おやすみなさい、また明日

oyasuminasai mata ashita

おやすみなさい、また明日
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神379
  • 萌×254
  • 萌32
  • 中立15
  • しゅみじゃない34

176

レビュー数
88
得点
2222
評価数
514
平均
4.4 / 5
神率
73.7%
著者
凪良ゆう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小山田あみ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
恋愛前夜
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784199007392

あらすじ

「俺はもう誰とも恋愛はしない」
仄かに恋情を抱いた男から、衝撃の告白をされた小説家のつぐみ。
十年来の恋人に振られ傷ついたつぐみを下宿に置いてくれた朔太郎は、つぐみの作品を大好きだという一番の理解者。なのにどうして…?
戸惑うつぐみだが、そこには朔太郎が抱える大きな闇があって!?
今日の大切な想い出も、明日覚えているとは限らない…記憶障害の青年と臆病な作家の純愛!!

表題作おやすみなさい、また明日

荒野朔太郎,27歳,なんでも屋
遠藤告美,35歳,小説家

同時収録作品スイート・リトル・ライフ

荒野朔太郎,なんでも屋
遠藤告美,小説家

レビュー投稿数88

涙、涙

シリーズ3冊目。
裏表紙の解説で「記憶障害」ってあったから覚悟はしてたんだけど。
記憶喪失と勘違いしていて、自分が思っていた展開と全く違っていて。
1作目、2作目と繋がってはいるんだけど、どれも全然違う方向性で精神持ってかれました。
ようやく、ようやくまとまって、はぁ良かった…本編からの、SS。
あとがきで凪良先生も書いてらしたけど、意見はわかれるでしょうね。
単にハッピーでは済まないけど、確実に心に残る一冊となりました。
読んで良かった。

0

SSがあって完成する珠玉の一作

読みながら、静かに涙がポタポタ落ちてきてしまう…そんな作品でした。

作者様が、最後のSSには賛否両論あった…というようなことを書かれていましたが、個人的にはこのストーリーあってこそ作品が完成するのではないか、と感じました。。
恋は一時のものかもしれないけれど、愛は二人で時間をかけて育てていくもの。
つぐみと朔太郎が、互いを深く想い合いながら愛と年齢を重ねていったのだなという感動、そして抗えない別れの悲しみ……心に深く深く沁み入って、余韻の残る作品です。

読み返したいんだけど、絶対また泣いてしまうと分かっているのでなかなか再読できないのが辛い。。

ずっとずっと本棚に置いて大切にしておきたい一冊です・:*+.

0

孤独がヒシヒシとリアルに

「美しい彼」シリーズで名前は知っていたけど未読の作家先生、凪良ゆう先生
重めの泣ける小説読みたいけど、シリーズみたいに長いのは手を出しにくいし、メリバとかは好きじゃないしなあ……と思いつつちるちるをあさっていたら不朽の名作○○選みたいなところに本作品が載っておりまして。
わりと気軽な気持ちで読んでみたところ、予想外のビッグテーマで頭の芯にドーンと来ました。
駄文ですが感想を書きたいと思います。

ストーリー紹介にもある通り、記憶障害の青年×ゲイの作家先生の純愛ストーリーなんですが……なんですが!!!孤独という、現代人の最終問題の一つを扱っているような気すらしました。
攻め様である記憶障害の青年・朔太郎さんは、責任感が強いから、避けられない孤独の道(=記憶という自己の喪失)に耐えられない恐怖を感じながらも、自分が忘れてしまう苦痛を近しい人に味わわせまいと恋人や伴侶は作らないと決めてしまっています。症状が出てきて絶望のどん底にいるときに出会ったのが受け様・つぐみさんの小説で、ひょんなことから作者のつぐみさんと出会い、一緒に過ごすうちに互いに好きになるわけなんですね。

凪良先生の文章が、情景が脳裏に浮かびやすく、登場人物の心情もするすると流れてくるようでとても読み入ってしまったのですが、ひきつけられたポイントはそこだけではないように思います。
朔太郎さんとつぐみさんが各々恐怖している”孤独”が大きなポイントだったのかなと思います。
朔太郎さんの方は記憶障害という後遺症ですが、じわじわと記憶がなくなって自分が自分じゃなくなる、他人と関係が持てなくなる恐怖というのは、高齢者の認知症とかボケが身近にある現代では想像に難くない”孤独”かと思います。
つぐみさんの方も、自分の身近な人がいなくなったり、関係が切れたりしたら一人で生きていかなければならないという、想像しやすい”孤独”です。
主につぐみさんの視点からにはなりますが、これらの孤独に恐怖する情景が自分の肌感覚につながるような文章で至る所に書かれているものですから、それでも生きていこうとする(生きていかねばならない)二人を見届けたくて引き込まれました。

好みが分かれる、とレビューなどにも書かれいたとは思いますが、ふたりともがそれぞれ”孤独”への恐怖がある中、一度は一緒に生きる覚悟ができず2年の離れた期間を経ましたが、もがいてもがいて最後は互いの孤独に寄り添いながら生涯を過ごすことができた、幸せエンドの温かいお話だったのかなと思います。私はすごく好きです。
私はまだ学生で実家暮らしですが、結婚願望もなく一人で生きる可能性が十分にある身としては、孤独なつぐみさんの”生への無気力さ”は自分でもわかるなぁという感じで、特に一度朔太郎さんと離れる部分、めちゃくちゃつらかったです。こういう描写に関しては、もう少し人生経験を積んでから読んだ方が刺さって泣けるかもしれないですね。

泣けたのは、やはり最後のSSの部分です。涙ダラッダラでした。途中までは朔太郎さんの記憶障害を穏やかに受け入れている二人の、温かい日常でこちらも心温まる雰囲気なのです。その雰囲気のまま、さらにその先が朔太郎さん視点で描かれています。それはそれは平穏に(些細な険悪はあったかもしれませんが)日々が過ぎたのだろうなと想像できる流れでした。朔太郎さんの脳内では、温かい穏やかな日常が続いているとはわかっているのですが、そこはすごくハッピーなエンドなのですが、私は涙を流しながら読みました。
穏やかに、最後まで幸せに二人が生きることができてよかったね、それしか出てこないです。。。冥土で笑顔で再会できるといいね。
この辺りは作者様があとがきで好みが分かれる、と書いてらっしゃったのですが、私はこの部分が読めて良かったと思います。「ここが書きたくて~~」とおっしゃってたの、納得です。私、再読するならここが読みたくて読むと思います。

なんかもうちょっと書きたいことがあったのですが……書けば書くほどわからなくなってくる笑
BLなのですが、BLというジャンルを超えた純愛ストーリーを読んだ気分です。
これからも数年に一度読み返したい作品でした。

5

また明日。

すごくあったかいお話しだった。どこまでもお互いを想い合っての行動と、だからこその我慢。
途中もしかしてこのまま…?とページをめくる速度が早くなってしまった、、最後まで2人にとっての幸せが確約されなくて、とてもいい意味でハラハラして読めました。
けどとても幸せな形の結末で安心しました。ss含めて。つぐみじゃない、と気づいた時ははっとしたけど。賛否分かれると作者さんも後書きで書かれてたけど、たしかに考えてしまう話ではあるなぁ、と。私はとってもよかった!あたたかかった!
おやすみなさい、また明日。

1

SSは地雷でした

他の方もおっしゃっていたように思いますが、最後のSSがなければ普通のBL小説ですね。
作者様自身もSSについて「意見が分かれそう」とおっしゃってます。
正直に言うと、私は読みたくなかったな、と思いました。
ハピエンの普通のBLで終わってくれてよかったんですが…
○ネタだとわかって、読む手が止まりました。
他の方のレビューで、どうやらSSこそが最も読むべき部分であると感じていたので、残り数ページと思い、なんとか読み切りました。

人の一生を描ききるという意図はわかります。
愛に満ちた人生なのですからハピエンですよね。
でも、伴侶と○別した80代の日常は私の読みたいものではありませんでした。
読みたくないと思うのは私の好みの問題で、作者様およびそれを支持する読者の皆さんを批判するものではありません。
これが地雷か…

2

読んでよかった…!

地雷踏むのがこわいビビりなので、ほのぼの以外はレビューのネタバレを確認してから挑んでます笑
と言っても知りすぎてしまうとどうしても面白味無くなってしまうので、なんとなく流れを知っておくくらいですが…

購入してから数日おき、やっと読んだのですが、思ってた以上に素晴らしい作品でした!
わかっていても、100ページ超えたあたりから涙流し続けるくらい切ないけど心の底からしあわせなお話です。

1

途方もない~~~

しんどい時に読んだつぐみの本やつぐみと過ごすことで、そのままで良いんだよって許された気持ちになったって言うのが本当に本当に…胸が締め付けられます。

それだけ想いが深いから、寂しい思いはさせたくない。徐々に明かされてく真実と強さに苦しさ増す。記憶喪失ものかな?と、ぼんやり認識していたら似てるようで全く違う健忘症の朔太郎。どんどん記憶が抜け落ちて、抜け落ちたことにも気づかないってしんどい…

それでも物語には優しさ溢れていて愛情たっぷり感じるラスト。 添い遂げる想いがとても良かった。

何度忘れたって思い出して、また同じ気持ちになる 。辛い寂しいもどかしい気持ちもつぐみの綴る物語で繋がり続けてる。ちょっとした優しさと強い気持ちの積み重ね。ほっこりした気持ちを作り出し合える2人がとても良かった。2人の空気はほんわかなのに、エッチはがっつりなとこも良かったです!

0

読んで欲しい作品

重いです。
好きだから付き合って、Hして一緒にいられて幸せ。そんな作品大好きです。
でも、時々この作品のような、深く考えさせられる作品を読みたくなる時があります。
今がその時だったようで、大量の涙を流しながら読み終わりました。
本当に素晴らしい作品です。

つぐみが最初に別れを伝えられて、その悲しみが読んでいて徐々に感じられるのです。独りの寂しさやこれからの不安。今まで一度も感じなかった事が一気にやってくる。凪良先生だからできる書き方なのでしょうね。
そして、また朔太郎の闇も地に足のつかない不安感をうまく表現し、まるで自分がそうなったかのようにすら思えてくる怖さ。

ただただ幸せ。不安や怖さの中にいるから、より幸せと感じる。そんな場面を読みながら、SSの朔太郎の話で涙がでました。

発売から年月が経っている作品ですが、出来るならたくさんの方に読んで貰いたい作品です。

3

涙なしに見られない。

大変に、美しい情感たっぷりのお話でございました。
神評価が高い理由、わかります。
さすが、凪良作品。

作者自身も書かれていましたが、同時収録作品は好みが分かれるらしいです。
私はすごく好きでした。本編より、こちらのほうが涙腺崩壊でしたね。

とにかく、鬼美しいんですけど、私は冒頭から内容が受け付けなくて、どうしてもページを捲る手が止まりがちに。
受け付けないというのも、生理的に無理!とか文体が合わない!とか、そういうのではなく、これはいろんな経験をしてきた大人には刺さるのではないでしょうか。
つまり、経験則から必要以上に心に来るというか…。
ツラいの一言でした…。

なにもかも投げ出してしまいたいほどツラい目にあったのに、そんな投げ出す程バカになりきれない30代半ばがうまく描写されていて、心臓が痛い。

人間性の描写がずば抜けている凪良作品ならではの、クオリティでした。
最後は本当に涙が止まらなかったです。
どうしたら、こんな美しい作品を書けるんでしょうか…?

一貫して、つぐみの想いが宙ぶらりんで、ずっと痛い痛いツラいツラいを抱えて読んでいたのですが、最後のスイート・リトル・ライフで救われました。いや、救われたというか、とにかく涙が止まらなかった。
涙なしに見られない本です。

3

愛することとは、こういうこと

凪良先生の作品で一番好きな作品です。

お互いに心に暗いものを抱えながらも補い合って埋め合って、でも決して依存ではなく、人を愛するってこういうことを言うんだな、と1冊を通して凪良先生に教えてもらったような気がします。

もちろん最後は涙なしに読めませんが、悲しい涙ではなく心が温かくなるような気持ちでした。もちろん始まりがあれば終わりは来るので必然的にお別れの時って訪れるんだけど、そこに目をそらさずに最後まで書いてくださってありがとうございましたと凪良先生には感謝です。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う