あさだ2枚さんのマイページ

レビューした作品

ソムリエ合格

女性あさだ2枚さん

レビュー数18

ポイント数179

今年度39位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

方言 青春 魚市場

シーモア限定おまけ漫画1枚(カラー) 『どやさ』
 凪沙が一颯の身体を誉める
電子限定おまけ漫画1枚『恋の駆け引き』
 一颯の恋の駆け引き
カバー下漫画裏表計2枚
濡れ場無し(修正情報無し)

方言作品は違和感あったり過剰だったりな方言に冷めることが多いけど、こちらは良い方言作品だった。青春感増し増し。タイトルと表紙からこの雰囲気が伝わりづらいのが勿体無い。1話の扉絵とかの方がこの作品の雰囲気に近い気がする。
ベリ子先生のきっちりした作画から今作はやや崩してあった印象。最近の作品は読んでなかったけど、変わったのかな?エッチシーンも濃いイメージがあったところ、無しというのもまた潔い。

萌〜萌2

やだのやだの

電子限定おまけ漫画1枚 yuhrセンシティブアート
シーモア 修正はしっかり白抜き

やだのやだのが可愛かった…
突然犬や猫になるの、先生が気に入ってるそうです。

相変わらずvtuberゾーンが面白いです。ともすると2人が恋愛関係でうにゃうにゃやってるとこより面白くて、別にユウくんじゃなくてもかまわんよ…とか思ってしまう始末。ごめんユウくん。うずうずとのやりとりも面白いんだもの。

ハカイさんなんで人気あるのかなと思う部分もあり、絵しりとりで突然立って寸劇始める感じが人気の元だよな。裏表なさそうな。
絵しりとりが始まるの謎すぎて、もっと話がだれるかなと思ったらしっかり面白いの凄い。やっぱこの作品のvtuberでわちゃわちゃやってるところが好きだ。
誰も突っ込んでないけど、絵しりとりでBOOKって描いちゃうのはええんか。

シーモア限定おまけ漫画

シーモア限定おまけ漫画1枚 服の下はアレ
描き下ろしの最後のネタの延長みたいな感じです。本編は白抜きなのが悔しい。

誰からも慕われて完璧でごつごつした雄々しき安達が受けと言う事実。ありがたい。それも高校時代から好きだったって?ありがとうございます。

職人系のえっちな全肯定お兄さん受けです。
受けです。表紙左が攻め、右が受けです。焼けてる方が受けです。ぐらい念押してもよい気がするけど、広瀬(表紙左,攻め)の「そっちイ!!?」を読者も一緒に体感してほしいためのフリなので、ネタバレない方が良いんだろうか。とか思ってたら、帯にがっつりかいてありました。

本当はすごいできる男なんだろうけど絶妙に空回ってる広瀬も可愛い。攻めだけど攻め故に可愛い。恋愛モード極端可愛い。可愛いモンスター。しかしそれを上回る可愛さの安達。安達が強すぎる。おイケが過ぎる。上に変態。感謝。

ねこちゃん

0話に当たる部分だけ読んだ時、彼がタワマン住まいでブライダル勤めでマッチングアプリに上裸や高級焼肉とシャンパンの写真を載せるタイプの男だとは思わなかったね!冷静に読み返してもやはり危険度高くないかこの藤嶋という男。
進堂さんはまぁ予想通りというか期待通りの拗らせおじさんでした。彼のおかげで年齢の部分を除けばやってることはピュアピュア。でも年いったことでシンプルとか素朴なものの良さに気づけるってこともあるよなぁ。若い頃は派手なものに目が行きがちでさ。

初対面で「こういうことは久しぶりなので…」って言った件は訂正したのかな。否、恋人がいなかっただけで経験はあるのか?そういえばこの2人そういうシーンがない!!キスシーンが充実してて気づかなかった、

全体的に好きゆえに、不審者新郎田中との遭遇のくだりが謎。唐突すぎて謎。そういうのはゆめかわフラペチーノだけでよかった。

シーモア限定特典

シーモア限定特典は2人のプロフィール表。セックス体験の有無を始め、今後作品でも展開するのでは?(続編が決まってるそうです)ってネタがいくつか公開されてます。興味深いポイントが多いのでおすすめ。

凄い勢いのコメディでした。なんだこれ…
共感性羞恥でやられるタイプの方は読んでるとキツイかもしれない。キツめのネットスラングで会話する女子高生たちもたくさん出てくる。えっちなシーンはなくキス止まりで、キュンとするかというと…キュンや萌よりもなんかギャグと勢いに乗っかる感じ。なんだこれ…(いい意味で)

先生のXを見よう

先生のXで、いくつかその後の漫画をあげられてます。甘いです。

面白かったけど1冊の中で、お菓子ぐらい甘い二人の比率がもっと高かったらな〜〜〜って悔しさ。
こういう作品は是非、付き合ってるところからスタートして、遡って付き合ったきっかけを見せるような構成にしていただきたい。だって付き合った後の真木(ヤンキー,受け)絶対可愛いじゃん!そこをもっと見せたほうがさ!!

続きが出てくれたら嬉しいなぁと思うので。応援の萌2。
大学生と製菓専門学生(就活順調?って聞かれてるってことは専門行ったり仕事にしたりはしないのかな)とか見たすぎる。真木のお母さんが引っ越しちゃうのかな?みたいな伏線も回収されてなくない?読みたいなぁ。
真木が瑛人(あきと,攻め)の名前呼ぶことなさすぎて確認しちゃったぐらいだし、真木から瑛人へのアプローチとかもっと見たい…。瑛人の人となりとか、SNSオタクっぽい理由も描かれてなかったしもっと見たい。

電子版特典 ◎
瑛人の真木好きっぷりが可愛いです。

電子特装版◎

電子書籍は通常版と特装版(28ページ小冊子(描き下ろし漫画24p入り))両方が売っているのでご注意ください。表紙が違います。特装版の表紙の方が好きだな。小冊子の時間軸は本編後でエッチシーン有り。

試し読みを読んだらまんまとすぐ買いたくなりました。罰ゲームで付き合うパターンは最近倫理観NGなのか減ってきましたね。ちょっと捻った勘違いスタート。ストレスなく可愛いを摂取できて満足。特に陽翔くん(受け,思わず君付けしたくなってしまう)のピュア受けなんだけど卑屈すぎない、明るい良い子なところが癒し。碧くん(攻め,思わず君付けしたくなってしまう)のイケメン俺様系ではなく、恋愛に憧れる男子高校生っぷりも可愛い。

萌2〜神

電子書籍派の方へ

有償の10P小冊子付きが売っているのは(少なくとも現時点では)rentaのみです。自分はすんでのところで気づきましたが、通常版買ってたら後悔してたのでとにかく伝えたくて。ちなみに竹書房だけど修正は白抜きです。この巻では本番なしで、白抜きだなぁってコマもそんなに多くないです。

さて、非常に良かった!!!これは今年1の可能性が十分ある。現代のBLの旨味があるところも好き。大っぴらにこそしないまでも同期数人にはゲイと言えて、会社内でも特に不利益は受けず(小林もそう。上野は実家極太の安心感からくるカムアウトかも知れないが。)、でも本質的な部分はさらけだすのをためらう。これは性的指向とは関係無く誰だってそう。神田には父親の存在がある。実家極太の相手にこの父親の存在をああいう風に受け止められて卑屈にはならない神田が本当に愛しいし、互いが互いを好きになる説得力がある。そこがリアルだと性愛に及ばないこともあるかも知れないけれど。大人だし会社では頼られてる男が、弱ってるの最高。完璧超人みたいな2人じゃ無くて、欠点もある人物描写に弱い。

ストーリーも作画も地に足がついている感があり丁寧で、全てを伝えきらず描ききらず、表情だけで見せたり、第三者を通して見せたり、デフォルメで表現したり…あぁ漫画がうまい!顔の描きわけもうまい!続編があるですって!無論買う。

読み返したら小林スーパーファインプレイよね。あと「そんで生まれ変わったら〜」のセリフがヤバい。早く抱きしめろ。抱きしめてた。

続刊

甘い!そして修正が薄い!修正が薄い中、イチモツに自信があるであろう攻めのソレではなく、受けのソレの描写がやたら多いのは何故なのか!

甘々の続刊。当て馬的新たな登場人物が投入され、海外旅行に行き、アオハの家庭事情が明らかになり、結婚する…盛り盛りです。1冊通してアオハはシノを大切にしてますよ〜大好きですよ〜ってのを見せる本だったな、という感想。
孔雀さんが何のために現れたのか謎だけど、フロラに当たるためなのか?

電子書籍 シーモア
1巻はebookで購入。修正は同レベルです。

ONIGIRI

dom/sub要素しっかりですが、文脈はよくみる芸能人×会社員モノです。毒やら闇やらは薄い方のキタハラ先生。そして修正も薄い。1巻はebookで、続刊はシーモアで買って、どちらも同程度に修正薄めです。

萌が萌2以上になるかどうかは、シノくんが好きになれるかってとこだったかなぁ。あまりこういうプルプルしてる感じの受けが得意ではなく。何かポリシーが見えれば良かったのですが、結局見えてはこなかった。友達のフロラの方が好感持てたほど。

キタハラ先生の『ジェラテリア〜』を思い出させる続刊の甘々ぶりで、甘い作品が読みたい方の助走として1巻を読んで、2巻で甘さに浸るというのは良いかも知れない。