恋するミルククラウン 限定版

koisuru milk crown

恋するミルククラウン 限定版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神96
  • 萌×280
  • 萌27
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
24
得点
883
評価数
208
平均
4.3 / 5
神率
46.2%
著者
まさき茉生 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
シリーズ
恋するヒプノティックセラピー
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784758024280

あらすじ

「ほしがりさん」

ボーイズバーで働く向坂玲音は、特定の相手を作らず『自分を好きと言ってくれる子達』に、男女問わず愛を振りまいている。
そんな生き方が原因で、ある日バーに通う女の子から詰められた玲音は、派手に水をかけられカフェの店内で虚しく濡れ鼠になっていた。
手を差し伸べてくれたのはカフェのオーナーである帆高柊介。
柊介は優しい雰囲気を纏った大人の男で、その日を境に玲音を激甘に可愛がっている。
最初は胸やけしていた玲音も悩みを聞いてもらううちに気を許し、はじめて『受ける側』でのセックスを経験する。
柊介がするSMっぽいセックスに、心も身体も興奮することを知った玲音。
しかし『自分が誰かに愛され続ける』想像がつかなくて――。

【描き下ろし15Pあり】

限定版
描き下ろし20P小冊子付き

表題作恋するミルククラウン 限定版

帆高柊介,28才,カフェオーナー
向坂玲音,21才→22才,ボーイズバー勤務

レビュー投稿数24

最高の溺愛攻めとツンデレ受け

読了後は夢見心地な幸せに浸りました。まさき先生の絵は今回も綺麗でえちえちで最高ー!!

受けのツンデレな玲音くんが自分的に好みすぎて読みながら悶え続け、攻めの柊介さんもこれまた好きすぎる甘々年上攻めで大感謝です。

髪色を変える時に柊介さん好みの色に変えちゃうあたり可愛すぎんか…?そんな受けをひたすら包み込む攻め、大変良きでした。
玩具使ったソフトSMなエッチもこの2人だと甘々な雰囲気でより多幸感がありました。

攻めの柊介さん、大人で包容力あって甘々で、でも執着攻めのポテンシャルも持ってて好き…、そんな柊介さんにじわじわとM気質を気付かせて育てられてる玲音くん可愛すぎる…。

ツンデレで意地っぱり、でも甘える時はめちゃくちゃとろんとろんになっちゃう受けを欲してる時に読み返したい作品。

溺愛攻めでツンデレ受けの甘エロが見たい方に是非読んでもらいたいです!!!!

7

新鮮…!

まさき先生の描かれる受けちゃんの中でツンデレな子は新鮮な気がしました。
玲音くんすごく可愛かったです!
最初スピンオフに気づかずでしたが、読み始めてすぐボーイズバーでスピンオフ嬉しい!!って興奮しました。
タイトルが「恋する~」ですもんね…!!

柊介さんに溺愛されてとろとろになっていく玲音くんが最高でした。
疲れたときに読んだら元気出る1冊です。

まさき先生の美麗な漫画が楽しめて大満足です。

小冊子が電子でいつか配信されるといいなと思います。

3

面白かった!

初めはあの玲音が主役だしとか思っていたんですが、スピン元カプの蒼と一志よりはこちらのカプの方が好みでした。

そしてまさき茉生先生の描くパンツが凄くエロいと思っていたんですが、今作はパンツでアノ形が分かるとかより、ア◯ルがハッキリと描かれていてかなりイヤラシかったです。

あんなに生意気だと思ってた玲音が凄く可愛くて、いじらしいとは思っていなかったので大分イメージが変わりました。それと歳上執着攻めが凄く良かったです。歳上ならではの余裕とか溺愛が、ちょっと勝気な玲音に凄くお似合いだと思いました。

かなりエロい作品でしたが、柊介が玲音に執着する理由だとかストーリーもちゃんとしててかなり面白かったです。

でも玲音がああなってしまった家族との関係は、ちょっと取ってつけたような感じがしました。早熟で天才に見えた子が成長するに従って、周りが追いついて凡人になるってのは良くあることなので上手いなぁと思ったんですけど…。

描き下ろしではモテる柊介に独占欲を出して、柊介に気のある女性を牽制する玲音が可愛いくて良かったです。

2

めちゃキレイ!エッチ過ぎる…

まさき先生の絵が美麗過ぎて…。美しい画力なのに、秘めたる部分の忠実な描写に鼻血出そうです。ア◯ルがコンニチワしてるじゃないですか。。。周囲に人がいないのを確認しながら読むことをおすすめします。登場人物のキレイな裸体に毎度ドキドキしますね。表紙がピンク調で可愛らしいな〜と思ったら、よく見たらエロかったです。電子で購入して良かった♪


「恋するヒプノティックセラピー」のスピンオフ作品。ボーイズバーで一志の同僚・玲音が主役です。なかなかクセのある子だな、って思っていましたが、やっぱりクセのある子でした。

人から好かれたら、自分もだよって抵抗なく言えちゃう性格。反面、自分から好きになったことがないから、その気持ちをイライラでぶつけてしまう不器用な子。そんな玲音はボーイズバー近くのカフェの店長・柊介と出会います。

柊介はカフェを経営する前に玲音に会っていて、その時から好きだったようです。なかなかの執着攻め。カッコいいから許す(笑)
セフレみたいな仲になってセックスシーンは結構あります。ソフトSMみたいな感じの、色んなプレイスタイルでしてますね。まさき先生のエロシーン…すごいです。玲音は攻めだったのが意外でした。

玲音が、本気にならない恋愛ばかりしてきたのは、両親の過度な期待に応えられなかった過去にありました。褒めて欲しいのに褒めてもらえない。心がやさぐれる気持ちも分かるな〜…。相手が自分を好きだから、とりあえず好きで返すみたいな…。でもそれは本気の恋愛じゃない擬似の愛情で、相手の気持ちが離れたらサヨナラしてしまう。

玲音がクセのあるキャラなのが、何となく分かりますね。どっか冷めきってるような、掴みどころのない雰囲気を纏ってますもん。
そんな玲音も、柊介と出会い恋愛観が変わったようです。柊介の好き好き粘着攻撃が功を奏したのかな〜って感じでした。

イケメンの柊介に群がる女たちに、プチヤキモチを妬く玲音は憎たらしいけど可愛いかったです(笑)心も身体も虜にしてて、もうエロが過ぎる。お互いにヤキモチ妬きあってて仲良しです。
まさき先生の描く身体の肉感は、いつもながらエロいなーって思いながら楽しく読んでいます。
毎度ながら透明感のある雰囲気が前面に出てましたね!クールな涼しげな目も、やわらかい線もとってもキレイです。
期待を裏切らない安定感あるエロに大変満足しました^ ^


1

でろっでろのあまエロ♡

『恋するヒプノティックセラピー』のスピンオフ、受のカズシくんの同僚・レオンくんのお話♡

読みはじめた時点で、「この同僚どこかで・・・」と思ったんですが、あのボーイズバーだったんですね!

ストーリーは、カズシくんがソウくんと付き合いはじめた後からスタート。カズシくんを気に入っていたレオンくんが、結果的に失恋して、シュウスケさんに八つ当たりしてしまい・・・。

まさき先生の作品は、いつも♡極上のエロ♡目当てで購入するのですが、今作も期待を裏切りません!強気男子(レオンくんは元攻)がいじわるされて涙目になりながらめちゃくちゃ感じちゃうって、最高にシコいですよねぇ・・・♡(*´◒`*)

カズシくんやヒロくんなど、まさき先生の他の作品の受ちゃんと比べると、比較的無表情で尖ってる印象のあるレオンくんですが、そんな彼がシュウスケさんのエッチにずぶずぶハマっていく姿はたまらないです♡♡

攻たちが一見真摯に見えて?なかなかの変態なのも、今作にも引き継がれています。

まさき先生の作品がお好きな方には間違いない一冊です!全力でおすすめします!

1

謎のイケメン×ツンツン美人

ボーイズバーに勤める向坂玲音は、自分を好きと言ってくれる相手に男女問わず愛想を振り撒いている。どこか人生を諦めたような恋愛感、その上、人生に熱量を持てずにいる。
同僚との関係に勝手にイライラしているところに、店の客の子に詰め寄られ、
『好きって言われたから好きって返しただけ』
と答えたらカフェで水を掛けられる。

玲音が水かけられた、カフェのオーナー帆高柊介。優男でモテそうなのだが、玲音に優しくコーヒーを出す。また店においで、と。

ツンツン野良猫の様な玲音に何故が優しく構う柊介、玲音は覚えいないが昔たった一度柊介と街中で出逢い、柊介の人生を変える一言を落としていた。
カフェを始める時に玲音がボーイズバーに勤めているのをたまたま見つけて見守り続けての水掛けがやっとのことでの玲音との接点を付けた柊介、爽やか笑顔で玲音の好みに合わせながら手中におさめ絆すあたり、頭のいいストーカーの様。

玲音にとっては記憶に残らない一晩の出来事、でも、柊介にとっては人生のミルククラウンの様な出来事で玲音に興味を持つのは必然的なのかと、、、

玲音をデロデロに甘やかしながら玲音が甘えてるけど、柊介のヤンデレ気質強めのアフターストーリーを観てみたいです!!!

修正Cモアライトセーバー、エロ多めで良い!!

1

集まれ♡ほしがりさん♡

全方位で満足感を満たしにかかってくる・・・

ストーリー、絵力、キャラ設定、そしてエロ
この全てを満たしてくれる作品が大好き!

そう!そんな私の慎ましくも…嘘です…貪欲すぎる「欲」を満たしてくれる作品はドコですか・・・?

はい!
ココですよーーーーー♪♪♪

まぁ、レビューも今更!だとは思うのですが改めてこんなにア〇ルを大事に書かれた作品について普及しないなんてエロスキーとしてはへっぽこじゃないか!という事でカキカキしたいと思います。

ストーリー、絵力、キャラ設定への拘りドコ行った?という声には是非、多くのお姐さま達の熱い声をご参照頂きたく・・・(^ε^)-☆Chu!!

結局エロかよ!
はい。
エロです、、、(*´∀`*)♡

逆にエロ過多がお好きじゃない淑女のお姐さまは下品なレビューでお目汚しかと思いますのでどうぞそっ閉じ下さいませ。


さて!
こちらの作品をDMMで探した時の衝撃です・・・
何と!こちらの作品、一般BL売り場ではなく、DMMの成人作品売り場での販売になっていたじゃないですか・・・!!!
オイオイ、マジカヨ・・・エライコッチャ・・・!!!

そして読んで、見て、納得!
ぱっくりア〇ルがきっれーーーーぇに描かれてますがな・・・
そしてその穴にちゅ~っとピンポイントローションの注入に加え、ちゃーんと指3本突っ込んでほぐほぐしてる描写まで・・・!
そりゃR18扱いだわ!

受けのア〇ルを大事にする攻めの鑑!!
そう!初貫通に指2本じゃデカtnkはキツイのだ!!
尚、ぐにっとぱっくりしたア〇ルからとろっと注入ローションが垂れる描写。
エッロ。。。もぉ、ここは絶対見て欲しい・・・

そんな愛ある描写を余す事なく描いて下さったまさき先生、そして無粋な修正を施さなかった関係者のみなさま!
私に出来る事は少ないですが、せめてそんな心意気をココで熱く語って感謝を伝えたかった・・・!!

はぁ。。。
ありがたゃありがたゃ・・・

想いの丈は描き切った!
ア〇ル描写へのリスペクト!
ちなみにこのシーン、冒頭の1話で早々にご登場!
もぉ、テンションMAXで読んじゃうのは必然で必至!!
もはや自然の摂理では?????
 
もしもこんな下品なレビューでも気になった方がいたら読んで下さいませ♡
アナタのほしがり、満たします!

1

絵も内容も最高

同じ作家さんで恋するヒプノティックセラピーが好きだったので、購入しました。
期待通りの絵のクオリティと内容でした。
ツンデレっぽい受けが好きなので、受けの少し素直じゃない感じとか、攻めがサディスティックな感じもド性癖です。
プレイもソフトなSMものが多いので見ていて大満足でした。

0

スピンオフだったのか!

読むまで気付いていなかったのですが、「恋するヒプノティックセラピー」のスピンオフだったんですね。一志くんと蒼くんを見て懐かしい気持ちになり、玲音くんはBL営業の子かと思い出しました。
「恋するヒプノティックセラピー」の流れは説明されるので、読んでなくても内容は分かりますが、読んでいた方が話に入り易いと思います。結構一志くんとの絡みがあるので、気になってしまうのでは?と思います。


ボーイズバー勤務の玲音くん、気になる同僚一志くんにちょっかいかけていたものの、一志くんに彼氏が出来てからなんだか調子が悪いです。
カフェの店内でバーの客の女の子に水をかけられて、そこの店のカフェオーナーに助けられます。それからカフェオーナーの柊介さんとの交流が始まります。

年上激重執着系攻めの柊介さんと、小悪魔系年下受けの玲音くんは相性が良くて、なかなか良かったです。

元タチの玲音くんが、柊介さんにぐずぐずに蕩かされているのは、なかなかにエッチでした。
そして柊介さん、ちょっと変態プレイ好きっぽくてエチエチでした。ストーカーっぽい愛の重さもあり、登場時には爽やか系かな?と思っていたのがかなりドロドロ系です。

6

ストーリーがしっかりしてる!

神よりの萌2評価です!

恋するヒプノティックセラピーに続いてのミルククラウン。
前作のスピンオフでボーイズバー店員の玲音(受け)とカフェオーナーの柊介(攻め)のお話です。

特定の相手を作らず遊び歩いたせいで、カフェで女の子から水をかけられ濡れ鼠になっていた玲音。そんな玲音にオーナーである柊介がタオルを貸し、コーヒーを出してあげます。
でも、玲音は苦いものと甘いものが苦手で、コーヒーが飲めない玲音に柊介はミルクを足してカフェオレにします。ここが、タイトルの由来だと思います!

カフェオレを飲んでるうちに話を聞いてもらい、お互いの店に行ったり来たり。そのうち、玲音はカフェに通うようになります。

柊介と話すうちに過去の思いが吹っ切れた玲音は柊介にカラダの関係を求めます。

そこから始まる2人の関係。
うまく本音を伝えられない玲音ととにかく甘やかしたい柊介。
ゆっくりと変わっていく2人の関係にヤキモキしちゃいます。

隠れSな柊介のセックスは手錠あり、結腸責めあり、コックリングありとかなりの濃厚です。

前作よりストーリー重視で、2人の出会いからしっかりと描かれていました。その分えっちの描写は少なくなってます。

お互いの気持ちがゆっくりと変わっていく様子がとても丁寧に描かれているので、ストーリーをしっかり読みたい方や、濃厚なえっちが見たい方におすすめです。

最後の最後に柊介を狙う女性が出てきますが、嫉妬した玲音の行動によって撃沈。
どんな行動を取ったのかはぜひ、読んで確かめてみてください。

女性のあたりは意外とサラッと終わるので、もっと見たかった!ってなりました。

でも、限定版小冊子ではさらに濃厚なえっちが見られ、柊介の執着や隠れヤンデレやSな部分が垣間見えて大満足でした!!

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う