初のCanna×はらだ。衝撃の禁断愛、ついに解禁…。

にいちゃん

niicyan

にいちゃん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神549
  • 萌×2102
  • 萌59
  • 中立70
  • しゅみじゃない76

--

レビュー数
113
得点
3400
評価数
856
平均
4.1 / 5
神率
64.1%
著者
はらだ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784829685907

あらすじ

幼い頃、よく遊んでくれた年の離れた近所のにいちゃん。優しくて、面白くて、何でもくれる名前も知らないおにいちゃん。でも、にいちゃんに触られているところをお母さんに見られて、にいちゃんどこかに行っちゃった。にいちゃん、どこに行っちゃったの…?
BL界の鬼才・はらだによる初Canna Comicsがいよいよ発売!
「…ねえ、にいちゃん。にいちゃんのこと許して理解できるのは世界で唯一、俺しかいないよ?」

表題作にいちゃん

景,にいちゃん(近所のお兄さん)
ゆい,小学生→高校生

その他の収録作品

  • ゆい(描き下ろし)
  • カバー下:相関図

レビュー投稿数113

興味深い

前々からはらだ先生のはおすすめしてもらったり、人気でよく目に入っていたりしたことから、気になっていました。遂に最近勇気をだして買ってみました。

話のストーリ構成、着眼点が他の先生と全然違うのが、興味深く感じました。
重めですが、最後まで読んでしまいました。
全て読んだ後にじわじわと重さがのしかかってくる感じです。
読むことができてよかったですが、、また手に取って再読をする力があるかと言われると、、、ちょっと今は考えられないといったところで、中立としました。
勇気が出たら、また別の作品を手に取りたいです

0

うーん

嫌いじゃないけど好きじゃ無い。でもどっちかというとしゅみじゃない寄りかな。物語的には全然良いし、考えさせられるけど単純にショタに手を出すのが私的にダメ。でもほんとに色々考えさせられる。

0

放心状態

今まで「ちょっと怖いなぁ」と思って逃げていましたが、先日意を決して購入、拝読しました。

読む前は「最後まで読むの厳しいかな?」と偏見(?)で思っていましたが、意外とすんなり読み終わりました。ただ、読み終わったとき、ぐちゃぐちゃしたなんとも言えない感情で、放心状態でした笑「普通とは何か?」「普通じゃない人は悪者か?」と、問いかけられているような。考えさせられる作品でした。

BLで哲学的な問題を考えさせられるのが「とてもおもしろい!」と感じ、また、個人的に好きな雰囲気でもあったので、今回は「神」で評価させていただきます。
長文失礼しましたm(*_ _)m

4

新たな性癖を開きました!

最初はにいちゃんがかわいいゆいくん騙してえっちしてそれで終わるのかと思っていました。女の子のメインキャラが登場し、にいちゃんの正体を知ったゆいくんの行動に私の中で新しい性癖が開きました!
ゲイのにいちゃんが周りからどんな目で見られたのか考えさせられて胸が苦しくなります。にいちゃんがゆいくんにしたことは悪いことだけど、最終的には2人が出会えて良かったと思えます。オチも最高です。一巻完結の作品の中でめちゃくちゃ大好きなのでぜひ読んでください。

2

エゴとエゴのシーソーゲーム インモラルなヒューマンドラマ

ペドフィリアでショタコンのにいちゃんに子供の頃性的いたずらをされた主人公が、数年後ににいちゃんと再会しまた関係を結ぶ。今度は合意で。
初恋の人を忘れられない受けがけなげで切ない……というのは序盤の感想で、中盤以降は受けの元カノを交え、ドロドロ泥沼な昼メロが展開される。

小児性愛は罪なのか?
なら小さい男の子にしか欲情しない、できない人間の存在はまるごと否定されるのか?

現代社会を生きる上で避けて通れない問題提起が繰り返され、二人の行く末から目が離せなくなった。

2

愛について考えさせられる

久しぶりに読んでみたら新たな発見があったのでレビューします。
本当に、読む人の数だけ解釈がある作品だと思いました。
ハッピーエンドかバッドエンドどちらなのか、など。
個人的にはハッピーエンドだと思っていますが、別の角度から見るとバッドエンド。そうやって自分の中でも角度を変えて読んでみるのも面白いです。
小児性愛を肯定とも否定とも捉えられる描き方をされていて、そこもまた良い。

何度読んでも、主人公のゆいが本当に魔性だな…と思います。
帯に書いてある「愛を証明して?」という言葉が、本編を読んでからだとさらに深みが増して、心を抉ってきます。
きっとこの作品は、誰が悪いとか被害者とか、そういうことじゃないんだろうなーと思います。
番外編の「ゆい」が、読むたびになんだか泣けてきて本当に大好きです。
読み終わってから表紙を見ると、ああ、ここはこういう意味なのか、と考えさせられます。

読めば読むほど深くなる、神of神作品だと思います。
乱文失礼しました。

3

小説並にすごい

正直BLというより、ヒューマンドラマ見させてもらった気分で、エグいです。考えさせられるどころじゃない。
ただ、萌え要素で神と付けるというよりは、全体のストーリー自体が神って感じですね。

最近はLGBTも寛容になってきてるけど、昔のこういう迫害される中で普通に生きながら愛した人と人生を共にする難しさを表現してくれるのがやっぱりリアルで好きですね。

今では寛容になってると言ったものの、理解あるから、そういうのもあるよね!みたいに、結局は例外扱いされる苦しさとか、自分の思想を自分で信じることが出来なくなる環境って苦しいだけじゃなくて、凄い複雑な気持ちになるよなぁって思ってたことが、そのままこの作品で感じ取れました。

始まりは歪んでたかもしれない、好きになった原因も歪みから来ていて本当の気持ちじゃないかもしれない、自分がおかしいかもしれない、色んな思いや葛藤がある中で、この2人はこれからもこの世の中を生きていかなきゃいけないんだよなぁと最後まで立体感のあるお話でした。

段々自分でも何書いてるか分からなくなってきたけど、とにかく一言では説明できないです。読んでください!

2

深い。

レビュー欄の皆様も書いてたりするから私が重ねて書くのはどうかと思うけど「BL」というよりは「普通とは何かをすごく考えさせられる作品」だと思う。テーマもテーマだし終わり方も終わり方だし好き嫌い激しく別れる作品だと思うが間違いなく神作品だとは思う。キャラクター全員に感情移入ができるから読んでいてしんどくなるときもあったが最後まで読みたいと思えるし読んだあとはエンドのモヤモヤ感が残りつつも読んでよかったと思えた。自分の中での考察(?)みたいなのがあるが、それも人生経験を積んでいくうちにどんどん変わっていくと思う。しばらく経ってからまた読み返したい。

ハピエン厨にはおすすめしない。

4

マジで性癖に刺さりました!

わたしはバッドエンドや不明エンドが大好きなんですが、「にいちゃん」は、初めからどこか暗い雰囲気があり、最終的に、両想いで、くっついたのにハッピーでは無い終わり方で、分かり合えるのは2人だけって言うのが本当にすきです語彙力が皆無なんですが、これだけは言えます‼️ほんとにはらだ先生に出会えて良かったです

2

圧倒的メリバ

しっかり犯罪的な内容だけど、ただ大人が子供に無理やり手出しかけちゃいましたーとかそういうレベルとか類の作品では無いです。寧ろどうレビューすれば良いのか、はらだ先生の作品の素晴らしさをどうやって表現すればいいのか分からなくてしばらくレビューが書けなかったくらい物凄い作品です。ただ好き嫌いはハッキリ分かれると思います。わたしは多少歪んだキャラや闇があるキャラが好きなのでとてもハマれました。攻めの危うさがとても良かったです。最終的に2人の世界で幸せにハッピーエンド?かと思いきや、やっぱり不穏。苦しくて読んでる途中何度も泣きました。これで続編がないのも逆に良かったです、綺麗な終わり方だったと思います。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う