ぷれぱーるさんのマイページ

レビューした作品

マスターレビューアー 「BLアワード検定」合格証 ソムリエ合格

女性ぷれぱーるさん

レビュー数0

ポイント数789

今年度39位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

特殊設定も無理なく読ませてくれる!

完全なる作家買いです。
今作もめっちゃ良かった。

「リワインド症候群」 ……体だけが過去に巻き戻る奇病。
トンデモ設定かと思ったら、切ないじゃないかぁー。
発症する原因は定かではないのですが、そのトリガーは恐らく〝未練〟。
主人公たちが「リワインド症候群」に罹患した理由となる未練や、過去に囚われている姿が切なくて泣けました。
過去を取り戻すもの、未来へ歩き出すもの、背中を押すもの……救済と昇華のお話です。(違う?)

【リワインドラバー】
大学生の幸彦は、体が高校時代に巻き戻る「リワインド症候群」の罹患者。
月に1週間だけ小柄な体に戻る幸彦は、その間は体格のいい男を漁っては抱かれる日々。
そんなある日SNSで出会ったのは、高校時代の後輩・凪で……

大きな体にコンプレックスを持つ幸彦の未練は、高校時代の小さな体。高校時代に植え付けられたトラウマが幸彦のトリガーなんですよね。
この相手がクソなんですよ!
小柄で可愛い幸彦を女の代わりにしてただけ‼︎
そんな男に夢中になって傷付けられて、2人の関係を守るために後輩をレイプまでして……。

そう、このレイプした相手が凪。
卑劣な行為だし、これによって性癖を捻じ曲げられた凪は不幸としか言いようが無い。憎んでもいいと思う。

これは凪の復讐……?

いや違う。酷いことされても好きなんだよ。
私には、凪はただの執着男には思えなかった。むしろ、恋を拗らせた一途な青年に見えました。

大きな男を抱きたくないんだろ?
自分より小さな男に抱かれたくないんだろ?

この気持ちのズレが生むすれ違いが切ないのですが、幸彦を思う凪の言動が幸彦の呪いを解いていきます。
「大きい」「小さい」じゃなく、「好き」だから抱きたい、抱かれたいに変わっていく過程に胸キュンでした。

エロはたっぷり。痛い場面もあって辛いのですが、凪×幸彦のセックスはめっちゃエロいです。
挿れてる途中で小さくなったり大きくなったりするので、凪的には楽しいかも……と思ったら、『愛しい』だったよ〜♡
描き下ろしヤバい。キュンキュンした♡

【リワインドラバーregain】
研究者・満×会社社長・晴喜。
2人が青春を取り戻す素敵なお話でした。
すごく好き。感動しました。

高校生に戻ってしまう2人が、親友のように笑い合う姿が眩しくてときめく。
立場とか羨望とか、そんなもの全て取っ払って残った素直な気持ちにグッときました。

それぞれ違った理由で残した未練。置いてきた青春にそれぞれの姿を重ね、それが人生の重なりになっていく。
話したり一緒にご飯を食べたり、そんな些細な事で感じる幸せが素敵だなと思いました。

大人になったってやり直せるんですよ。
2人で取り戻す青春を謳歌してほしい。
大人には大人なりの楽しみ方があると思うよ。

大人同士・子ども同士でのHは、一粒で二度美味しい♡
大人×子ども、子ども×大人の組み合わせも見たかった〜


どちらの話もキュンとできて素敵でした。
絵も綺麗、エロにも萌えるって最高でしょ!

動物たちが可愛い

表紙が素敵ですよね。
動物がたくさん出てきてすごく可愛いです。
ただ、表題作+1作という構成なので、ひとつのお話が短く感じてしまい物足りなさが残りました。
そして、獣人と人間が共存する世界の説明が無さすぎる。
表題作においては、なぜフクロウが突然獣人化したのか分からないまま終わってしまいます。

まずは説明を。
「ある一定の知識量を超えた動物は獣人になることができる。」
これが大前提。(同時収録作の方に説明あり)
人と話がしたいなどという強い思いがあった場合、努力によって獣人化できるみたい。(たぶん)

……と、いうわけで説明不足な点は否めませんでしたが、表題作は良かったと思います。

【フクロウの恋わずらい】
仲良しの女の子を庇って事故にあったシロフクロウのシロ。
そんなシロを助けたのが獣医の福由で……

シロがめっちゃ美人です。
フクロウ姿はきゅんとするほど可愛く、人の姿はドキッとするほど綺麗で魅力的でした。
そんなシロに惹かれる福由は、なかなか自分の気持ちに素直になれない。
そんな焦ったい福由の手をシロがあっさり引いて行くのですが、この行動力と素直な気持ちが良かった。
シロは美人なだけじゃなく男前でもあったんですねえ。

3話でお終いなので、丁寧な心理描写とはいかないかな。
ただ、とにかく動物たちが可愛い。それに尽きます!
Hは少なめですが、シロの笑顔にキューンとなりました♡

【俺の可愛い発情ネコ】
表題作のスピンオフ。動物園の職員・マコと、マコに片想いする猫の獣人・ミヤのお話。

ミヤに絆され、一歩関係を進めたいと思いながらも、今一つ踏み込めないマコ。
そんな時、ミヤに発情期が訪れ……と、いう展開です。

こちらは2話なので、表題作より性急。
ミヤのビジュアルは好みだし、マコに対する嫉妬も可愛かった。
マコはヤンチャそうに見えて動物思いだし、ミヤを受け止める優しい子でした。
幸せそうな笑顔が印象的な、愛あるHが良かったです。

とても可愛い作品でした。
当て馬もいないし、心穏やかに読める一冊だと思います。
どちらかというと、BL初心者向けといった感じでしょうか。

ブレないカップリング

シリーズ3作目。
私、先に4作目を単独で読んでしまったのですよ。
今回もα×性転Ωじゃないですかぁー
だから4作目・マッシモ編のα×αの組み合わせって、すごくレアだったんだなと今更ながらに思ったわけで……
シリーズ通して読んだら、多分4作目の印象ってもっと違ってきたんだろうなと。
やっぱり、シリーズものは通して読まないとダメですね。
今読んだら感想変わるんだろうなあ。
でも、ちるちるは感想変えられないのがねー。
これはもう、自分のブログとかでやるしかないかもな。
気付けば全然関係ないこと書いてましたね;

俳優・ルカ×俳優・椎名。
椎名は、Ω転性に抗うβでした。
それでも、やっぱり最後は運命に従がっちゃうんですね。
今回も〝運命コワイ〟でした。
いやー、それにしても焦らされた。
ルカは終始一貫して一途なワンコで可愛かったです♡

運命に翻弄されすぎ

前作で一番気になる存在だった彼方が主人公のシリーズ第2作です。
今回もα×転生Ωの組み合わせでとてもドラマチックなのですが、個人的に攻めがあまり好きじゃなかったです。
攻めは、イタリア人のミケーレ。
外国人が運命の相手……って、そこまでワールドワイドに運命って展開するのね;
世界の人口何人よ?出会えたらめちゃめちゃ奇跡じゃない?
そして、前作に引き続き『運命』に翻弄される2人を描いています。

もうね、運命が怖いですよ。
たった数日で燃え上がって、一生忘れられない存在になっちゃうって怖くないですか?
ほとんど知らない相手ですよ。で、知らないまま別れちゃうの。それなのに、こんなに盲目的な執愛を見せられると怖くなっちゃう。

運命の相手が、姉の婚約者だった……と、いうお話。
とても悲劇的で切ない。そして、彼方は賢明だったと思う。
ただ、ミケーレが短絡的過ぎた。
運命=愛、だから姉とは別れるって……
彼方の気持ちは?姉の紗栄子の気持ちは?
子どものマッシモの方が思慮深いってどうなのよ;

そして、紗栄子には同情しかない。
この人悪くないよね?そりゃ、妊娠したと嘘をついたところは悪いかもしれないけど、あとは悪くないと思う。
彼方にキツイのも、それは彼女の矜持だと思うし。
最後は幸せを掴んでくれたみたいでホッとしましたが。

運命に従うことをロマンチックだと思えれば楽しめるけど、振り回されてると考えてしまうと楽しめない。
むしろ、番外編の一充×類CPの方が気になりましたよ。
この続き読みたさに次のシリーズを読もうと思えるほどには。

猫はコタツで丸くなる

かわいい猫と甘エロ見たさに読んでます。
それだけです。
でも、それでいいんです!

相変わらずラブラブな鴻太×クロ、福永×シーナ。
さらに、成長した大吉がタチに!
ギャップありな猫カフェ店長・宗春との身体から始まるラブ……の予感。

遂に、タチ猫ちゃんきましたねー
大吉は、わんこ系猫ちゃんですもんね(笑)
宗春の家に住み込みで働くことにしたものの、正体はバレていないので先は長そう。
ツンデレ宗春とどうなっていくのか(まぁ、想像はつくけど;)、今後が楽しみです。

可愛くてエロくて癒されました。
何もない安心感が心地いい。
ページ数が少な過ぎたので、次はボリュームアップでお願いします!

Family Affair コミック

こん炉 

残された遺産は…

こん炉先生にしては王道かなという印象。
俺様な塾講師・冬ニ×わんこ系愛され男子・透。
2人の距離が近付いていく過程が胸キュンで、あっという間に読み終えました。

祖父が倒れたことで、親戚たちの後見人争いに巻き込まれた予備校生の透。
悩む透が講師の冬ニに相談すると、土曜の夜に「家族会議」を開けばラッキーデーになるかもよ?と、言われ……

ちょっと切ない、家族と愛の物語です。
祖父に愛されて育った透と、父親から厳しく育てられた冬ニ。
同じ人に育てられたのに、こうも違ってくるとは……

冬ニは俺様でかなり強引な印象だったのですが、話が進むにつれてさり気ない優しさだとか、寂しさだとか、いい面が沢山見えてきてキュンとしました。
一方の透は、両親を亡くした寂しさなんか少しも感じさせない、素直で優しい子でした。

透が先入観や偏見でものを見ず、ちゃんと自分が知ってる冬ニを信じているところが凄く良かった。
冬ニが欲しかった言葉、欲しかった気持ちを自然にくれる透。
そんな透に惹かれて行く冬ニの気持ちが、手に取るように分かるんです。
透も冬ニの色んな一面を知るほどに気になっていき……と、いう展開。

全てがじいちゃんの思惑通りに進んだ感じかな。
まさか恋人関係にまで発展するとは思わなかっただろうけど;

透が冬ニのいる予備校に通っていたのも、じいちゃんの作戦?
厳しかった冬ニの父が透にとっていいじいちゃんになったのは、冬ニとのことを後悔していたからなんでしょうね。最初からこうできてたら全然違った結末だったかも。
ただ、何で冬ニにそんなに期待していたのかが分からなかったです。そこが読み取れる箇所があれば尚よかったのに…

父親に選ばれながらも最後の最後に信じてもらえなかった冬ニですが、その冬ニを信じて選んだのが透でした。 
お互い以上には何もいらないという意思表示をした2人の意思は固く、何よりの遺産は『家族』だったんだと思わせてくれたラストが素敵。
でも、一人になっちゃったじいちゃんが心配だな。

エロ展開は、ちょっと強引に感じたかなー。
家族としての背徳感は全く感じさせませんでしたね。
本作には、この葛藤がないんですよ。 
ただ、透がエロかったので、冬ニが煽られるのは納得。

Luck コミック

暮田マキネ 

占いに従うことで人は幸せになれるのか?

とても面白かったです。
裏がありそうな先輩と、日々を占いに頼って生きている後輩。
そんな大学生2人の不器用な恋に萌えたりホロリとしたり。表情豊かな物語で、最後まで飽きさせません。

一日の行動を占い通りに過ごす大学生・天は、大学の有名人・寿里に突然話しかけられ、なぜか付きまとわれてしまいます。
この出会いは、偶然かそれとも……と、いうお話。

心理学科の寿里は人身掌握術に優れていて、天を意のままにコントロールしているのでは……と、不安を覚えるほど笑顔が怖い時がある。
そして、ニコニコ顔からの真顔にドキッとさせられます。

一方、辛い恋の経験をもつ天。
天を弄んだ先輩が本物のクズで、腹が立って仕方がありませんでした。
傷付けられた天が可哀想で可哀想で涙が出ます。
この男がキッカケで天は占いに依存するようになったのですが、そんなこと知る由もないんだろうなと思うと余計腹立つ!
物語中盤のこいつのザマァは見ものですよ。スカッとした‼︎

占い通りに行動することで、縮まって行く2人の距離と温度差。
警戒心丸出しの天が寿里に心許していく過程が丁寧に描かれていてキュンとします。

しかし、寿里には天に打ち明けられない秘密があり……

結果的に、一番占いに振り回されていたのは寿里だったのかもしれない。
人生を他人に左右されたがる人間がいるなんて理解できないと言いながら、天に近付くために自らその〝他人〟になり切る。
寿里の行動が天を傷付け、その罪悪感が天を追いかける足を鈍らせる。もー、ここが切なくて……

器用そうに見えた寿里は、とっても不器用だったんですね。
だけど、そこに人間味を感じて安心してしまう自分がいました。
なかなか見えてこなかった天に執着した理由も、寿里の回想で明らかに。天、めっちゃいい子じゃん。
おばさんの占いに従ったかに思える寿里だけど、これは普通の一目惚れですよね。
キラキラで取り繕ったかっこよさよりも、ボロボロだけど必死な寿里の方に断然魅力を感じました。

人生の岐路に立った時、選択肢に迷って不安な時、誰かに背中を押してもらいたい時がありますよね。
そこを逆手に取った展開が面白かったです。

エロは少なめですが、寿里がSっぽいところが良かったし、天の精液を掬って舐めるところがエロかった♡
天の潮吹きは、是非本編で見たかったなあ。

独特な設定が効いてる

かなり読みやすいオメガバースです。
特に構成が気に入りました。
単元ごとにまとめられているので、いつの誰の話なのか分かりやすかった。

α×Ωの再会オメガバースです。
『運命』に拘ってるなあ。
一目で惹かれあう2人。なんなら、受けの智宏に関しては、恒星のキーホルダーを拾って持ち帰っただけで発情してる。
だけど、智宏は『運命』に気付いていなくて……と、いう焦れ恋でした。

好きなら運命の相手じゃなくてもいいんじゃないの?と思うのですが、そこは拘る智宏でした。
そこには、本作特有のオメガバ設定が影響してるんですけどね。
それでも、自分の気持ちに素直じゃないなあ……と、いう印象を受けました。

攻めの恒星は、なかなか素敵でしたね。
いっとき側を離れたのも、智宏への愛を確信するためだったと思えば納得です。
そして、最後の書き下ろしに爆笑。
オメガの男性が妊娠すると、母乳が出ると姉から聞いた恒星。
「姉貴、俺、頑張る」
とんだむっつりでした。恒星好きだわ。

ハッピーエンドのため、読後感もいいです。
書き下ろしもたっぷりで、電子限定の書き下ろしもすごく面白かったです!
これは、電子限定にするには勿体ないんじゃないかな。

そう簡単には乗り越えられない

日野先生の作品はかなり読んでいるのですが、レビューするのは初めてなんですよね。
可愛い表紙からは想像も出来ないくらいセンシティブでした。

かつて親友で恋人同士だった2人の再会ラブです。
お互いに忘れられない相手で、嫌いで別れたわけじゃないところが切なくて、これでもかってほどすれ違ってしまう姿に胸がギュッとなりました。

男同士の恋愛において、自分の恋人が同級生にレイプされてしまう……という展開はあまり見ないかも。
男女でも男男でも、この状況はすごく辛いです。
被害者はレイプされた翼なんだけど、彼氏の加瀬も凄く後悔してるんです。
だからギクシャクしちゃうし、翼を見ると辛くなってしまう。
そんな加瀬の気持ちを汲んで、距離を置いたまま姿を消してしまった翼……切ない。
高校生ゆえの未熟さも感じて、子ども2人では抱えきれない大きな問題だったのだと思いました。

そして大人になった2人は最悪の形で再会し、想いを再燃させていくのですが……

訳あって、男の元を転々としながら身体を売っていた翼。
そして、それを知った後の加瀬の態度が最悪なんですよ。
再会前のことを責めるような態度をとってしまったり、挙げ句の果てにレイプ紛いのセックスをしてしまったり。

それをお前がやるか?という感じで怒りしかない。
でも、翼は加瀬に抱いてもらった身体を大切にするんです。
他の男に迫られても拒絶して殴られて……
酷い目に遭っても、健気で気丈な翼の姿に胸が痛みました。

ほんのちょっとのことなんですよ。
守らなくてもいい。ただただ黙ってそばにいれば良かったんじゃないの?と、思わずにはいられなかった。
そして、「好きや」という一言があっという間に関係を修復し、2人の溝を埋めていくところにグッときました。
ずっと両片想いだったんだから当たり前です。

関西弁も可愛いし、2人のコミカルなやりとりはホッコリ。
Hも綺麗でエロかったです。H中の関西弁が堪らなく可愛かった♡
「あかん」「イってまう」って、可愛い〜

すごく良かったのですが、ラストがちょっと駆け足に感じてしまいました。
もう少し余韻があったら良かったかなあ。

前作を軽く超えてくるねー

名言続出の下巻です。めっちゃ読み応えありました!
『チェンジワールド』ではあんなにムカついた穂積を、まさか郁央×要祐CPより好きになる日が来ようとは……
南月先生、すごいです!

下巻では、旭のトラウマがよりクローズアップされます。
「欠陥品」という言葉……これが旭のトリガー。
旭のトラウマが増幅したのは、穂積への罪悪感からでした。
だけど、欠陥がない人間なんていないですよ。
人間の欠陥と欠陥品の木材をリンクさせているところが凄く良くて、旭の父親の言葉が刺さりました。

〝虫食いだって芯さえ強ければ大事なものを守れる〟

お父さんのこの言葉が全てだと思う。
欠陥品だって柱になるし、それが味になることもあるでしょう。
お父さんから旭と恒生へのメッセージ……これには涙腺崩壊しましたよ。不器用だねえ。

そして、旭の吐露に対して穂積が言った言葉がストレートでガツンときました。
それ言うんだ……でも、そうだよね。
正直な言葉って人の心を動かすんだよなあ。
穂積が旭の荷物を一緒に持つことはできないけど、きっと軽くしてあげることはできたと思う。

「他の誰も匤人の代わりにはなれねぇ」
穂積母に旭が言ったこのセリフをなぜ本人に言わんのじゃ!とヤキモキしていましたが、最後の最後にどストレートな告白きました♡胸熱です。

旭の過去に意味を持たせてくれた穂積と、穂積に母親と向き合う勇気をくれた旭。
心から出会えて良かったと思える2人に感動でした。
依存じゃなくて、辛い時に寄りかかって心を預けられる存在になれたところが素敵。

そして、楽しみにしていた結腸責めですが遂に描き下ろしで実現します!
めっちゃエロいけど幸せそうでした〜♡

何度でも読み返したくなる素晴らしい作品でした。
出る続編出る続編が、次々前作を超えて行くの凄くないですか?
今回は、ナルの恋人たちが見れたのも良かった(笑)
今シリーズの2CPにはまだ続きがあるそう。
先生の考える2組のエンディングを見るのが、今から楽しみで仕方ありません!