かりそめビッチ南くん

karisome bitch minamikun

かりそめビッチ南くん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神125
  • 萌×286
  • 萌27
  • 中立8
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
31
得点
1058
評価数
248
平均
4.3 / 5
神率
50.4%
著者
栗原カナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784796414302

あらすじ

大学生の高根は、ルックスの良さから男女構わず手を出すヤリチン認定され憂鬱な日々を送っている。その日も、新入生歓迎会で男から誘われうんざりしていた。イラつきながら追い払うと、男の矛先が新入生の南に向きトイレに連れ込まれているところを目撃してしまう。
慌てて後を追い、案の定襲われている南をなりゆきで助けると、お礼に抜くと言い出し強引に咥えられ――たが、下手くそ! 全然抜けない!
しかしビジュアルは抜群に好みで「セフレにしてほしい」と迫る南に抗えず、体だけの関係が始まり――!?

表題作かりそめビッチ南くん

高根駿,大学生
南太郎,大学生

レビュー投稿数31

健気受け最高!

1話を単話電子配信の無料配信時に読みずっと紙で出るのを待ってました!

↓ネタバレ含みます


先輩が大好きな一途健気受けが最高に可愛いです。顔に出ちゃうからセフレとして先輩の家に行くとき素面じゃいけないという可愛さ。タイトルの通りビッチのフリを頑張るのですがその努力が実って良かった…!健気受け大好物な方に是非お勧めしたいです。
高根は顔よし頭よし運動神経よしでモテモテのハイスペックですが元カノ達と付き合ってた時も浮気したことないし、南以外にセフレがいた経験もないしと見た目の雰囲気よりだいぶ真面目な良い子で好印象でした。よくこのスペックで噂通りのヤリチンにならなかった…!彼ならこれからも南のことをずっと溺愛して大事にしてくれそうでこちらも幸せになれるハッピーエンドでした。
全体を通して絵がとても綺麗で良かったです!先述しましたが健気受けが好きな方はぜひ手に取ってみてください…!

5

結局、大好物!

あらすじ読んで助けてくれた攻めにいきなりお礼で抜くとかどーなんだ、と感じつつ絵が可愛かったのとサンプル見て話の流れは好きかも、と思い読んでみました。流れるように話が進み、あらすじで感じた違和感も払拭されて、可愛いカップルに萌え、エロも有りで結果大満足でした。
体から始まる系ですが、脅しではなく受けからセフレを持ちかけてる位で、不快感もありません。
よくある設定、展開かもしれないけど、結局この設定展開が大好物で、キャラも絵も良かったら、ご飯3杯余裕でペロリ。
そして、二人とも勝手に悩んで、ぐるぐるしてるの不器用で本当可愛い!
だんだん明かされる二人の共通点などに何だお似合いカップルじゃん!お幸せに!って気持ち。その後の話をいっぱい読みたくなる二人だなぁと思っていたら、続編が決まったそうで!やったー!

5

純情なもだもだ甘キュンラブ

初買いの作者様です。
絵柄は大変お上手で眼福でした。


顔面偏差値の高い以外に真面目なイケメン先輩攻×偽装ビッチな初で一途な元地味メン後輩受というカプです。

お話は顔面偏差値の高さからずモテまくり目立つ高根(攻)は大学で根も葉もないヤリチンで女も男も喰いまくっていると噂されて日々鬱々と過ごしていた。そんな折り新歓で男に誘われ即追い払うと新入生の南(受)がその男に狙われているのを見てしまい思わず助けに入り……という感じで始まります。

とりあえず南が可愛い!
高根の事を好きで振り向いて貰いたくて元々真面目な地味メンなのに頑張って陽キャになったり健気!
高根は美形なのに自惚れでもクズでもヤリチンでも無い極々普通な所が更にイケメン度を増してる!
しかもこの二人…どっちもヤリチンでもビッチでも無いからセフレが相手に居るかどうかも察せれない……南がビッチじゃないのは一目瞭然だし高根が他の男や女を連れ込んでないのもまたしかり…なのに立派に擦れ違って拗れてセフレに徹しようとする初な二人…
もう!誰か教えてあげて!と何度も思いました(笑)
特に重い過去を持ってたりどんでん返し展開があったりするようなことはありません。
ただただ甘酸っぱい擦れ違い両片想いBLです。

ハピエン確約なので安心して読めます。

ちょっぴりエッチで甘酸っぱいもだもだ擦れ違い両片想いが読みたい時にはおすすめです。

4

受けがかわいい

 受けがめちゃくちゃ好みでした。一途だし、攻め大好きだし……。
 攻めとのつながりをいかに続けられるか考えた末、ビッチっぽくなればいいんだ! ってなるのが可愛い。
 攻めも、実は遊び人じゃないっていうのが良かった。

4

可愛〜!!!!

セフレ設定なのに2人ともピュアな感じです。初っ端からエッチしてます。えろは毎回あった感じ。セフレならではのすれ違いやら両片思いの焦れったい感じとか良かったです。

南くんが健気で可愛いのはもちろん、攻めの誠実さとか、普段はスパダリ並みのハイスペックなのに、南くんに対してはすぐ動揺したりして完璧じゃないとことか好きです。

あと、セフレ期間中はつけてなかったのに、付き合えた後のえっちの事後でキスマ付けまくってるのも萌えました。わざとセフレの時はキスマつけなかったのが分かって妄想が捗りました。

連載してる時からずっと気になってましたが、買って良かったです。ピュアな作風で、健気受けと誠実攻めのセフレ設定のお話を読みたいならオススメです。

3

いい意味で期待を裏切られた

表紙から「頭弱々ビッチ系受けかな?」と思ってましたが、そんなことなく、普通の恋愛ものでした。
「かりそめビッチ」のタイトル通り、南くんのビッチはかりそめなわけですが、思った以上にピュアでかわいくて、エロよりもかわいさに萌え倒しました。
正直ストーリーも設定も定番だし、サラッと読めるので、人によっては新鮮味がないと感じるかも。でも、絵が綺麗なのと南くんがかわいいのとで十分定番の設定でも他の作品と差別化できていて私は良作だなと感じました。

1

南くんは可愛いです!!!

南くんは可愛いです!!!

1

不器用で可愛い南くん

すごく好きな作品です。
絵もキレイだし、ストーリーも素敵。主役2人が何より美形で性格も良いから、読んでいて楽しかったです。

始まりは唐突に…決して良い形から入りません。遊んでる"フリ"をして高根に近づく南は、昔から高根を憧れの人として見つめていました。高根と関われるチャンスとばかりに、セフレ関係を打診します。

かりそめの姿は大好きな高根の前でだけ。必死になって高根とせめて身体だけの関係でも…と必死になる南は健気だけど、どことなく痛々しくて見ていられませんでした。
南の気持ちの裏で、高根の南に対する気持ちがどんどん愛情深くなっていくのがすごく良かった。ニヤニヤとドキドキが止まりませんでした(笑)

2人ともお互いが好きなのに、違った形で触れているから見ていてもどかしい気持ちでいっぱいです。きちんと南に向き合いたい高根と、気持ちを隠してどうにか高根と関わっていたい南。本音を曝け出すことで解決する問題なのに、どうにも上手くいきません。

南が怖がる気持ちも分からないでもないけど、高根優しくしている間は素直に甘えちゃっても良いのにって思いました。

ここまですれ違って勘違いするかー!?っていうストーリーに、中盤はテンション下がりかけていましたが、高根の南に対する気持ちや南に欲情する想いはそれでも伝わってきたので、終盤に期待いっぱいでした(^ ^)
何と言っても高根の南デレが萌え萌えでした。

もっとこの2人が見たいなって思っていたら、なんと続編が出るそうです。めっちゃ嬉しい!
次は紙版で購入しようかどうか迷い中ですが、早く続きが見たくて堪りません^ ^

0

クッッソかわいいです。

 試しに単話で読んでみたんですが、予想外に良かったので、単行本で買いなおそうかなと思っています。

 南くんがエロくてかわいくて最高でした。軽く読んでエッチで健気な南くんに癒やされる感じの作品です。顔も良くて絵も好みでした。

 南くんが“かりそめビッチ南くん”になった理由が、個人的には健気かわいくてツボです。つたないながらもフェラしまくったり、キスの経験が豊富だと言い張ったり、なれてない南くんが頑張ってビッチに見えるように振る舞うのが健気でかわいいんです。
 南くんってぽやぽやしてるとこがあって、門限があるのもそのせいかなとちょっと思ってます。保護者の人が過保護(という程ではないけど)になるのもわかる気がします。
 エロシーンでは、南くんが素面で顔を見られたくなかったりイッた後とかで抵抗しつつも啼かされるのがよかったです。半泣き南くんもすごく大好物なので、高根先輩とする時ならいつでもどこでも何度でも、目に涙を浮かべながら啼かされてもかまわないとか思ってしまうんですよね。(南くんには悪いけど。)
 一番よかったシーンは、最後に想いが通じ合ってからのエッチの最中で高根先輩が止まらなくなっちゃうところ。ほんと〜〜に最高でした。
 あと、南くんが第四話で「キスは…ダメです」って言う時の顔がすっごい萌え滾ったので、できることなら南くんと高根先輩のいる世界まで行って高根先輩に見せてあげたいですね。たぶん高根先輩は南くんが何しててもかわいく見えると思うので、喜ぶと思います。ほんとに素面であの顔は誘ってるとしか思えないです。

0

表紙よりずっと爽やかで真っ当なエロきゅん

どピンクでいかにもな表紙とは裏腹に、実際はクセやアクを感じさせず非常に読みやすい1冊。
かといって薄味なわけでもなく、可愛さ・エロ・きゅんは盛り沢山で読後の満足感もあります。
初読み作家さんでしたが、これはお気に入りになりそう。


高校時代から文武両道容姿端麗な高根くんに憧れていた南くん。
しかし大学進学後、高根くんには男女問わずヤリチンという噂がたっていた。
噂を本気にした南くんは勇気を振り絞ってビッチのフリをして高根くんのセフレに立候補。
押しかけセフレになった南くんに流され関係を持ってしまった高根くん。
しかし本当の高根くんはヤリチンではなく、普通の感覚を持った好青年。
ちゃんとした形で南くんと向き合いたいのに、南くんと会えばエッチばかりでちょっとモヤモヤ。
しかも可愛さ余ってキスをした途端、南くんに逃げられてしまい……?

作中で攻視点と受視点が入り混じり両方の事情が見えるので、読者が「あー!それ誤解だよー!本当はヤリチンでもビッチでもないんだよ!!」と毎話のすれ違いにテンションが上がっちゃう仕様です。
神視点好きさんにおススメ。
もちろん、どちゃくそハピエンなので安心して読めます。

好きな人に近づくため、遊び人を演じる南くんはもちろん健気可愛い……
のですが、実は攻の高根くんも負けず劣らず真っ当すぎて可愛いキャラなんですよね。
程よく若く、程よく幼く、程よくわきまえていらっしゃる。
少女漫画の王子様がBLマンガに迷い込んだ感じ。
絶倫だけど。

こんな二人のキャラのおかげか、エッチばっかりしてるのになぜか爽やかで読みやすい1冊。
さらっとエロきゅんを補給したいときにおススメです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う