切なく心揺さぶる「永遠の愛」のおとぎ話。

ピノと、彼の初戀

pino to kare no hatsukoi

ピノと、彼の初戀
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神79
  • 萌×29
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

256

レビュー数
24
得点
442
評価数
95
平均
4.7 / 5
神率
83.2%
著者
伊勢原ささら 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
yoco 
媒体
小説
出版社
ぽん出版
レーベル
虹の色文庫
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784434327735

あらすじ

ピノは幼い男の子の姿をした木の人形。心と魂を持ち、話したり動いたりできる。突然姿を消した、父親代わりの天才人形師・パオロの帰りを1人で待っていた。
そんな中、パオロの元弟子だという男・ラウルが訪ねてくる。ピノは彼と共にパオロを探す旅に出ることに。
ラウルは、人形から魂を抜いて天へ送る「送りびと」。パオロのような才能がないという彼はどこか暗い影をまとっている。そんな彼に惹かれ、初めての感情に戸惑うピノ。
道中、同じくパオロと縁のあるアンジェロにも出会い、旅はパオロを中心に命・魂・愛を巡る物語へ…

ラウルの苦しみは? ピノの一途な想い、そして人形としての運命とは?
切なく心揺さぶる「永遠の愛」のおとぎ話。

表題作ピノと、彼の初戀

ラウル,パオロの元弟子,送りびと,25歳
ピノ,天才人形師パオロが作った少年型の木の人形

その他の収録作品

  • ピノと、彼の特別な夜
  • あとがき
  • ラウルと、彼の五日の約束~二人の数年後~

レビュー投稿数24

心優しい人形の切なくも心あたたまる恋物語

木人形のピノがとっても純粋で明るくて可愛い。

突然消えた父親代わりのパオロをいつかいつかと心待ちにしながら一年以上も孤独に帰りを待っているピノがすでに可哀想でのっけから切なくなります。

そこに現れる絵本にでてくる王子様みたいなラウルが登場し二人のパオロ捜索の旅が始まります。

木人形のピノに対して冷ややかなラウルの態度にピノが全然へこたれないのでピノの心の強さを感じました。

見た目は子供のようなピノだけど、ラウルが秘めている心の薄暗い部分には触れないように気を遣ったりするなど、精神的には見た目以上にずっと大人な部分が魅力的です。

パオロと縁のあるアンジェロと出会ってからは3人でのパオロ捜索が始まりますが、ピノがなぜかアンジェロの体に入れることがわかり、ピノは体調が不安定なアンジェロの代わりに体を借りて旅を進めていくことになります。

最初はピノに対してつれない態度だったラウルも、旅を進めていくなかでピノの優しさや素直な感情に救われ少しずつ心を許していきます。

好きなエピソードはたくさんあるのですが、集落のパオロの家を捜索して魔法人形のミケーレに出会うシーンは、ラウルが今まで忌々しく感じていた自分の能力が人形たちにとって救いになっていたとわかり、これからもおくりびとを続けていこうと決心する素敵な場面でとても感動しました。

必死にパオロの日記を見つけてきてくれて優しい言葉をかけてくれるピノに対して愛おしい気持ちが溢れラウルから抱きしめるシーンもとてもキュンキュンしてしまいました。

ラウル、ミケーレ、アンジェロと、つらい話が結構あるのですが、そのたびにピノの美しい心と言葉、その行動に救われるので、心があたたかくなります。

そんな優しいピノに対して、特別な感情が芽生えていくラウルの変化も微笑ましいですし、自分たちの気持ちにとまどいつつも関係を深めていく二人が尊いです。

お祭りのシーンはもう大変萌え散らかしてしまい、きゅんが止まりませんでした!
ピノが抱える切ない苦しみも相まって胸が締め付けられますが、二人の気持ちが重なりあい、とても幸せな気持ちになりました。

でも、そんな幸せな時間もつかの間、集落から見つけ出したパオロの日記をヒントに海辺の療養所に向かいそこでパオロと3人が感動の再会を果たすのですが、ここからが本当に切ない…。

パオロがピノを置いて家をでた理由、アンジェロが隠していたこと、パオロとアンジェロの深い絆、二人で過ごす最後の時間、パオロから知らされるピノの不穏な変化の事実。

いろんなことが明らかになり、悲しい現実もたちはだかって、それでもいつも通り明るく元気にふるまおうとするピノの健気さにもう涙が止まりませんでした。

ラウルを笑顔にしたいという、この世で一番優しい人形のささやかであたたかい願いが叶うのかどうか、ピノとラウルがどうなっていくのか、これから読む人には是非最後まで見届けてほしいです。

そしてピノによって救われたラウル、パオロ、アンジェロが生み出すピノの奇跡を見守ってください!

伊勢原先生が書かれた素敵な結末に心打たれること間違いなしです!

17

〝ピノの心〟に救われる一冊

寝る前に何気なく手にした一冊でしたが、純粋で心優しい小さな木の人形・ピノの初恋がとても可愛く、そして切なく…「彼の初恋を見届けるまでは眠れない!」と気づけば朝になっていました。

と言うか、泣き過ぎて眠るどころじゃ無かったですね
もう、中盤以降から涙が止まらない、止まらない……

人の心を持ち、歌ったり踊ったりできる〝魔法人形〟のピノ。
人間が大好きで、周りの人にはいつも笑顔でいて欲しい。困ってる人がいたら力になりたい。純粋で心優しく、人々がすっかり忘れてしまった〝大切な事〟を思い出させてくれるような、素敵なキャラクターでした*

小さな幸せを見つけて常に前を向くピノの明るさに、じんわりと癒されます。
そして、ピノの小さな幸せが多くの人に伝播する……
人形の魂を抜く「送り人」であるラウルもピノとの旅の中で、すっかり忘れていた〝大切な事〟を思い出して行きます。

孤独で寂しく、傷ついたラウルの心にそっと寄り添い続けるピノ。その小さな温もりにより、自らの運命を呪い、否定し続けていた「自分自身」を受け入れるラウルの変化に、胸がいっぱいになりました。

冷たく無愛想だったラウルとも次第に心を通わせていき、旅の中で「トキメキ」や「嫉妬」などの人間らしい感情を知っていくピノは、まるで初めての恋に戸惑う少年のよう!

しかし、〝本物の恋〟を知れば知るほど「木の人形」である事実が、ピノの心を蝕んでいき……

大好きなラウル、そして大切なパオロとアンジェロ。
大切な人々の幸せを1番に願う、小さな木の人形ピノの初戀が、どうか幸せなものでありますように……と願いながら結末を見守りました。

正直ラストは予想外でしたが、ピノとラウルの〝心の交流〟を大切に描いてきた作品だからこそ、見た目や形に囚われず〝心〟で惹かれ合う2人にピッタリのエンディングだったように思います。

本当に、素晴らしい作品をありがとうございました!
忘れかけていた〝ピノの心〟を無くさない為にも、何度も読み返したい、大切な一冊になりました。

14

私史上最も愛しい作品!

早朝目覚めて寝直せなくて(歳のせい)
前の日に購入したこの作品を読み始めたら止まらない止まらない…
朝から涙ポロポロ流しながら最後まで一気に読み通しました。

とにかくピノが可愛い。
素直で明るくて優しくて。今生は今更すぎてこんなにいい子にはなれないけど…次生まれ変わったらこんな心優しい人になりたいと思う。
とても優しいお話で、情景や登場人物の動きが目に浮かぶように描かれているので、普段は小説読まない派の人たちにもぜひ読んでほしい素敵なお話です。

ピノが「エヘヘ」っとおでこを叩く仕草が何回か描かれています。これが可愛くて!このシーンが大好きです。

14

心優しく温かい物語

まるで童話のようなとても可愛らしいおとぎ話のような物語です。
伊勢原ささら先生の作品を読むといつも心が洗われます。
木の人形と言えばピノキオが連想されますが、鼻は伸びません!(笑)

とても思いやり深く、心優しく夢見がちで、太陽の様に明るく愛らしい木の人形、ピノが主人公です。
ピノの行動やとても優しい心持ちや気持ちひとつひとつにとってもほっこりします。
ページをめくるたびに、ピノの可愛らしい仕草や元気な声が聞こえてくるようでした。
攻のラウルの閉じていた心がピノとの交流で少しずつ開かれていくのも納得です。

出会いと旅の道中での悲しい別れもあるのですが、そのすべてが優しい気持ちで包まれているように感じられます。

そしてちゃんとエッチもあるのですが、でもその表現は凄くチャーミングで、素敵な言葉で表現されてました。
ぜひ本編を読んでキュンとして下さい!
帯の先生のコメントもとっても可愛らしいので是非帯があるうちに♪

コミコミさんの特典小冊子は物語のその後なので読めたら読んだ方が良いと思います!
また、素敵な番外編をサイトに上げて下さってるので、気になられたら是非!
(本編を読んだ後の方が良いかなと思います)
https://fujossy.jp/books/27688

13

切なくも温かいストーリー。

作家買い。
作家買いですが、yocoさんの描かれた優しい表紙に思わずうっとりしながら手に取りました。伊勢原先生と言えば健気受けのイメージが個人的に強いのですが、今作品の受けちゃんも超絶に可愛かったです。

ということでレビューを。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。





木でつくられた人形のピノ。
彼を作ったのはパオロという男性。優しく穏やかで、ピノにいろいろなことを教えてくれた人物だ。パオロに心を入れられたピノは、人形でありながら人の様に考え、感じることができるのだった。

が、1年ほど前のある日、パオロは家を出て行ったまま帰ってこなくなってしまった。体調不良を訴えていたパオロがどこかで倒れているのではないかと気をもむピノではあったが、パオロに言われた「人形のふりをして動いたり話したりしてはいけないよ」という言葉を忠実に守り、今日も一人でパオロの帰りを待っている。

そして、果たして一人の人物がパオロとピノの住む家にやってくる。けれどそれは待ち焦がれていたパオロではなくー?

というお話。

人形を作り、その人形に命を吹き込むというファンタジー要素たっぷりのストーリー。ピノがとにかく可愛い。パオロを信じ、ずっと孤独に耐え、彼の帰りを待ち続けている。もうこれだけで涙が止まらない。

けれど、薄幸展開かと言われるとそうでもない。
ピノはとても朗らかな男の子だから。パオロから与えられた知識や感情をフルに生かして、彼は決してネガティブな感情にとらわれないからなのです。

そしてピノのもとにやってきた男性・ラウル。
パオロの元弟子で、人形を作っていた男性。彼もまた、パオロを探して彼の家に訪れるのだけれど。いなくなってしまったパオロを探して二人で旅に出るところから、二人の交流が始まっていきます。

寡黙で、笑うことをせず、ピノにも素っ気ない言葉しかかけないラウル。けれど、ラウルが「そう」なってしまったのにも理由がある。この理由が、きちんとこの作品の軸になっていてそこがまた良い。

ピノとラウル、二人でパオロを探す旅に出るが、また一人の美しい少年と出会います。彼の名はアンジェロ。アンジェロもまた、パオロを探していて…。ピノとラウル、そしてアンジェロも加わり、パオロを共に探すようになるけれど。

パオロが帰ってこなくなってしまった理由。
ラウルが寡黙で、「死神」と人から呼ばれている、その理由。
そして、ピノとアンジェロのつながり。

読み進めるうちにすべてがつながり、もう涙腺崩壊。パオロがピノとアンジェロを自分の意志で放置したのではないとわかって安心しつつ、彼らのすぐそこにやってくるであろう未来がなんとも切なかった。でも、パオロとアンジェロの深い深い愛情がめっちゃ良い。何ならこの二人だけで1冊の作品が作れるんじゃないかと思う、そんな二人なのです。

ラウルは寡黙青年ではありますが、ピノと出会い、そして過去の出来事から蓋をしてしまった心の扉が再び開いていく。人形として、人との関わりを持ってこなかったまっさらなピノが、人を疑うことを知らないピノが、ほかの人とかかわることに悋気を抱くシーンは思わず爆笑してしまいました。

人形のピノと人間のラウル。
2人の未来がどうなってしまうのか気になって気になってページをめくる手が止められませんでしたが、最後は大団円。心底ほっとしました。

切ないけれど、温かさや人を思ういろいろな形の愛情に満ち溢れた作品で、めっちゃ良かった。yocoさんの描かれた挿絵がまた良い…!この作品の持つ世界観にぴったりとはまっていて、萌え度は確実に上がりました。

キャラ良し、ストーリー良し、挿絵良しの文句なしの神作品。
読後、心がほっこりと温かくなる、そんな素敵な1冊でした。

12

自分もピノに救われる

ピノは無垢で負の感情も知らない明るくて前向きな子。それが木で作られた人形だからこそ、このストーリーになじんだと思いました。
これが貧しい村の少年とかだったらその性格が嘘臭く感じただろうなと思います。
木の人形のピノだからこそ何の違和感もなく読めました。

又、ピノとラウルがお互い引かれていく過程やスピードも何の違和感もなかったのが良き。

後半はもう涙が止まらなくなりました。お別れシーンは悲しいけど美しくてすごく羨ましかったです。

ピノキオみたいに最後は人間にもどるんじゃないところも良き。
すべてにおいてのバランスがパーフェクトな作品でした。
ピノの明るさに私も救われました。
そして最後にyoco先生が挿し絵を担当してくれてありがとうとお礼を言いたい。yoco先生だからこそこの作品に価値が出ました。
もうピノが可愛すぎます!

12

名作だ

これはまいった。
ファンタジー作品ですが、よく見かける壮大な舞台じゃなくて、ほっこりと心が温かくなるハートウォーミング系のファンタジー作品です。
おとぎ話調で優しい調べの筆致。内容も分かりやすく、誰にでもウェルカムな感じが非常に好感が持てました。また、主人公・ピノの明るくて前向きな性格と言動が、読む者の気持ちを明るく朗らかにそして元気にさせてくれます^ ^


木の魔法人形・ピノの初恋を主軸に進むお話です。ピノを作ったパオロを探すため、その弟子・ラウルと共に旅に出る物語。途中、パオロと親交があったというアンジェロも合流し、3人のパオロを探す旅がスタートします。

ピノは王子様とお姫様のハッピーストーリーが大好きな夢見がちな木の人形。
ラウルはクールで陰のある人形のおくり人。

ラウルが冷たくぶっきらぼうな性格であるのに対し、ピノは明るく前向きな性格ですので、2人の性格のコントラストが映えますね。
旅の初めはそこまで心通ってない2人が(特にラウル側)、旅を進めるうちに信頼できるパートナーとして、また心の拠り所として関係を築いていきます。

ピノの感情は分かりやすく、恋心にも素直に反応するのでとっても可愛いです。アンジェロとの恋バナ雑談は普通の年頃の男の子。ピノが木の人形ということをすっかり忘れてしまうくらいです。
旅を通してラウルに恋をしていくピノの心が非常にピュアでクリアに描かれていますが、それだけじゃないんです。
パオロに対する師匠愛やアンジェロに対する親友愛の気持ちも曇りなく美しく描かれていて、ピノはこの物語での太陽みたいな存在です。
ラウルもパオロもアンジェロも、ピノに心から救われているし、救われてきたといっても過言じゃありません。


一番の見どころはラウルの気持ちの変化でしょう。彼のピノに対する冷ややかな態度が、この旅を経て変化していく過程に注目下さい。
ピノが彼の閉ざされた心を開き、浄化していく様が、旅の流れに沿うように自然に進んでいきます。ラウルの変化が、ピノの初恋のドキドキに拍車をかけることになるのですが、ラウルの軟化(デレ)の高低差がありすぎて萌えが止まらない……。

ピノの初恋の物語であると同時に、きっとラウルの恋物語のお話でもあるんですよね。
初恋をこんなにも美しく感動的に描いた作品はそう簡単に見かけることはありません。いま、私の心は満たされています。


嬉しく楽しいシーンもあります。
悲しい別れのシーンもあります。
切なくて胸が痛いシーンもあります。

でもどうか…胸に湧き上がる色んな感情を深く味わいながら読んで欲しい。ピノの初恋の行方を最後まで見届けて欲しいです。
ピノの愛の深さは果てしなく深く、そしてピノを愛する者の愛も深い。"感動"のひと事では済まされない素晴らしい一冊でした。


おとぎ話なストーリーが元々大好きな私にとって好みドンピシャ。間違いなく神作です。
ストーリー、キャラクター、イラスト、設定、なにもかもが最高でした。
この作品に出会えて良かった。大事に何度も読み返していきます。

12

童話の世界のような素晴らしいお話

作者買い

伊勢原ささら先生の本はいつも切なさと温かさとミックスで優しいお話しが多いですが
こちらの作品、まるで童話を読んだ後のように心がホワホワになりました。
ささら先生の代表作になるのではないでしょうか?

本編にエチがなくて、むむ!?と思ったらしっかりSSという形でございました。
この2人ならこういうえちになるだろうという予想を裏切らないエチシーンで感無量です(⁎˃ᴗ˂⁎)

とにかく全員に是非一度お手に取っていただきたい。
SS除いたら、子供にも抜粋して読み聞かせたいくらい良作品です!!

11

ピノ・ピノ・ピノがひたすら愛おしい( ; ; )

いやー。。途中涙で目を赤くしながら夜を徹して読んでしまいました…
電子で読んだのですが、コミコミさんのSSが読みたくて読後に紙でも購入。箔押しアクリルボード付き…高いけどそこに悔いなし。届いたら飾ろう。

物語自体はもちろん、yoco先生のイラストも本当に素晴らしくて。
特に最後の挿絵!!目に涙を浮かべて幸せそうに指を見つめるピノ、穏やかに微笑むラウル。もうずーーーっと見ていられます。

タイトルも素敵ですよね。「初恋」ではなく、「初戀」。旧字体になってる。それだけでこの恋がピノとラウルにとって特別なものなんだ、って伝わってくるような気がします。
「ピノの初戀」じゃなくて「ピノと、彼の初戀」っていうのもいい。

常に笑顔を忘れない人形・ピノの描写が切なさを和らげてくれたり、余計に切ない気分にさせられたり…

自分を”忌まわしい存在”なのだと思い込んでいたラウルが、徐々に自身を肯定できるようになり、変わっていく様子に心揺さぶられました…

そしてもうピノがいい子すぎて泣ける。語彙力がないのでこれ以上言えないですが、、可愛いよ可愛すぎるよピノ。

ファンタジーはそろそろ飽きてきちゃったかな〜なんて思っていた自分の頬をはたきたい。
素晴らしく読み応えのあるファンタジーでした。

11

なんて優しい物語(´ω`*)

じんわり、ぽかぽかにこにこ。
笑って元気をもらえて、涙もこぼれて。
とても素敵なお話に出会えました。

受け様になる魔法人形のピノ。
この子が明るくて無邪気で優しい。
人形なんだけど、生き生きと生命力に溢れていて、一緒いると元気をもらえますね(*^^*)
そして人の気持ちに敏感で、優先しちゃう。
本当に可愛くて愛おしい子でした。
ぎゅっとしたくなっちゃう。

攻め様のラウルは、人形の魂を天へ送ることが出来るおくりびと。

ピノの生みの親である人形師のパオロを、彼の弟子であったラウルが訪ねた事で始まる。
同じくパオロを探しているアンジェロと一緒に3人で旅をして。
最初は、無愛想で笑うこともなかったラウルが、ピノと一緒の時間を過ごす内に、どんどん感情を引き出され、救われて。

パオロとの再会、そして別れ。
もう、随所に胸を打つシーンがありました。
何度涙を流したことか( つω;`)
特にピノが眠りにつく時はちょっと言葉にならない。

ラウルが希望を手放さず、頑張ってくれてよかった。
ありがとう。
この目覚めで終わっても充分満足だったのですが、嬉し恥ずかしな特別な夜まであって。
よかったねぇ、とにこにこしてたら、あとがきの後のお話ですよ。
最後まで泣かせてくれました(> <。)

はぁ、とっても素敵で大好きな1冊になりました。
先生、ありがとうございます。

yoco先生のイラストがまたぴったり。
とても愛らしく可愛いピノとかっこいいラウルでした。

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う