しなちくちくさんのマイページ

レビューした作品

女性しなちくちくさん

レビュー数306

ポイント数2431

今年度16位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

最高にカッコよくて面白い!大好きな作品

こちら大好きな作品。
初めて読んだ時は、その圧倒的な世界観とキャラの魅力にズキュン!となったのを思い出します。
先日3巻が発売され、再読したのでレビューします。

襲われて突然吸血鬼になってしまったエン(受)と、彼を保護する吸血鬼のイチイ(攻)、二人を中心に、他の吸血鬼たちとの関わりも描いていくお話。

イチイは長身黒髪イケメンでかっこいい!上がり眉のちょっと意地悪そうなお顔もたまらない(でも優しい)。脱ぐと筋肉もすごいです♡
一方エンは、バブちゃんワンコですごく可愛い。高齢な吸血鬼達の中で、たった19歳のエンはみんなに可愛がられ愛されちゃう。

FANGSという吸血鬼を守る為の組織に属するイチイは、仕事上いろんな吸血鬼たちと関わる。エンはそこについていき、吸血鬼がどんな存在なのかを知っていく。

いろんな吸血鬼が登場するんだけど、それぞれ様々な背景があってすごく魅力的です。

青桐とウツギのカプは、青桐のヤバそうな執着にゾクっとします。あとやたらエロいw
パートナーを亡くしたスギの話は、何回読んでも切なくてウルっとしちゃう…。

イチイとエンは同居中。
また正式なペアじゃないけど、イチイがエンを好きな気持ちが、紙面のあちこちで感じられて、もう何度もキュンとします。二人のキスはすごく官能的で素敵♡

悩んでたエンだけど、最後にはイチイへの好意を伝える。それを聞いたイチイの反応が可愛い♡
う〜ん、もう素敵なカプ!
最後はイチイがチャーム(魅了)を使わない、甘〜いエッチ。イチイから好きがダダ漏れてて可愛いw

一番最後に怪しげな人物が現れて1巻は終了。

すごく世界観がしっかりしてる吸血鬼ファンタジー。
二人の恋だけでなく、吸血鬼達との交流にほっこりしたり、謎な部分もあったりして、本当に面白い作品。ぜひ多くの方に読んでもらいたい神作です!

紙本 白抜き修正

大好きな作品の続編を読めて嬉しい

前作は大好きな作品。
続編が決まった時は大喜びで、1話だけ読んで、纏まるのを心待ちにしていました。
発売早々、レビューや談話室がざわざわしてるのを感じてシャットアウトして(先入観を避ける為)、やっと読みました。
大好きな作品の続編を読めるのは本当に嬉しい♪
(以外ネタバレあるのでご注意ください)


まずは1話。ロウが就職して、一瞬黒髪に。なんか新鮮でいいな〜。でもやっぱりロウは銀髪が似合ってる!
よしのも変わらず美人。この美形カプが本当に好き。目の保養になります♡
1話の二人のラブラブ具合いいな〜。これが読みたかった〜♪

と思ってたら当て馬の仁湖(にこ)が登場。
ていうかこの人、ロウにずっとツンツンだから、私の中ではそんなに当て馬って感じは受けなかった。
ただロウが、弱ってる仁湖に構いすぎちゃって、よしのもすごくやきもち焼いちゃったから、やっぱり当て馬枠なんだよな〜。

この仁湖の相手の男がクズすぎて、嫌悪感で震えました…ブルブル…酷すぎる…こういうのやだー…キツい…泣 てなりました、はぁ。

それにしてもロウは仁湖の世話をやきすぎですね。よしのがモヤモヤするのは当然だな。これはアウトでしたね。
でも静かに怒ってるよしのはちょっと可愛い。
「出禁にしないでね」の表情すごく好き。

そしてやけ酒飲んで拗ねてるよしのも可愛い!
よしのが気持ちを抑え込まずに、「悪いのはロウくん」と言えたシーンはよかった。こういうの大事だよな〜。

終盤はきちんと気持ちを伝え合って、ひたすら甘々なのがよかった〜。
甘えるよしのはもちろん可愛いし、よしのに「かわいい」って言われて嫌がるロウも可愛い!これぞ年下ワンコ!w

よしのの不安をロウが察知して、「もう不安にさせないから」と言うシーン。過去のあるシーンと同じ表情で、よしのの不安を消そうと必死なロウはすごく良かった!この一生懸命な表情、すごく好きです。「だいすき」の表情も可愛い♡

ラストの二人もすごく良かった〜。
真剣に想いを伝えるロウが愛おしいし、よしのも幸せそう。とても素敵なラストでした!

はぁ〜、この先の二人もまた読みたいです。
また続編描いてほしいなぁ…。

カバー下を読もうとカバーを取ったら、びっくり!カバーの裏にも素敵なカバーが!!!
リバーシブルカバーは初めて。裏面は二人がとてもいい表情で、すっごく素敵♡
紙本買ってよかったーーー!と思いました♪

後書きによると、スイと仁湖はまだどうなるかわからないとのこと。
スピンオフもぜひ読みたい!
ロウとよしのの続編も読みたい!(強欲w)
先生、担当様、どうぞよろしくお願いします!


レビュー書き終わってから皆さんのレビューをちょっと見てみました。モヤモヤする人が多いようですね。その気持ち、わからなくもないけれど、私は大好きな二人の続編が読めて、きちんとハピエンで、すごく嬉しかったな〜。


紙本 グレーのフチ付き白抜き修正

さらっと読めて楽しい♪ ケンカップルのほっこりBL

ずっと気になっていた作品。やっと読んでみました。先生の作品は初読みです。こちらがデビュー作なんですね。長く続いてすごいな〜。

初めて試し読みを読んだ時は、受けの篤の目つきの悪さと、二人のあまりにもギスギスした雰囲気に、こんな二人がどうやってカプになるんだろう…(汗)、と思ったものでしたw

とにかく初めはすごく険悪な雰囲気の二人だけど、成り行きでエッチすることになる。ヤケクソでした初エッチは甘っっあま♡
攻めの恒介はすごーく優しいし、篤は豹変してトロトロに可愛くなる。二人のこのギャップがとても良い!

体の相性は最高だけど、それ以外の相性は最悪!みたいな二人が、実は部屋が隣同士だったり、お互い勘違いしたり、交流したりするうちに、だんだん絆されていく…と、展開は王道ですね。

その王道なストーリーが、読んでいて心地いいというか、ケンカしつつもだんだん惹かれあってく二人にキュンとします。

あと数回ある濡れ場は、プレイは普通なんですけど、いつも甘あま〜な雰囲気で、これまたとても良きです。特に恒介が本当に優しくて、すごく好きです♡

終盤には、恋人同士と偽って恒介の実家に行くんだけど、両親がいい人たちで、ラストはすごくほっこりしました♪

最後まで読んで気づいたのは、この二人、ツンデレ同士ですね!二人ともツンツンしてるのに、照れ屋さんで、真っ赤になって照れるのが可愛いな〜と思いましたw

さらっと読めるけど、読後に満足感のある、楽しい作品でした!
最後はいい雰囲気になったけど、まだくっついてないので、2巻以降も読もうと思います♪

シーモア トーンや白抜き修正(濡れ感あり、真っ白という感じではないです)

もっと頑張る攻めの方が好み

たまたま見つけた作品で、試し読みを読んで面白そうだったので読んでみました。初読み作家様です。
(以下ネタバレありますのでご注意ください)

綾人(受)は大学4年。夏休みを前に、高校の同級生でエッチもしていた盤(めぐる)(攻)と偶然再会。それ以降盤がグイグイ近づいてきて…というお話。

盤が、高身長のイケメンで、スポーツも勉強もできて、女にモテてヤリチンのクズ、ということなんだけど、ここまでのクズ攻めは読んだことがなくて、ちょっと引きます。
綾人を元カノと復縁させたくないからって、その元カノと関係を持つ、というのがどうしてもモヤってしまう。しかも何度も。う〜ん。

こんなクズなのに、綾人は盤と再会以降、気になってしょうがなくて、また流されて何度も寝てしまう。
何だかんだ言ってるけど、結局盤のこと好きなんだなぁ。

二人ともお互いのことを好きなのに、エッチはしても自分の気持ちは言わないで、相手のことを探ってるような会話をしてる。
綾人がそうなるのは、盤がヤリチンだから臆病になるのはわかるけど、盤はなんなんだろうって思っちゃう。

綾人に元カノとセフレになってることがバレた後の盤の行動も、自分から連絡先削除して見せたり、元カノとより戻すなら協力すると言ったりして、綾人を突き放す感じ。

最後は、突き放された綾人が何とか自分の気持ちを伝えて、ようやく仲直り、みたいな感じ。綾人が頑張らなかったら、また離れ離れになってたんじゃ…。

盤が綾人に「振り回されていい迷惑」って発言があったけど、いやいや、振り回してるのは盤だろうと思う。

読んでいて、盤が綾人を好きな気持ちは伝わってくるんだけど、盤と両想いになるために努力するわけではない。受け身というか。
自分はそこはもっと頑張る攻めが好きなので、盤にはほとんど魅力を感じられなかったなぁ。 

だいたい「二人だけの世界」とか言って、綾人をずっと好きだったみたいに匂わせてるのに、高校時代から他の女子とも関係してるとか、何やねん(怒)

綾人は盤に振り回されながらも、どうしても好きで、最後は頑張ったね、えらい!と思いました。
あと濡れ場で妙に色っぽくなるのがよかったですw

受けを好きなくせに頑張らない攻めが、好みではなかったですが、ストーリーは面白かったです。ただ萌えはあんまり感じられませんでした、残念!
あ、でも書き下ろしの二人は可愛くてよかったかなw

紙本 トーンや白抜き修正(修正箇所の描写は少なめ)

コントラスト コミック

itz 

心が揺さぶられる名作でした

アワード受賞作でずっと気になっていた作品。ちるちるのニュースで痛いBLとして紹介されていて気になり、とうとう読んでみました。初読み作家様です。かなり厚みのある本ですね。

あらすじを読んだ以外は前知識なしで読みました。先の見えない展開なので、読む時はネタバレ無しで読まれる方が楽しめるのではないかなと思います。

読み終わって、もう何と言ったらいいか…。とにかく何度も泣いてしまって、ハンカチが手放せないというか。
読んでいて何度も、胸が痛んだり、ドキドキしたり、切なくなったり、キュンとしたり、ほっこりしたり、いろんな感情が揺さぶられる作品でした。
読み終わった今も、余韻に引きずられている感じがします。すごかった…。

なかなか読まなかったのは、本作がエロなしってことで、楽しめるかちょっと不安だったからなんですが…。そういうのは超越している作品でしたね、バカだったー、自分!
とにかく自分が普段よく読んでいるBL作品とは、一線を画する作品でした。

陽(あきら)の中学時代の話や、神田さんとの関係は、ゲイというマイノリティな人たちの生きづらさみたいなものを感じて、本当につらかった…。
神田さんがいい人だったのが救い…。

翔太(かなた)は、自分も少しつらい過去がありつつも、陽と出会ってそれを乗り越えて、最後には陽を照らすような存在になって、もう終盤の仲直りシーンでは、二人が出会えて本当によかった〜…とボロボロ泣いてしまった…。

ラストも、本当によかったね〜〜とまたボロ泣きしてしまい、本当に何度も泣いてしまう作品でした。書き下ろしでも泣けてしまったし…。はぁ、切ない…。

二人の友達の、瑞希とジュンがすごくいい子たちで、この子らにはほっこりほんわかさせられました。ちょっと癒されました。

痛いBLってどんなだろう、とちょっとドキドキしながら読み始めたのですが、痛みはあっても救いのある、本当に素晴らしい作品でした。読んでよかったです!

少しでも気になっている方は、ぜひとも読んでほしい名作だと思います。この作品と出会えてよかった!ちるちるに感謝!

本当によかったね…泣

先日ようやく1巻を読み、衝撃を受けました!すぐに2巻も購入しました。完結巻ですね。
(以下ネタバレありますのでご注意ください)


廉は幼少期から、夏稀は中学から、長い両片想い中の二人。ふたりあそびも継続中。

1巻でも思いましたが、このふたりあそびのエッチシーンが、本当にドエロくて毎回ゾクゾクしてしまうのはなぜだろうw
癖に刺さるというんでしょうか。廉の執拗な責めでグズっグズにされてしまう夏稀、この二人がほんとにエッッッロくて凄い濡れ場ですね!

偶然立ち聞きで、廉に好きな子がいることを知る夏稀。
一方廉は夏稀に衝動的にキスしてしまう!とうとうファーストキスキターーー!しかし二人の言動が噛み合わず、お互い気持ちを勘違いしてしまうのが切ない…泣

ふたりあそびは終わりに。会うこともなくなる二人。ここら辺は切なくて、読んでいて胸が痛くなります…。

そしてとうとう、あるきっかけからお互いの気持ちを知ることに!!よかった〜!ようやくだよ〜!ここまで長かったな〜。
これがちょうど真ん中辺り。ここから先は、両想いとなった二人のイチャイチャを楽しむターン♪

帰宅してすぐに、両想いエッチが始まります。ずっと我慢してたからそうなるよね〜w
もう遠慮なく心置きなく、あの手この手で夏稀を可愛がって責める廉が嬉しそうw

初めての挿入はページを割いて丁寧に描いてるんですが、ここでなんと廉の目に綺麗な涙が…。このシーンがもう、グッときました。廉の長い長い片想い期間を思うと、こちらもウルっとしてしまいました。ホントによかったね〜泣、という気持ちになります、グスン。とても素敵なワンシーンでした。

夏稀がゴム無しをおねだりするシーンが、またエロいです。この子は本当に無自覚ムッツリさんなんだよな〜w 廉も煽られちゃって嬉しそうだ〜。

本編ラストは、幸せそうな二人にほっこりしました。

番外編はその後の二人(本編はずっと受け視点で、こちらは攻め視点)。付き合うと甘えたになる廉が可愛い。おもちゃプレイから始まるエロエロな濡れ場も。夏稀は優しくて、廉は本当に幸せそうで嬉しくなりました。

読後は、本当によかったね〜!と親のような気持ちでほっこりとなりました。素敵な完結編でした〜♡

あとがきに「まだまだ描きたい」とのお言葉が!やった!こちらもまだまだ読みたいです!(廉の嫉妬とか、読みたすぎる〜w)
まだ決定ではないようですが、続編を期待して待っています♡

紙本 白細線ぐしゃぐしゃ塗り修正(1巻は電子購入して白抜きだったので、紙本にしました。やはりエロエロはこちらの修正の方がいい!w)

美しいカプに眼福♡ラブラブな恋人編

冴と明仁、美男×美男の美しいカプで好きな作品の2巻。恋人編ですね。1話試し読みして面白かったので読んでみました。

とにかく絵が美しい。
冴はツンデレが可愛い美人で、明仁はちょっとタレ目の黒髪長身イケメン(脱いだらいい筋肉♡)。いやー目の保養になるカプです♪
特に冴が、時々すっっごく可愛いお顔になる時があって、その度「カッッッワ!」と天を仰でしまいますw

1巻でセフレを経て付き合うことになった二人。
エッチしたり、すれ違ったり、ヤキモチやいてギクシャクしちゃったり、初々しいな〜。

そして夏休みに沖縄旅行へ。
女子にナンパされ愛想よく接する明仁に、冴がモヤモヤ。明仁に女子と仲良くしたら嫌か訊かれて、「…やだ」と答える冴の表情がーーー!は〜、もうカッッッワゆ!!顔面が優勝!明仁も嫉妬されて嬉しそ〜w

旅行中に、なんと当て馬登場!冴の中学時代の先輩の仁科と偶然再会。ニコニコしていかにもいい人そう。今度は明仁の嫉妬が発動w
ピアス開けた話を聞いた、明仁の固まった表情、いいわ〜。攻めの嫉妬と独占欲って、ほんっと良きですな〜。

とは言え、明仁の感情はただの嫉妬というだけでなく、冴を失うことへの恐怖があるらしい。実は心の奥に傷?みたいなものが垣間見えて、明仁という人物に奥行きを感じました。その辺り、3巻以降どう展開してくのか、ちょっと楽しみです。

終盤、明仁の嫉妬に気づいた冴が「だいすき」と言うシーンは、その威力がハンパない!!んもう可愛すぎる!ズキューーーンときましたわ!女神様かw

本編ラストの明仁も、照れちゃってめちゃくちゃ可愛かった〜〜!いい終わり方だなぁ〜。

本作は、美しくてエッチなキスシーンや濡れ場も、お楽しみのひとつ。二巻も数回エッチなシーンがあって、美しいエロスが大変良きでした♡

ラブラブな二人が堪能できる、良き2巻でした〜。
3巻に続くということで楽しみです♪
「就活」というワードが出てきたので、次巻はその辺描かれるかな?

紙本 多めの白短冊修正

ほぼ独立した作品として楽しめた

「歌舞伎町バッドトリップ」のスピンオフ。
前作はだいぶ前に読みました。復習せずに読んだけど、わりと大丈夫でした。
前作はSMを描いていましたが、本作は全くその描写はないので、目当ての方はご注意ください。

こちらは連載中に1話を読んで面白かったので、単行本化を待っていました。
前作の主人公徹の元同僚ホストのリオ(受)と、徹のバイト先のマネージャー池田(攻)が主人公。
(徹もちょこっと出てきます)

初めは攻め視点。
池田は年下攻め、お目目がくりっとしてて可愛いな〜。過去に苦い思い出のある男(佐々木)に似ているリオに、嫌なのにどうしようもなく惹かれてしまう様子が、モダモダしててちょっと可愛いです。

池田が佐々木を探している描写があるけど、この心理はちょっとよく理解できなかった。なんでそこまで囚われるのか…?

途中に受け視点。
リオの唯一の家族である兄との過去が描かれます。リオ、苦労人だったな〜。兄が触ってきたエピソードは、ちょっと中途半端に感じた。それよりもリオが家族を欲している点がポイントなのか。

池田が、リオのある表情を見て、衝動的にキスして告白するシーンはとても良かったです。
ちょっと官能的なキスで、池田の表情も色っぽいし可愛い。それまで抑えてきた感情がドッと出てきてしまった感じがいい。
ただリオは落ちるのがちょっと早すぎる感があるw

濡れ場の描写はエロスがあって好きです。二人の表情に色気がある。ドエロって感じではないけど好きだなぁ。

二人がベッドで映画見ながらイチャイチャするところは、特に池田が可愛くて好きなシーン。池田にワンコみが出てきてカワユ!

そして終盤、池田が「ずっとリオさんのそばにいます」と言うシーン。これにはキューンとしました。池田…ええ子や…泣

最後は呪縛から解放された二人が、幸せそうなラストでよかったです。

書き下ろし(エロエロな濡れ場♡)、最後の「俺の…もの…」というモノローグは、とてもいい!池田はずっと「僕」だったのに、ここだけ「俺」と言ってるのは、強い執着が感じられて良きです♪

ストーリーは時々う〜ん?と思うところもあったのですが、キャラ(特に池田)が好きだったり、好きなシーンが結構あったりして、本作も面白く読めました。

厳し目のレビューと評価が多くて驚いてるんですが…。
前作の続きではなく、ほぼ独立したスピオフですね。前作ファンにはこれじゃない感が強いのかな…。

紙本 白抜き修正

もっと早く読むべきだったーー!w

先生の作品は数作拝読していますが、そこまで刺さる作品はなかったんです。なので本作もいつか読もうと思いつつ、後回しにしてました。2巻が発売されて、読んでみるか!と購入してみたんですが…

いんやもう、すっっっごかった!!
見事に癖にぶっ刺さりました!!驚いた〜!w
これは高評価なのも、アワードランクインも納得の神作ですね!もっと早くに読めばよかったですw

正直メガネ受けはちょっと苦手なんですが、そんなもの超越する凄さでした、色々と!
長身黒髪イケメン攻めの廉は、めちゃくちゃ好きなタイプです。ちょっと気だるい感じもいい!

とにかくまずふたりあそびシーンがたっぷりですが、めくるページがどれもこれもドエッッッロくて驚きました!なんというかエロのバリエがすごいw
どのシーンもゾックゾクさせられます。もう先生、天才か!と思いましたw
(シャチのぬい使ってオナとかww)

そしてエロだけじゃない、二人の焦れっじれな両片想いがまた最高です!自分史上、最高の両片想い作品じゃないかと思いました〜!

初めは長めの受け視点で、子供時代からの二人が描かれ、夏稀が恋を自覚するまでの軌跡が描かれます。
廉の表情や態度から、両片想いであることは明白。しかも廉は小さい頃から夏稀に執着を持ってそうだな、とワクワクして読みました。
(それにしても子供時代の二人はとってもカワユイ♡)

そして後半、攻め視点キターー!待ってた〜w
廉の恋心の自覚は、思ってたより全っ然早かった〜!まだ自身も子供である廉が、さらに幼い夏稀へ抱いてしまう劣情に、ちょっとドキドキしてしまいました。そして廉の長年の恋心の拗らせっぷりが切ない。

夏稀をいつでも言いくるめてセックスできると思うのに、「気持ちごと欲し」くて、それはできない、という廉の一途な想いにキュンとします。

にしても終盤の、初めてのアナ○責めも、まあドエロかったですね!夏稀、なんて事言い出すんだ!この子を前に長年我慢できる廉て、実はすごい奴なんじゃw

1巻はまだまだ進展がないところで終わりました。このまま2巻発売を一年以上待たされたファンの皆さんは、さぞかし焦れたのではないかと察せられます!

2巻、速攻で購入してしまいましたw
完結とのことで、読むのが楽しみです♪

シーモア 白抜き修正(エロエロなのに真っ白で残念!紙本はぐしゃぐしゃ塗り修正とのことなので、いつかそちらも買おう!w)

絵柄は美しく、濡れ場は読み応えあり

連載中から拝読していました。こちら初コミックですね。

裏アカでちょっとエッチな配信している大学生の静(受)。配信後スマホの操作ミスで、熱心なリスナーで実は同じ大学の黒崎(クロ)に、オナニーしているところを見られてしまい…というお話ですが…。

まずスマホで、オナニーしてる顔を見られたとあったけど、スマホを平に置いたままなら、顔とかは映らないのでは?と思って、ちょっと気になりました。

このことを利用して、黒崎が静に近づき、すぐにエッチなことをする仲に。
エッチなシーンはけっこう多めで,綺麗に丁寧に描かれています。キスシーンなど、挿入までいかなくてもかなりエロくて、ちょっとゾクゾクっとしました。

しばらくは受け視点で、攻めの気持ちはよくわからず進みます。受けが振り回される感じ。

後半攻め視点となり、気持ちが明かされるんですが…。
これって、静はきちんと顔出しはしてなかったけど、配信見てすぐに静だと気付いたってことなのかな?
あと近づいたのは最低な理由のに、一緒にいるうちに惹かれてしまったと。
しかも、静に近づくために“クロ“という人格を作ったのに、そのクロに惹かれる静に腹が立つ、とか…。
黒崎の気持ちを知れば知るほど、その身勝手さってどうなの??、という気持ちになり共感できず、ほとんど萌えが感じられませんでした。黒崎性格悪すぎでは(汗)

とはいえ、この腹黒イケメンが必死になって気持ちを伝えるシーンは、なかなか良きでした。
静はチョロすぎると思うけど。 
あと後半は溺愛攻めになりました。

両想いになってすぐに長い濡れ場が。
かなりエロエロだけど、白抜きで真っ白。輪郭もないので形もよくわからず、仕方ないですが残念。ただ黒崎が結構ご奉仕してくれて、攻めフェもあるのはなかなか良きです。挿入後の「大丈夫か」「止まれなくてごめん」などの優しさも○。

最後はラブラブになってエロエロなハメ撮りプレイも。こちらもかなりの尺でした。(こちらは私の癖には響かず…)

色々書きましたが、私にはあまりハマらないというか、ちょっと響かない二人だったかなと思います。お好きな方にはグッとくるような気がします。

絵柄は丁寧で美しいですし、今後の作品に期待しています。

シーモア 白抜きというかライトセーバー修正(かなり真っ白で形もわからない感じ)