ラブネスト 2nd (下)

love nest

ラブネスト 2nd (下)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神133
  • 萌×234
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

150

レビュー数
17
得点
827
評価数
180
平均
4.6 / 5
神率
73.9%
著者
南月ゆう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
サヨナラゲーム
発売日
電子発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784403667626

あらすじ

女手ひとつで自分を育ててくれた母に自身がゲイであると言えない匡人と、
全てを知った上で旭を受け入れた匡人の母。
二人の想いを聞いた旭は……。

表題作ラブネスト 2nd (下)

八島 旭,38歳,建築士でバツイチ
穂積匡人,30歳,システムエンジニア

その他の収録作品

  • 好奇心は猫を転がす
  • カバー下(追加の登場人物)

レビュー投稿数17

前作を軽く超えてくるねー

名言続出の下巻です。めっちゃ読み応えありました!
『チェンジワールド』ではあんなにムカついた穂積を、まさか郁央×要祐CPより好きになる日が来ようとは……
南月先生、すごいです!

下巻では、旭のトラウマがよりクローズアップされます。
「欠陥品」という言葉……これが旭のトリガー。
旭のトラウマが増幅したのは、穂積への罪悪感からでした。
だけど、欠陥がない人間なんていないですよ。
人間の欠陥と欠陥品の木材をリンクさせているところが凄く良くて、旭の父親の言葉が刺さりました。

〝虫食いだって芯さえ強ければ大事なものを守れる〟

お父さんのこの言葉が全てだと思う。
欠陥品だって柱になるし、それが味になることもあるでしょう。
お父さんから旭と恒生へのメッセージ……これには涙腺崩壊しましたよ。不器用だねえ。

そして、旭の吐露に対して穂積が言った言葉がストレートでガツンときました。
それ言うんだ……でも、そうだよね。
正直な言葉って人の心を動かすんだよなあ。
穂積が旭の荷物を一緒に持つことはできないけど、きっと軽くしてあげることはできたと思う。

「他の誰も匤人の代わりにはなれねぇ」
穂積母に旭が言ったこのセリフをなぜ本人に言わんのじゃ!とヤキモキしていましたが、最後の最後にどストレートな告白きました♡胸熱です。

旭の過去に意味を持たせてくれた穂積と、穂積に母親と向き合う勇気をくれた旭。
心から出会えて良かったと思える2人に感動でした。
依存じゃなくて、辛い時に寄りかかって心を預けられる存在になれたところが素敵。

そして、楽しみにしていた結腸責めですが遂に描き下ろしで実現します!
めっちゃエロいけど幸せそうでした〜♡

何度でも読み返したくなる素晴らしい作品でした。
出る続編出る続編が、次々前作を超えて行くの凄くないですか?
今回は、ナルの恋人たちが見れたのも良かった(笑)
今シリーズの2CPにはまだ続きがあるそう。
先生の考える2組のエンディングを見るのが、今から楽しみで仕方ありません!

11

少しずつ人生が重なる

なんかも~~~上手く言葉に出来ないんですけど、
どんな続編になるんだろうとハラハラしてたんですね。

旭のトラウマや匡人のカミングアウトの行方など
それによって深く傷ついたり、諍いに発展したり、
続編のドラマを盛り立てるようなストーリーが待っているのかなーと…。
(本が分厚いから何が起こるか気が抜けない的な;;)

上巻の感想と重複しますが、
蓋を開けてみればドラマティックな過激さはなく、凪いだ愛がそこにありました。
親とのエピソードも良い意味で淡々と過ぎていき、
ごくありふれた日々の時間に組み込まれた自然さが逆に心を鷲掴みにされます。

地に足を付けてずっと共に生きていく2人の人生に触れ、
サヨナラゲームからずっと好きなシリーズの「好き!!」が更新されました♪


さてさて。

カミングアウトはしないをモットーに生きてきた匡人。
大切に育ててくれた母への愛情があるがゆえに、
ゲイだから親を裏切っているような自責に苛まれていました。

旭は子を成せない自分を「欠陥品」と断罪されてしまったような錯覚と、
母が父を蔑むように残した「欠陥品」という言葉がダブってトラウマになっておりーーー。
上巻では匡人を愛することに迷いを見せていました。

上下巻通してイチャイチャしているシーンが多いです。
朝起きて、仕事して、帰宅してイチャイチャ。
休日に口喧嘩しながらイチャイチャ。
仕事に追われる時間や、郁×要祐・ナル&マスターとの交流なども描かれています。

そして時折心をよぎる親との過去やトラウマが暗い影を落とす。

少しずつ旭のトラウマが薄れていくのは匡人あってなんですよね。
積み重ねる日常の丁寧な描写に説得力があり、
旭にとっての匡人の存在の大きさを痛感します。

全てを背負い込むくせに人には頼れない旭の性分が、
少しずつ匡人にだけ緩んでいくのが胸熱でした(∩´///`∩)
もうね。旭の方が匡人なしで生きられなくなってるってのに涙がこみ上げてきて!!

で。匡人の方も意識の変化がでてきます。
今や日常に幸せが満ちて、毎日が"特別な日"って///
いいなぁ…素敵な考えだよねぇ…(;////;)
(ホンマに満ち足りてないと中々言えない言葉だぜ)

見知らぬ他人が繋がって恋が始まって。
それまでの過去が相手の言葉で救われて。
それまでのモットーに意識の変化が生まれて。
少しずつ人生が重なっていく瞬間がとても良かったです。

他、相変わらずナルの掴み所がない曲者感も良いスパイスになっていましたv

ちなみに下巻では郁×要祐も含めた旅行もあり♪
これねーーーーーーめっっっちゃ好き!!!!!!!
グループ交際のワチャワチャにニヨニヨ止まらなかった♡
(っていうか郁×要祐視点が死ぬほど見たい(;ω;))
(風呂から帰ってきたときのアレってアレですよね!?)
(その辺をもっと詳しくくれ下さい!(スライディング土下座))

ページ数的にはエッチシーンは少なめだけど
1回1回の描写は安定の濃いめ♡♡♡♡(紙修正◎)
描き下ろしでS字結腸責めキターーー!!(大興奮)

このシリーズはまだまだ続くようですヾ(*´∀`*)ノ
個人的に次は郁央×要祐のお話も見たいなぁ…。
スピンの可能性も示唆されてるからナルがくるのか…??
これからもこの世界観にドップリ浸れそうです♡

10

ラブネスト2nd(下)

神作品です
本当に素敵な作品

読みたいのに、読み終えたく無い葛藤を抱えながら最後まで一気に読みました

ただただ良かった
みんなが、それぞれ幸せになっているのが伝わってくる
ナルの表情が時折含みを持っているように感じられるので、このキャラはこれからどうなるのか気になるところ

ナルは今作でもナルでした
本当に素敵なキャラです

郁も要祐も可愛かった
みんな出てくるのはホントに嬉しい

まだまだこの世界のお話が読めるようなのでほんとに幸せです

下巻は匡人のエロ可愛さが全開でそちらも神でした!全てが最高の一冊です

7

恋愛の先にあるもの

ディアプラス連載中に、毎月”じ~ん(深いわ…)”と心を抉られながら読んでいたものが、コミックにやっと!まとまって、前にも読んでるからちょっと”じ~ん”薄まってるかな、と油断してたんですけど、まとめて厚く”じ~ん”がきました。もうこのシリーズ読み応えありすぎて神です。

ひたすら丹念に2人の日々が綴られています。穏やかにみえる日常において、ときどき不穏な雰囲気を醸し出す、旭の心の中でこんがらがってるトラウマが今回のテーマの一つだったと思うんですけど、そんな旭の葛藤にきちんと向き合おうとする匡人の成長も感じられる尊い展開でした。いくつになっても、一人じゃ解決できないことってあるんですけどね、さりげなく気持ちに寄り添われることで、徐々に浄化していくことってあるんですよね(たぶん)。さらに、毎日一緒だから、ちょっとした言動で相手の心の機微に触れて、嬉しく思ったり落ち込んだりするけど、自分の気持ちのなかだけで完結せずに、きちんと話し合うってゆーことが生活を共にする上でのお作法という2人の関係性は、成熟した大人の理想的なラブラブでした。

大きな事件がないからこそ、なんでもない日常に関わることを共有していくことが大切なんだなと改めて考えさせられるものがあります。互いの存在の根本である家族や、仕事や友達について、時々意見が食い違いながらも、2人にとっての正解を徐々に導いていく、だからこそかけがえのない存在になるという過程が丁寧に描かれていて、これは噛めば噛むほどスルメ的な作品ですよ。おそらく、読者それぞれが読むタイミングによって沁みる部分が違うんじゃないかな。

けっこう長いシリーズなのになかったっけ?っていう旭から匡人への告白シーンはね、読むの初めてじゃないのに、うっかり泣きそうになりました。素敵が過ぎて!!!ここぞ!というときにだけ本気出す旭のかっこよさには魂持っていかれます。(上下巻で各1シーンずつドッカーンとくるところあって…。ギャップ萌えです。)

全体的にシリアス寄りかもしれませんが、真面目にふむふむするだけじゃなくて、きちんと身体でもコミュニケーションとる2人ですので、ご安心ください。南月先生の端正な絵による緻密で濃厚なエロも眼福です!

コミコミさんの特典リーフレットは、ナルに飼われている人型犬の旭と人型猫の匡人のいちゃラブ!野生的な旭犬の嫉妬マーキングと猫型旭の安定の可愛らしさに癒されます。

6

いつまでも応援したいです。

上巻でも書きましたが、待ちに待った大好きなシリーズの続巻と上下巻同時発売、そして読み応え満点なボリュームあるページ数に、作家様には感謝しかありません。

そして、無印では匡人のトラウマを旭の愛情で解消し、今作では根深い旭の家庭環境からくる過去の傷を癒すのがメインになっています。

もちろん癒すのは匡人の大きな愛情なのですが、シリーズ当初に登場したあの屈折していて人の恋路を邪魔しまくってたコと同一人物かと思うと、立派に更生した(?)姿に感動しかありません。その様子がイケメン過ぎて、頼りにしてるのは自分の方だと旭が気付く場面が大好きです。

嬉しいことにこのシリーズはまだ続くようで、今度はお母さんに報告する(もう知ってますが)場面も見れるのかなと、今から楽しみにしています。もう全てが最高で、神評価しかありませんでした。

5

何もかもに大満足!!

読み終わってしまった…。
本当に良かった。
本当に、良かった。

匤人の母親と旭のサシ飲み、絶対、お母さんは気付いてると思ってましたよね、みなさま。
わたしも思ってました。
飲み屋のママさんは洞察力が鋭くてなんぼですからね。
というわけで、お母さんと旭の会話が良かった…。
匤人抜きだからこそ、旭が素直に話せてる感じも、お母さんの匤人愛も堪能できました。

下巻を読んでまず思ったのは、やっぱり匤人の成長。
上巻でもひしひしと感じましたが、下巻でもたっぷりと感じられました。
旭にただ寄り添うという深い愛がひしひしと感じられて、感動するばかりですよ。

それに対して大問題の旭の苦悩ですが。
わたし、ずっと思ってたんですけど、この件で悩むこと自体、匤人に失礼だと思いませんか?
自分に欠陥があるから、匤人を選んだのか。
欠陥がなかったら、元嫁ともうまくやれた/だめでも(巨乳な)女性という選択肢があった。でも欠陥があるから、その欠陥があっても大丈夫な、そもそも子供が出来ない男同士の関係に逃げたのか。
これって、「匤人」の人格を完全に無視した悩みだなあと思うわけです。
条件が合ったから匤人を選んだわけじゃないでしょう!?
匤人が可愛くて、怒られても叱られても一緒にいると楽しいから選んだんでしょう!?
匤人の献身や頑張り、旭への溢れる愛が「ちゃんと伝わってますかー!?」って聞きたい。

堂々巡りの旭に対して、匤人が出す答えがいいんです。
それがなかったら出会えなかった。
まさにその通りで。
あったから出会えた。
傷を、欠陥を、「幸運だ」と言い切る。
なんて子なんだ…。
もうほんとに、これ以上好きになれないくらい好感度が上がっていたはずなのに、もっと上を行くんだね、君は…って鳥肌が止まらない場面でした。
読者でもそう思うんだから、旭はもっともっと思ったでしょうね。

虫食いのある木材や継手の使い方がまたいいんだ。
「欠陥」をあえて隠さず、その味を生かす。
きちんと形が合うように削られた木材は、釘という異質なものを入れなくても、がっちりと家を支える柱になれる。
父を嫌いながらも継手を作って事務所に置いていた家族や旭の父への思い。
父が遺した継手にあったメッセージ。
ただ旭をしっかりと見て、ちゃんと気付いて、寄り添ってくれた匤人。
そういうパーツの全部がきちんとはまって、しっかりとした1本の木材になる。
ひとの結びつきっていいなあと思えるエピソードが全部、そこに繋がるような描き方が見事でした。
父親の言葉を思い浮かべつつ、2人がしっかりと繋いだ手が継手のように思えるラストも良かった…。

好きなシーンを挙げたらキリがありませんが、もう1つだけ挙げるならここ。
チラチラ高見と哲の両方を、匤人が問答無用に蹴散らすシーン。
潔い匤人の行動に拍手を送りたい。カッコよ過ぎました。
高見の表情が素晴らしいんです。
うっすらと感じていた旭の後ろのひとの正体に合点が行ったのと、敵うわけないなという気持ちが絶妙に合わさって、逆に穏やか。
この表現に「おおお!」と感嘆させられました。

あとがきによるとまだまだ続くようです、このシリーズ。
嬉しい。
次はナル?違うかな。恒生という可能性もある、のかな。
南月先生が思い描く、郁央×要祐と旭×匤人のそれぞれのエンディングのイメージというのも気になる。
いずれにせよ楽しみです。

5

大好きなシリーズ

上下巻2冊合わせての感想です。ラブネストシリーズの方はカップル2人の絆はもう揺るぎないので今回で終了のようです。寂しい!今回は旭×匡人カップルは痴話喧嘩程度で家を出て行くような大喧嘩はなかったですが、なんだか涙腺がゆるみ最初から最後まで泣かされっぱなしでした。それぞれの家族と向き合うテーマがじっくり描かれていたので。最後は大団円なのでスッキリします。

匡人のママが初めて登場するけど美人すぎてびっくり。まだまだお若い。泣けるストーリー+色々笑わせてくれる要素もたっぷりで面白かった。1番はナル様の愛人…じゃなくて恋人?3名が見れて良かった。絶対ナル様総攻めだし。「いばらのオッサン姫」発言も良かった。最後まで最高の脇役様でした。

サヨナラゲームのカップル、郁&要佑もラブネストでは素敵すぎる脇役状態です。郁は主役じゃなくても相変わらずキラキラした太陽っぷりで無駄に明るさを振りまいてるし、要佑は郁以外の人間には塩対応すぎて面白すぎだし、頭に何度もキノコ生えてるし!もはやギャグキャラと化しています。

旭と匡人は色々家族の問題はあったけど概ね夜の性生活は全編通して絶好調です。エロかったです。これで2人とも180センチは超えてる大型カップルだから迫力あるんだろうなあ。萌える!

カバー下の情報によるとサヨナラゲームシリーズはなんとまだ続くそうです。素敵な2カップルにまだまだ会えるなんて嬉しい限り。甘いも切ないもエロいも、BLの楽しさを全て詰め込んだような素敵シリーズだと思います。もう7冊目だなんて感慨深い。

4

上下読みました。

こちらの上下を読む前にチェンジワールドから読み返しました。
郁、伊藤くんカップルは安定のラブラブっぷりですね
伊藤くんの愛情表現にはくすくすっと笑ってしまうほど

旭、匡人くんカップルは匡人くんの素直さというか旭さんのことを大切にしている気持ちが痛いほど伝わってきてどうにか最高にハッピーな結末を迎えてほしいとただ祈るばかりでした
今回はそれぞれの家族も登場し、丁寧に心情が描かれたストーリーは小説を読んでいるような気持ちになるほど。

次はスピンオフでぜひナルさんヒロインの1冊、いや2冊(何冊でも!)をお願いします!

4

旭が穂積に抱える罪悪感・・・

今作は旭にスポットがあたったお話でした。
さらに、穂積のお母さん、旭のお父さんも登場し、男同士が愛し合い、一緒に暮らしていく過程で立ちはだかる親へのカミングアウトや、旭が穂積に抱える罪悪感が募って行き・・・なお話でした。

旭は子どもが作れない体で、奥さんは悪気はないが他の男との間に子どもができ、家を出て行きました。
そんな傷心の頃に出会い穂積と結ばれたのですが、欠陥のある自分が穂積を選んだのはそのことを意識しないで済むからではないかと自分を責めます。
決して穂積を愛していないわけではないのにどこか引っかかり思い悩む旭。
そんな旭を穂積はどう支えるのか。上下巻なので2人の行く末を堪能できます!

そして、サヨナラゲームシリーズはまだ続くとのこと!!やったー(*^ω^*)
スピンオフもあるかもとのことで、ぜひナルに真実の愛を教えてあげてください!!!!

4

読めて良かった〜

上巻から続いて匡人の実家での、匡人の母親と旭の会話がとても素敵でした。

そして旭の仕事の苦境を食事面から支える匡人が既に嫁なんです。

友人のナルに指摘されても自分の殻に閉じこもったままの旭に、そっと寄り添う匡人の愛情がまた良いのです。

旭を労う為の旅行を計画したり、旭の父親が亡くなった時も黙って側で手伝う匡人がいました。

遺品によって父親の密かな思いを知る事が出来た旭はようやく殻を捨てる事が出来ます。そして匡人の言葉には旭の過去を違うものと変える力がありました。

2人のお互いを思う愛情がとても素敵でした。

南月先生によれば長編になりそうだったので、プロットから変更したとあとがきにありました。

こんなに充実したお話を読む事が出来て感謝しかありません。

そしてシリーズがまだ続くそうなので楽しみにしたいと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う