お前のほうからキスしてくれよ

omae no houkara kiss shitekureyo

お前のほうからキスしてくれよ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神384
  • 萌×246
  • 萌13
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

1

レビュー数
59
得点
2143
評価数
446
平均
4.8 / 5
神率
86.1%
著者
やまやで 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
電子発売日
価格
ISBN
9784801982857

あらすじ

次期マネージャー候補と呼び声高い営業部エースの神田は、
一見すると水と油のような2人。
しかし実は、神田が上野の家に入りびたるほどの友人関係なことは、誰も知らない。

ゲイであることを明かしてもなお、無防備に距離を詰めてくる神田に、複雑な心中の上野。
一方神田は、過去に「タイプじゃないからお前とは何も起こらない」と宣言されて以降、モヤモヤを募らせていた。

大切な友人として過ごす日々の中で、
お互いの存在は次第に大きくなっていくが──

「友達」でいたかった、でも……

描き下ろし漫画4ページ収録!

表題作お前のほうからキスしてくれよ

上野功、会社員(経理部)
神田瑛人、会社員(営業部エース)

その他の収録作品

  • 描き下ろし(4P):おまけ

レビュー投稿数59

萌えと幸せ満載の一冊

タイトル、表紙の構図、レビュー点数の高さで購入したものの、しばらく放置していた一冊です。
途中からこれはとんでもない良作だと確信。

会社では同僚、家では仲良し?な2人。
お互いの距離感、気持ちの隔たりが徐々に埋まっていく過程が、いい意味で普通じゃないというか予想を裏切られるエピソードが続きました。

当て馬、邪魔、恋敵っぽいのが出てきてだいぶひやっとしましたが、こちらもまた良い意味で予想を裏切られました。

中盤から終わりにかけての関係の進みかたが最高に萌えました。
タイトルに深く納得するシーン、エピソードにさらに萌えました。

繰り返しますが良作です。
萌えと幸せに満ち満ちた一冊でした。

0

同僚、ノンケ✖️ゲイ

タイトルからどんな話かなと想像しながら読んで見たら、いい方向に想像と違ってた。ノンケの神田とゲイの上野のお話。営業マンでコミュ力があって優秀な神田だけど、他人には言えない闇(と私は思う)も抱えててそれを察知してくれた上野に惹かれ好きになって、なんだかんだ言って家にいつくし、気を引こうと色んな事をしていくし、感謝でも絡んでいく。上野も神田が好きだけど過去の似たような状況がトラウマとなって受け入れられない。我慢出来ず神田が行動に出て友達の域を越える事をいたすがそこからギクシャクしてしまう。同じく会社の後輩でゲイの小林君に相談して酔った勢いで神田が上野を好きと分かり、小林君のおかげで2人が話す機会も出来てお互いの気持ちをぶつけてやっと上野も神田の気持ちを受け入れる事が出来、一安心。神田の好きが丸わかりの行動が可愛すぎます。上野も要所要所でいい顔を見せてくれる。続編も決まってて2人の恋人としての日々を早く見たいです。上野はきっと嫉妬深く溺愛ではないだろうかと勝手に妄想してます。もう一度神田が可愛いので読んでみてほしいです。

1

ゲイ×ノンケの最高峰

リーマンでゲイ×ノンケの恋愛でいうとわたし的には最高峰でした。

人が人を好きになるってだけなのに性別って障害になるし臆病になるんだなぁっていうのが重苦しくなり過ぎず不自然に都合よくなり過ぎずドラマチックに描かれてました。


一番の萌えは、付き合ったあと攻めの表~~~!!!
受けと共にニヤニヤしちゃいました。


性急に二人の関係が進まないのがめっちゃいい!!
お互いの気持ちを軸に進み付き合ったあともゆつくりと確かめ合う感じがたまらない!!

続きも早く見たいよ~~~

0

良かった

グッと来るラブストーリーが読みたい、そんなときにオススメの一冊です。
リーマン同士。仲良くなって、しょっちゅう家にも来る関係。だけど、自分はゲイで、向こうはノンケ。恋愛には発展しないはずの二人。。
っていう設定です。

ゲイの上野はある程度職場でもオープンにしていて、飾らない人柄だけど芯は強くて、でも恋には慎重。一方の町田は明るくて無邪気。人懐っこく皆に好かれるタイプ。自分に懐いてくるのは友情なのかそれとも?

お互いに自分と相手の気持ちを育てつつ確かめる、リアルなラブストーリーでした。
丁寧な心理描写がとても良かった。
オススメの一冊。

1

No Title

自分からリーマンもの
爽やか系には手を出しませんが
ちるちるレビューランキングに
ずっとあるので気になってしまい
読みました!

試し読みだけじゃアカン!
二話目から神田の真の姿が明らかになって
感情もってかれました。

最初はユルくて図々しい
上野のゲイ心を揺さぶる
ただのノンケ男かと思っていたよ..。

家庭環境大変じゃん..苦労人!クスン
え、
いまの髪型は上野の推しのマネってこと?
..可愛すぎる..
ゲイの小林君に相談しちゃうんだ?
もう確定ジャン..。

そして上野はクールで優しいんだけど..
(描かれてないけど)
マッチングしてるんだ?
そやつらが置いていった派手なパンツが
ベッド下にあるんだ?
えろイイネ!

神田が「俺でいいじゃん」からの
押し倒した時の上野の顔が
冷静さを失っていて雄々しくて
めちゃくちゃセクシーでした~♡

小林くんのナイスアシストにより
結ばれたといってもいいのでは。
良い人すぎる小林くん。
上野、神田ときて
山の手線の駅名くるかと思ったけど
小林くん。

上野が「おいで」キュン!

神田が「俺をどうにかして」ギャフン!
キュンキュンだわ…

こんななっちゃって神田くん
もう..試し読みで判断しちゃってごめん

レビュー多いものはやはりチェックですな
と思った作品でした

1

ナチュラルボーン小犬・神田……!

「誰にも見せなかった自分の弱い部分に、さりげなく寄り添ってくれた男に惚れちゃうノンケ」と、「過去の恋愛のトラウマから臆病になり、好きだからこそ友人でいたいと願うゲイ」が、すれ違いながらも結ばれる……という、良く言えば王道、悪く言えばありがちな設定とストーリー。
私は王道が好みなので、主役二人のキャラにハマれば大好きな作品になるところだけど、上野と神田については半々かなあ。二人ともグッとくるところもあったけど、モヤッとくるところもあり。

モヤッの例を挙げると、神田は全裸で部屋をウロついて、見られても隠しもしないところ。相手がゲイだと知っててそれは無神経すぎる。遠慮がないのとデリカシーがないのは違うよ。しかも実は上野を意識してたとわかって、ますます残念。気を引きたいとか反応を見たいとかなら、10000歩譲ってパンイチにして……。
上野のほうは、神田に迫られて簡単に流されたところ。あんなに慎重だったのに……これこそ、いちばんトラウマが発動するとこでしょ? 据え膳しっかり食っといて、あとからトラウマが、って自制心弱すぎだよ。多少揺らぐのは仕方ないけど、せめてキスまでで留まろうよ。
二人とも「え、そんなことする?」と思うところが、他にもちょこちょこと。
こういうの、作品によっては(ギャグ多めのラブコメとか)さほど気にならないんだけど、心の機微を繊細に描いた作品だからこそ目についちゃって、萎える。自分の持病なので仕方ないんですが。

マイナス面を先に書いてしまったけど、好きなところもありました。
上野がネクタイをプレゼントするかしないか……のところとか良かった。神田のリアクションを見るのが怖くて矢継ぎ早にしゃべっちゃうの、わかるなぁ。そして、返ってきた最高の笑顔。
神田は表情豊かで小犬みたいで可愛かった。自分は小犬系じゃないって凹んでたけど、髪型変えちゃうその健気さがすでに小犬系だから! 上野にも最初(水漏れのとき)から小犬認定されてたから! 上野の前で涙を溢したシーンは、切ないんだけどそれ以上に可愛くて、もってかれた~。
恋人になったあとは引っ掛かる部分もなく、心穏やかに楽しめました。
小林もいい後輩だった。察しが良くて気も利くけど、余計なところは踏み込んでこないあの距離感が好き。いちばん頼りになる男だったりして。

1

尊いとはこういう事か

きっちりしすぎて周りに怖がられてる経理部の上野と、人気者の営業部のエース神田。正反対に見える2人だけれど、実は社外では神田が上野の家に入り浸る程の仲。上野がゲイである事を明かしても変わらず接してくる神田。お互いに大切でかけがえのない存在だからこそ「友達」にこだわりそれを守ろうとしたけれど、抑えきれない想いが大きく膨らんで…。
好きだからこその相手を想っての行動がすれ違いを呼んじゃう両片思い。一歩踏み出して友達を超えられた2人がもう、それはそれは尊くてうわぁ~ん。タイトルの意味はそういう事なのね!
リーマンものだけどDKのような初々しさ清々しさがあって(でもちゃんと大人)、上野君も神田君も本当に好青年!これは好きにならずにはいられない〜。2人を取り巻く世界はハッピーオーラに包まれていて、こちらも幸せな気持ちになれた。

1

上野に対する神田の気持ちがめちゃくちゃ刺さる

【強く抱きしめられた時、上野に全身で求められてる感じがして・・・これがずっと欲しかった、と思った(神田)】

エロス度★★

おやおや、大人同士の不器用で焦ったい青春が素晴らしい恋物語ですね。
リーマン同士、一見するとタイプが違い仲が悪そうなのですが・・・。

はじめは〝ただの友達〟関係だったはずなのに、ノンケの神田の中で上野に対する特別な感情が芽生えてきたり、逆にゲイの上野は神田に対して〝友達〟としての距離から逸脱しないようにしているという両片想いな展開が最高ですね。

次第に〝友達〟の容器では収まらなくなってくる想いが溢れる描写や好きだからこそ一歩踏み出せない臆病さが切なくて刺さります。

終盤はエモさMAXで悶えました。

3

恋愛に1歩踏み出せない大人の恋心。

ノンケに恋する葛藤が丁寧に描かれている作品でした。両片思い大好物さんや付き合うまでのモダモダが大好物な方には特にオススメです。

ノンケとの恋愛で傷ついた過去のある上野(攻)が仲のいい同僚ノンケ神田(受)に好意を寄せらるが、自分の気持ちも相手の気持ちも上手く受け止められずモダモダすれ違います。
上野の恋するのが怖いという気持ちはとても共感できるし、神田くんがめちゃくちゃ素直で素敵な方で、キャラクターも作品全体のストーリーも魅力的で面白い作品でした。

1

スーツリーマンの等身大の

やまやで先生、ちるちるでは本作が一つ目ですが、ほんとに一つ目???とページを進めるごとに驚きが大きくなっていきました……
いや~~~~~~~めちゃめちゃよかった!!!!!!

会社とかいう読者のわれわれにも身近な舞台で、若き人々がモダモダやってるわけなんですが、なんだこのおいしいモダモダ……!!
1巻完結(続編は発表されているがお話としては1巻で一区切りを迎えている)なのですが、その中で回想などを挟みつつ互いの恋心の変遷もきちんと提示されていてすごく読み入ってしまいました。
仕事しながら恋愛感情に振り回されるスーツリーマン……おいしすぎる……。。。。。。

自身がゲイだから気持ちにストップをかけてしまう攻め様・上野サン、とっつきにくいと思ったら繊細で優しい心の持ち主だったことを知り好きになってしまう受け様・神田サン、二人とも本作開始時点で両片思い状態ですよねこれ……なんとかわいらしいことか…!!
とりあえず一回目読んで、なんか書きたくなってレビュー書いちゃってますがこれはもう一度読み直さないといけないやつだ……

そんな本作ですが、私的には絵も!絵もいちいちよくてページをめくるたびに「あ゛あ゛!!!」みたいな感じになってました。
黒髪攻め好きなのですが、なにこのスーツが似合っちゃう男前黒髪攻めは。途中パーカー着てらっしゃるところもよかった!てかいちいちお身体きれいすぎなんよ!!!!!!
受け様の方も顔はかわいい系入ってるけどガタイいいしスーツ似合っちゃってるし!!!
全体を通して、丁寧に書かれた絵の感じが非常に良かったです……やまやで先生、スーツとか身体とかうますぎんか……

わ~めちゃよかった~~と思って情報を探したら続編決定とのこと……!
またこの二人が見れる日を心待ちにしております

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う