先生で、セックスの練習していい?2

sensei de sex no rensyuu shiteii?

先生で、セックスの練習していい?2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×223
  • 萌9
  • 中立3
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
11
得点
272
評価数
74
平均
3.8 / 5
神率
40.5%
著者
麻生実花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
モバイルメディアリサーチ
レーベル
caramelコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784909699442

あらすじ

「今日は感度高いんですね。もっと可愛がってあげます」
恋人同士になって、ますます甘い同棲生活を送る大河と槙原。

ある日、槙原が副顧問をしているボランティア部の宿泊イベントに、大河も同行することに。
海岸のパラソルの陰でそっとかわす熱いキス、
コテージの浴室でもこっそり、いやらしく身体をさわられて……。
大河が見つけた将来、槙原の誤解と家出、
永遠のライバル・京也の存在……

なにかあるたびに愛が深まる、年下攻めピュアエロス第2巻。

表題作先生で、セックスの練習していい?2

松田大河,高校3年生→教育実習生
槙原,34歳,高校の国語教師

その他の収録作品

  • 逆転プレイ
  • あとがき

レビュー投稿数11

終始恋人のあまあま感がたまらない!!!!!

二巻は恋人になってからのお話で一巻よりもあまあまでした//

二巻の主なストーリーは大河君が教師を目指して母校に教育実習に来るという感じです。
一緒に教育実習に来ていた同じ大学の女の子との距離の近さを見た槙原先生はそんな関係じゃないとわかっていつつも、つい疑ってしまいます

ここからの槙原先生と大河君とのすれ違いがまたまたつらいです..
すれ違ってるよ~かなりこじれてるよ~といいにいきたくなりますね。。。

でもハピエンです。最高です
あとエッチのシーンもかなり多めなのでガッツリ読みたいときにもお勧めです。

今回の萌えポイントは大河君の運転姿ですね!!助手席に座る槙原先生もかわいかったですが特に大河君がとてもかっこよかったです....。

これからも麻生先生の作品は楽しみにしていたいと思います!!!

4

甘々、エロエロ、時々クスッ

この本を購入しに行く前に、前巻を読み直してから購入しました。
それからこちら2巻を読み始めたのですが、恋人になってから始まっただけあって甘々!エロエロ!この二人ってくっつくとこんなに甘々なのかと吃驚しました。

2巻の最初の方は1巻の続きの時系列で、大河くんまだ高校生ですが、直ぐに手を出す!周りに人がいる宿泊イベントでも!

大河くんは圧倒的スパダリで槇原先生を翻弄したり、たまに年下っぽい可愛い所も見せてきたり、槇原先生が夢中になってしまうのも分かる彼氏力です。

話の中心はそれから大体4年後?でしょうか?大河くんが教育実習生として槇原先生に指導される事になります。

展開はとても王道です。
年の差、片方だけゲイ、昔片思いしてた幼馴染、など、くっついてからの波乱を王道通りなぞるような展開です。

でも大河くんがブレずに槇原先生一筋なので、見ているこちらは不安もなく見ていられます。

何度か喧嘩してますが、意外と槇原先生すぐに手が出るんですよね。でも大河くんは槇原先生には手を出さない。流石スパダリ。
でも痴話喧嘩に巻き込まれた京也さんはかわいそうw
修理代請求するべきですね。

槇原先生は可愛さに磨きがかかってました。年齢を感じさせない可愛さです。
大河くんに甘やかされてトロトロになってますね。
しょっちゅういじいじ悩んでいますが、大抵大河くんが直ぐに何とかしてくれるので、大丈夫です。

ほぼ甘々とエロエロで出来ていた2巻だったなと思います。
そして時々クスッとさせてくれました。

問題の解決に大河くんのスパダリ力を使いすぎな気もしますが、大河くんまでうじうじし始めると収拾がつかなくなりそうなので、丁度いいかもしれないですね。
あんまりドロドロ展開は見たくなかったので、これぐらいが楽しめました。

京也さんのスピンオフとかも見てみたいかもと思いました。





4

早く続巻を!

1巻が2020年の7月発刊だったので1年経たずの2巻で早かったと思いますが、既に続編が読みたくてしょうがありません。

2巻は高校最後の夏休みのお話から父親が登場しての進路相談までと、母校に教育実習生として戻って来る大学生編が収録されていました。

大河の父親がクセが強くて面白かったです。
2人の交際を知った彼の反応を見てみたいと思ってしまったので、続編を出して欲しいと思いました。

そして大学生編と書きましたが、大学構内は一切出て来ません。母校での教育実習生としての様子だけでした。
同じ大学の実習生女子が大河にときめいていたり、大河の担当の数学教師がデリカシー無かったりと槙原にとっては気持ちが荒れてしまう場面が何度かありました。

でも大河の一途さと執着の強さは揺るがないんですよね。その辺りが私が大河に好感を抱く理由でした。

叔父の家に突撃するシーンや、水族館でのデートシーンはとても楽しく読みました。

そしてすでに恋人同士なので、槙原が大河に甘えてて良かったですね。でも殴ったりと案外強い一面もあったりします。

セックスシーンも沢山あって、とても満足感ある作品でした。

出来れば大河の大学構内の様子や、教師になった姿も読みたいので続編を是非お願い致します!

1

甘々!年の差カップル!

前巻で晴れてお付き合いすることになった2人。
今回は、大河が教員を目指し教育実習に槙原の学校にやってきます。
ラブラブな2人ですが、槙原は自分の年齢が30代半ばに迫り、白髪が生えてきたり、痩せにくくなったり体の衰えを感じ、若い大河はやはりおじさんの自分より若い女の子のほうがいいのではないかとモヤモヤする日々。

そんな矢先、大河と一緒に実習に来ている女の子がいい感じとの噂が...

年の差カップルならではの壁が2人に立ちはだかります。すれ違う2人はどんな道を選ぶのか。

甘々な作品を読みたい方は、ぜひ!

1

良かった!!

1巻よりももっと好き!!
付き合ってすんごいラブラブエチエチな毎日を過ごしつつ、2人の将来のことも考えて行く感じが1巻の時に攻めに対して感じてた軽薄感がどんどん薄れていきました。
先生と生徒のカプって卒業後にどう呼ぶか問題があるんですけど、その辺の流れも良かったです。
でも叔父さんとお父さんと本人の顔似すぎ笑

0

相変わらず最高です。

1巻に引き続き最高でした。

今作では槙原先生の可愛い泣き顔を沢山拝めて幸せでした…!!
泣き顔が性癖なもので…。

描き下ろしの逆転プレイも良かったです!先生が可愛い〜〜ッ!!!
あと大河くんと梅宮さんの浮気(?)現場を見た後の先生の哀愁漂う後ろ姿…最高です。
梅宮さんも最終的には結構好きなキャラになりました。

それと、相変わらず大河くんの顔が良い!!
先生もお綺麗なお方で…。

友人に借りて拝読したのですが、めちゃくちゃ良かったので自分でも購入しようと思います。
続きもすごく楽しみです!

0

1巻よりさらにえちえちに♡

2巻の中で高校、大学、新社会人…と年月が一気に進みます。その中で年齢を重ねる毎に相手を好きになる気持ちとともに、元々の12歳という年齢差故の不安などが起きる巻です。

しかし大河くんの甘S言葉攻めっぷりは健在♡そして色んなシチュエーションでのえっちが最高にエロエロでした!

まだ高校時代のボランティア部で、小さい子達が扉越しに居るのに声を押し殺して致してしまうの、、、有り得ないですが、シチュエーション的には最高ですよね笑笑
大河くんのえち中先生が上手にできると「いい子」と褒める言葉が主導権握っていて最高のスパダリS♡
先生も話す言葉もままならないぐらいトロトロになってしまうの可愛いです!

最後の教師とDK逆転ごっこ、最高のシチュエーションでしたね笑笑
これだけでずっと見ていたい笑

ただ、作画(特に大河くん)が1巻の頃に比べるとアッサリ?になってしまっていて。高校時代の大河くんが本当にかっこよかったので、年齢の進み具合を表しているのかもしれませんが少し残念でした。

0

これぞ王道。

タイトルに「2」とついているところからもわかるように、『先生で、セックスの練習していい?』の続編です。

もうとにかく絵が綺麗!
攻めくんはイケメンだし、受けさんは美人さん。目が喜ぶ感じです。
続編なので前作未読だとちょっと理解づらいかな?と思いますが、これ単品でもギリ読める造りかと思います。

ということでレビューを。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。





主人公は高校教師の槇原。
教え子の大河と紆余曲折あって、無事恋人同士になったところまでが前巻で描かれていました。

今巻は前巻の続き。
甘々な恋人同士になった二人のその後を描いた1冊です。

槇原が副顧問を務める部のイベントに大河が同行するシーンからスタート。
そこで子どもと関わった大河は、自分の「将来」について考えることに。大河の進路、それは愛する恋人・槇原と同じ教師という道で―。

というお話。

ストーリーとしてはかなり王道です。
くっついた二人のその後、というと多くの腐姐さまがイメージされるであろう「とある出来事」をベースに、二人が様々な困難を共に乗り越えながら信頼と愛情を深めていくといった内容でした。

彼らはもともと教師と生徒という立場だったこともあり、年齢差がある。
つまり、槇原はもう30半ば。
それに対して大河はピッチピチの20代前半。
もともとノンケさんでもある大河と、年の差や男同士ということを気にする槇原との間に少しずつすれ違いができて…。

が、うん。
ベースは甘々です。
シリアス展開になることはほぼなく、大河の圧倒的なスパダリ感がベースにあるので甘々で、そしてほのぼの。そこに槇原のかつての想い人の京也とか大河の父ちゃんを登場させることで笑いとハラハラを魅せる。

画は綺麗で、王道のストーリーに、そしてエロも満載。ありとあらゆるエロが、今作品には詰まっています。
多くの腐姐さまの萌えをたぎらせそうな1冊です。

ただ、個人的な好みでいうと、王道すぎた感も。
先の先までスーッと見通せる展開。
「これで萌えるでしょ!」と言わんばかりの大河のイケメンさとスパダリ感。

既視感ありありの展開だったのがちょびっと残念でした。

で、もう一点。
槇原が美人さん過ぎるんじゃないかなあ…。
彼は34歳という設定ですが、その年齢にちょっと無理があるビジュアルのような気がしました。綺麗なお兄さん、を目指したのであれば、もう少し若い年齢設定でも良かった気がします。

と、若干の突っ込みどころも感じつつ、今作品のキモは綺麗な絵柄で紡がれる濃厚な濡れ場、かと思われます。2巻もエロかった…!

京也とか大河の父ちゃんもいい味出してたので、彼らのスピンオフも描いてほしいなと思います。

2

あまあま年下攻の2巻

相変わらず、不器用であまあまな元教子と教師のカップル。

美しい絵と魅力的なキャラクターたち、作画イメージに反して比較的濃厚なエロと、素敵な本なんですが、ストーリー運びがなんだか惜しいです。

どう惜しいのかと聞かれると難しいんですが・・・現実味の部分でしょうか。例えば、ボランティア合宿で子供があそこまで来てたらセックス止めるべきでしょ!とか、いくらキレてても京也さんのマンションの窓割るのは無いでしょ!とかそんなとこです。
(一方で、30代半ばは白髪が気になり始めるとかトレーニングしても現状維持が限界とか、そういうとこは妙にリアル。作者様の体感?ですかね?

いつもは世話焼き/しっかりものの受ちゃんが、エッチのときはメロメロで敬語でおねだりさせられている姿がすごくクるので、終盤の立場逆転プレイ(受ちゃんがDK役)はすごく良かったです!もっと見たい!

教育実習先=学校、就職先=学校なので、3巻も同じようなすれ違いなのでは?と思ってしまいますが、まだ京也以外の男性➡︎受ちゃんなお話は無いので、そこに期待したいです!

2

大河くんが大変

1巻で両思いになった二人。
2巻ではもっと甘々なところ見れるかな?と思い購入。

甘いですねぇ(*´ω`*)
エッチなシーンが1巻より多いです。

大河は将来の夢を見つけ、その夢に向かって進むこの2巻。
途中一気に数年話が飛ぶのはびっくりしました。
高校卒業→教育実習に変わります。
4年一緒にいると先生が言ってるのですが、
この間が何年抜けてるんだろう…?


今回は、実習絡みでひと悶着あるのですが、
槙原先生はとにかく勝手に一人で考えて悩んで
悪い方悪い方に進んでいくから
大河が可哀想になっちゃいました。
喧嘩だって殴る前に話し合えばいいのに
なんでそこで殴るかなぁ?

ちゃんと揉め事も解決するけど、
もう少し槙原先生には心の余裕持ってほしいな…と思ってしまいました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う