ウィンター・キル

winter kill

ウィンター・キル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×29
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
127
評価数
28
平均
4.5 / 5
神率
60.7%
著者
ジョシュ・ラニヨン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
草間さかえ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
発売日
電子発売日
価格
¥1,200(税抜)  
ISBN
9784403560460

あらすじ

オレゴン州の辺境の林道で埋められた死体が発見された。
要請を受けてやってきたFBI特別捜査官の
アダム・ダーリングはある事件の判断ミスにより、
死体安置所パトロールという役割を命じられていたのだ。
調査の結果林道の死体はFBIが調べていた
連続殺人とは無関係と判断され、翌朝にはロスにトンボ帰り。

その晩ひとり訪れたレストランでアダムは
保安官助手・ハスケルとほんの一瞬、目が合った。
今夜が過ぎれば二度と会うまい
ーー一夜限りのはずだった。

表題作ウィンター・キル

アダム・ダーリング,FBI特別捜査官
ロブ・ハスケル,保安官助手

レビュー投稿数7

ゴールデンコンビの新作

ジョシュ・ラニヨンさんと草間さかえさんのイラストの事です。しーかーも!大好きなフェア・シリーズとマーダーズ・シリーズのキャラも出てくるといういわばFBIシリーズ。うんうんラニヨンさんと言えばFBIだよね。もう私は買う&読むという選択しかないわけで。

今回の主役FBIはアダム・ダーリング。セカンドネームの方を周りに茶化されウンザリしている金髪碧眼クールガイ。今回は攻めシーンが描かれてるけど、絶対受けの方が似合う人。リバあり。そっちを詳しく書いてほしかった。出世欲強いエリート受け大好き。

舞台はアメリカオレゴン州のニアバイって町でど田舎です。人口少ないのに夏の観光客だけ押し寄せる…そんな所。今回も脳内アメリカ旅行を楽しめます。少し北に行くとフェアシリーズのタッカーとエリオットの愛の巣があるシアトルが。アダムはなんとタッカーの元彼。タッカーはエリオットに出会って一週間で運命感じたらしい。ラブだなあ。アダムはタッカーと別れたばかりで傷心の時に攻め(リバあるから受け?)のロブと出会います。

ロブは都会暮らしは性に合わないと言ってるけど、広い家を買って料理上手で生活を楽しんでる感じのニアバイの保安官助手。でも仕事は優秀で最後にヒーロー的にカッコいいシーンありです。人に流されない心優しいしっかり者で私的には包容力ありそうな攻め気質に思えます。てか攻めであってほしい!

ラニヨンさんのストーリーの何がいいって、仕事の時はクールで優秀でめちゃカッコいい大人なのに、恋愛シーンになるとナイーブでどこか心細そうな少年みたいになるエリート受けが可愛くってたまらない。事件が解決して平和になったら攻めにベッドでたくさん可愛がってもらいなさいねって心境にいつもなります。

しかし最後のアダムの決断がラブストーリーとしてはドラマティックだけどいいのかそれで?ともちょっと思う。その後の2人のラブライフも覗いてみたい気がします。

10

他シリーズ作品を再読したくなる

同作者の過去作、殺しのアートシリーズ・All's Fairシリーズでちらほら名前が出ていたアダムのお話。事件でやらかし、閑職同然の仕事をこなすアダムと、ド田舎の保安官補ロブの出会い編。

ロブは明るく、根っからの優しさで地域住民たちに私情を入れまくって捜査する、いかにもな田舎警察。最初は冷たくされることに慣れていなかったりと、遊びで手を出したらダメなタイプでは?と心配になった。杞憂だったが。
対するアダムは捜査に対してだけは終始冷静。とはいえ捜査中でもロブを視界に入れるたびに律儀に心臓を跳ねさせる描写が楽しい。
事件をしっかり進めながら恋愛方面も進行しており、その描写割合は絶妙、とても好みだった。

始まりは小さな事件。とてもFBIの手が必要には見えないが、アダムが元はシリアルキラーを追っているところだったので、これらがどう繋がっていくのかと、わくわくしながら読める。事件は終盤一気に駆け抜けるように解決し、爽快感があった。

一度きりのつもりだった最初の夜と、何かを期待しながらの再会後の二度目の夜は、どちらも愉快なベッドシーンになっていて面白かった。ロブの明るさが心地良い。

上に挙げた二シリーズを読んでいると、さらに楽しめる要素が盛り込まれている。殺しのアートシリーズのケネディの相変わらずの働きっぷりを見れたり、All's Fairシリーズのタッカーの過去の所業を知れたり。
特にタッカーには笑ってしまった。アダムは元彼になるが、振り方がすでに完全にあっちに心が行ってるのが分かりすぎて酷すぎる。All's Fairシリーズを知らずに読むと悪印象しかないかも。あっちでは恋人にデロ甘な印象のキャラなのに。
ロブはアダムを存分に癒してあげて欲しい。

ラストの選択は、ちょっと驚きだった。アダムが決断した背景にはタッカーのことがあるのかな、と思ったり。罪深い男タッカー……。
読後はすぐにタッカーとケネディの話も再読したくなった。ファンならお得感増し増しな一冊。

8

リバですが

リバですが、受けっぽいのはアダムかなと思います。タッカーの元彼だし。表記的にここでは攻めになっちゃいますが。それはさておき2015年とちょっと昔の作品なのに翻訳してくれてありがとうございます!と感謝の気持ちでいっぱいです。読めてよかった!フェアシリーズのスピンオフとも取れる作品です。フェアシリーズのタッカーはジョシュ作品で1番のお気に入りなのですが、もしこれを先に読んでいたらとちょっと印象が変わっていたかもと思います。
アダム視点、ロブ視点が交互に展開され、ロマンスは少ないですが、要所でチラチラ見える二人の恋心がたまりません。あと恒例の相手に料理を作ってあげるシーンも大好きです。アダムのキャラが他のジョシュ作品に比べてBLっぽくてそこも好きです。この二人の続編はないようなので短編などで近情知りたいです。アダム幸せになって、、、。

5

いつもの

大方いつものジョシュ・ラニョン先生でした。草間先生の挿絵も素敵です。
リバ、FBI、事件解決=別れ、皮肉の応酬、アフターシェーブローションをやけに気にいる様などなど。ベッドシーンはあまり濃厚ではないかな。1冊ながら登場人物多めで、しっかり確認して読み進めた方が楽しめます。ちるちるの表記はアダム×ロブなんですけど、自分にはアダムの方が受けっぽく感じました。終盤アダム視点だからかしら?

終わり方で「欠けた景色」を思い出しました。この後失踪でもしようもんなら、アダムを休ませてあげて!って話です。

萌2〜神
この作品でも小説は200点(アワードノミネート)いかないんだな〜というのが悲しいので神を。

4

『フェア・ゲーム』が好きだった方は

この『ウィンター・キル』も好きなんじゃなかろうかと思いました。
名前だけですがあちらの登場人物も出て来ますし、事件と恋にメリハリがあります。

出版されてから結構時間が経つのですけれど、レビューがひとつ、評価が3つしか付いていなくてちょいと驚きました。わたくし的にはこのお話(2021年3月1日までの感想ですが)サム・ケネディが主人公の1人として登場するシリーズよりも好きと思ったものですから。

このお話もシリアルキラーがらみなんですけれども、でも事件が起きる場所が『リゾート地で田舎』なんですよ。捜査するのが警官ではなく保安官で、主人公の保安官助手はこの町に住んでいる人をほぼ全員知っていたりするんですね。
そう。のどかな場所なんですよ。
そこで白骨化した死体が発見される。
で、そこに住む人では非常に珍しい性指向であるロブ・ハスケル保安官助手と、ロスから来たFBI捜査官のアダム・ダーリングが出会っちゃうんです。

本来なら一夜限りのこととして終わるはずだったのに、その後、惨殺事件が起きるてしまい、2人は再会。
誰もが「こんな町で殺人事件なんか起きるはずがない」と思っていた町で連続して起きる事件と、惹かれ合いながらも「住む世界が違う」ため恋を諦めようとする2人の関係が並行しながら書かれるんです。

私が面白かったのは、事件の捜査を進めていく中で、互いが相手をよく知り、仕事仲間として信頼を深めていくほどに離れがたくなっていくところ。
う~ん、わかるよ、わかる。仕事が上手く行っちゃうのって、惚れるよね。

6

ラニヨンファンには堪らない

都会っ子FBI捜査官アダムと、オレゴン州の深〜い山林の中の小さな街の保安官補ロブのラブストーリー。

アダムは同僚の元彼と別れてからは仕事関係者と深い関係になる事を避けています。さらに仕事上のトラブルを経て現在は汚名返上に燃えて仕事に没頭中。
他方ロブは都会の仕事重視の行き方より、趣味が楽しめる今の街での暮らしを愛しています。ただ田舎なので男遊びはちょっと遠くの街で、という感じ。
そんな二人ですが、ある時アダムがロブの街に派遣され、後腐れのないワンナイトラブを楽しんだだけ、の筈が、事件がこんがらがる中で再会し本気になってしまい…、という話。

このお話自体もオフシーズンの冬のリゾート地を舞台にして魅力的なのですが、もう一つ大きな魅力がラニヨンさんの別シリーズの人間がちらほらと絡むところ。

フェア〜シリーズのタッカーはなんとアダムの元彼です。こちらではエリオットとの出会いについてのタッカーの気持ちがチラッと語られています。ガチで登場するわけでないのですが、なかなかに印象的。

殺しのアートシリーズのサムに至ってはまるでジョーズ!?ゴジラ!?ってな怖がられっぷりで、側からここまで恐れられる人が、「殺しの〜」シリーズでは一回りも若いジェイソンにメロメロなのかと思うと悶えてしまいます。
他にも同シリーズで名前が出ていたラッセルやジョニーもちょいちょい活躍しています。

というわけで他のシリーズを読んでいる人が読めば二重にも三重にも楽しめちゃうのです。
(逆にこれ読んでから他のシリーズ読むのも楽しそう。アダムに対するサム側の見解は殺しのアート2作目で読めます。)


ラニヨンさんお得意のFBI事件簿兼ラブストーリーですが、ラニヨンさんのシリーズはカップルの両方が生真面目なエリートである事が多いのに対し、こちらはロブが割と明るく軽口も多いタイプで、お話がサクサク進むし、二人とも遊びからスタートした割にどっぷり恋に落ちているので、凄惨なシリアルキラーを扱いつつも、どこか冬休みの冒険、ボーイミーツボーイ的な若々しさがあって楽しかったです。

(なお攻受に関してはリバです。)

5

特に終わりが好き

今さっき読み終わりましたが、久し振りにニヨニヨしてしまう終わり方の本でした。
あっ、すごく、いい、好き……(語彙力崩壊)であふれました。

この方の作品は純粋にストーリーも面白いんですよね。
真相が気になる事件と、男同士のロマンスが一緒に楽しめるなんて、とても贅沢。

男が男に惹かれている、っていうフィクションすぎない現実感?みたいなものも感じるんですよね。
何気ない仕草だとかそれとないサインだとか…一回限りでは終わらせられない雰囲気が徐々に感じられてくる流れも良かったです。

相手のそばが居場所となっている二人の続きをください。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う