40までにしたい10のこと

40 made ni shitai 10 no koto

40までにしたい10のこと
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神768
  • 萌×2171
  • 萌47
  • 中立20
  • しゅみじゃない19

64

レビュー数
112
得点
4685
評価数
1025
平均
4.6 / 5
神率
74.9%
著者
マミタ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784799761328

あらすじ

「あなたのこと余裕で抱けます」
10年以上恋人なし、恋は諦めている、40歳の誕生日まであと3か月。
「タコパ」「パフェ食べる」「誕生日を恋人と過ごす」
――絶対ひみつの「40までにやりたいことリスト」をよりによって
10歳年下のイケメン部下に見られ一緒にやる羽目になり…!?
リストを作ったことで人生一変!?
イケメン部下×枯れた上司のリーマンラブ

表題作40までにしたい10のこと

田中慶司,29歳,マーケティング事業部勤務,雀の部下
十条雀,39→40歳,マーケティング事業部,慶司の上司

その他の収録作品

  • カバー下(あとがき)

レビュー投稿数112

40目前の可愛い人と年下イケメン攻めが最高に萌える!

もうマミタ先生クオリティ全開の滅茶苦茶エモくて萌え散らかす作品です!

年上受け、年下イケメン攻め、リーマン、スーツ萌え、オフィスラブ、可愛いおじさん好き…

この辺りの萌えポイントを全て網羅しています(笑)


でも先に言わせて下さい…雀ちゃんはアラフォーだけどおじさんじゃない!(と個人的に想っている)


40を目前にした雀が40歳になるまでにしたい10個の事をリスト化してそれをゲイで年下イケメンの同僚・慶司とこなしていくお話なんですがそれがもう堪らなく萌えます。


雀ちゃんの気持ち、慶司の気持ち、どちらの感情面の描写もしっかり描かれていますし「40までにしたいこと」を消化していく内に彼らの気持ちも当然…そこはもう読んで確認して欲しいです。、

でも当然すんなりいかなくてもどかしかったり振り回し振り回され時にはすれ違い…と言った展開が待っているのですがそう言った部分をマミタ先生は本当に素敵に描かれるので萌えないはずありません。


先ずは雀ちゃんの視点で読んでみてください。

彼の感情面の変化、変わりたい、なりたい、なれない、怖い、変化を望んでいる様で拒んでいる様で…

そう言った部分が慶司との触れ合いで凄く伝わって来てもどかしかったです(笑)

年を重ねてるからこそ簡単に変われない感じがもう滅茶苦茶分かるなぁって感じがしました。


読み返す時は是非慶司視点でもお勧めします。

彼のもどかしさが凄くジリジリくるし雀ちゃんを追いかけてる気持ちになっちゃいますね(笑)

あと、マスコットキャラとして「すず子」が登場するのですがこれが堪らなく可愛い。

雀ちゃんの着ぐるみパジャマもやばかったです。やっぱり雀ちゃん可愛い(真顔)


ハマる人、刺さる人にはドストライクな作品だと思います。

そして描き下ろしが2本もあるのですがどちらもヤバいくらい良かったです!

本当にこの作品は物凄く続きが欲しくなります…。

28

年下イケメン攻め圧倒的神!!

マミタ先生は大好きなんで作家買い先生です。
新刊はおじさん受けってので
先生の前のおじさん受けも大好きだから
めちゃ楽しみにしておりました〜!
紙本注文済みでしたが我慢できず
電子のお試し1話読んだらもうむりでしたね
即電子も購入。
「あなたのこと余裕でだけます」
むり!かっこよ!!
この年下攻めの慶司くんド攻め具合最高でした〜!!
またしても傑作と最高年下攻めが爆誕してしまいましたね!
部下彼氏と40までの3ヶ月
やりたい事をかなえていくって楽しい萌えたっぷりなお話ですが
5話の展開がもうさすがよくある凡百BLとは違う
苦しい展開…マミタ先生だから一味ちがいます。
2人のデートと遭遇してしまったもう1人の田中(部下)…
おまえ…おまえ〜!!
偏見がないって言う人が1番偏見あるってやつ
うー。。だよね慶司くん。。
BLのお話の中って最近だと
本当に偏見とかないむしろ男男カプのが多いくらいの
世界だったりするけど
ほんとにありそな展開でストーリーにうなりました。
2人の気持ちの描写
年上の雀さんの気持ち本当に丁寧に描かれていて
せつない展開のち溜めて溜めてのラスト
怒涛のエッチだからそれもまた最高で。
途中それ目的だって思われたくないからって
すぐに抱かないのも良かったですよね。
BLってすぐやるから笑
受けについて全然書いてないんだけど
雀さんはあんまりおじさんにみえませんでした笑
ぬいのすずこと会話してんのがかわいい。
あと修正がリブレなのに真っ白白抜きじゃないんです。海王社くらいのかんじ?ありがたや。
とにかく慶司くんのイケメンド攻めに
やられましたし
年下攻めリーマン好きストーリー重視全て◎で
もう2023入ってからのマイベストですので大プッシュです。ぜひとも。

23

毎度のことながらハズレがない作者様

マミタ先生の作品は同人誌の頃から追っていますが、どれも最高でたまりません。
若者×おじさんを描かせたらまず右に出るものはいないのではないでしょうか?笑

今回は10歳差のカプでした。
職場の上司と部下で、お互いにゲイな二人。
なんとなくそうかなと思ってましたが、やはり攻めは最初から受けが大好きでしたね。
あんなかわいいおじさん好きになるわそりゃ。

とにかく受けがかわいいです。趣味から部屋着から性格から何から何まで。でも不思議と女々しさは感じませんでした。
攻めは攻めでこれまた女ウケが良さそうなイケメン君。というかスパダリですね。甘え方も絶妙に上手い。おじさんもこんなイケメンに迫られたらキュンキュンしちゃうよね。

二人が出会えてよかった。
もっともっと見ていたくなるカップルでした。

22

ヤワなハートがしびれる

このレビューはネタバレを撒き散らしながら進んでいくので、作品を未読な姐さまは読まないでね。なぜなら、予備知識なしで読んだ方が あなたの幸福度がアがるからです。
いいなーー。これから真っさらな気持ちで読める人。
とにかく「読みすすめたい」と「読み終わりたくない」の せめぎ合いがすごかったです。

物語の序盤から、攻めの慶司の「雄み」にノックアウト。彼の台詞の言葉のチョイスから感じられる ド攻め感がツボでした。
キスシーンが印象的な作品は ずっと心に残ります。こちらが まさにそれ。
慶司は、受けの雀さんに前半はグイグイいくわけですが真意がいまひとつ分かりづらい。気まぐれなのか 遊びなのか 満を持してなのか。で、絶妙なタイミングで攻め視点を差し込む、この辺のストーリー展開が秀逸だなと。
あと、フワフワな幸福からの急転直下、現実を突きつけられた場での繊細な感情の描き方や 切なさをユーモアで包んだ漫画的表現が すっと心に馴染んで余計に苦しくなりました。
慶司は そんなに思慮深くなさそうに見えて「ちゃんと考えられる人」。小さな親切大きなお世話同僚の謝罪を すんなり受け入れて水に流さないシーンが好きだったなぁ。すごく怒ってたんだよね、と同時に 自分が と言うより雀さんのことを思ってかな。

受けを溺愛する攻めが たまらなく好きなので、攻めの感想ばかりになってしまいました。

修正→シーモアにて購入。しっかりと描き込まれたモノに白短冊の ちゃんとナニをしているかが分かる優良修正。

21

ふばば

三日月ロック様
コメントありがとうございます!
慶司…カッコイイですよね〜ズルいくらい。
こんな恋物語見せられたら「神」ですよね!
波乱のところでは、雀さんよりも慶司が弱ってるところをもっと読みたかった!と思ってますよ〜

似て非なる...

アラフォーの真面目上司と強気イケメン部下の話って近年のヒット作にもいくつかありますが、いやあマミタ先生さすがですね!やっぱり力量ですかね~私はすごくきゅんきゅんしました。

キスのあとぎゅっとするところ、髪を撫でるところ、枕買いにいった時、見下ろす慶司くん、こういうちょっとしたシーンがいいんですよね。雀さんのドキドキに共感しちゃいます。そして街の見えかたが変わったりする自分に驚いてるのも、恋ってそうだよねと、自然に共感できる。雀さんと一緒に慶司くんに惹かれていくんです。

雀さんはちょっとファンシー過ぎますが、そこはマンガのいいところ。リアルすぎなくてちょっとした息抜きになる。対してセリフは上司っぽいのがいいバランス。
絵は言うまでもなく美しく、スーツがめちゃカッコいい。
田中くんの話がああいう感じで終わっているのもいい。簡単にけりがつく方が安易だし、不自然だから。
実はおじさんはあんまり...なんですが、これははまりました❗

18

上手いなぁ

マミタ先生なので安心して購入しましたが、ふとアラフォーに萌えるのかしらと心配になったんです。でも杞憂でした。萌えどころがしっかりと分かっている作家さまでした。
結構ボリュームのあるコミックスですが、夢中になってあっという間に読み終わっていました。

可愛いもの好きの雀さんが可愛くて、やりたいこと欄にも凄く共感しました。それとクマの部屋着で悶える姿がツボにハマりました。

そして慶司の格好良い事よ!でも決してスパダリじゃなくて29歳の等身大の若者らしさが凄く良かったです。

悪気は無いけど雀にお相手を見つけようと張り切る部下にイラっとして、偏見は無いからと慶司に友人としての好意を滲ませる無神経さにイラッとしました。これが同じ人物なのが凄かったけど…。彼には一度、普通の人生感がガラッと変わるような出来事が起こって欲しいと思いました。

徐々に徐々に雀にとって慶司が掛け替えの無い存在になって行くのが凄く良かったです。

16

萌えの宝庫

かっわっっっ…!!

こんな可愛いオジサンがいて良いんですか?
オンとオフの振り幅が強くて大好きです!
部屋着も、話し相手の"すず子"も、赤ら顔や恥ずかし顔も、まる〜っと全部かわいいオジサンがこの物語の主人公です。
始まりからムギュッとハート掴まれてしまいました。
それなのに会社では仕事がめちゃ出来るっていうギャップがすんばらしい…


もうすぐ40歳。仕事は出来るが恋愛に枯れ気味。かわいいものが大好き。
そんな彼の前に突然舞い降りた恋愛の神様が、イタズラ心を出して彼の部下・慶司との距離を縮めちゃうラブストーリーです。

雀が40になるまでにやりたいことを10個リストアップ中、慶司に見られてしまったことが大きな転機となります。
慶司は、リストに書いたことを自分と一緒にしようよ。と雀に提案し、一応"恋人同士"になった2人の恋愛がスタートします。


なんかもうこのストーリーの設定から物語の始まりまで、全てが神レベルの萌えです。雀のオフ時の生態も最高だし、慶司の男の色気が大炸裂で最高だし、すず子の心の声も最高だし、とにかく最高尽くし。たくさんの萌えが詰まった宝箱のような作品に、最後まで虜になりました。


リストに掲げたことを、2人で達成していくシーンがとっても素敵なんですよ〜
今日はコレしましょう。次はアレしましょう。…と、慶司と一緒に経験していくやりたいことリストを満喫する雀の姿にほっこり。

最初は"誰か"と、このリストを経験してみたいと思う漠然とした気持ちだったのに、"慶司"とするから楽しいんだと思うようになっていく雀の心の変化が良いですね。。慶司が、「40までにしたい10のこと」に、意味を持たせてくれました。


雀と慶司はクローズゲイで、それが悲しいすれ違いを生むことになります。
雀を守るための行動が雀を傷付けることになった慶司の苦しさが痛いほど伝りました。その一方で、好きな人に拒絶めいたセリフを言われ傷付く雀の悲しい思いにもまた胸が抉られました。

今まで楽しかった幸せがガラガラ音を立てて崩れ落ちていく瞬間ってこういうことかなって思うほど。思わず泣いてしまった切なく悲しいシーンでした。


2人の恋愛がここからどう動き始めるのか……ハラハラズキズキの後半戦。
2人で過ごした時間はストップしても、無いことにはならない。きっと…いや絶対に進む道筋があると信じていた結果、ドラマチックでキャーキャーな結末が訪れましたぁ!

またしても恋愛の神様が舞い降りたクリスマスの奇跡を目の当たりにして、感動、感動、感動です…(涙)
圧倒的ハピエンに萌え転げたのは言うまでもありません。


「40までにしたい10のこと」は、考えた当初は雀にとってのゴールだったのに、いつの間にかただの途中経過になっていることに雀は気付いているのかな?
これから先、このリスト以外のことを慶司と一緒に経験していくんですからリストはもう必要ないですね^ ^


は〜…もう、めちゃくちゃ面白くて表紙を筆頭に全部が好きです。
慶司の視点がすごく良かった。2人が恋人同士になっていく過程に説得力が増す描きでした。雀への想いの強さがこの作品の推しポイントで見どころ。
キュンとしたり、ドキドキしたり、ホッコリしたり、ニヤニヤしたり…感情が大忙しの一冊でした。

きっかけと偶然が重なって紡がれた2人の恋愛物語は、心に響く最高のエンディングでした!

14

買って損なし

部下×上司の話。
ノンケに恋をする話ではなく、同じ同性愛者に恋をする話です。
同性愛者あるあるの偏見や同性愛者だとバレたくたい葛藤などよく描かれていると思います。
39歳のアラフォーおじさんが受けですが最高に可愛いおじさんです。私もこのおじさんなら抱けると思います笑
むしろ可愛がると思います。
読んでいくうちに相手が溺愛したくなるのも納得する程このおじさんは魅力的で可愛いです笑
最高にいい作品にに出会えて幸せでした。何度も読み返したいと思います。

14

昨今の40代は思ってる以上に若いよ!

表紙のメガネイケメンと恥じらう可愛イケメンの表紙が印象的です。
雀さんがとにかく可愛かった!もう名前からして可愛くて悶えます。部屋着がまた…
メガネイケメンの慶司くんずっとまえから雀さんが好きだったんだろうなそんな行動が、多々あったような例えばわざわざ雀さんの席まで行って挨拶したり、雀のマスコットあげたりとか、でそれをいちいち覚えてる雀さんにお礼言われて、照れた顔が可愛いです。以外と健気な奴だなと♡
それにしてもこの2人一見とてもゲイには見えないのです。でも2人がゲイで良かった~雀さんはともかく慶司はとてもノンケっぽかったので

雀さんは、オフはポヤッとしてるのに、仕事できるところギャップが良いです。
40までにしたいことをひとつづつ叶えていくうちに2人の距離もどんどん近づいていって早くくっつけ~とおもったり
雀さん途中で慶司くんのこと諦めようとしましたが、そこは、ダメでしょ~と思ったり
最後は無事くっついてよかったです。40で一生連れ添える相手に会えることができて雀さんよかったです。
とても楽しみながら読むことができました。

14

マミタ先生は裏切りません!

マミタ先生の描くおじさんは裏切らないですね。
今作もアラフォーで恋愛から遠のいていたサラリーマンをほんとにかわいく、そして素敵なお話を描いてくれました。

最初からもうかわいいんです!もうすぐ40歳になろうとしている十条がクマさんのフード付きオールインワンを着ながら真ん丸のぬいぐるみすず子を抱き抱えているんですよ!部屋中ファンシーなんですよ!世間ではおじさんと呼ばれようとも乙女なんです。ああ、かわいい!!


39歳までずっと孤独だった十条がテレビからの天啓を受けて「死ぬまでにしたい10のこと」を考えますが… 大それたことをするのではなく、本当に心からしたいこと「40までにしたいことリスト」を書いていきます。世界一周とかオーロラを見に行くじゃなくて、キスしたいとか買い物したいとかちょっとしたことなんです。でもそれが切実で、今までそんなことすら望みもしなかったのかと、ちょっと切なくなっちゃいました。

そのリストを部下である慶司に見られてしまいます。若くてカッコよくてモテる年下の部下に。そして言葉巧みに口説かれて40までの3か月間、慶司と一緒にリストの10をやることになります。

最初は不安になりながらも一緒に楽しくリストをこなしていくうちに、慶司が本当に自分のことを以前から好きだったと分かってきます。
ふたりの関係がいい感じになってきた頃に、会社の部下の田中にふたりの関係がバレてしまいます。
この田中は悪い子じゃないけれど、無自覚に人を傷つけてしまう子です。よく言えば無邪気なんでしょうが、幼い。
田中に対して慶司が言うセリフは、まるで世間へのメッセージのようでした。

「“偏見ない”って言う人が一番偏見あると思いません?」
「ダメじゃないですか。理由もわからないのに謝っちゃ」

最後、どう結ばれるかはネタバレなしで楽しんでください。
ふたりの綺麗な姿かたちはもちろん、気持ちや過去の出来事など丁寧に描かれています。


ふたりが幸せに結ばれた後、描き下しがまたかわいいんです!!ぜひ、読んでください!マミタ先生は裏切りません。1冊、大満足の大ボリュームでした。
ああ、かわいかった!!

13

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う