翼竜騎士とアルファの花嫁

yokuryukishi to α no hanayome

翼竜騎士とアルファの花嫁
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

102

レビュー数
4
得点
20
評価数
5
平均
4 / 5
神率
20%
著者
遠野春日 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
春牛 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

αであるシリルは、野心家な父の政略結婚の道具としてΩにバース転換されないために、翼竜騎士団所属を目指す。
騎士団に入るには自分の翼竜を手に入れなければならず、その試験の判定役として国王の甥である騎士長のリュオンが同行することに。
以前から互いに一目置いていた二人だが、α同士ゆえ想いが交わることはないと思っていた。
道中リュオンの強さや優しさに惹かれたシリルは、αである矜持を捨ててもいいほど想いを募らせ――。

αに生まれたからには、αとして生きたい――そう思っていたはずなのに……。

表題作翼竜騎士とアルファの花嫁

リュオン・ノエ・ルフェーブル(α)、25歳、王弟の次男でエリート部隊の翼竜騎士団の騎士長
シリル・ボワイエ(α)、23歳、伯爵家の三男。近衛騎士団所属

その他の収録作品

  • 婚約報告

レビュー投稿数4

攻めの溺愛が、すぎる///!!

アルファ同士がえちすると、受けのほうがオメガにへ転換してしまうビッチングのある世界観のオメガバ。


野心家の父(血は繋がっていない)のせいで、政略結婚の道具として宛てがわされそうになっていた美人なアルファのシリル。
嫌悪感しかなく、そのために翼竜騎士団の一員となることを目指します。

が、その試験の判定役に、国王陛下の甥である騎士長のリュオンが同行することになりました。

最初はリュオンに対して素直になれず、態度があまりよろしくなかったシリルだったが、一緒に過ごすうちに少しずつ気持ちに変化が起こり、、、♡



とにかくリュオンが以前より、ずっっとシリルのことをLoveすぎるのがとてもよかったです。
そしてなによりシリルのことを想って、一歩引いたり、陰日向になって護ったり、、、

セコム系スパダリじゃん…♡と、読みながらほくそ笑みました。

また、シリルは美人で華奢で、今までの生き方もあってちょっぴり人との付き合い方が不器用なツン系かと思いましたが、意外と素直で(リュオン相手だから??)、リュオンのとの恋に関して葛藤しつつも、最終的に頑張り屋さんでリュオンとの恋に素直に向き合った姿に、好感が持てました。


また、最後に出てきた吟遊詩人、、、

あれは作中にリュオンが竜を託されたシリルの父だったのか、はたまたまったくの赤の他人だったのか、、、

ちょっぴり気になるハピエンなラストでした。
次回作などへの伏線なのかな、、、??

攻めの超溺愛、格差、王道BL好きな方にはオススメの1冊です!

0

山行+いじめっ子

遠野先生買い。先生らしい美人さんと、不思議テイストと、山の様子と、いじめっ子な様子等色々楽しい一冊でしたので、萌2に近い萌にしました。これ前日譚出ないかなあ。受けのお母さんがめっちゃ気になるw 本編250P弱+その後日談30Pほど+あとがき。

伯爵家三男のシリルには、母親が浮気して生まれた子という噂があり、父親はどこか有力なアルファに嫁がせオメガにさせたがっています。そんなことは真っ平御免、なんとか翼竜を捕らえ、アルファである自分の実力を認めさせて、父の考える縁談を断りたく・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
レイモン(翼竜騎士団のメンバー)、グウェナエル、モルガン(攻め受けの竜)、デイヴィット(受けと同室の騎士)、イレーヌ(攻め従妹)、皇太子!!!!!!(イチオシ!)、謎な吟遊詩人ぐらい。皇太子のお話も読みたいなあ・・・ええ人やこの人。

++楽しかったところ

前半は、受けが竜をgetしに行くお話なんです、ごっつ厳しい山の上に!登山話とでも言えばいいのか?二人して黙々と山を登っていく間のあれこれが楽しいんです。グウェナエルと会う時のフィーリングも良い~

後半は、どっしり系では?と思う攻めが、受けを焦らして焦らして焦らして、「いじめっ子か!」と受けがキレそうになる感じだったところが楽しかったなあ。
読んでいるこちらも「はよくっつけや!」と吠えそうになりました笑

たとえオメガになったとしても、きりっびしっと竜にのって活躍する受けであってほしいです。強気つんつん美人さんが好きな方でしたら楽しいと思います。それに竜に乗って空を飛んでいる時の描写も楽しい~
強気美人や竜が気になる方でしたら是非是非。

最後に出版社さん&先生へ。吟遊詩人さん、謎のままで終わらせちゃうんですか・・・気になってしょうがないんですけど。なんかの形でまた読ませていただけると嬉しいです!

0

大好きなんです

遠野春日先生の作品が大好きなので欠かさず購入しています。今回はオメガバですがアルファ同士で、しかもファンタジーなのでとても楽しみにしていました。皆さんにお勧めしたい作品です。

遠野先生の抑制された美しい言葉遣いや、優れた文章力と構成力で今作も一気にお話の世界に引き込まれていました。キャラも凄く魅力的です。

人物だけでなく翼竜の書き方も魅力的で、遠野先生の新たな魅力的を発見した思いです。遠野先生のファンタジー作品もっと読んでみたいです。

私はエロ過多な作品が苦手なんですが、遠野先生の書くシーンは大好きなんですよ♡
ダラダラと書かないしお互いの気持ちが伝わって来るようで実に素晴らしいんです。

またベテラン作家さまなので言葉のチョイスも秀逸で、短い表現の中にも艶やかさがあってグッとくるんです。

今巻はくっ付くのが終盤なのでそういったシーンは少ないのですが、シリルが翼竜を得る試験に向かう時の判定役としてリュオンが同行するのですが、シリルのリュオンに対しての反発から信頼するまでの心の動きが丁寧に書かれていて、更にリュオン視点もあったので彼の本音と比べることが出来て凄く萌えました。

個人的には王太子が良い人でお気に入りでした。それとシリルの同期のベータのデヴィットが凄く良い男で、脇役キャラが魅力的なのも作品の魅力でした。

吟遊詩人が謎めいていて彼の事がもっと知りたかったですね。

2

オメガバースは奥が深い

αとαの秘めた恋がしっとりと美しく描かれていて、恋に至る過程や相手への意識といった描写が丁寧かつ繊細に綴られているオメガバース作品でした。
この物語の世界観はピッチングオメガが可能な世界。αの精を受けることでオメガ化し、αの子をなすことができる特殊設定が背景にあります。オメガ化を期待され、父親に権勢の道具に利用されようとしているシリルの抵抗と、翼竜騎士になる夢を叶えようと努力する彼のαとしてのプライドに、強い気高さを感じました。
翼竜騎士になれなければ嫁がされてしまうシリルの負けられない戦いのストーリーであると同時に、αを捨てても良いと思える相手に出会ってしまった運命の恋のストーリーでもあります。2つの見どころと、そしてその結末を見届けましょう^ ^


まずは見て下さいな、この表紙の2人の美しさ。この透明感を。
"品"という言葉が似合うやんごとなき身分のオーラは作中からも漂っていて、α同士であってもこの美しき2人の恋路を期待するには納得の佇まいです。翼竜騎士団というエリート集団の騎士長として活躍するリュオンと、翼竜騎士団に何が何でも入団したいシリルの、"スパダリ攻め×美人受け"カップルの美しさやカッコ良さに浸ることが出来るでしょう。
育った家や家族が最悪でも、αの矜持で自分の道は自分で切り拓こうとするシリルの頑張りがとても眩しかった。そんなシリルを陰ながらそっとサポートするリュオンの見守りが胸アツでした。

それというのも。シリル視点とリュオン視点が交互に入れ替わるストーリー構成になっていて、同じ時間軸が2人の目線で語られるお陰で両者の感情が手に取るように分かるんですよね。
シリルの生真面目な性格はブレがなく、そんなシリルを茶化すリュオンは、好きな子にちょっかいをかけてウザがられちゃう思春期の男子っぽい(笑)シリルが徐々にリュオンに好意をもっていく過程を見守るお話ですが、シリルに恋するリュオンの恋物語の側面もあるので倍で楽しめました。

シリルがこう思っていたとき、実はリュオンはこう感じていた、と。行動やセリフの真意についての答え合わせがすぐにできて、ストレスなく読み進められるのは有り難かったです。表面的には恋心を隠す2人が、実はその裏では……ってところが楽しくて、気持ちが通い合うまでの両片想い期を堪能しました。
シリルのクールなツンデレがどんどん柔らかくなっていく変化に注目して欲しいなと思います。


ビッチングオメガ設定の作品でしたが、あまりその設定に寄りかかっているってわけでもなくて、どちらかと言えば、好きを大事に育てていくことを重視した作品って感じでした。
あれだけαのプライドが高かったシリルにこうも言わしめたリュオン……確かにカッコよかったです^ ^
結局のところシリルがオメガになったのかは不明ですが、そこが一番知りたかった。シリルがオメガになったその先の未来は、新しい家族やパートナーの翼竜に囲まれて幸せなんだと…そんな妄想に縋るしかないのはちょっと寂しいなというのが正直な感想です。

3

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う