きゅあきゅあさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性きゅあきゅあさん

レビュー数7

ポイント数68

今年度95位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

(いい意味で)もうこれはこれでイイ、という境地に至る

前巻レビューで「もう少し(航平と太一の恋愛を)スピードアップしていただかないと、草葉の陰から見守ることになる!」とやや、焦りの心境を吐露させていただいた者です。
年齢的にね。

今巻も、そのスピードアップをお願いしたい気持ちに変わりはないのですが、なんだろう、ちょっと達観というか。

太一が、「なんだかんだちゃんと恋愛脳になってきている!…かなりのスローペースだけど…」という部分にじんわりと喜びを感じてしまったので。
だってだって最初の頃の恋愛の「れ」すら意識してそうもなかった太一が。
航平の周囲の女性の影にムッとしたり、自ら抱きついたり、キスの余韻に浸った(そんなでもないけど)り、とまぁ〜成長したなあと感じたのでね。

もう…これはこれで…うん、良いやと。
満足しました。
読み終えて(ちょいちょい不穏ながらも)幸せな気持ちにさせていただきました。

ただただやっぱり、先生、できるならもう少しスピードアップを…。
先生のこの先まだまだ長いぞーと示唆するコメントに震えてしまったので。
何卒よろしくお願いします。

秘書佐々木さんが一番光っている作品です

攻めは傲慢で俺様な、火崎先生の作品でよくお見かけするタイプでして。
その俺様っぷりを許せるかどうかで評価は分かれると思います。
私は、ギリ許せました(笑)。

後半のトラブルは「ありがち」な上に、なんともご都合主義な展開なので、ワクワクどきどきしないのですが、受けの八王子が終始可愛くって◯。
助け出されあとに玖珂に抱きつき泣くシーンは、「よしよし」してあげたくなっちゃう。

玖珂はなんだかんだで最初から八王子に惹かれているのがわかるし、しごでき男が受け(だけ)を甘やかす話は大好物なので、こちらの評価で。

あと、脇キャラの佐々木さん…好きだ…

物足りない

可愛らしいお話で、スッキリきれいにまとまっていて、楽しく読めました。
神崎(攻め)も心(受け)も二人とも嫌味のない努力家なので、好感持てましたし。
でも、なんか…んー…物足りなかったんですよね。

登場人物の中で、もう少し活躍させるともっと楽しくなりそうなキャラが何人か出てくるのですが、その方々がひっそりと埋もれて終わってしまったからかもしれません。

心の推し(神崎)への気持ちが、ファン心理から恋愛感情へと変化する過程、神崎の「好ましい」気持ちが「愛」になる過程、それぞれが、イマイチ伝わってこなかったのも、物足りなさポイントですね。

話としては王道ストーリーで安心感があります。
心の推し活言動にほっこりとなるので、推し活に疲れた時に読んだら、初心に返ることができるかも。

言ったよね?ジーノが最高だって

1巻のレビューでもジーノがめっちゃ好みだ!とウザいぐらい主張していましたが、やっぱりジーノが最高に格好良くて可愛いと再確認しました。
ジーノ、すっごい好き。
受けとして、私の「好き」要素が全て入っているーー!
先生、本当にありがとうございます。

1巻のラストが不穏だったこともあり、2巻の発売を首を長くして待っていました。
冒頭、ダンテを想うジーノの表情にグッと胸が詰まり、もうこの場面だけでも待っていた甲斐があったと思いました。

2巻はダンテの正体や想いにスポットライトが当たる描写でしたね。
痛くて切なくて苦しくて…からの痛快な救出劇。
これぞエンターテインメント。

粗さもあるけどテンポの良さは1巻から引き続きで。
次巻への期待とワクワクも同様で。
ダンテとジーノの関係も、ずっと甘々で。
部下たちは有能で可愛くて。
キャラもストーリーも文句なし。
いやもう、さすがです。

やさしい世界

田舎で育った二人が「幼馴染で恋人」という関係のまま、都会で生きていく。
たんたんと。

それだけの描写なのに、こんなに胸が温かくなるんですね。

好奇心旺盛で表情がくるくる変わるコタと、冷静で仏頂面な瞬平。
お互い一緒にいるのが当然で、大切な存在なんだって言葉にしなくてもわかりあっているのが、本当に素敵。

二人の大学生活は、友人ができたりして少しずつ変化していくのに、その「二人は一緒にいるのがあたりまえ」のスタンスは変わらない。
だからえっちシーンも自然体で、特別感のない感じ(←褒め)なんです。
読み終わったとき「あーなんか、こういう人たち、そのへんに居そう」と思ったんです。
そのぐらいの自然体っぷり(笑)。

『幼馴染で恋人同士』が大好きな方は、ぜひ。

町長が強キャラ

スッキリとした後味、という感じの読後感。
地方再生、活性化の問題が主軸の行政モノを扱った作品ですが、軽すぎず、重すぎず…の程良い塩梅のストーリーで読みやすかったです。

地方ローカル局の新人アナウンサー旺介と、山間の小さな町の役場職員水波(みなみ)が仕事を通じて出会い、惹かれ合っていくのですが。

んーー、でもこの主人公CP二人にあまり魅力を感じなかったんですよね。
町長がイイ男過ぎて。
とにかく、町長がイイ男過ぎて。
メインの二人が吹っ飛ぶぐらい、カッコ良かった~。
町の抱える問題に全力で取り組み、職員には気配りも出来る所謂「しごでき」男。
幼馴染の水波を見守り、支える包容力も兼ね備えているという、まさにパーフェクト攻め(←違)。

ということで、町長が全てを攫ってしまったがゆえに、この評価ですが、1冊を通して自然の美しさや田舎暮らしの妙などが散りばめられていてその側面からもとても楽しかった。
苦労もあるけど、憧れてしまいますね、スローライフって。

今巻も面白い!

もうこちらの5巻にはBL的要素がほぼありませんが、本当にストーリーとして面白い。
楽しく読ませていただきました。
唸らせてもらいました。

普通の高校生とかリーマンもののお話で、BL要素がこれだけ希薄だと「??」となりますが、こちらのお話はそういう部分を超越している気がします。

もちろんアルトとエルヴァの恋愛シーンには、ほっこりしたりニマニマしたりしますよ。
でも、ストーリー展開が重厚過ぎて、そっちにのめり込んでしまって。
構成も下地もよく練られていて、毎回「ほぅ…」となってしまう。
これはどういうこと?あれはここに繋がっているんだ!とか。
今まで読んだことのないスケール感で、大好きな作品です。

今巻の暴力的表現も、私としてはストーリー上やむを得ないものであったと納得して読みました。
取って付けたよう、ではなく、薄々感じていたけれど明らかでなかった部分が晒された、と受け取りました。

そうした表現や、LOVEが薄ーいところに、不快感を覚えたり、焦れたりされる方々も一定数いらっしゃるでしょうね。
でもごめんなさい、私は楽しかった。
ずっと楽しいと思っています。
こんなダークファンタジーBL、今まで読んだことない!といつもワクワクしながら、この先も待っています。

最後まで好きになれなかった

受けの隼人に最初から共感できず、好感を持てないまま読了。
生い立ち、境遇には同情するし、あの性格もやむ無し、とは思いますが。

その分、遠野の鷹揚さが際立ちました。
いい男だよー、遠野。
面倒くさい隼人に根気よく付き合い、まるっと包み込むその懐の深さたるや。
遠野の存在があってこその評価です。

ストーリーの核となる横スクロールのロープレの設定は、とても楽しかったです。
バグとか、きゃー懐かしいー。
魔王と対決するあたりはアッサリしていて肩透かしでしたが、まぁそこを広げる必要はありませんからね。

お話はワクワクしたのに、読後感がイマイチ、というとても不思議な作品でした。

小説もコミックもやっぱり好きだ。

原作が大好きで、何度読み返してもボロ泣きします。
大好きな作品なだけにむしろコミカライズには全く興味がなく、戸惑っていただけだったのですが。
何故か。
何故かわからないのですが、購入していました。
そして、読み終わって、小説同様やはり泣いてしまいました。

凪良先生の世界観を壊すことなく。
大切に大切に描いてくださっていて、いちファンとしてありがたかった。
絵は今どきのタッチではないため、好き嫌い分かれると思いますが、静謐で繊細なストーリーに合っていると感じました。

蓮の孤独が、加賀谷の真っ直ぐな愛情に包まれてほどけていく過程が、たまらなく切なく、キレイな作品です。
加賀谷にも、蓮にも幸せになってほしいと祈りながら読んでしまいました。
ストーリー知っているのに。

でも内容を知っていても、場面の背景や表情の変化などの脳内補完ができて、それはそれでとても楽しかった。
字ではない、絵の魅力ですね。
読んで良かった。
今まで小説作品のコミカライズには「興味なし」でしたが、少し考えを改めます。

売り切れ必至ですよ。お早めに。

試し読みで気になって、レビューの内容に「ふむふむ」と更に気になって。
最近ちょっとBL離れしていた脳みそに気合を入れて、某アニ○イトにこちらの本、買いに行きました。
…無い。
…え?無い??
売り切れってことーー?!

まぁ、無事に2軒めの本屋で発見(残り2冊だった!アブね~)したわけですけども。
読み終わった今、売り切れも納得の「神」ですよ。
買えて良かったぁ〜と心から安堵しました。

もうね、年上&歳の差攻め好きは、全人類読むべきです。
たまらーん!と悶絶しながら読むべきです。

攻めの加賀美がゲスいヤツで、結構終盤までイラッとしますが、実はもっとクズでゲスいと勝手に想像していました。
なので読んでみればソフトなクズゲス(当社比)からの、カワイイ年下彼氏溺愛…という素晴らしい構成で、ぐっと心を掴まれました。

何と言っても南斗が本当にカワイイ。
顔が良くて素直で純粋な大学生、天然記念物レベルです。
表情がくるくる変わるのも凄く魅力的なんです。
最初はチョロいコだな、とは思ったけど(笑)。
これだけカワイイ年下彼氏なら、最終的に南斗に心奪われた加賀美が、心配になり過保護になるのもしょうがないですよ。

意外なほどえっちなシーンが多めでしたね。
ソレを削ってもう少し心情を描いても良かったのに…と個人的に思いました。
ただ、もう、絵が本当にキレイで読みやすくて。
お気に入りの作家さんとして、次作も絶対に買います。