leftovers-レフトオーバーズ-

leftovers

leftovers-レフトオーバーズ-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
55
評価数
14
平均
4 / 5
神率
57.1%
著者
いさき李果 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784866536606

あらすじ

エリート会社員の響生とショップ店員の永人は、高校時代からの幼馴染で同じノンケの男に思いを寄せている、いわば同志だった。
そんな2人の気持ちは叶わぬまま、思い人である夏央は恋人関係を逐一報告してくる始末…。
ささくれ立った気持ちを抱えていたある日、行きつけのバーで響生がモテるという話を聞き面白くない永人は酔った勢いから
「お前を監視する!」と言って、響生の家に押しかける。
ところが、魔がさした2人は欲望のままうっかりセックスをしてしまい!?
思いのほか身体の相性が良かった2人は、性欲処理として関係を続けるけれど…?

表題作leftovers-レフトオーバーズ-

井上 響生,エリート社会員,永人と同じ人に思いを寄せている
相川 永人,ショップ店員,響生と同じ人に思い寄せている

レビュー投稿数4

恋敵がいつの間にか・・・

恋敵がいつの間にか恋人に。
同じ人を好きだったんだから好みは似ているんでしょう。でも、恋に対しては自分に足りないところを相手に求めている事もあるので、恋敵が恋に落ちる割合は低いんじゃないかと思っています。

響生はいつから永人を好きだったんでしょう?高校を卒業するころは夏生の事は吹っ切ろうとしていましたよね。実際、もう忘れかけていた。
永人は昔から心優しいところがありますよね。そういう所に魅かれたんでしょうね。
一方永人は身体の関係を持ってから意識しだしたのかな?
甘くなく、ずっと喧嘩しながらも、ちょっと優しさのある関係を続けそう。
近い未来、響生が永人に甘えてくれたらいいな。

0

一途なふたり……?

高校時代からずっと同じ人に片想いをしている、響生と永人のお話でした。

彼らの片想いの相手・夏生は、ノンケなうえに彼女がいつも絶えないような人。
望みの薄い恋だと気付いていながらもなかなか諦められない…そんなぶつけようのない感情を抱えたふたりがひょんなことからセフレになり、やがて付き合うようになるまで。
ドキドキするような甘さはなかったけれど、そんなところにもふたりらしさが表れていたような気がしました。
でもセックスにもその関係性が出ているのか、絡みにエロさを感じなかったのはちょっぴり残念でした。

そして響生も永人も夏生のことは前からある程度踏ん切りがついていて、お互いに相手が夏生のことで傷付いていないか気にかけていた…という流れになるわけですが。
永人が夏生のことになるとムキになったりかなり騒いでいたので、そういうふうに収まるのがなんだかしっくりこなくて。
響生のアイスの例え?なんかもよくわからず、なんだかんだありながらも幸せなところに落ち着いたのは良かったのだけど、最後のほうは読んでいて頭の中にハテナマークがたくさん浮かんでしまったのでした…。

1

同志からの関係

響生と永人は、高校時代から同じノンケの男が好きになっていて、絶対叶わない恋に苦しんでいるという気持ちは、お互いに一番わかるという同志関係からセフレ、ずるずるとだんだん互いに好きになって、恋人になった話です。

1冊で2人の過去から現在の関係を明確にしてくれました。足りない感じ、しつこく感じもなく、ストーリーに打ち込まれた。

永人の性格は、本作のポイントの一つになっていると思います。うるさいけど、ある意味では、天然で、純粋で、周りの人(読者を含む)はそれだけリラックスして癒されます。実は優しいので、個人的にかわいくて大好きです。読んでいるうちに、楽しくなりました。響生もこのような個性に惹かれたと思います。

個人的に、
クールな響生と、普段は屈託のない永人のトロ顔!
Hシーン萌える!!

大満足でした。

2

受けが…

いさき李果先生の色気のある攻めが大好きなのと、今回は設定も好みでしたので購入しました。

でもですね試し読みもしたんですが、想像以上に永人が騒々しくて何度も「お前うるさい!」って思ってしまったんです。

響生の夏央に対する思いは永人と関係を持ち始めた時点で、何と無く分かってしまいました。それから永人が響生に絡む理由もです。

2人はセフレになっているのでセックスシーンが多くて、その分ストーリーが薄く感じてしまったように思ってしまいました。

2人の共通の友人で思い人である夏央はチラッとしか出て来ないので、響生と永人の関係性が強調された点は凄く良かったと思いました。

それと響生が永人を特別に思う過去の思い出も凄く切なかったんです。永人がとても良い奴なんですよ。なので現在の永人のガチャガチャうるさくて叙情性にかけるのが、いまいち作品の世界観に浸るのを邪魔していたように感じました。

6

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う