テンカウント (2)

ten count

10 count 2

テンカウント (2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神594
  • 萌×2160
  • 萌66
  • 中立26
  • しゅみじゃない61

--

レビュー数
76
得点
3834
評価数
907
平均
4.3 / 5
神率
65.5%
著者
宝井理人 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
テンカウント
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784403664403

あらすじ

「今日ずっと、黒瀬くんに
触られることばっかり想像してました」

心を預けはじめていた黒瀬から、
突然カウンセリングの終了を告げられた城谷。
ショックで引き籠もる彼のもとに、
再び黒瀬から呼び出しのメールが届く――。

黒瀬の隠された胸の裡を知り、城谷は……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、
二人の関係が加速する、急展開の第2巻!!

表題作テンカウント (2)

黒瀬陸,無愛想なカウンセラー
城谷忠臣,潔癖症の社長秘書

その他の収録作品

  • 黒瀬くんと城谷さんと洋服(描き下ろし)
  • 黒瀬くんと城谷さんと敬称(描き下ろし)

レビュー投稿数76

急速に距離を縮めたな!?

なんだか急速に距離を縮めたな!?と驚いた二巻目。
一巻で引っ掛かりつつも適当に納得させ、後に謎が解けることを期待して読み進めましたが、逆に謎が増えてしまいました。全てに深い意味はないと念頭に置いて読まなきゃいけなかったみたいです。
潔癖症描写も一巻とはちょっと変わってます。過去描写がなくなり、細菌がどうのこうの。それ考えるタイプの潔癖症だと、一巻での城谷の行動におかしな点が出てくると思うんですが。
黒瀬の謎はまだ引っ張ります。二巻ではまだ城谷にプライベートで関わる話を持ち掛けた理由が分かりません。ただこれが城谷に無関係なことだと好きになるのが早いなあと思ってしまうかも。健気に治そうと頑張る姿が良かったから?一巻の城谷に萌えるところはなかったので黒瀬に共感はないですが、いつ明かされるのかな。
やっぱりここまでの人気作になるとハードル上がっちゃってダメですね。もっとすごい何かがあるのかと思いました。どっちかというと角が取れて万人受けに特化してるような。二巻時点では刺さらず、です。

0

萌えの供給キタ!

1巻では「この2人、触れ合えるのか?」と思ってましたが、2巻で一気に進展しましたねぇ。

手に触れる→ハグ→お手手直ナメ→服の上から手コキ
さらにさらにお酒が入っているとは言え、黒瀬の部屋のベッドで…!
城谷の気持ちになるとかなり萌えます。
汚い、汚れる、気持ち悪いと思いながら抗えない身体。
理性と本能のせめぎ合いが堪りませんね。

すごく近づいたようで、まだ単純なスキンシップに慣れない矛盾ももどかしくて良いです。
キスもまだなので、どの辺りでどのように初キスとなるのか気になります。

黒瀬がどの時点で、城谷の何処を好きになったのか分からなかったんですが、この先明らかになればスッキリするかなぁと思います。

0

「もっと嫌な思いさせてあげますよ」

1巻の続きとは思えない…!!突然のドエロい展開に置き去りにされそうな2巻

クロセくん覚醒している。シロタニさんが無自覚にめちゃくちゃ煽ってくるからクロセくん覚醒してるぅぅうっ…!

痛い系のSMって苦手なんですが、恥ずかしい系のSMは大好物で、その流れから行くと、恥ずかしい系とはまた違うんですが、非常に美味しいです。涎止まんないヨ、、!「あんた」呼びも萌える!

恐怖やら緊張やら嫌悪感やらで、ほんとうなら今すぐ突き飛ばして全力消毒してやりたいのに、身体が動かない。拒絶する一方で、無意識下で求めている。期待している。甘い感覚を、身体が覚えている、、

tKB舐められて、tnkしごかれて、ドアノブさえ握れない、外食もできないのに、他人のモノを擦り付けられている。恐怖に勝る、快楽

それでも、受け入れられないものも、まだたくさんある。例えば、頭を撫でられることとか

おまけマンガで、呼び捨てに萌えるクロセ可愛い

0

モノのサイズ

城谷は勝手だけど、それ以上に勝手に構ってきたのは黒瀬です。そして勝手に関係を断つ黒瀬。さらに突然好きとか言ってくる黒瀬。なんなんだこのぐるぐる…久しぶりに読み返してますが、この人らの人となりは友達になりたいソレではないなと改めて…しかしこれはBL漫画。2人の相性が良ければそれでいい!

そして突如おせおせの黒瀬。緩急〜〜〜
潔癖じゃなくても友人に指舐められたら気持ち悪いですけどね。これはBL漫画なので(2回目)
"宝井先生のSM"は露骨に器具など使ったりするSMではないタイプのSM。Good Boy的に繰り返される「偉いですね」。面白くなってきました。

城谷と黒瀬のモノのサイズの差が大変いいです。浅黒くないあたり宝井先生の作画ですけど、ここまで明確にサイズが違う露骨さ。白抜き修正だと分からないんだろうな…

0

急接近の2巻

めちゃくちゃ気になるところで終わった前巻でしたが、2巻は一巻の終わりがきっかけで急速に2人の距離が縮まります。
一巻でもすごく可愛かったんですが2巻に入ってからの城谷が可愛すぎる‪……表情がエロい‪……。とんでもないことをされてすごく怒っててもちゃんと次の待ち合わせに行く城谷のかわいさに思わず微笑んでしまいました。行くんかい。
前巻までと違って吹っ切れた黒瀬が色々やらかし前巻では考えられないほどのあれやこれを見ることができて最高の2巻でした。城谷無自覚にエロすぎるな‪……。

0

帯に衝撃

「もっと嫌な思いさせてあげますよ」
なんて衝撃的な帯なの‥!!!
黒瀬のSっぷりが表された言葉です。
でも不思議と嫌悪感も恐ろしさも感じないのは黒瀬のSは精神的Sだからだな、と思っています。
実は肉体的な鬼畜っぽさよりもジワジワとツラいかもしれませんが。(城谷にとっては)

潔癖症を克服するためのカウンセリングに独占欲を滲ませる黒瀬の感じがまた何とも言えずエロい!
そして自分をよくわかっていない城谷がもどかしくも可愛い!
1巻からの急展開に、この先の期待が高まります。

0

ちょっとネタバレ!

怒ってる城谷さん可愛すぎです!!あと黒瀬くんドSすぎじゃないですか!?汗でもそんな黒瀬くんをときどき驚かせる城谷さん、やっぱりかわいい!2人の関係が少しずつ進んでいくのがとても好きです。潔癖症がゆえ人の体の温かさに慣れてないのが、切なすぎて泣きそうでした(T-T)

0

この若さでSを効果的に使いこなす黒瀬、恐るべし

 全巻読んだ上で今思うと、この2巻が2人の大きな転機であり、潔癖症である人間を性行為で汚すという背徳感を最も強く感じられる巻だったんじゃないかと思います。どんな塵や埃が混じっているかも分からない雨に濡れて夢中で走ってきた城谷、黒瀬の服に大人しく包まれた城谷、黒瀬に手を舐められたり手淫されたりしても振り払うことができなかった城谷。1巻からは想像がつかないほど速いスピードで、彼はいろんなものを受け入れていきます。

 もちろん、どれも治療のためにゆっくり段階を踏んで行われたものではないので、その時その時黒瀬に振り回された結果、城谷が咄嗟に受け入れてしまったという部分も大きいとは思います。でも、城谷が最終的に拒否せず受け入れる選択ができたのは、やはりこの時点である程度黒瀬に期待を抱いていたり、彼からの好意を心地良いと感じていたりしたからだと思うんですよね。治療も含めいろんな意味で、この人は自分をまだ見たことのない世界へ連れて行ってくれるかもしれない、という漠然とした期待があったのかなと。

 さらに、黒瀬のSな性格も結構見えてきたように感じました。敬語は崩さないし、城谷が本心から拒否したら引くこともできる、とても紳士的な物腰の黒瀬。そんな彼が必要最低限の言葉で、城谷の弱みを突くことが何度かあるんです。Sな攻めってたくさんいるけれど、一方的だったり暴力的だったりする言動を一切取らずにここまで相手を追い詰められるキャラは、意外と少ないんじゃないかと思います。潔癖症に加え、SMの要素もちらつく、今後に期待が高まる巻でした。

0

意外な展開。テンカウント2

2巻。

1巻は非常に面白かった。
しかし、この2巻はあれよあれよとエロ巻に突入してしまった感があり、戸惑いの方が大きい。
何か子供の頃のトラウマ?が尾を引いて接触恐怖になってる城谷は、怖くて気持ち悪いことをされても硬直して何もできず。
そういうシーンはまるで性的暴力を受けている女性のようで、読む側として苦しい。
一方、黒瀬の方もどうやら心理的に何か秘密がありそうな匂わせがある。そして徹底的に無表情で何考えてるのか全くわからない不気味さがある。
好きな人が潔癖性なのに、自分勝手に。こういうのがドSっていう解釈なんですか?
されてる城谷の方も受け入れてるような描写が恐怖症との整合性が無いようで、どうも違和感を感じます。
エロが悪いわけでは無いんだけど…あまりに性急。
あの10項目をゆっくりクリアしていくのか、と思っていた私の読みが外れただけなんですけどね。

1

黒瀬が謎です

黒瀬に突き放されて引きこもってしまう城谷。

気がついたら黒瀬からメールでカフェで待ってるって。雨の中苦手な電車に乗り急いで駆けつけます。

黒瀬と会う前の自分に戻して下さいって言う城谷が切ないです。

黒瀬が城谷のことを好きだって!無表情無愛想なのに本当?
カフェで会う約束がドタキャンになったあと病院へ寄った城谷に黒瀬は!おお!いきなりかい!いやBLですからね。そりゃあありますよ。

その後も食事したり黒瀬の部屋へ行ったり。
黒瀬のことを会えなくなったら困る存在から会いたい存在になったのかな?
無自覚に黒瀬を煽っているようです。
またまたされちゃいますが嫌悪感より快感を感じてるようで。

城谷は頭を触られるのが地雷なようです。何があった?これもトラウマの理由が今後明かされるのでしょう。辛かったら辛いなあ。

最後のコマの紙袋は何?もうスーツ買ってあるの?それとも別のプレゼント?

書き下ろしでは無表情ながらも萌えてる黒瀬でした。

本当に黒瀬は城谷を好きなの?どんな意味で?謎です。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う