店長、恋です。

tenshou koi desu

店长 恋爱吧

店長、恋です。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×238
  • 萌25
  • 中立6
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
303
評価数
84
平均
3.7 / 5
神率
16.7%
著者
中田アキラ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041020128

あらすじ

新米コンビニ店長の西山は、言いにくいことをズバズバと言う古株バイトの東野が苦手。こわごわ行動を共にしていた西山だったが、徐々に東野に対する印象が変わってきて…! ?

表題作店長、恋です。

東野由幸,無愛想な古株夜勤バイト,21歳
西山,雇われ新米コンビニ店長,アラサ―一歩手前

同時収録作品幸せにするから覚悟しろ

吉池,同じ大学の後輩,大学1年生
水沢,大学生,コンビニでバイト

同時収録作品店長、恋です。 米村シフト

(攻め受け不明)安藤(新夜勤バイト)
(攻め受け未定)米村(SV)

その他の収録作品

  • 米村シフト 休憩中(描き下ろし)

レビュー投稿数13

最高

西山店長が可愛すぎて

両手で顔を挟む癖?は本当にキュート(❁´ω`❁)

0

それはそれで好みな年下攻め展開

作者の描くメンズがとにかく美しく
ほのぼの、甘くて気持ちよく読み進められます。

BLにとってコンビニ自体は登場回数も多く不可欠な存在。
コンビニ店員内でいくつかカップルができるなんて大好物な展開だと思い手に取りました。ちなみに作者の作品はこちらしか読んだことがないのですが、一読目さらっと読んだわりにその後もたびたび引っぱり出しては再読しているという、クセになる感じの一冊。

3カップルあって、3カップルともたぶん年下攻め、うち2カップルがコンビニ従業員内でという、いかにも美味しそう、かつ面白そうなラインナップです。おすすめポイントは、この本にはイケメン以外登場しないということと、年下攻めのタイプが3つともはっきり違うところ。楽しめると思います。

スーパーバイザー(店舗を監督する立場にある)米村が好きです。
昔風男前ルックスが強烈で、オフの時とのギャップがたまりません。
かわいいキャラではないのだが、私からすると可愛すぎました。

どうしても読みたくなって本日再読。

7

読みやすいです

3作入ってますが、どれも読みやすいお話で、
絵柄も画面も白くないのにすっきりキレイでほんと読みやすかったです。

表題作
・真面目で堅物クール君な年下バイト君×お人よしでヘタレな放っておけないタイプの店長
攻め受けどっちもノンケ設定ですが、受けは過去経験ありなのでノンケかと聞かれると微妙なところです。
お互いちょっとずつ意識していく、みたいな話なんですが、
あんまり男同士云々の葛藤が少ないので、その辺しっかり描かれてないと納得できない方には向いてないかも。
攻めの一見クールだけど執着気味なとこがいいです。
受けは序盤結構男っぽい感じだったのに、徐々に可愛くヘタレになって行っちゃうのはちょっと残念だったかな…
まあある意味恋して可愛くなるのは見所の一つですけどね。

2作目
・不器用で直情型な新人バイト×大人に見せかけて純情受動派な表題作の当て馬SV
表題作で当て馬として出てきたSV(コンビニの地区管理担当?みたいな人)のお話。
表題作では大人な余裕で表題作の受けをからかうような素振りばかりするんですが、自分をさらけ出すのが苦手な臆病者なんです。
そんな卑怯な大人がまっすぐな若者にぐいぐい来られてうろたえる所が見物です。
私は表題作よりこちらの方がすき。攻めも受けも可愛い!
これも多分攻めはノンケなんですけどあんまり男同士に拘る感じではなかったので、ちょっとあっさりした感じですね。
でもそのおかげで重くなく読めるので、私はこういうお話も好きです。

3作目
天真爛漫な後輩(タチ)×武道派でクールな先輩(タチ)
先輩は表題作と2作目で出てくるコンビニのバイト君ですが、
最後の方にほんのり出てくるだけです。
二人の出会いのきっかけが前2作のエピソードにリンクしてる感じですね。
一応攻め×攻めですが、如何せんショートなので受け攻めの攻防はけっこうあっさりです。

全作通して良い意味で軽く楽しめる感じでおススメです。
話はあっさりめですが、表情や言動でキュンキュン萌え楽しむ感じ。
画面もとても丁寧に書き込まれています。
BLはやっぱり絵で楽しむ要素が多いと思うので、最近背景スカスカ線ガタガタの作家さんが増えてきていたので、とても嬉しいです。
エロは普通~軽めかな?
あと全部受けが受け受けしくないのも良いです!何よりやっぱり個人的に絵がとても好み!

3

コンビニカップル×3

表題作は短いお話なんですが、一冊まるまる読んだような満足感とうまくまとまってる感がありました。ホントに読んでいておもしろかった。コンビニが舞台で、堅物バイトの東野とやんちゃ系店長西山の歳下攻めカップルです。

雇われ新人店長の西山は、古株で愛想の無いバイトの東野が苦手。
けれど夜勤勤務で次第に距離をつめていき、知らなかった部分を知って、もしかして好きかも?ってところから、失敗だとか嫉妬だとかいろいろあってコメディーもシリアスも萌える場面もピンチな場面も…ぎゅっと詰まっていてでもごちゃごちゃでなく短く上手くまとめていました。

こういう、ちょっと馬鹿だけど兄貴肌!て感じの受けってあんまり見ないので、最初どっちが受けなのか…と思って読んでいたのですが、そういうところもすごい楽しかったです。
シリアスになりきらないところもよかった。

お互いを意識している微妙な空気がせつない感じになるのではなく、何事もハッキリさせないとスッキリしないタイプの西山が「話し合おう!」てなるところが笑えました。あんまり色気はないお話なんですよね。
でもすごく萌えるんです。
誰かに是非読んでみて!とオススメしたい作品です。

次のお話は深夜バイトの安藤とスーパーバイザーの米村の組み合わせ。米村は前半のお話で当て馬のような立ち位置でしたが、悪い人ではなかったので幸せになってくれてよかった。
10代と30代の歳の差カップルです。これはどっちが攻め?なのか…。安藤だとしたらかなり幼い攻めに見えます。安藤というキャラが非常にひたむきで、子供ぽいんですが真っすぐでかわいいんです。

でも最後のオマケで、安藤が米村を押し倒して米村の乳首を吸うシーンには笑えました。色気があるというより、子供が吸ってるようなコメディーな印象でした。こちらも色気のある、て感じではないですね。

もう一つコンビにカップルのお話が入っています。そもそもコンビニという舞台がBLでは結構好きなので楽しめました。
中田アキラさんの御本を始めて読んだのですが、こんなに面白いならもっと早く手を出しておけばよかった~と思いました。

3

寡黙好きにはメシウマ

ずっと好きだった相手に気になる人ができる。
しかも男。というのは、よくある設定ながら、長年片思いしている方に肩入れしてしまって読むのがつらいものですが、この作品は初読のときからすごく好きで、定期的に読み返したくなります。

コンビニの店長、SV、バイトくんというオムニバス。

【店長、恋です。】(前後編) 萌2
新米コンビニ店長の西山と、きつい言葉遣いと冷たい表情のせいで周囲に怖がられる東野。
夜シフトで一緒に働いてから、東野の意外な面を知っていくうちに…というストーリー。
秘密の共有って、距離を縮めますよね。
間違ったことは言ってないのに、言い方のせいで誤解される登場人物の「周囲は知らないところ」を知って、「気になる」から「恋」に変わっていく西山の心理描写がいい具合にこそばゆいです。
そこへ西山を店長に引き入れたSVの米村が絡んでいくものの、西山目線のおかげさまで米村の切なさに同調しすぎずに済むところが、この作品を存分に楽しめる要因。
西山が鈍感なだけに可哀想ではあるけれど、高校時代から10年以上、真剣に気持ちを伝えずにそばで支えるポジションに収まっていたわけで。
西山が男を好きになった時点で「実は俺もお前のことが!」って手を挙げてみても、東野だから好きになった西山に届くはずもなく。
可哀想だけど、仕方ないねと思えるところが、この作品のいいところかなあと思います。

【店長、恋です。ー米村シフトー】(前後編) 萌
お次は傷心の米村の出番。
新しく入った深夜バイトの安藤と東野のソリが合わなくて…という西山からのヘルプで店へ行ってみたら、西山と東野がキスしてるところを見ちゃった!!という始まり。
希望としては米村の身長がもっと高ければいいのに…と思わないでもなく。
さらに希望としては、安藤がさらにもっと背が高ければいいのに…と思う。
西山のことを攻めっぽく狙っていたので、勝手に米村は高身長だと思い込みがちですが、背の順に並べると(高)東野→西山→米村→安藤(低)なんですよね。
しかも2人からそこはかとなく漂う受け感に、この時点では「どっちが攻め!?」というモヤリ感が残る仕上がりです。

【幸せにするから覚悟しろ】 萌
表題作でメロンパンの発注の「0」を1つ間違えてしまったバイトの西沢の回。
買い取ったメロンパンを恵んだら、一目惚れされちゃったという話。
会うたびに告白→投げ飛ばすという流れが面白い。
ただタチネコ問題は…、ちょっと納得いかない気もするけど、元カレとの絡みから、おそらく水沢はカッコいいところを見せたい一心で、相手に甘えることができなくて、それで上手くいかなかったのかなあと思ったり。
だから甘やかしてくれる、守りたいと言ってくれる相手がちょうど良いのかもしれませんね。

レビューを書くためにまた読み直して気付いてしまった。
この作品の何が楽しいって、表題作の米村を見るのが楽しかったんだと…。
思わぬところで自分の性格の悪さを自覚したところで、失礼いたします。

0

年下攻め特集!(希望的観測)

◆『店長、恋です。』(act.1&2)
 アラサー店長が理想の年上受けでした!! 某英雄伝説の○ン提督似で(完全に個人的意見なので先に謝っておきます、すみません×10(_ _)!)、隙だらけに見えてガードが堅い…けれど心を許した相手にはやっぱり隙だらけ、というおとぼけキャラ。
可愛いんだけど簡単じゃない、侮れないところがたまりません!

 対する攻めもナイスキャラでございました。
社交辞令を知らない直球型の物言いが冷たくて怖い印象を受けるのですが、意外な一面を知るとそれはもう嬉しくなってしまって、もっと知りたい! と思わされてしまう…一言でいうとギャップキャラ。

 そんな2人の間にじりじりと恋愛感情が湧きあがってきて、告白する前からそこに愛があるかのように見える雰囲気に萌え×2でした。

 元々ノンケの攻め。同性を好きになったのは初めてなので「自分でもよくわからないことになってる」らしいのですが、偏見や曲解がなく迷わずに突き進む所が男前! 年下ならではの勢いに店長共々ほだされました!!

◆『店長、恋です。―米村シフト―』(act.1&2)
 長年店長に片想いしていた先輩の米村が主人公。
猛アピールしていたように見えて肝心なところで押せていなかった米村はもう私の中では受け決定なのでございますが、果たして…?
米村は愛するより愛される方が似合うと思うのです。そこに活きのいい新人バイト・安藤くんが登場したので後はお好きなようにどうぞ、なスピンオフ。

 描き下ろし漫画はこの2人でした。安藤くんが突然がっついて米村さんに襲いかかりますが、2人で赤くなってモジモジ。…あ、まだやってないんですね?

◆『幸せにするから覚悟しろ』
 タチ×タチな大学生2人ですが、ワンコな後輩に押されてネコになる覚悟を決める先輩の話。

 全て年下攻めだったかどうかはともかく(きっとそう)、年下パワー炸裂で元気が出る1冊でした! 東野×店長の話がもっと見たかった、萌え×2に近い「萌」です~。

4

米村が好きです

※単行本ではなく本誌のみ読んでおります
表題作の西山・東野の話
最初はわんこ受けかな~(苦手)と思っていたのですがやはり店長年上見た目通りではありませんでした笑(明るい性格ではありますが)
クール年下バイトが実は甘いものが好きだったり厳しいのは愛情の裏返し(?)な東野にどんどん惹かれていく西山に邪魔する米村
いつもはクールな東野も取られちゃうのはたまったもんじゃないですね~w
特にシリアスな所も少なく非常に読みやすかったです

コンビニSVの米村と夜勤バイトの安藤の話
西山に恋心を寄せ東野をハラハラさせていた米村です笑
オールバック(童顔なのを隠すため)スーツな可愛らしい米村
西山への恋心に動揺する米村にドキドキしちゃう安藤くん
強引にキスをするも拒絶されてしまい、更に東野に相談している所を聞かれてしまいアララな展開に笑
終わり方もこれは付き合ったのか・・?な感じですし上下がハッキリ描かれていなくて・・(米村受け希望)なので続きが気になる作品なので近々購入しようと思います!

1

俺にだけ。俺だけ特別。それは格別な嬉しくて恥ずかしい気持ち。

他の人には塩なのに、自分だけには懐いてくれる、または自分にしか見せない顔を俺は知っている。そんな嬉し恥ずかしい気持ち。店長、それが恋です!
常にクールで無愛想なバイトの東野くんに、他のバイトたちからの苦情に手を焼いていた雇われ店長の西山は、何とか皆んなと馴染んで貰おうと、先ずは自分から何かと気にかけて話しかけて行く。そのクールな東野くんの素顔に触れる内にほだされていく西山。そもそも先輩の米村のコネでコンビニで働く様になっていた西山は、今も何かと構ってくれるSVの米村には感謝してはいるが、米村とは昔、少し関係を持っていた。今は何とも思って無いのだが、ふざけ半分でたまに迫ってくる米村に嫉妬して、やっと独占欲を感じる東野くん。っていう。クールで低体温男子と何事にも真面目で一本気な店長が可愛い、コンビニを舞台にしたラブ・ストーリー。
意外に、ふざけていた、と思われる米村が、実は言えないまま、西山店長を想っていた…というので、中盤からは米村ターンです。まさかの一冊中にスピンオフも読めちゃうお得感。東野くんと西山店長が付き合ってると知っても、自分は平気だと思っていたのに、いざ二人で居るところを目の当たりにすると耐えられない自分に驚き、痛みを自覚する米村。新人バイトの安藤はそんな米村を意識し出して…。SV、恋です!と、なっていきます。コンビニに二つのカップルがめでたく出来上がった頃、後半はまた別のバイト 水沢と、コンビニに出入りする大学生との恋へ。『幸せにするから覚悟しろ』。一つのコンビニを舞台に、役者がスムーズに入れ替わって行く…そんなオシャレな演出になっていて。そして、全員ハッピー。ちょっとしたヴォードヴィルを観る気分で楽しみたい物語です。
そして、描き下ろしの安藤のセリフにもまた、テーマがリフレインされていて。「俺だけ…」かぁっと赤面しながら言うその言葉。そう、俺にだけ。俺だけ特別。

1

コンビニで3CP

西山(コンビニ店長)と東野(深夜バイト)のCPだけなら萌2評価。派生してどんどんCPが増えるタイプのシリーズは、納得感ないともやっとするたちで、米村(コンビニSV)と安藤(バイト)のCPはしっくりきませんでした。安藤が米村に惹かれた理由がさっぱりわからない。
中田先生の「恋する鉄面皮」のスーツが好きなのですが、米村のスーツから3年で格段に絵が上手くなっているんだなと、この作品を読んで思う。この時点で既にとてもお上手ですけど!

1

コンビニオムニバス?

先にSVを読んでしまったのですが
それでも楽しく読めます

こちらを読んでからの方が
よりSVを楽しめたのかな

どちらが先でも、西山くんに魅力を感じないと、「うーん」となる作品かな
個人的には、もう少ししっかりしてても
いいんじゃないかと思ってしまう

ヤンキーあがりのコンビニ店長
挫折があった故の辛さは理解出来るが
ちょっと頼りなさが子どもっぽすぎるかな
米村さんの方もやっぱりどこか幼いというか物足りなさを感じます

まだこちらの方が、東野くんがしっかりしてるので成立しそうかな

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う