愛日と花嫁

愛日と花嫁
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神326
  • 萌×297
  • 萌37
  • 中立9
  • しゅみじゃない7

235

レビュー数
43
得点
2138
評価数
476
平均
4.5 / 5
神率
68.5%
著者
渚アユム 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784758023528

あらすじ

「もし俺が本当は怖いと言ったら誰かが助けてくれたんだろうか」
突然Ωになった村の青年・ルカは、しきたりによって神様の花嫁――「生贄」になることに…。人を食べるとも言われている神様の元に村を思い嫁ぐのだが…嫁ぎ先の太陽神・クロは噂とは違い――? 神様と紡ぐ日々、それはいつしか愛しいものに変わり――渚アユム渾身のデビューコミックス。

表題作愛日と花嫁

クロ,神様,α
ルカ,村の青年,Ω

その他の収録作品

  • コミックス特典描き下ろし漫画

レビュー投稿数43

求めていたBL

重すぎず軽すぎず、ちゃんとせつなくなれるオメガバを追い求めていました。
やっと出会えた。

ストーリーの流れも、オメガバの設定もよく活かせていて、無理やり併せた感もないしどちらかが中途半端だとも感じませんでした。自然に混ざり合った人外ファンタジーとオメガバース設定ってこんなにいいもんなんや。
個人的に、恋愛一筋!な話より仕事や学校など日常の傍らに愛情が存在するようなお話が大好きなので、クロとルカの恋模様の他に、農業や抑制剤の繁栄など仕事というか使命というかが2人にはあって、それに一生懸命に取り組む経緯がお話としてとても面白かったです!
上手く両立して配分されていたけど、今回でそのお仕事の方は綺麗に上手くいったので、その後の2人の人生にスポットを当てたお話(子供も...?)も読んでみたいです。続編がもし出るなら読みたいな〜

オメガバ故の妊娠を匂わせるような描写もあり満足。
(直接的な出産シーンなどはありません)
沢山読み返すことになると思います。

★こんな人にオススメ★
人外ものが好き、ストーリー重視、オメガバ設定が好き、せつないのは好きだけど暗すぎないのが好き、ハピエン厨、理性のある攻め好き、精神的に自立した受けが好き、健気受け好き

シーモア、紙 同じ。 白抜きだけど構図が良いのかあまり気にならない
電子限定の1ページ漫画はフェラでした
(作者さんのTwitterで各特典についてのテーマ、詳細が見れます)

28

んワ"""""〜〜〜〜〜〜〜ッ!

いつもタイトル何にするか迷って結局雄叫びになっちゃうんだよな。
まだまだ流行中のオメガバース本です。

と言ってもコレはタダのオメガバースじゃあない...................!なんやコレ〜!
主人公が暮らす村では、Ωの発情がその村で崇められている神への生贄として選ばれた合図なんですけども。
この"神への生贄として出される受け"〜!これも王道と言えば、王道展開ですよね。でも王道なんてナンボあってもええ!似たようなものはあっても、全く同じものなんてこの商業BLの世界にはないんですよ!

シーモアで試し読みした時点でこの組み合わせイイ〜!!!!!とビビビッときたので、速攻で買いました。読みました。萌えました。泣きました。結論から申しますと、初めてオメガバースもので神本に出会えました。

おツムがよわよわなので言葉にするのが難しいんですけど、受けが強いんですよ。体がって意味ではなく、心が。心が強い受けは美しいですよね。そらあ攻めも絆されるわい!
受けが生贄として出されるのが、太陽の神として崇められている攻めの「クロ」なんですけど、太陽なのにクロ...??と見た目も真っ黒で何だか矛盾しているな〜と思いながら読んでいたら。ちゃんと訳があって、これまでの辻褄が合った瞬間。最高でしたね。思わず最初のページまでぶっ飛んでいっちゃいました。

作者さまのデビュー作らしいのですが、これがデビュー作...!?ってくらい絵がうめえ〜!
絵上手人ってゴロゴロ隠れているもんなんですね〜!絵が上手いうえに、ストーリー性もあって、ドスケベなエロシーンまである!とんだデビュー作ですよコレは。(買!買!買!!)

神というからには攻めが受けを救う話なのかな、と思うんですが本作は受けが攻めを救う話でもあります。そこがまたいい。
神様と人間の恋で発生する問題もちゃんと乗り越え、最後は拍手喝采のハッピーエンドなので安心して読んでください。

ネタバレは極力なしで読んでいただきたい作品なので、内容がないよう...;;なレビューになってしまいましたが、オメガバースがあんまり...といった方にはめちゃくちゃオススメしたいです。
私もオメガバースはあんまり好きではない方だったので、本作で雷に打たれた気分になりました。流行りで読みすぎて飽きちゃったよ〜なんて方にも!!!一捻りあるオメガバースいかがですか!!?

電子で買いましたが、特典目当てに紙で買い直そうと思います!感動をありがとう〜!!!

22

絵もストーリーも良かった!

1話の試し読みで絵柄やその世界観に引き込まれ購入してみました。心底買って良かったと思える素敵な作品でした。絵も綺麗だけどストーリーもとても良く、映画を一本見たような感覚です。読後に知ったのですがこの作品が先生の初単行本なんですね!初単行本とは思えないクオリティで驚きました。

↓以下ネタバレ含みます!
最初は神様と生贄と言う立場で出会った二人、実は食べたり娶ったりするために生贄を欲していたわけではなくゆくゆくはΩも住める村に送り届けるためでした。
オメガバースらしくエロが結構ありましたが、ストーリーがしっかりしているのでストーリー重視派の私も楽しめました。この2人が出会うことが出来て、それによって2人とも幸せになれて良かったです。ラストもその場限りのハッピーエンドではなく、二人がずっとそばにいられる末永く続くようなハッピーエンドで良かったです。また二人だけが幸せになるだけでなく、この世界での現状の問題が解決したのも読後感がスッキリしてよかった…!
書き下ろしは誘い受けなルカが可愛いかったです、積極的な受け良いですね…!また、クロの実は…な話もとても可愛いし良かったです。たしかに過去とか考えると納得。

とても素敵な作品だったので購入を決めて良かった!終始絵が綺麗でストーリーもしっかりしていたので先生の次回作も楽しみです。今作も大事に読み返したいと思います。

21

ストーリーが神!読むべき一冊

これは…!2022年、まだはじまったばかりですが記録に残る一冊では?と思います。とにかくストーリーが素晴らしい!でもそれだけでなくて、エロもしっかりエロい。かラブもある。本当に本当に間違いなく神本です。

ずっと、“みんなのため”をやってきた青年ルカと、“神様”をやってきたクロの、切なくて優しい物語。

ネタバレなど読まずに、じっくり、物語を楽しんでほしいです。これがデビュー作なんて、、末恐ろしい、、。キャラクターの名前や、物語の舞台にもしっかりと裏付けがあって、登場人物たちの表情が豊かで、心の動きもしっかり感じられる。

多幸感で涙するルカの人柄も本当に!尊いです。少しでも気になった方はぜひお手に取ってください!

17

新人さんと思えない完成度!出会えてよかった‼︎

村にはある掟がある
体に熱がこもり男を誘うオメガに体質が変わったものは神へ嫁ぐと言うのだ。
元村長の息子ルカは父を失った後村人を助けることで己を保ち生きてきた。
神への花嫁つまり贄に選ばれた事も村のために受け入れるが…

オメガバースの、オメガが他者をそのフェロモンで誘い、アルファと番という設定を使っているでオメガバースではあるのだが、このお話はオメガバースの設定のもと広がる世界が既存のお話と違います。(例のオメガバ説明ページがないのです)
レビュー書いててなんですが、これ以上の知識は詰め込まずに読んで欲しい本です。
美しいシーンは壮大な風景の中にいる風を感じるし、満足度の高いエロスの中にもある情緒がよりエロを盛り上げ、魅力的なキャラクターの表情の変化にハッと驚き、でも何よりそれに負けない強度のストーリーに非常に高い満足度を得られると思います。
しかもその展開内容ともなかなか練られていて読み応えがある上に、バランスがとても良いのです!
欠点をあえてあげるなら、表紙が勿体無い…って事でしょうか?
でもエロ重視の方も満足いただけるとおもいます。
ストーリー重視の方はもちろんです。
初単行本新人さんと聞いております。
素晴らしい作家さんに出会えて嬉しいです!

16

世界観が深い

実質170ページ程しか物語はないし、そこまでコマが小さいワケでもないんですけど、すっごい長編漫画を読んだ気分でした。
それほど、内容が充実しているし、新しいオメガバースの世界を作ったなと感じました。ここまでの物語をがっつり作り込める人はそうそうお目にかかれないんじゃないでしょうか。
新しいストーリーテラーが誕生したなって感じです。

オメガやアルファがきちんと根付いていないファンタジー軸の話で、主人公のルカは冒頭でオメガとして目覚めてしまいます。
オメガとして目覚めたものは、守り神のもとへ嫁がなければならない風習で、どうにもならないことです。
このどうにもならないオメガという特性を、この世界でどうやって受け入れ、変化させていくのかを事細かにストーリーになっています。
逆に170ページくらいに収まったのすごい。

しっかりしたファンタジーな世界観、恋愛模様、オメガバース、ドラマチックな物語が好きな方にはオススメです。
今は難しい話よりエロを求めているんだ!エロをくれ!っていうお腐れ様は、鎮まれない気がします。
かくいう私も、これを買った頃はお腐れ様が目覚めている時期で、難しい話はいらぬ!!とにかく、とにかく男同士のアレをくれ!!ってなってましたけど、難しいところはすっ飛ばして読みました。
今は、落ち着いて、難しい部分を改めて読んだら「こ、これは、すごい…すごいぞ……世界観が奥深い…これは、なんだ…?種…?種が幾重にもこの世界に絡みついて……す、すごい、ダブルどころか、これはトリプル、ミーニング……?」ってなりました。

……あれ?お腐れ様ってあんま一般的じゃないですかね?
まあ、とにかく頭からっぽにして読みたい気分の時にはオススメしないってことが言いたかったんです。

15

オメガバースと括るには…

初読み&初コミックスの作者様です。初コミックスおめでとうございます。

正直ノーマークで出版予定一覧を検索の際もチェックはしておりませんでした。
発売日を過ぎ電子配信で目にした事やその他色々情報で急いで購入した作品です。
読んでみて率直に、買って良かった。読んで良かった。と思いました。ノーマークだった自分を反省…( ω-、)

内容はファンタジー+オメガバース作品となっています。ファンタジー作品ならではの読み始めは世界観を掴む情報に少し頭がこんがらがりますが、2つがとても良い感じで組み合わせてあります。更にそこに、農業や昔ながらの風習が絡み合わせてあり、全てが上手く合わさってとてもよく考えられた内容になっているなーと、読みながら感服…読み終えて感服しました。
帯の「神様の生贄」が印象的だったのですが、生贄?というくらいダークな部分は感じませんでした。

ストーリーは神様×人間。で進んでいきます。
神様、生贄扱いの花嫁、弟、村人、α、Ω…と登場人物の種類が多いのですが、各々の立場?役割付け?が分かりやすく想いや考え方が見え、どのキャラクターにも添いながら読み進める事ができるのも良かったです。
特に主要二人の性格や考え方、感情の変化などは読み進めるほど魅了されて一緒に胸がギュッと苦しくなったり嬉しくなったり本当にステキな2人に描かれていました。

オメガバース作品でもありますので、オメガバ要素は出てきます。が、今までに読んだ事のない新感覚。
これを普通にオメガバースものと括るには勿体ないように感じました。
どちらかと言えば、愛の物語?にオメガバース付いてます!みたいな印象で…オメガバは後手的な…?
私の語彙力では上手く表現できませんが…(-""-;)
それくらい人の愛情が溢れた作品だなと思いました。
ラスト3人が手を繋ぐ後ろ姿の1ページとても好きです。

本当に「良い話」で、読み出したら止まらず私は一気に読み→更に読み返してしまいました。
気になる方、オススメ作品です。

ステキな作品をありがとうございます。これから作り上げていかれる作品もとても楽しみにしております。

13

凄い好きな作品

もちろん初読み作家さまでした。デビューコミックスらしいですが絵も綺麗だしストーリーの完成度も高いので、楽しみな作家さまの誕生がBLファンとしてとても嬉しく思いました。

神と人間のオメガバなのでファンタジー要素がとても高い作品でした。

一見すると怖くて冷たそうなクロが、実は慈悲深くて優しいのにキュンと来ました。
また、クロと一緒にいる事で前向きに変わって行くルカが素敵で、愚かな村人にクロが傷付かないようにと立ち回る姿に逞しさを感じました。

クロの前の太陽神に対する村人の所業には反吐が出ましたが、彼等を見守り続けたクロがルカと出会えた事に新たな未来を感じる事が出来るんです。

クロやノア以外の他の神はチラッとだけ登場してましたが、彼らがどんな姿でどんな性質を持っているのかがとても気になりました。

ルカの弟が成長して父親になった時に、ようやくΩの抑制薬になる実の苗を渡す事が出来て、クロとルカはようやく番になる事が出来ました。このシーンが甘々で素敵でした。

そして、コミックス描き下ろしが番になる前のクロとルカなのですが、甘々でほのぼのとした可愛らしい二人の様子が読めて大満足でした。

13

オメガバースだけど

オメガバースものは好きなので結構読んできたつもりなのですが、
こちらのオメガバース作品は今までに読んだことのない内容になっていました。

突然Ωになったルカは神様の花嫁として凸がされるのですが、
花嫁とは聞こえがいいだけで実際は生贄として差し出されます。
そして迎えに来た神様がクロと言います。
そこから二人のお話が始まるのですが、
上手く言葉にできないのですがすごく良かったです。
オメガバースが好きだけどいつもの流れにマンネリを感じてる人も
そうじゃない人も楽しめる作品だなぁと思いました。
オメガバースだけに収まらないすごい作品です。

オメガバースでありながら神様(カラス)×人間のお話でもあり
世界観がすごく広く感じるお話で
出会えてよかったなぁと思った作品でした。

読み終えてからこの作品がデビューコミックスだと知って、とてもびっくりしました。
これから渚アユム先生がどのような作品を作っていくのか
今からすごく楽しみです(*´ω`*)

12

これは、神作品なオメガバースだ!

めちゃくちゃ良い話しです。
これはすごく、おすすめだわ。

たくさんのオメガバース作品読んできたけど、この設定は、今までないかも。

オメガバース設定でありながら、神様であり、人間であり。
神話的な話に近いと思った。

内容がしっかりあって、エロもあって、読み応えがありました。

最後に、親子3人で手を繋いでる後ろ姿〜
うわぁ〜良かったわぁ〜幸せだわ。

読み終えて、ほっこり出来ました。
初めての、作家さんでしたが、これからも応援してます。


12

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う