刑事に甘やかしの邪恋

keiji ni amayakashi no jaren

刑事に甘やかしの邪恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神60
  • 萌×219
  • 萌11
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

184

レビュー数
14
得点
409
評価数
94
平均
4.4 / 5
神率
63.8%
著者
高月紅葉 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小山田あみ 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
シリーズ
仁義なき嫁
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784879199690

あらすじ

県警の組織犯罪対策課・通称マル暴の無鉄砲刑事、三宅大輔はひょんなことから情報源であるインテリヤクザ、
田辺に犯されるハメに…。大滝組の資金源の一端を担う田辺は、
主婦層相手の株式詐欺をシノギにしているイケメン。初めは、犬に噛まれた…くらいの関係だったのに、
組の情報と交換に田辺から身体を要求されているうち、いつしかどっぷりと深みにハマってしまった大輔。
田辺と二人、温泉旅行にまで行くようになり…。

表題作刑事に甘やかしの邪恋

田辺,27歳,情報源であるインテリヤクザ
三宅大輔,28歳,組織犯罪対策課の無鉄砲刑事

その他の収録作品

  • インテリヤクザと甘い代償
  • baby step(書き下ろし)
  • そして今夜、恋を(書き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数14

繋げた身体の上で交わす、言葉の絶妙なやりとりが魅力。

仁義なき嫁シリーズは未読、刑事にシリーズ初読みです。

インテリヤクザ×マル暴の刑事、という組み合わせから連想するような、複雑な事件や抗争、入り組んだ人間関係はこちらの巻では見られず、田辺(攻め)と大輔(受け)2人の関係性(主に身体の)にかなりの重きを置いてお話が進んでいきます。

初めから終わりまでとにかく体を繋げているシーンが多いのですが、無駄にエロ重視なわけではなく、身体を重ねるごとに、2人の気持ちが変化していく様子が描かれています。

読了後いちばんに思ったのは、いつのまに田辺はこんなにも大輔に執着していたのか、ということ。

大輔の情報屋である田辺が、成り行きで大輔を抱かなければならなくなり、もちろん女には百戦錬磨だった田辺ですが、男は初めて。興味津々という感じで大輔を抱きます。
最初から自分好みの強気で可愛い反応が返ってきて、遊び相手として気に入った!という感じ。大輔の身体が想像以上にやらしくて良かったんでしょう。性格含め、どタイプだったんだと思います。
そして逢瀬を重ねるごとに、その気持ちが恋愛感情として昇格していった感じなのかと。
しまいには「奥さんと別れて」(大輔は妻帯者)と迫る田辺はなんだか可愛い。
大輔に惚れちゃったんだなー。

対して、大輔。なかなかハッキリしない。
彼からすると睡眠薬を飲まされ(その事実は知らない)気づいたら挿れられていて、そりゃ反発するよね、抵抗するよね、とは思うのです。
でも身体は気持ち良さを覚えていて、その後も情報のためだと言い訳しながら何度も田辺を受け入れて。

いくら気持ち良くても、ヤられる側、犯される側になることには、どうにも甘んじることができないようで、悪態つきまくり、自分の気持ちも田辺の気持ちもごまかすような言動を繰り返します。
田辺に辛辣な言葉ばかりぶつけているけれど、田辺の返しが絶妙にうまくて余裕があるからか喧嘩にはならず、噛み合っているのが良き。
この2人の絶妙な言葉のやりとりが、このお話最大の魅力のように思いました。
だから絡みの場面が続いても、またやってんのかよ、と思わずに、読み進められるように思います。

大輔は妻帯者だけど、関係は破綻していて、妻は本気の浮気もしています。
妻をきちんと顧みなかった深い後悔はあれど、もともと大恋愛であったわけでも、未練があるわけでもないし、妻が別れたいと言えば別れるつもりでいても、自分から別れるアクションをとる気は今のところなさそう。
守るべき妻がいれば「男に戻れる」
妻帯者であることが、田辺との関係に揺れ動く心の中で、男である自分の矜持を保てる、藁にもすがる、大事な拠り所になっている様子。

ただ、田辺が思った以上に自分のことを想って大事にしてくれていると分かったはずだし、大輔も本当は田辺のことを憎からず思う、いや、かなり好きなはず。
受けの目の前で攻めに女を抱かせる、という場面はかなりショッキングでしたが、文字通り体を張って大輔を守った田辺。
本気を見せる田辺に、男としてのプライドを切り崩し、代わりに愛情を積み上げていくような、そんな大輔は、、これから見れるのかな。
まだまだ先は長そうです。

田辺の兄貴分である岩下は、仁義なき嫁を未読なのもあって、ヤバいやつという印象が強いです。

それにしても、ヤクザ×刑事のお話で、どちらもわりと普通の立ち位置(ヒラというか)というのは、あまり読んだことがないように思いました。
だいたい、若頭だとか組長に近い力のある存在だったり、ヤクザのやり方をうまくあしらえるベテラン刑事だったりすることが多い気がするので。
お互いに色々と思うように動けない、理不尽な目にも遭う立場ですが、それはそれで面白いかな。

シリーズ読み進めて行こうと思います!

0

No Title

去年読んで、またこのふたりに会いたくて再読。
再読の良いところは先がわかっているが故にじっくり文章を追えるところですね。
高月紅葉先生の言葉のセンスを堪能できました。

内容がわかっているとはいえ、田辺が三宅たちの前で女を抱かされるシーンは堪えますね…

戸惑いつつも田辺にひかれていく三宅の心の動き、
誰もが堕ちるペテン師の田辺が水面下であの手この手を駆使して三宅に心を捧げる様子。

酔っ払って甘々グズグズの大輔さんには参った♡

そして小山田あみ先生の挿絵が……神!!!

0

刑事モノ好きなんだなぁ

仁義なき嫁は、まだ途中で最新に追いつけていませんが、こちらの方が食指が動いたので…

刑事とヤクザ、刑事が受けという、、、もうドストライクな組み合わせ。
なんと、絆される刑事の大輔は妻帯者!!!
まぁ、もう相手も浮気しつつらしいのですが、なんともそこはちょっと早いことケリつけて欲しいところ、田辺じゃないけど、早いこと別れて欲しいなぁ。

田辺の方は、岩下の舎弟ってことで岡村と同期の設定。
岩下に逆らってまで大輔を守る(ヤクザに食い潰されないように)んですが、その辺の気持ち、わかってあげて欲しい、大輔君。

これからの二人がどんな風になって行くのか楽しみであります。
小山田さんの描く佐和紀が可愛すぎてビビりました…

0

うーーーん。

仁義なき嫁を読んでいて、どうも同じ世界観の別シリーズがあるのを知り、仁義なき嫁がちょっと飽きてきたのでこちらを読んでみました。神評価がとても多いですね。

うーーーん。
なんか刑事がひたすら犯されて悔しがってて。数十ページ読んでも繰り返しセックスばっかりしてて。しかも刑事は一応結婚してるし。ところかまわずエロいことばかり。

田辺は魅力的ですがなぜそこまで刑事こと大輔が可愛いのか共感しにくかったです。
こちらも続いてるシリーズですし、評価も高いのに…。セックスばかりでこれ以上読む気力がわきません。せっかくの素敵なイラストなのに。ところで最初のイラストがいわゆるM字開脚になるんですかね?あんなに足って開くんだ!

1

陥落しない意地っ張りが最高

ブックパス読み放題で出てきたこちら、今まで出会わなかったのが不思議なくらい果てしなく最高でした〜〜
妻帯者ノンケが男の快楽に負けちゃうの好きには堪らなくて悶絶しまくりでした。しかも意地っ張りで全っ然堕ちないから攻めも益々頑張って責める、だから最高…(語彙力)

田辺の実況甘々言葉責めや、あんまりハードなものを大輔に押し付けない(フェは口先だけ)でそれでも大いに感じてるとことか、スパダリ風味+いじらしくて何処もかしこも良い。
大輔が最中ずっと声我慢してるのとか、誇張し過ぎない敏感さや男らしさも良かったです。
また大輔が強がってるのは周りの人にはお見通しなのに、自分では気づいてないのが可愛い。

刑事物やヤクザはちょっと…な方も、登場人物は少ないし殆ど二人のエロが主体なので、寝る前の疲れた頭でも一気読みできます。
ただちょっと前半は特に、どちらが言った台詞なのか分かりづらかったり(会話自体は温度差あって小気味良い)、名前間違って打ったのかなと感じる箇所がちらほらありました。

小山田あみさんの美麗滴る絵が美し過ぎます‼︎文章を読んでいて挿絵が現れるとハッとするしギュンとします。

3

優柔不断刑事と切ないヤクザの恋心

とにかく表紙が素敵すぎる!タイトルロゴも凝っていて、思わずポチり。どっちもカッコ良くて眼福。

受け視点の短編二本、間に攻め視点のSS二本という構成で、一話目はエロ特化作品のよう。キャラを掴む前にエロシーンが始まり、あまりの説明不足になんだこれ?となる。
二話目のSSでエロに至るまでの説明があり、三話目はまるでこれが一話目かのように親切な書き出しで始まる。一話目にあるべき設定説明の補足がぽろぽろあって、書いた時期に開きがあるのかな?と思った。

田辺のセリフはところどころ切なくて、だんだん可哀想になってくる。大輔を好きな気持ちにはさっぱり共感できないが、それでも肩入れしたくなるキャラ。
冷静に考えたら付き合ってるわけでもないし、田辺が勝手に体を張って守って庇っているだけ。でも気持ちはそちらに寄っていく。大輔があまりに優柔不断で、嫌がるくせに気を持たせる態度に見えて、田辺への同情が湧いてるのかも。

特に好きだったのが、「スキって言わないでいてやるから来い」みたいな田辺のセリフ。いろいろ分かってて受け入れてる感にきゅんときて。それでもやっぱり離婚して欲しいってとこは言葉にするんだ、っていう真剣さが伝わる切なさに萌える。

この一冊だけだと、田辺は大輔にはもったいない男としか思えない。仕事かつ不倫なのに感情がふらふらしている大輔の魅力が分からない。自分に言い聞かせている内容も中途半端で、こんな精神力で組対刑事は務まらないんじゃないかと心配に。
続けて読んでいけば大輔の良さも分かるかな。結婚に矜持があるなら、「嫁と別れて」に対し「じゃあお前はヤクザ辞めれるんか?」くらいの返しが欲しい。大輔にとってはそれくらいのことっていう何かがあれば、納得できる。

文章はたまに大事なとこで前後のつながりがおかしくなっていて、筆がノると自分の世界に没頭しすぎてしまう作家さんなのかと思った。一冊の中でムラがある気がする。

攻めの魅力で読まされたお話。インテリヤクザといっても下っ端で、泥臭く必死に大輔を守ろうとする田辺に泣ける。田辺が報われることを願って次も読みたいと思う。

3

・・・

あとがきを読むと、
本編の仁義なき嫁より、「刑事に」シリーズのこの作品のほうが先に公開されていて、どちらかというと、仁義なき嫁のほうがスピンオフだったそう。
・・意外にも、仁義なき嫁のほうが人気が出て、こちらが添えになってしまったらしいです。

田辺と、大輔が出会って、付き合いだすところまで。

この巻の途中で、結婚前の佐和紀が田辺にお金を無心する場面が登場する。
こおろぎ組の資金が枯渇したので、金が必要だという健気な佐和紀。

田辺は、携帯に佐和紀の隠し撮り写真を沢山持っていることを、大輔が確認。
田辺は、佐和紀の外観が気に入っているので、画像を撮ってしょっちゅう眺めている。大輔は、田辺のその様子に特に嫉妬が沸かない。

大輔は、再三田辺から要求をうけて、浮気中の嫁と離婚をやっと決意する。

1

田辺の惚れていく姿が好き

田辺と大輔の始まり。
田辺が大輔にだんだん惚れていく姿がいい♡♡
大輔の為に周平に対峙するところなんてめちゃくちゃかっこよかった。田辺のえっちの仕方、甘くて優しくて好きだな。
仁義なき嫁が大好きだから、佐和紀に意地悪な田辺が嫌いだったけど、このシリーズの田辺はかっこいいね。
そして田辺や大輔視線からの周平や佐和紀が見ることが出来て、それも嬉しい。周平はやっぱり痺れるほどかっこいいよね。佐和紀に惚れたあとの周平は田辺からどう見えるのか、そういうシーンもあるのか楽しみです。

4

ゔーん

読んでいた途中で知った名前が出てきて、それで初めて「仁義なき嫁」シリーズに繋がる作品だと知りました…。

「仁義なき嫁」シリーズさえ何処まで読んだか分からなくなっています。電子、紙、同人誌とどの話をどの媒体で持ってるかあやふやで途中で購入するのやめました。

この「刑事に」シリーズも、この続き以降はまだ電子しか無いようです。

嫁のシリーズでチラッと出てきていた田辺がねぇと思いながら読みました。そして佐和紀には甘い岩下の本当の顔が見れました。まあ佐和紀と出会う前のお話なんですが。

嫁シリーズでは佐和紀にみんな惚れてしまい、何故か佐和紀が動いて解決になるので今作は新鮮な気持ちで読めました。田辺がまともな思考の持ち主に思え刑事の大輔が愚鈍過ぎてしまって、どこが良いのかと田辺が気の毒に思えてしまいました。

あれだけ身体を張って大輔を守っても男の矜恃とやらで離婚しない大輔の思考には反吐が出ました。
続きを読むかは微妙です。

3

ヤクザが甘やかしの邪恋

表紙イラストに惹かれ、セールだったので2冊まとめて購入。
2冊続けて読みましたが、レビューはこちらに。
1話目「インテリヤクザと甘い代償」はとにかくやってるだけの感じで、「なにこれ?」と思いましたが、3話以降ストーリーが進んでいきました。
2話と4話の書き下ろしは田辺視点で、かなり深く大輔に惚れていることが分かります。
大輔は、そんな田辺の気持ちを信じないし、既に壊れている結婚にいつまでもこだわり田辺の「奥さんと、別れて」という願いをスルーします。
恋に耐える健気なヤクザ、田辺。可哀想で泣けてくる。
この田辺の不憫な状態は2冊目の最終話、大輔の誤解が解けるまで続き、この2冊は田辺の恋愛成就の物語でした。
そしてヤクザというよりマフィアな岩下、この作品に本人もちらっと出てるし、噂話なんかに登場することも多く不気味で怖い印象ですが、こんな男がどう恋愛するのか興味あるので仁義なき嫁シリーズも読んでみようと思います。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う