ストレスフルなリーマンが推すのは超絶美形の蕎麦屋店主!?

推しと出会って元気になったから恩返し、します!

oshi to deatte genki ni natta kara ongaeshi shimasu

推しと出会って元気になったから恩返し、します!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×216
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
242
評価数
57
平均
4.3 / 5
神率
54.4%
著者
未散ソノオ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784046823007

あらすじ

念願のコンサルタント会社に就職できたのに、
メンタルやられて休職中の土井は間違えて入ってしまった蕎麦屋で運命の出会いをする…!

蕎麦が打てない、でも超絶美形の店主・雅人を推し認定した土井は、雅人のために開店準備を手伝うことに。
推しがいることでメンタル回復する中、雅人が蕎麦屋を成功させたい理由を理解していく。
推しと恋は別、でも土井はトキメキと胸キュンに襲われて――!?

超絶美形の店主×ストレスフルなリーマン、ストレス吹き飛ばすラブロマンス!!

■収録内容
・「推しと出会って元気になったから恩返し、します!」第1話~第5話…COMICフルール掲載作を加筆修正
・「インタビューウィズ雅人」…描きおろし

表題作推しと出会って元気になったから恩返し、します!

安里雅人、蕎麦屋の店主
土井克成、休職中の経営コンサルタント

その他の収録作品

  • 描き下ろし:『インタビューウィズ雅人』
  • あとがき

レビュー投稿数12

最高

仕事のストレスで声が出なくなった土井が、イケメンが作ったまずいそばを食べて声が出るようになる…という設定だけでもおもしろいのに、イケメンが推しになって元気になり、恩返しが生きがいになり恋愛に発展していくってすごい発想。いいお話。

でいて、どや?!とボケてくる雅人さんのキラキラ真顔どアップが多用されていて、その度にぶふふっと笑ってしまいます。

未散先生の作品によくあるんですが、笑いながらも泣き笑いのような胸の奥がじんわりする感覚がたまらない。
人生の悲哀や苦しみを優雅なおとぼけで健気に乗り越えていく姿にじんわり感動します。

かぁくんがコンサルなのに自分が当事者になってしまうというのもわかるわぁと。
共感力が高いというか相手のことを自分のことのように考えてしまうタイプっていますもんね(逆に自分のことも他人事のように思うタイプもいる)
それを雅人さんがお手紙で
「初めて逢ったときから君は真ん中にいたよ」
「自分が自分の真ん中であることを誇ってほしい」
と全肯定してあげふところがまたいいなと。
(誰であれ自分の人生は自分が真ん中にいますもんね)

雅人さんは推されるだけの器と言いますか、優雅で天然でつかみどころがないのがまた魅力で。
あんなにキラキラした顔面圧だった冒頭でも、そばがうまく打てず落ち込んでいたとか、そこへかぁくんに出会って好き好きと言われたら好きになっちゃうとか、わからないものだなぁ〜となるところも未散先生キャラの好きなところです。

パワーワードもたくさんありおもしろかったです。
「ほら物質だよー」と両手を広げる雅人さん。
「かっこいいで支払う」
「浴び」←めっちゃわかる!
「宇宙の 法則が 乱れる!」
「ヒーローが宇宙の真ん中にいるのは宇宙の法則」
OTC(思ってたんと違う)←笑い飯西田さんの名言!

雅人さんが恋愛体質?でスキンシップ好きなところも萌えでした。
できればくっつくところ、その後ももっとじっくり見たいので続編希望です〜。

3

推しと出会って元気になったから恩返し、します!

今作も最高でした

雅人さんめちゃめちゃカッコイイ
描き下ろしの雅人さんとにかく最高でした

正しい推し方がとても丁寧に描かれてました
面白かった

めっちゃ好きなのに、めっちゃ推してるのに、雅人さんのお蕎麦は絶対食べない土井くんブレなくて最高です

ほとんど二人だけのお話で、やっぱり未散先生のキャラクターがとても素敵
雅人さんも大変な過去があるだろうことがなんとなく分かるので是非明らかにしていただきたい

土井くんは社会人になるまで本当打ちのめされたことがなかったんだろうなと思うと、これまでたくさん努力してただろうけど、雅人さんとの出会いがあって初めて気づけた自分がたくさんあるんだろうなと思いました

人の振り見て我が振り、です
土井くんが雅人さんに出会えてよかった

0

これ!これこれ!!

未散先生のイケメンの輝きを纏うタイプ!大好き!!
安里雅人はかっっこいい!!
かぁくん、元気になれて良かった
最終的に蕎麦屋を帰るところにするって風に落ち着けたってことは、いずれ雅人はまた世界に出ていくことになるし、かぁくんはそれをプロモートできるようになるんだろうか
かっこよさで返せば良いのかとか、自分のかっこよさの価値をある程度理解しているのがヘンテコで面白い
かぁくんは恋してるのかなぁ?どうなんだろうか?
自分が並び立つ力を持っているって自覚できるようになったら恋だなって、よりきちんと思えるようになるのかな
雅人がかっこよすぎて眩しくて、推してるんだと思っちゃってるとか?
このまま蕎麦屋になることを不幸とは思わないけれど、ニューヨークに戻らないって言葉や帰って来る場所としたりってところに、やっぱり恋人であり推しでもあるって風に、スターに戻るんじゃないかって風に思わされるんだよね
続きが楽しみ

0

推しがいれば病気も治る

これは多分本格的なお仕事BLなんだと思う。推しのキラキラを浴びて病気さえ治るという、病んで休職中の人にはたまらなくうらやましい話。やはりキラキラを浴びて自分の得意なことを思いっきりやれば、人生を取り戻せるんだなぁって。とっても羨ましかったです。とにかく攻めの顔が良すぎてすっごいキラキラしてました。宣材写真がまためちゃくちゃかっこいい!そばがめちゃくちゃまずいんだろうなぁっていうのが伝わってきたのも面白かった。というか、この作品続きますよね?続きがめちゃくちゃ読みたいんですけど。

3

デヴィッドボウイが蕎麦を打つ。ようなもん

またまた未散ソノオ先生ワールド全開というか。
なんでこの発想が出てくるんだろう?という面白さ。
昨今の「推し文化」もこういう形で出してくるのか…

いえね?私は「推し」がいないんで、「推し文化」に対してここまで「何か」「誰か」が人を生かしも殺しもするものか?ちょっと大げさじゃないの〜、なんて感じていたんですよ。
ともかく、メンタルが落ちて仕事が絡むと声が出なくなってしまったコンサル業の土井くんが、たまたま入った蕎麦屋さんでとんでもないイケメンととんでもないマズ蕎麦に出会って人生変わった〜!っていうお話。
なんで蕎麦?
っていうのがまず絶妙です。
そして店主のイケメンが和風でも渋味でもなく。キラキラの洋風…元ジャズバイオリニスト。このミスマッチ具合。
で、土井くんの職業はドンピシャですね。
このままじゃやばい、でもコンサルなら提案できる。
まあ土井くんは何がなんでも雅人のために動くでしょうけど!
生き生きしてる土井くんを見てると、推せば命の泉湧く…なのね。と理解しました。
ストーリーとしては、雅人の過去がまだ曖昧だったり、宇宙の法則を乱して推しと恋愛関係になってるので、これはまだ続いて次巻波乱含み?というところでしょうか?
ともかく、ソノオワールドに浸って楽しく笑える作品。「萌x2」で。

0

イケメン浴びて、元気になろう

目に、心によく効くイケメン、ぜひご堪能あれ!
未散ソノオ先生の最新作は読んで元気をもらえちゃう
ハッピーラブコメでした♪

仕事のしすぎでメンタルがやられ、
声がでなくなってしまったコンサルタントの土井は
偶然入った蕎麦屋で絶世のイケメン・雅人と運命の出会いを果たします。
思わず見惚れる土井ですが、彼の作る蕎麦は激マズで…。

蕎麦は打てないし、打っても不味いけれど、
推し(=雅人)の夢を叶えるために蕎麦屋を
プロデュースすることに決めた土井。

社会復帰も絶望と思われた土井ですが、
雅人と一緒に蕎麦屋の開店準備を進めてゆく中で
生き生きと元気を取り戻してゆく姿が微笑ましい♪

対する雅人はそれはもう眼福級のイケメンではありますが、
どこかマイペースで飄々としてちょっと面白いキャラでした。
だけど、蕎麦屋への情熱は揺るぐことはなくて、
そんな一本気なところは見た目以上に男前でした。

最後は推しから恋人になった雅人ですが、贅沢を言うと
恋人同士になった二人のイチャイチャがもっと見たかったなぁ…。

0

OTCで修正、大切

未散先生のご本を読むのは2冊目。
今回もまぁユニークなハッピーワールドを展開して頂けました!
憧れてやまない芸能人推しに偶然出会って彼も自分が好きと分かって、、
という話は好きじゃない、こんなのハナだからウソやん、こんな可能性0.001%もあるわけないやんと断定するヒトなんですが、今回の推しはいちおうただの蕎麦屋店主。
ただしスーパーミラクルビューティーなイケメン。
マジもんで紙面からペカーッキラキラが飛び出てきます。
すんごくカッコいい!
コンサル会社でメンタルやられた休職中の社員克成がそのイケメン雅人に出会って蕎麦屋再建を2人で目指すというストーリーです。
ここで面白いのは推したことがなかった克成なのにちゃんと正しく的確に推し概念を理解している事ですかね。
アクスタなどのグッズの利用価値についてわたしも克成に教わりました。
なるほどーっと。
雅人が尋ねます。
それ、恋愛とどこが違うんだ?
うーん、わたしにも分からないな。
でも推しをリアコと視るか神と捉えるかで違ってくるよね?
あととっても良いなと思ったのは蕎麦屋再建についても最初の目標到達点とズレてきている点です。
雅人は自分が蕎麦をうつ蕎麦屋をやりたかった、でもその技術が身につかないとなれば何故蕎麦屋再建を果たしたいのかの原点に戻って別の方法を考える。
同時に克成自身もコンサル会社復帰ではなくきっぱり退職して別の社会復帰を目指し始める。
ここんとこ、柔軟な解決法でイイですね。
OTC 思ってたんと違う からの軌道修正ね。
なにがなんでも歯を食いしばって目標に辿り着くっていう少年マンガに教えてあげたい。
ジャズで生活していたニューヨーク時代の雅人もまだまだ謎に包まれていて次巻がありそう、あるはず♡
やっぱり1冊だけで完結の満足いくBLってなかなかないと思うこの頃。
このコミックスはえちシーンなし、だから満足100%いかないっていう意味ではありませんよ。
なくてもたっぷり2巻は必要だな、厚み薄いし!

0

上下巻にして欲しかった

未散さんの新刊が出ると知って、
発売日に購入。

平置きされている1冊を手にとって
アレ?取り損ねたかしら?と疑うくらい
薄いのです。軽いのです。

BLコミックスは一部のタイトルを除いて
全体的に薄くなってきているし、
分厚いコミックスを出される作家さんではないけれど、
読み終わってやっぱり物足りない。

エロがないからとかではなくて、
割りとヘビーな状況を、二人が乗り越えて行く姿をもっと見たかったし、
推しが恋に変わる過程も
じっくり味わいたかったです。

だって折角の未散先生ワールドで
他の本に無い台詞もたくさんあるので。

続編を期待します。

6

やってできない子がここにも

ソノオさんの好きな作品を1つあげるなら

【好きになっちゃうよ。】でしょ 【君はパーフェクト】でしょ【Hしたくないので友達とつきあいます】でしょ

って 1つに絞れないならあげようとするなやッ って感じですが
絞ってみたかったのよ きっとヤれる子だと 思いたかった(泣)

やればできる子はきっとやらなくてもできる子なんだよ いま悟った


レビューが折りたたみになっても 新着レビューでは今なおこの出だし数行がネタバレ禁止ゾーンとして残っているので 毎回ダシモノに困ります だからムダに長いんだよッ!まったくもぉ

てか 本薄くないですか?

直近買った本の中で一番薄いかも いや指が死ななくていいんだけど 続きものなのかしら?
いやでも 薄くてもイイ 中身濃ければそれがイイ ←長いくせに中身ない人


ハァァァァ(←天あおいじゃってんぞ オイ) 設定いいッ!
職責からなのか 日々の忙しさからなのか声が出せなくなった男と絶世の美男なのにクッソ不味い蕎麦だす新米店主

あたしソノオさんの描かれるちょっと何かがズレてる残念なイケメンが好きなんだわ たぶん ノックアウト

いろいろすっ飛ばしてるしぶっ飛ばしてて 深いなんかもありそうでなくて
ただ もへぇ っと土居克成くんの推し活および出来高を雅人さんと一緒にニチャニチャしながら眺めつつそして迎える最大の魅せ場 そのリアクションでわかる 

蕎麦ッ!

Σ 脳みそいらねぇわwwww

いやもぉ なんかあるだろ重いもんが とか なんか出るだろう薄汚いもんが と最後まで期待したがまったくもってなんにもなかった あったのは いい具合に熟成した「かえし」ならぬ雅人さん 変な雅人さんあるのみ

いや推すわ あたしも
流石にかぁくんほどは推せないけどw

蕎麦打ちへの拘り捨てんの早かったな とか いろいろチョロすぎだよね ってのはある 正直
だがこのご時世 何も考えさせない独特な 独特な アレよ そうほれ 

いやはや もうね この場をまとめることすら出来ないくらい なんも考えずに読めた1冊だったわ アハハハ ←いつもまとめらんない人

3

2人のやりとりが面白い

雅人× 克成


プレッシャーで声が出なくなって、
休職中のコンサルタントの克成が、
蕎麦屋に絶世の美男の店主・雅人に遭遇し、
蕎麦がまずいにもかかわらず、
その美形に一目惚れし、推し認定してしまう。
声も出るようになる。

雅人は見た目は完璧でも、蕎麦を打つことができない!
土井が恩返しのために、そんな雅人の手助けを始めて、
2人が蕎麦屋の再生に取り組む。


ストーリー自体があっさりしているかもしれないけど、
全力で真面目な土井と、
真剣なのに何か天然な言動や、
ちょっとしたわがままが混じっている雅人がたまらない。
2人のやりとりが楽しくてサクサク読めちゃう。

雅人が一生懸命に蕎麦屋を盛り上げようとする理由がちょっと切ないが、
コミカルな表現力が絶妙で、その雰囲気にならないのも面白い。

エロなし、
愛情がちょっと浅いかな。
2人の感情が徐々に進展していく様子が、
感情や心理の描写がもっと欲しい感じだね。
笑いながらも、キュンとするドキドキな展開がもっとあったらな~と思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う