い気味なセリフ(主音声)とかw

今回や〜っと、セフレはお互いしかいないと告げます←3巻にしてまだココw
「これからどうすれば誤解を防げると思う?」
「お互いの情報を正しく伝える…ですかね?」
やっとここまできたわぁと喜んだんですが。これもフリかもしれない…と思うとまたおもしろくなってきまして。

全部教えてねとか、いちゃいちゃしてやっと進展するかと思ったのも束の間。
今度は結婚についての誤解でまたこんがらがってきてw
根本的に相手が自分を純粋に大好きだと思っていないから(ボケ?)このノリは続きますよね。

両思いになったら、副音声と主音声はほぼ同じになるんですよね。きっと。それじゃおもしろくないのかな。
や、それはそれで少しズレがあったりして副音声はうるさい十分にになると思うので、両思いになってからの2人も見てみたいです。

考えることが多くなると副音声が凄い量になったり、ああだこうだ言いながらも結局文末は「大好き」で終わることが多いのがおもしろいし好きです。

特にツボったのは、西田がチーズと張り合って圧勝するところです。

1

野崎ぃいいいいーッ‼︎ いい加減にしろよっ!

本作くらいで、ようやく。どちらかがこの緊迫した均衡を破ってくれると期待してたんです!前作の終わりで登場した猫谷に勝手に当て馬認定した2人が嫉妬で独占欲を爆発させて、遂に、遂に、「副音声」は本物に成る‼︎のだと。
えええーっ⁈ ですよ。事態はもっと酷くなって行く。
全く。野崎ぃいいいいーッ‼︎ テメェいい加減にしろよっ‼︎
何が『知れば知るほど好きになっちゃうんだよね。』だよ⁈
あまつさえ、西田くんの「好きです!大好き!」という告白を、『西田くんは私とのセックスだけが好き。』と勝手に切ながっていて。ヘタレにも程がある野崎は、言葉で西田くんを傷付ける。
互いに相手にとって「重い」と思われたくないばかりに。野崎は西田くんに余裕のあるフリをしていて、西田くんは殊更ビッチを演じている。2人の間に介入するモノなど無いのに。
何をそんなに恐れているのか。本心を言えば、即座に捨てられる、という思い込みが過ぎる。
最初は笑えたものの、3巻ともなれば。イライラばかりが募る。西田くんが不憫ですらある。そりゃコレは両成敗な事案だとしても。劣情と嫉妬がない混ぜになって、乱暴に自分を刻み付けんとする野崎の勝手な事よ。西田くんは、可哀想に我慢ばかりしているのだ。
持参したチーズにすら嫉妬している西田くんの健気さ。
自分の気持ちにのみ固執している野崎は、『西田くんに幸せになって欲しい』と「副音声」ですら嘯いて、「結婚相手はまだ…、見つかって無いの…?」「特別な意味なんて全然無いから。」と声に出して。西田くんの心を抉って行く。
ラストページの西田くんの辛そうな涙。(涙)

いやもうコレは。「副音声」煩いとか言って笑ってはいられない。(怒)
とことん読者は追い詰められて、追い込まれて。これまで蓄積された鬱憤をスカーッと放出させてくれる幸せが「過ぎる」結末へと繋いでくれないと。怒りを歓喜に転じてくれないと‼︎ 私の怒りは野崎から作者へと向いてしまいそうだ。

猫谷はネコかと思いきや。慶一さんという黒髪眼鏡の「嫁」がいる。男同士での結婚もそう珍しい事では無さそうな世界線である。それなら。ヘタレ野崎もグチグチ言ってないで。『私だけの西田くん』にサッサとプロポーズして欲しいものだ。

身長差があまり無く、スラリとした筋肉質の2人のエチは、局部白抜きでも汁は描かれているものの。渇いた「副音声」の如く。何だか乾いている。大理石の様な冷たさを湛えたその身体も、「副音声」が本物の「音声」になって。熱を帯びる日が来るといいな。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う