テンカウント 1

ten count

10 count 1

テンカウント 1
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神661
  • 萌×2240
  • 萌129
  • 中立60
  • しゅみじゃない63

--

レビュー数
116
得点
4712
評価数
1153
平均
4.2 / 5
神率
57.3%
著者
宝井理人 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
テンカウント
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784403664199

あらすじ

この世にあるものはすべて汚い
潔癖性の孤独な心をほどく、恋のセラピー。

「黒瀬くんといると、少しだけ普通の人になったみたいに錯覚する」
潔癖性の社長秘書・城谷は偶然出会ったカウンセラーの黒瀬から、潔癖性を克服するための個人的なカウンセリングを受けることになる。
10項目を1つずつクリアする療法を進めるうち、次第に黒瀬に惹かれていく城谷だが…?
無愛想なカウンセラーと潔癖性の社長秘書、センシティヴな恋のセラピー。

表題作テンカウント 1

黒瀬陸,無愛想なカウンセラー
城谷忠臣,潔癖性の社長秘書

その他の収録作品

  • 黒瀬くんと城谷さんと花粉症(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数116

No Title

おおおおもしろい!
なーんの予備知識もなく読み始めたから、
表紙のマスクボーイがカウンセラーだと思ってたら!
潔癖症ボーイの方だった!
テンカウント、ってそういう意味だったのか。
城谷の10番目の項目ってなんだろう?
キスかな?エッチかな?
潔癖症になった原因はお父さん?なのかな。
黒瀬は一目惚れなのか?
電車トラブルで抱っこされるくらい一気に距離が縮まったけど、この先どうなる⁈
色々疑問が湧く中、最後まさかのもう会わない宣言。
次巻もたのしみだ!

0

様々なメディア展開も納得の作品

BL世界を深く知る人間なら知らない人の方が少ないであろう作品の1つ。
ゲーム・映像化もされるのも納得の作品です。

潔癖症という、言葉だけではとっつきにくい感じがするかもしれませんし、実際お話も明るくハッピーとは言えません。表面ずらだけで絵やストーリーを見ると一見痛々しいところも多いです。しかし、読めば読むほど、主要キャラクターもそうですが、脇役(と、言いたくないのですが)の人間像(人間関係)が見えてきて、何度もスルメのように読み返したくなる、そんな作品です。 
作品も完結しましたし、読んだことがない人は是非、この機会に読んでみることををお勧めします。

0

読み返します(≧▽≦)

たまに読み返したくなるお話。

受け様は社長秘書で、潔癖症の城谷。
カウンセラーの黒瀬と偶然出会ったのが縁で、話をすることに。
もちろん、このカウンセラーが攻め様。

まだ1巻の段階ではえちシーンはおろか、キスシーンもないのですけど。
でも、お姫様抱っこです♡
電車のドアが開いたら、目の前でイケメンがイケメンをお姫様抱っこで出てくるなんて僥倖があったら、ガン見しちゃうわ(≧▽≦)

黒瀬が、さすがカウンセラーだけあって、潔癖症への理解力があって、そばに居てもラクなんだろうな。
城谷が喫茶店でドアノブに触れて開けるまでの、黒瀬の時間稼ぎのあれこれがなんだか愉快。
自分のせいで不愉快な思いをさせてないって、自然の配慮さがスマートで(*^^*)
潔癖症って、人間関係に直結するものなんですね。

心を許しかけたのに、笑顔でさよならされて涙を流す城谷。
ムキーι(`ロ´)ノ
責任とれや、黒瀬!

すぐに、2巻ヘゴーです。



0

好きな人は好きなんだろうな

2巻から面白くなるのかもしれないですが,個人的には
話が印象に残りませんでした。
設定のせいで,見据えきった展開とラストただ待っていくだけの話に感じてしまいました。この作品がお好きな方は,多分まずそういう設定から好きなんだろうなと思います。

0

ゆっくり

ていねいていねていねーいにー

0

繊細で綺麗

潔癖症の美人な受けさんと心療内科勤めの攻めくんですが、潔癖症設定を活かしたエロスがとても良いなと思いました
有名な作品なのでレビューするまでもないかなと思ったのですが
えちえち、かつ心情重視ってこんな作品をいうんじゃないかなーと

1

テンカウント1

レビューがすごく良かったので全巻イッキ読みさせてもらいました。
初めて読んだ作者さんでした。

1巻は展開としてはゆるい展開かもしれませんが、硬派かと思いきや不潔恐怖症で人との距離に一線を引いてしまってる城谷さんはいい意味で)弱々しい可愛い部分があったり、冷たい雰囲気を醸し出しているように見えて優しい強引さ(?)がある黒瀬くんには出会って間もない城谷さんに特別優しくする理由があったり…など結構読み返しても面白い展開になってて読んでて楽しかったです(⑉• •⑉)❤︎

最後の最初で最後の握手のシーンはすごく切なかったです;;

2

初対面の二人の駆け引きに惹かれました。

 不思議な空気感に引き込まれて、一気に読みました。
 潔癖症の城谷に初対面で踏み込んでくる黒瀬。
 普通なら城谷が警戒してしまう展開ですが、黒瀬の関わりを受け入れることを納得できる絶妙な心理描写です!
 黒瀬の考えていることは、読者に見えないところが多く、ミステリーを読み解くような感覚にもなりました。城谷は自分なりに生活していく努力をしているので、ひどい目に合わせないでほしい。そう願わずにはいられませんでした。

0

私の初めて

BLのBの字も知らなかった本屋さんで一巻の表紙の美しさに目を奪われ内容も何もかも知らず、全巻大人買いし一気に読んだ事今でも印象に残って仕方がない作品。

感情があまり出ないカウンセラーの黒瀬くん
社長秘書をしている潔癖症の城谷さん

城谷さんの潔癖症を治すためのテンカウト。
ふたりのそれぞれの過去との向き合い。
互いの気持ちに向き合い。


表紙も中のカラーも美しく福眼。
城谷さんのスーツ姿に黒瀬くんの腹筋からの腹斜筋。

スーツフェチ、年下攻め、ツンデレ、と私の性癖を決定付けて、深く楔を打った美しい作品です。

0

最高

全巻読みましたが良かったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う