「…俺の10年以上の好きだよ」

鈍くてかわいい君でなきゃ

nibukute kawaii kimi ja nakya

鈍くてかわいい君でなきゃ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神76
  • 萌×224
  • 萌15
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
15
得点
524
評価数
118
平均
4.5 / 5
神率
64.4%
著者
あずみつな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
B.Pilz COMICS
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784867870099

あらすじ

世間では王子様キャラで通しているアナウンサーの鮎川は、
自分よりも人気な他局アナの沖をライバル視している。
高校時代、何をやっても沖に勝てなかったからだ。

就職後は疎遠になっていたけれど、
沖の女性関係スキャンダルが騒がれた際、
彼は急に鮎川を訪ねてきて
――「ふみしか頼れないんだ」
見たことない表情で縋ってくるのを邪険にできず、
なりゆき同居生活が始まってしまい!?

世話焼き愛強めイケメン×鈍感負けず嫌いチョロメン

人気アナたちのじれじれ近距離ラブ♡

表題作鈍くてかわいい君でなきゃ

沖慎一郎,アナウンサー
鮎川史頼,アナウンサー

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下(イラストラフ/2人でおしごと)

レビュー投稿数15

不器用スパダリ×安定のチョロイン♡

あずみつな先生はどんな設定でも、例えキャラのビジュアルが苦手(メガネ)でも、とりあえず作者買いしてます!

先生の受ちゃんは自分大好きチョロイン多め。一方の攻くんはクズだったりイケメンだったり・・・今作では受ちゃんのことが大好きなちょっと重めのスパダリです♡

ストーリーとしては、学生時代からのライバル(というか受ちゃん=ふみが一方的にライバル認定してる)で親友?な二人が、アナウンサーになって別局で働いている中、攻くん=慎一が不倫疑惑で週刊誌に載ってしまい、追われているところを受ちゃんのおうちに転がり込む、というもの。

はからずも同棲生活が始まり、慎一のことを心配しつつもQOL爆上がりだし、なんでもできちゃう旧友から頼られて気持ちいいしで、ちょっと嬉しそうなふみ。

要所要所で慎一の要望が溢れて距離感バグってるんですが、そうとは気づかず『落ち込んでるんだな・・・』と受け入れるふみ。

チョロ可愛いすぎるだろ・・・
アラサー男子だぞ?_(:3 」∠)_尊

不倫騒動が解決した後もガンガン攻めよう!モードなんですが、気づかないふみ。だが、俳優にケンカ売るのはやりすぎだ!慎一落ち着いて!!(心の叫び

そこからなんやかんやあって(結果、横山さんグッジョブか?)、慎一の一世一代の告白シーンにたどり着くわけですが・・・慎一はスパダリみがあるし策士っぽいのにふみにたいして不器用なとこがたまらないです。計画的ではなく溢れてしまう感じの告白。とても良い_(:3 」∠)_

くっつくまでが長いので、えっちはほんの少しなんですが、慎一にぎゅ〜っと抱きついて抱かれるふみがめちゃくちゃに可愛いです♡

4.5くらいですが、贔屓も含めて神評価で!

5

店頭で気になって購入

当たりでした。すごく面白くて買った日に何周も読みました。作家様の他の作品も読んでみたい。

1

鈍感かわいい!

あずみ先生のチョロ受けはどうしてこうも可愛いのか!!

隠れ激重世話焼き沖と鈍感も鈍感なふみの仮同棲が可愛くて可愛くて!
距離感バグってる友情以上時代から得られる栄養素~

高校時代、アナウンサーになってからも敵わなくて、内心と沖の前だけメラメラなの可愛い!!
慈愛たっぷりな沖がこれまた良かったです!!

気持ちが通じあって良かったね、良かったね~という気持ちになり、
えっちシーンがこれまたツボでした!!
擬音使いにより、どんどん激しくなってくのがじわじわ伝わってくる……
沖の積年の想いを感じちゃいました!!

2人のやりとりが可愛くて、わきゃわきゃにほっこりでした!!

0

アナウンサーのお仕事要素も多めのBL

アイドルや俳優ではなくてアナウンサー同士のBLって初めて読みました!時間の制限やマネージャーの有無、プライベートの制限が芸能人に比べて少ないけど、何かあったときは芸能人並みに人からの視線や言葉にさらされる、そして芸能人以上に1度作り上げたキャラクターを崩すことが難しそうな印象を受けました。

だからこそ表と裏でキャラクターを使い分け、裏の顔を昔から共有している2人のお互い気を許している空気感が良かった…
何より慎一はふみに好きの気持ちがバレないようになんとか堪えてたけど、ふみにとっても慎一は間違いなく必要不可欠(恋愛以上に人として)なのがものすごく伝わってくるから、読者視点としては大変もどかしい…

最終的になんとか甘えようと下手くそながらに頑張るふみをも見ることができて大大大満足です!!可愛かった!!

0

240P超の初心なかわいさ

え、ええぇ〜〜… なにこれすごくかわいかった…

「友人のことが好きすぎてどうしようもないのに相手が鈍すぎる」
なんてタイトルの本を攻めが出せそうなくらい、受けのふみこと鮎川が鈍感で面白かったです。自己愛強めでポジティブなところもなんだか憎めないかわいいやつで好きでした。
好意を隠す気がない攻めに気付かない受けの鈍感力の強さが上手く噛み合っていてなんとも愉快なんですよ。
毒気のない平和な世界で「なんで付き合ってないの?」状態の距離感がおかしい2人を読みたい方はぜひ。
240P超の厚みで大人の友達以上恋愛未満のもだもだがじっくりと楽しめるうれしい1冊です。

TV放送局違いの人気アナウンサーであり、学生時代からの友人関係でもある2人のお話なのですが、メインとなるのは攻めの慎一郎のどでかい片想いがなかなか実らないもどかしさ。
受け視点で始まる物語だというのに、過去の回想と現在を見れば、どこからどう見ても攻めは受けのことが好きだと丸分かりなんです。
そう、読み手は全てを知っているわけです。

学生時代はライバルでもあり親友のような関係性だったけれど、それ以降は若干疎遠になっていた2人。
あることをきっかけに同居することになり、そんな中で繰り広げられるBL七不思議のひとつ「噛み合わなさがなぜか上手い具合にすれ違って別方向でカチッと噛み合ってしまう」図が焦ったくも楽しくって!
慎一郎は要所要所で読み手から見れば堂々と好きアピールをしてはいるものの、心地良い親友関係である今を崩すほどドンとは行けないタイプなんです。
他のことはサクッと出来てしまいそうなのに、対ふみとなるとヘタレててんでだめなのがちょっとかわいいなと思ってしまいました…
本当は頭からぺろっと食べたい肉食なのだろうけれど、食べすぎてしまうから我慢をして草食なふりをしているような…かわいかったです。
2人のオンオフの差もすごく良かったなあ。
ふみの家で同居をする2人の雰囲気が長年知っている間柄だからこその絶妙な茶の間感があって好き。ずっとかわいいんですよね。

なんでこんなバグった距離感なのに付き合ってないの?を生暖かく見守り楽しく追いかけながら、時に焦れてごろごろ転がり、ふっと降りてきた甘みの訪れに両手を挙げて万歳したくなるような、とってもかわいくて最高に初心な恋のお話でした。
終始ほのぼのとした気持ちで読める良い暖かさがありますよ。

0

愛の一歩手前がハラハラ 大人のピュアな恋愛

沖×鮎川


アナウンサー業界がリアルで素晴らしい。

近距離なのに、
何が何でも踏み出せない様子がじれったくてもどかしい〜!
沖の一途な恋心が切なくて、
その気持ちが鮎川に届くのを見守るのがドキドキしてしまい、
鈍感っぷりの鮎川が、
沖の愛情と自分の感情に気づくまでの過程がハラハラさせて、
本当に鈍くてかわいいから!沖も私も愛おしく思うのも仕方ない!


鮎川、
表面上は王子様を演じているけど、
実は沖に対してコンプレックスを持っている。
でも、ちょっと無自覚で、
沖に対してするちょっとした気遣いとか、心配する様、
行動で示されることが好意たっぷりわけ。


沖、
愛情表現が控えめだが、
その分、行動一つ一つに深い意味が込められている。
心の中にもやもやしているのだろう。
少し寂しげな表情、もう恋が溢れすぎている。

昔の感情がグチャグチャに絡み合って、

じわじわと関係性が変わっていく2人を見ると胸がいっぱいになる。

着実に愛を実らせてからの愛情が溢れる2人の姿と、
その安心感満点の甘エッチも、
心にほっこり温かい気持ちを運んでくる。

大人の甘酸っぱいピュアな恋愛が、
2人の心の変化や細かい感情の動きが丁寧に描かれていて、
穏やかに悶えさせられる心地よい作品でした。

5

鈍すぎる!

フォロワーさんの感想ポストが後押しとなりポチっと。
丁寧で素敵な作品でした!

とりあえず受の鈍さが半端ない笑

誰が観ても明らかなレベルで攻の愛情がダダ漏れなのに、受は何も気づかずしかも抜◯あいはOKする始末...

当て馬に触発されるかたちで攻が想いを告げ、やっぱり1ミリも気づいていなかった受も流石に意識せざるを得ない展開に。

最終的に結ばれますが、受も最初から攻のこと結構好きだったのではと思いました。
そこも含めて鈍感ってことなのかな?

外面のいい二人のプライベートとのギャップも良かったです。

2

とにかく鈍感でかわいい!

タイトルからかわいいお話だとわかりますよね。ホントにかわいいお話でした。

本テレの大人気アナの沖慎一と東テレの期待の新人アナの鮎川史頼(ふみ)は元同級生。
ふみは沖が転校してくるまでずっと一番で学校の王子様だったのに、沖には負けてばかり。沖がアナウンサーになると聞いたので、今度こそおまえに勝ってやるとアナウンサーを目指しました。
晴れてアナウンサーになったふたりですが、就職してから慎一とは会えない日々が続きました。

物語は、女優との不倫が報道された慎一がふみの家にやってくるところからはじまります。頼れるのは俺だけと喜ぶふみ。ところが慎一は…。ふみが好きなんだろうな、とこのあたりから読者にはわかってしまいます。
鈍感なふみは「一番の親友」だからと喜んでいますが、慎一は美味しいご飯を作ったりスキンシップを測ったりとふみを絆そうとしていきます。気づかないうちにふみも慎一にドキッとしたりもします。この辺り、もうタイトル通りですよ!普段は王子様のフリをしているふみですが、慎一のアプローチにも気づかず慎一の前でコロコロ表情を変えたりしてとてもかわいいです。

慎一の不倫が誤解だと世間に知れ渡りますが、ふたりの同居はそのまま続き、ついには一緒に住んでいることもバレてしまいます。
それからふみのテレビ局が慎一の人気にあやかってなんとか(局の規模も人気も違うのに)コンビで売り出そうとしたりします。ずっと慎一をライバル視して、いつか追い越したいと思っていたふみは複雑な気持ちでいますが、慎一はデレデレです。

ふたりの同居生活が続く中、ひとりえっちを酔っぱらった勢いで慎一に手伝ってもらったり、当て馬になる俳優の横山と仲良くなったりと、ふみの鈍感力は発揮中です。
「ふみはバカなのかもしれない…」そう思う慎一。うん、読者もそう思ってるよ。でもかわいいよね、ふみ。

後半ではふみのかわいらしさがどんどん溢れていきます。個人的なお気に入りシーンはゴリゴリと慎一の太ももに頬っぺたを押しつけているふみの顏がとてもかわいくて大好きです。
そしてかわいらしさと比例してだんだんと慎一のことを好きになっていくふみ。慎一のふみへの気持ちや過去の出来事なども描かれているので、やっぱりね、そうだったんだね、と納得のいくふたりの結末になっています。
どんどんかわいくなっていくふみをぜひ楽しんでください。

2

大人チョロメン

まず表紙がとてもかわいい〜(*^^*)
なんか上下に分割されてる表紙ってすごく目を引くというか。。。好きです!
オンオフが見られて2度美味しい(*^^*)

アナウンサー物です。
受けのふみが攻めの慎一に一方的にライバル視しています。
ライバル視してるはずなのに、とあることがきっかけで二人の距離がグッと近くなり…と、ありがちっぽい設定ではあるのですが、退屈さはありません!
ふみのチョロメンさ具合が可愛くて笑
笑えるところもありました!
チョロかわな受が好きな方はぜひ!

1

個人的な嗜好による辛口込みのレビューです

あずみつなさんはゆる~く作家買いしてます。
刺さる作品はめちゃくちゃ萌えに刺さるけど、
刺さらないときはトコトン う~ん? となっちゃう…;

で、今作は個人的に後者でした。
同衾だったり、付き合う前の距離感だったり、
個人的に性癖ドツボな萌えもあったけどピンと来ず。

200P越えの分厚さなんですけど
話のスピード感が好みに合わず中弛みを感じました。

ただ!あずみつなさんの描くチョロイン受けは
安定して最ッ高~~~~に か・わ・い・い !!!!!!!!
超鈍感なんでめっちゃ焦れったいんですけどね~!

(受け本人は、)
(かわいいと言われるのに抵抗あって嫌がる)
(そんな所も含めてかわいい奴め!ってなる)

攻めで萎えて・受けで萌えるって感じかな(∩´///`;)
私の萌えセンサーが鈍ってるだけだと思います。
ちょっと辛口込みのレビューですみません。


さてさて。

攻めと受けは学生時代の友人で良きライバルです。
攻めがアナウンサーになると告げると、
受けもアナウンサーになって攻めに勝つと誓いました。

そして希望通り2人ともアナウンサーになるも、
受けが飲みに誘っても攻めは断るばかりで疎遠になり…。
今では画面越しで姿を見るだけの元友人になってます。

そんなある日
攻めが大きなスキャンダルに巻き込まれてしまい、
受けに助けを求めるところからストーリーが始まります。


感想がまとまらないので箇条書きで失礼します。

◆好きなところ◆
・同衾。付き合ってないのに近い距離感も好き
・料理上手な攻めによる餌付け
 (美味しくご飯を食べてる受けがかわいい…!)
・カッコ良く思われたいのに可愛い扱いされる受け
 (可愛い扱いされて嫌がるのが更に可愛い…!)
・鈍感すぎる受けがジワジワと気付く過程
 (気付くの遅すぎて焦れったいが可愛いから許す…!)
・『ふみは…バカなのかもしれない…』
 (個人的にこの作品で一番のパワーワードwww)
 (鈍感すぎる受けに対する冷静なツッコミおもろ)

◆刺さらなかったところ◆
・攻めがイマイチおっさんくさい。ホント同級生?
・攻めの遠回しアピールがグダグダ
 (受けが鈍感ってわかってるならもっと切り込め)
 (チョイチョイ小出しアピは中弛みが否めない…)
・攻めが好ましく思えないせいか片思いの切なキュンが味わえない

初読は普通に楽しめました。
本はすぐに読み返す派だけど2回目以降は目が滑る;
いつもみたいに前のめりで読めなかった部分もあり、
萌えセンサーが作動しないままの辛口感想ですみません。

でも好きなところはホント好きなんですよ!
あずみつなさんの描くアホの子チョロイン受けは至高+゚。*(*´∀`*)*。゚+

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う