惡VS惡――背徳の逆転劇

毒を喰らわば皿まで ~箱詰めの人魚~

doku wo kurawaba sara made

毒を喰らわば皿まで ~箱詰めの人魚~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

152

レビュー数
4
得点
161
評価数
36
平均
4.5 / 5
神率
69.4%
著者
十河 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
斎賀時人 
媒体
小説
出版社
アルファポリス
レーベル
アンダルシュノベルズ
シリーズ
毒を喰らわば皿まで
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784434307447

あらすじ

日本人男性だった前世の記憶があるアンドリムは、自身が生きているのが乙女ゲームの世界であることに気づく。彼は前世の知識と現世で得た才を活かし、己の運命に打ち勝ち騎士団長のヨルガと番になる。それから三年。アンドリムが相談役として力を貸しているパルセミス王国では、国王ウィクルムの結婚の日が迫っていた。婚礼に出席しようと各国の要人達が集まる中、パルセミスの王城に不気味な木箱が届けられる。その箱の中には、口がきけず、歩くことができない――「人魚」を想起させる、美しい裸の少女が入っていた。怪しい贈り物から悪意を感じたアンドリムは、箱を送った人物の目的を探り始めるのだが、次第に悍ましい真実が明らかになっていき――!?

表題作毒を喰らわば皿まで ~箱詰めの人魚~

ヨルガ・フォン・オスヴァイン,騎士団長
アンドリム・ユクト・アスバル ,(元)悪の宰相,45

レビュー投稿数4

シリーズで一番BLしてた!

シリーズ3作目⭐︎今回は前作、前々作のキャラが目白押し。
その後の皆さんが垣間見れる感じでした。
3作目はそれぞれのキャラクターの掘り下げのが表立ってたかな?
設定が細かくて行きつ戻りつしながら読みましたが、ストーリーだけでいうと2作目が一番面白かった。

BL作品で女の人がしゃしゃってるのが嫌。ってコメントを時々見かけますが、今作でその気持ちに激しく共感。
美意識高い男の子が、俺はお姫様扱いされて当然!みたいなキャラは割と好きなのですが、
実際にそれを女がやると妙に白ける…

1作目もちょっとそんな感じがあったけど、
頭の悪い自意識強目の女子がキャンキャンしてるのウザいわ~
同じ事を男の子がしてたら妙に可愛く思えるのに。。


そして最後まで特に触れられなかったお腹の子の心音が2つの謎。
双子ってわけじゃなかったのかい??
何か私が読み違いしてるのか??

1

毒を喰らわば皿まで 3作目

個人的には第1作がいちばん好きです。
完全に悪だったアンドリムとマラキアは、だいぶ、根はいい奴になってきたなあ、と感じました。
しかし、今作も面白く、一気に読み進めてしまいました。

1作目のエピローグでサラッと綴られた、アンドリムとヨルガの最後までのエピソードが少しずつ明らかになり繋がっていくのが面白く、切ないです。
Xデーまであと何年、、、、?と数えてしまいます。

リサルサロスの王太子ダンテと、ジュリエッタの第一子アルベールがとても可愛く、未来がどうなるのか気になります。
どっちが受けなんだろう。ダンテかな(笑)

また、十河先生は男女間の関係性や女性を描かれるのも、とてもお上手で、BL作品ではありますが、女性がすごく素敵です。
お伽噺のように夢があり、うっとり。

だからですかね、なんとなく、エチシーンの色々なプレイが、今それじゃない感がして(笑)、萌2評価にしました。

続きがあるのなら、また、是非読みたいです。

1

3冊目にして

私はどちらかというと理不尽キャラに対する処罰感情が強くて、こちらのシリーズ作品はそういう点で大変好みでした。だけど今回は今までの流れとちょっと違ったように感じました。

まず今作の事件はヨルガとアンドリウムや家族たちには直接関係ないんですよね。だけどリサルサロスの王と王太子の為に動いてて、不老長寿の秘密を手に入れたところは流石でした。

これでアンドリウムの悩みも…とならないところがとても面白いのですが、まぁ一巻の最後が変わることはないのでこうなることは分かってました。
ただマラキアが何を失ったかは知りたかったかなというのが本音です。

事件の真犯人は呆気なくリサルサロス王にヤラれてましたが、最後のとある人物の暴走を止められなかったのがアンドリウムらしくなくてちょっと物足りなかったです。

次の最新刊に期待します!

0

ダーーーーーーーーーーク

表紙に惹かれて購入したものの(さかのぼって1巻から読んでみたものの)ダーーーークな内容にあぷあぷだったので中立にしました。これでもか!というぐらい、血みどろどろぐちゃなところも少しあるので、読む人を選ぶんじゃないのかなあ?よくあるゲーム世界への転生ものとは全く違う展開になっているお話、本編300pほど、シリーズ3作目。

パルセミス国王のウィクルムとベネロペの結婚式を1か月後に控えたある日、送り主のわからない大きな箱が届いたとの連絡を受けたアンドリム。検めようとしたところ、中からは何も纏っていない白い肌に金髪の美少女が現れ・・・と続きます。

攻め受け、2巻までの登場人物以外の方は
ステファン、デイジー(近隣国の貴族とその婚約者)、テルベリ(昔、マラキアを飼っていた貴族)、デメテスカ(奴隷商)等々、とにかく多い!悪党がもうわからん、メモ必須。

++攻め受けについて

攻めは強い強い騎士で受け溺愛、ドーベルマン級忠犬。あんまり活躍した!って印象がないなあ。

受けは変わらず、あれこれ考えあれこれ策略を巡らせなんだかんだいって国を守ってる方。1巻と雰囲気変わらず、イチャコラシーンは少ないと思いますが、安定の夫夫関係。そしてアンドリム派の方々は皆さまそれなりにお幸せそうです。

人魚やらセイレーンやら八百比丘尼あたりの話を絡め、これまでの登場人物総出演での事件ものという感じのお話でした。出来上がっているカップルだし、恋心きゅーんっていうよりは、ぐちょっって感じの異形のもののお話もあるので、なんだかダークだよなあ・・・という印象がとても強かったお話でした。うーむ。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う