アンジーさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2022

女性アンジーさん

レビュー数0

ポイント数2

今年度317位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

異世界転移者の未来と恋の行く末に言及した4巻‼

『異世界の沙汰は社畜次第 3』の続編です。

異世界の第三騎士団長 アレシュ=インドラークと現代世界の社畜 近藤 誠一郎のお話。

聖女召喚に巻き込まれ異世界に転移した社畜の誠一郎。
王宮経理課で働き始めた誠一郎は、ある日 第三騎士団長のアレシュに生命の危機を救われます。
ところが、その後もアレシュから過保護なまでの健康管理をされることになってしまいました。
仕事をしたい元社畜の誠一郎と休ませたいアレシュの攻防戦が繰り広げられる毎日。
それでも、少しずつ距離が縮まる中、とうとう聖女の浄化遠征の日程が決まりました。
今作は、その続きになります。
第一王子の嫌がらせで浄化遠征に同行させられた誠一郎ですが、聖女の浄化とは別に、ある「実験」を試みて…。

新キャラも登場し、新たな展開へと進み出した4巻‼
これまでの固定観念や常識を覆す誠一郎の逆転の発想に目からウロコが落ちました。
しかも、その発想から「聖女」不要の仮説を唱え、さらには聖女帰還のための王宮魔導課の拡大までも提案し、最終的に国の繁栄へと導く――。
いや~、もう3部作の映画にして欲しいくらいのクオリティです。
小説と比較しても見劣りしていない出来栄えに今作も悶絶しました!
通常、中世ヨーロッパ風の舞台は日本人には馴染みが薄い上に、4巻ともなれば登場人物も多くなる…。
読み進めて行くうちに物語の設定や登場人物に混乱することはありがちです。
しかし、こちらの作品はキャラの性格と役割がマッチしているので混乱することはありません。
また、アレシュと誠一郎の同居や転移者の帰還にも言及するストーリー構成になっており、読み応えバッチリの一冊になっています。

今回も当て馬は登場しません。
脇キャラとしては、3巻までのお馴染みのメンバーに新キャラが加わりました。
誠一郎達の転移したロマーニ王国の国王、アレシュの屋敷の使用人、教会の関係者 司祭のシーグヴォルドとセリオ。
個人的には、アレシュの従兄 オルジフに登場して欲しかった~。

Hシーンはないのですが、アレシュの過剰な「保護」と結界を張るという「行為」にキュンキュンしました♡
さすがに鈍い誠一郎もアレシュの想いに気が付いています。
…が、ただでさえ問題山積みの誠一郎はまだ向き合う余裕がありません。
そんな誠一郎の性格をアレシュが逆手に取るんですよ!
ドヤ顔のアレシュが可愛いので本編でご覧くださいね。

描き下ろし『二人の温度は湯浴み次第』
本編の途中のお話です。
湯浴みをしながら結界を張ることになり、アレシュと誠一郎は一緒のお風呂へ…。

最後は、アレシュの「結界」に守られていることを痛感する誠一郎ですが、同時に、自分の心の中で変化を感じるようになります。
――彼の声が聞こえてないと何か落ち着かないな
あぁ、それは…恋なんだよ!と誠一郎に教えてあげたい(泣)

本編では、まだまだ甘さが少ない2人。
でも、表紙の2人も少しずつ触れ合う部分が増えてきました♡
ロマーニ国の瘴気問題に転移者を帰還させる方法など、シリアス展開は続いていますが、並行している恋の行方にもハラハラドキドキしちゃいます。
もしも、誠一郎達が元の世界に戻れる方法が見つかったら?

ますます目が離せない面白さ!
少しでも気になっている方は、ぜひ1巻から併せてお読みいただくことをおすすめします。

自信を持っておすすめしたいシリーズ♡

『学ランの中までさわって欲しい2』の続編です。
小学館の週刊デジタル少女まんが誌の「ベツフラ」に連載されていた作品。

専門学校生→料理人 澤根 圭太と大学生→公務員 新見 仁司のお話。

Twitterで続編が決定したと知ってから、ずっと発売日を楽しみにしていた3巻。
期待と不安でいっぱいの今作は……とっても素晴らしい作品に仕上がっていました‼

この春、3年間通った高校を卒業した2人。
新見くんは教育学部のある大学、澤根くんは調理師専門学校へと進学しました。
しかし、物理的に距離がある上に、実習やバイトで忙しい澤根くんに対して「会いたい」と言えない新見くん。
とうとう大学に入ってから初めての夏休みを迎えてしまいました。
そんな時、前生徒会長だった先輩の後押しもあり、やっと澤根くんに会いに行く決心をします。
――おれもすごく会いたい さわりたい 今の澤根に
ところが、当日 待ち合わせ場所に向かった新見くんは女子といる澤根くんを見てしまい…。

人生は選択の連続で、その一つひとつが未来に繋がっていく。
1年制の専門学校と4年制の大学…2人は全く異なる進路に進み、遠く離れて暮らしている。
なかなか会えないことで不安と切なさを抱えながらも揺るぎない愛情を確かめ合う彼らの――「その先」に待っているものとは?
ここからは、ぜひネタバレなしでご覧ください。
外見はもちろん、内面も少しずつ大人になっていく2人に胸がいっぱいになりました(泣)

全体を通して見どころ満載ですが、とくにHシーンがおすすめです♡
前作までの学ランのエロも大変良かったですが、今作はなんと全裸や浴衣、部屋着とバリエーションが豊富なんですよ。
風呂場にソファなど…学校の中や実家とは違う生活感があるシチュエーションも新鮮でした。
そして、効果的な擬音も艶めかしい喘ぎ声もほぼないのに、これだけ扇情的なセックスを描けるのが素晴らしい!
とにかく、事後に抱き合いながら寝るシーンも含めて萌えまくりです♡

描き下ろし『番外編』
最終話のHの続きのお話。
明日も仕事だけれど、蓮根がかわいくて拒めない…。

登田好美先生の美麗な絵柄と繊細な心理描写はそのままに、これまでの流れ汲んだストーリー構成に感服した今作。
進学から社会人までを綺麗に纏めているのですが、もっと深く読みたかったので上下巻にして欲しかったな~。
それでも、読後はこのシリーズに出会えて本当に良かったと思えました。
終始、可愛い新見くんの成長とクールな蓮見くんの溺愛っぷりにキュンキュンしっぱなしでしたが、先輩の「ハレの日」も拝見できて感無量です(笑)

最後は、家族の問題に向き合おうとする新見くんに蓮根くんが伝えました。
「――5回でも10回でも 何回でも ふたりで」
つらさなんて蓮根と分けたくない、と考えていた高校時代…新見くんは気が付きます。
ずっと蓮根くんのそばにいるために、これからは「ふたり」で乗り越えるのだと。

より強い絆で結ばれた彼らの未来にエールを送りたい。
この先に何があっても、2人なら絶対に大丈夫‼

何度も読み返したい「伝説のBL」のシリーズ。
自信を持っておすすめします♡

全てを守るため災厄に立ち向かう!!

シリーズの続編です。

高校2年生で一条家子孫の千隼くんと宝績家子孫で同じく高校2年生の育実くんの運命で結ばれた災厄と恋のお話。

小野家の一員だと思っていた愛猫ニャモが災厄のかけらだったことが判明した8巻。
9巻はその続きからになります。
――次の災厄は俺だ
そう言い残して姿を消したニャモ。
育実くん達は必死にニャモを探しますが見つからないまま新学期が始まって…。

今月も13日になり、九番目の災厄が動き出しました。
炎に包まれる保健室に閉じ込められた千隼くんと育実くんの前に、人型ニャモが姿を現します。
結界を張ったために誰も助けに来ない…絶体絶命のピンチの中、育実くんは気が付きました。
――自分を愛してくれた小野家を守るため、この災厄を早く終わらせたい。
それには、災厄のルールを破ってでも早く育実に死んでもらう――
ニャモの本心を見抜いた育実くんが抱き締め伝えた言葉とは?

第九の災厄がまさかのニャモだった。
……が、9巻はその斜め上を行く展開になっていました‼
今作も神奈木智先生の練られたストーリー構成には敬服です。
長編作品らしく読み進めていくほど謎が深まり、面白さも増している作品に仕上がっていました。
丁寧な心理描写はもちろん、一人ひとりの個性を活かしたキャラ設定で違和感なくファンタジーの世界観に浸れます。
そして、原作の魅力を最大限に引き出している二宮悦巳先生にも拍手を送りたい!
キャラの表情や仕草を含めて、全体的に映画のような臨場感溢れる描写は必見ですよ。

個人的なおすすめは、過酷な宿命の中に育まれる千隼くんと育実くんの純愛です。
「これからはもっとたくさんキスしたい」
死を覚悟した千隼くんが後悔したこと…それは、最後に育実くんとキスしなかったことでした。
めちゃくちゃ可愛くないですか?
2人にはいっぱいキスして欲しい (〃ω〃)♡

最後は、次の災厄が「和樹」だと予想した千隼くんが文化祭中に本人と対峙します。
ところが、その予想は外れ、2人を探していた育実くんが非常階段から突き落とされてしまいました。
同時に、育実くんのケガが転送され千隼くんは意識を失ってしまいます。
血だらけの千隼くんに正気を取り戻した和樹ですが、突然現れた久遠寺先生とニャモ2号から衝撃の事実を聞かされました。

このタイミングでアップデート?‼
第十一の災厄はとんでもないことになりそうです。
もう、クライマックスに向けて一瞬たりとも目が離せません‼

祖先の契約、家族の絆、運命の恋…全てを守るため災厄に立ち向かう2人を最後まで見届けたい。
長編作品は手が出しづらいとは思いますが、ぜひ多くの方に読んでいただきたいシリーズ。
10巻も楽しみにしています♡

ノンケ同士のエロ可愛いコンプレックス解消法♡

『お前に抱かれるなんて聞いてない!~ハマった男はAV男優』に続いて読んだ夏原サイケ先生の作品です。

整体師 聡と会社員 敦人のお話。

2年前の雨の日、彼女にフラれて道にへたり込んでいた敦人を通りがかった聡が助けたことから友人関係になった2人。
今では毎週飲みに行くほどの仲良しになりました。
ある日、聡が恋人を作らない理由を敦人が訊ねると、下半身の悩みを打ち明けられ…。

めちゃくちゃハマっている『おまだか』シリーズ♡
その夏原サイケ先生の作品ということで、こちらの発売日を楽しみにしていました。
結論としては、期待を裏切らない美麗な絵柄と魅力的なキャラクターに最後までドキドキワクワクしながら読めました。
友情が恋愛へと変化していく過程を丁寧に描かれており、初めて経験する同性への恋心に戸惑い悩む2人がとても可愛かったです。
また、テンポの良さとしっかりしたストーリー構成で綺麗にまとめられていました。
…が、単巻なのがもったいない。
両片想いのモダモダや気持ちが通じ合った後のラブラブな2人をもっと味わいたかったので、せめて上下巻にして欲しかったな(泣)
それでも、エロも含めて読み応えバッチリな仕上がりになっていますよ!

整体師として独立開業をしている聡。
イケメンで高身長の聡は女性からもモテるけれど、早漏によるトラウマを抱えています。
一方、明るくてポジティブな敦人もEDというコンプレックスがあるために恋人がいませんでした。

そんな2人がお互いの悩みを知ったことから、事態は予想外の展開に?!
聡のマッサージに勃ってしまった敦人のチン〇…しかも、そのまま聡の手でイかされてしまいます。
さらには、自分の手に感じている敦人を見た聡も反応してしまって…。
ここからは、ネタバレなしで本編をご覧ください。
初々しい2人にキュンキュンしっぱなしですよ♡

このお話には、当て馬や脇キャラは登場しません。
それぞれの元カノが回想シーンで登場しますが、顔はボヤけているので安心して下さい(笑)

Hシーンは、本編と描き下ろしに1回ずつあります。
今作は、ちるちるの作家インタビューに「挿入込みのエッチを描かずにエロくできるのか!? という挑戦をした」と書かれている通り、挿入なしのエロが満載でした。
さまざまなシチュエーションとバリエーションが楽しめ、挿入がなくても満足感が得られます。
でも、やっぱり恋人になってからのセックスがイチオシですね♡
甘くてエロい2人に悶絶すること間違いなし!
あわよくば、あと20Pくらい追加して欲しいな(笑)

描き下ろし『コンプレックスインプルーヴ♥』
本編の3ヵ月後のお話。
EDだった敦人も今では射精ができるようになったけれど…。

――お前のこと好きだから反応した
優しくて恋愛には消極的な聡とちょっとおバカで素直な敦人。
友人から恋人になったこの先は?
やーん、可愛い2人をまだまだ見守りたい~。
夏原サイケ先生、担当編集者様、ぜひ続編をお願いします。

読後はこちらまでハッピーな気持ちになれる一冊。
少しでも気になっている方は、お読みいただくことをおすすめします。

闇と光の超常現象サスペンスBLシリーズ

『SANCTIFY霊魂侵蝕2』の続編です。

ロンドン警察庁刑事 ウィリアム・ギルバートとエクソシスト ランス・ハンターのお話。

1967年に起きた孤児院の惨劇――それは、強欲だった若者が金欲しさに「堕落者」となり、悪魔に捧げる生贄のために孤児院を襲った事件。
やがて、当時の「堕落者」たちとその家族までもが次々と殺されていき、ランスとギルバートはついに最後の生き残りイーライ・テイラーを見つけ出しました。
今作は、その続きになります。
人気作家となっていたイーライと面会し、あの日の全貌を聞かされた2人。
最後の生贄になったのは、孤児院出身でたまたま戻って来た“ギルバート”とルシアンでした。
自分の目の前で愛するルシアンを殺された“ギルバート”が取った行動は……。

ラストはどうなるのだろうと期待と不安を抱きながら待っていた3巻。
このおぞましい事件の真相とランスとギルバートの関係を丁寧に描かれており、超常現象サスペンスとBLが文句なしに融合されています。
シリーズ全体に散りばめられていた伏線もきっちり回収されていて、読後は思わず唸ってしまいました。
しかし、前作でもレビューさせていただきましたが、日本人には馴染みが薄いテーマなので何回か読み直しが必要かも知れません。
また、ストーリーの構成上、目を背けたくなるような場面も続きます。
それでも、ぜひ1巻から読んでいただきたい良作のシリーズに仕上がっていますよ。

全てが明らかになった時、2人に待ち受けていた運命とは?
3巻は絶対にネタバレなしでご覧ください!
息つく暇もない怒涛の展開に目が離せませんが、特にラスト5ページ目からは必見です。

番外編『EXTRA-Hallucination (CAPTER9.5) 』
2巻のCAPTER9とCAPTER10の間のお話。
こちらを読み終わった後にもう一度2巻の最後を読んでくださいね。
ギルバートの辛く苦しい心の叫びに胸が締め付けられますよ。

番外編『EXTRA-That day』
どれもほっこりしたショートストーリになっていて、シリアスな本編の後に癒されました。
他のレビュアー様も書かれておりますが、あとがき後の最後のイラストにやられます。

――あの日 守れなかった約束
きっと、遠くない未来にその約束が果たされると信じたい。
神様、どうか2人が幸せにしてください。

超常現象サスペンスを題材にし、善悪の対立に置き換えられる「光と闇」を見事なまでに描き切った Fox^^先生、生鐵落先生に拍手を送ります‼
『SANCTIFY霊魂侵蝕』シリーズの完結おめでとうございます♡

異世界転生BLの枠を超えている良作のシリーズ♡

『腐男子召喚~異世界で神獣にハメられました~(4)』の続編です。

異世界の神獣 皓くんとアイドルグループ「jumelle」 桜庭 遥(ハル)のお話。

今作は、前作から流れを引き継ぎつつ、皓くんとその御子の物語になっています。
双子の弟とアイドルとして活動していたハルですが、ある日不慮の事故で亡くなってしまいました。
次にハルが目を覚ましたのは見知らぬベッドの上で…。

前作の4巻は予想のななめ上を行く展開でしたが、5巻はそれを上回るストーリー構成になっています。
類まれなる発想力と萌えの宝石箱を持っている藤咲もえ先生が描く世界観は、まさにお見事としか言いようがありません。
個性溢れる魅力的なキャラクターの特性と性格を活かしつつ、最後までハラハラドキドキさせられる仕上りになっていました。

――東の青龍・南の朱雀・西の白虎・北の玄武
四獣の中で、もともと蛇の凪さまと亀の皓くんは一対の神獣 玄武でした。
ところが、正式な青龍 飛龍が役目を剥奪されたため、玄武から切り離された凪さまが青龍になることに。
ずっと一緒だと思っていた凪さまと引き離されて数百年後…失意の皓くんの元に御子としてハルが召喚されました。
玄武の皓くんを神獣にする役目を果たし、元の世界に還ったハル。
俺は必ず戻ってくる――そして、あの約束から200年の月日が経っていました。

儚くて切ない皓くんとハルの出逢いと別れ。
いくら待てどもハルは戻ってこない。
そして、200年もの間 皓くんは想い続けます…御子に裏切られたのだ、と。
ところが、麒麟 萌桃によって衝撃の真実が判明します。
ここからは、ぜひ本編をご覧くださいね。

このお話には当て馬が登場します。
東西南北の中央を治める麒麟 「男の娘」の萌桃。
四神には中央の麒麟が入って五霊だったのか…。

脇キャラとしては、白虎の呉くんと御子の景虎が登場します。
もちろん、凪さまと琴音くん、由亜ちゃん、ジルちゃんもおりますよ。

Hシーンは、本編に2回あります。
1回目は、メインカプの凪さまと琴音くん。
2回目は、今作のメイン ハルと皓くん。
エロさよりも受けの可愛さにキュンキュンしました♡
とくに、いつも強気な皓くんの知られざる一面には悶絶しちゃうこと間違いなし!

描き下ろし①『凪の冬眠中の琴音と由亜』
描き下ろし②『27話後の凪と呉』

4巻のカバー下で予告されていた通りに、24話ではジルちゃんが活躍し、25話からは皓くん編になりました。
…が、ジルちゃんの人型がギャップありすぎてビックリです(笑)
しかも、めちゃくちゃ強かった‼
イチオシは、琴音くんだからこそ成立した最後のエピソード。
小さい由亜ちゃんも大活躍して圧巻の一言でした。

――信じたい 信じてみたい
大切な人を失う辛さを知っている皓くんと信じてもらうために元の世界に戻ったハル。
一新同体も同然の神獣と御子がそれぞれの願いを叶えるために別れたあの日。
果して、200年前に何が起こったのか?

もはや異世界転生BLの枠を超えているシリーズ。
全体的にはコミカルですが、読み応え十分の奥深いエピソードの数々に愛と感動が詰まっています。
少しでも興味がある方には全力でおすすめしたい♡
6巻も楽しみにしています。

とにかく読んで欲しい可愛さ溢れるラブコメディ♡

『ごちそうΩはチュウと鳴く』に続いて読んだ はなさわ浪雄先生の作品です。

青椰子高校の教師 鰐淵 岳と転勤してきた教師 小泉勇輝のお話。

春から県立青椰子高校に赴任した小泉。
イケメンで社交的な性格なため、女子生徒から絶大な人気がありました。
そんな小泉にはある秘密があって…。

本来の小泉は陰キャで童貞のゲイ。
学生時代にいじめられていた経験から教師になったタイミングで陽キャの「小泉先生」を演じています。
ところが、いつわりの自分を演じているのがしんどくなっていました。

一方、大きくてぶっきらぼうの鰐淵は、陸と海両方から青椰子を牛耳る一族の次男。
地元なので知り合いも多く、一部では学校の影の権力者と囁かれています。
チャラくて「前の学校で生徒を妊娠させた」と噂がある小泉のことをヤリチン王子だと思っていたのですが…。

性格もタイプも異なる2人。
ある日、鰐淵に食事に誘われた小泉が連れて行かれたのは、なんと地元パリピのBBQ会場‼
……陰キャには地獄でしかない
陽キャの「小泉先生」を演じるためにお酒に頼ってしまった小泉ですが、これが思わぬ展開を招いてしまいます。

はなさわ浪雄先生のが描く丁寧な絵柄と上手な心理描写で、コミカルな中にも切なさが味わえるラブコメディに仕上がっていました。
今作もトラウマをトラウマのままでは終わらせないストーリー構成と読み進めるほどに魅力が増すキャラクター設定には感服です。
また、2人の教員生活だけでなく、青椰子の観光名所やイベントも描かれているので楽しめました。
クール見えて面倒見のいい鰐淵と憶病でピュアな小泉の相性が絶妙で、最後までキュンキュンしっぱなしの一冊。
読後は、青椰子に行きたくなること間違いありませんよ(笑)

このお話には、当て馬は登場しません。
でも、物語の後半で小泉がある人物と対峙するエピソードがあるのですが、いろいろ意味でご注目くださいね。
脇キャラとしては、青椰子高校の生徒、同僚の西先生、地元の皆さんが登場します。
ドローンにも負けず劣らずの田舎の情報網はすごいぞ(笑)

Hシーンは、本編と描き下ろしで1回ずつあります。
エロさも可愛さも全開でずっと見ていたかった~。
オススメは、小泉の愛らしさに余裕がない鰐淵の言動です。
「は―…… マジでかわいいんだけど」
もしかして…もしかしなくても、鰐淵って溺愛系だよね♡

描き下ろし『その後のふたり』
本編のその後のお話。
理性と闘う鰐淵視点が新鮮でした。

過疎化激しい田舎町…青椰子。
電車は1時間に1本、コンビニは1種類、ファーストフードは1軒、友達も家族もいない。
――青椰子に来て良かった
鰐淵に秘密がバレたことで大きく変わった小泉の人生。
あの辛かった過去が今の幸せに繋がっているなんて、2人の出逢いは運命だったんだね。
これからは、本来の小泉のままで鰐淵にめちゃくちゃ愛されて欲しい♡
あぁ、まだまだ2人を見守りたいな。
個人的には、鰐淵家の一族と深夜アニメ『ジオけん』に興味が湧きました(笑)

とにかく読まなきゃわからない可愛さなので、ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。

ボスと野獣 コミック

さちも 

心も体も傷付いた2人が見つけた幸せの場所

作家買いしている さちも先生の作品です。

マフィアのボス アーサーと元奴隷 レオのお話。

幼い頃に奴隷商へ売られたレオは男娼として生きていましたが、成長し大きくなったため客がつかなくなっていました。
そんなある日、仕事中だったレオは何か「マズイもの」を見てしまいます。
酷い暴力を受け無残な姿で雪の中に放り出されたレオが最後に見たのは――悲しい目をした天使でした。

長い間男娼だったためセックスすることでしか存在意義が見出せないレオ。
使い方がわからない金よりも、屋根のある場所に寝床と1日3食分…そして可愛がってくれればいい。

一方、マフィアのボスであるアーサーは、行き場を失くした人達を拾い「居場所」を与えていました。
誰にでも平等なアーサーでしたが、何故かレオのことは自室に招き入れ一緒に寝るように。

それぞれに壮絶な過去を持つ2人が出会ったことで物語が始まるのですが、前半はレオ、後半はアーサーにフォーカスが当てられています。
最初は、あまりに強烈な経験をしてきたレオに読むのが辛くなりますが、悲しいことにレオ自信が辛さを感じていません。
それは、まだ幼かったレオが自分を保つために自己防衛本能が働いたからだと思いました。
非道な両親に売られ、性奴隷として生きる地獄のような日々。
しかし、アーサーに救われたことでレオの感情に少しずつ変化が訪れます。
奴隷ではなく「人」として接してもらい、男娼ではなく「普通」の仕事を与えられる。
そして、先代からラストホームを引き継いだアーサーにもレオを拾ったことで変化が…。

さちも先生の新刊を読む度にその発想力の豊かさとストーリー構成に驚かされるのですが、今作も想像以上のクオリティです。
普段から「痛い」系や「辛い」設定は避けているのですが、こちらの作品はさちも先生らしさが溢れていて最後まで手を止めることなく読み進められました。
これまでもキャラクターの魅せ方や心理描写がお上手だと感じていましたが、これだけ仄暗く閉ざされた世界観の中にもコメディ要素を取り入れているのは天才だなと思います(笑)
シンプルなようで細かい設定や伏線が張られており、最後は思いもよらぬ展開にビックリ‼
ぜひネタバレなしでご覧いただくことをおすすめします。

このお話には、当て馬は登場しません。
…が、レオが男娼だったために避けられないシーンがありますので地雷の方はご留意ください。
脇キャラとしては、双子のリクオとカイトを中心にラストホームのメンバーが登場します。
個人的には、ラストで登場する花屋の男の子に注目していただきたい。

Hシーンは、本編最後がイチオシです。
妖艶なエロさと心まで満たされた愛のカタチに思わず唸ってしまいました。

描き下ろし『それの名前』
本編のその後のお話。
自分の「居場所」を見つけたレオがちゃんと理解して覚えて伝えたいこと。

マフィアのボスと男娼…立場も考えも全く異なるようで心にも体にも消えない傷を負う2人。
その傷は決して消えることはないけれど、お互いを必要とし支え合う「居場所」には幸せが待っている。

さちも先生のファンの方はもちろん、少しでも気になっている方にはお手に取っていただきたいです。

黒か白か 8 コミック

さちも 

大きく動き出した見逃せない8巻‼

『黒か白か(7)』の続編です。

俳優の館林 和茂(芸名:皇澤 茂)と俳優の姫宮 慎(芸名:鷲宮 慎)のお話。

前作では、ドラマでキスシーンがある慎くんがアドバイスを求めた多々良さんからキスをされてしまいました。
それにより、シゲくんとギクシャクしてしまった慎くん。
今作は、その続きになります。
お互いの気持ちを確かめ合い仲直りをした2人。
しかし、その裏では、シゲくんが所属する事務所の社長が動き出していて…。
慎くんが出演しているドラマももうすぐクランクアップ。
そんな中、共演者やスタッフで飲みに行くことになりました。
見た目よりも酔いが回っていた慎くんでしたが、花崎くんの登場で救われた…と、思ったのも束の間、花崎くんが目を離した隙に女優とスクープ写真を撮られてしまって…。

ゆっくりとしかし着実に慎くんに忍び寄る芸能界の闇。
シゲくんの事務所社長が本格的に動き出す8巻もハラハラドキドキでした。

今作の見せ場は2つあります。
まずは、前半にある2人のオフが重なったある一日。
過去と現在の自分達に思いを巡らせたシゲくんが無意識に本音を口にします。
――結婚しよう
一片の迷いもなく慎くんも「はい」と返事をしていて、この場面ではコミックを持つ手がプルプルしましたね。
2人の間にある揺るぎない絆と愛情が感じられ、感極まって泣きそうになりました。
しかし残念ながら、今回は正式なものではなかったので、いつかちゃんとプロポーズをして結婚して欲しい(泣)

そして、もう1つの見せ場は、あのアニメイト限定セットだった小冊子の「元帥×大佐」が現実に‼
ダーク大佐メインの映画が決まったのですが、なんと敵方の黒幕 ヴァイス元帥役がシゲだったのです。
この瞬間、世界中の『黒か白か』ファンが歓喜に沸いたことでしょう(笑)
いや~、ダーク大佐の慎くんはちろんですが、ヴァイス元帥役のシゲもカッコイイ♡
お手元の「薄い本」と併せて、本編でもご覧くださいね。

描き下ろし『ACT24.5』
多々良さんが見た夢のお話。
好きな人が隣の部屋って拷問だよね?!

最後は、映画の現場、ある人物が現われて…えぇっ?!この後どうなるの?
はぁぁ~、毎回のことですが気になりすぎて眠れないよ。
個人的には、花崎くんと多々良さん、そして梅島さんで結成された「鷲宮を守る集い(仮)」に期待します!

キラキラと夢と希望に満ちるその裏で金と欲望が渦巻く芸能界。
2人の純愛はその渦の中に飲み込まれてしまうのか?
読まなきゃ伝わらない個性的なキャラクターが繰り広げる魅力的なストーリー展開。
ぜひ一緒に2人を見守ってください♡

満足度100%の小冊子♡

『ごちそうΩはチュウと鳴く 小冊子付き特装版』の小冊子になります。

異種族オメガバース設定。
担当編集者 宇迦野 忍(キツネ族のα)と漫画家 胡桃沢 さちお(ネズミ族のΩ)のお話。

宇迦野とお付き合いを始めた胡桃沢ですが、両想いになって最初のヒートが訪れました。
しかし、恋愛経験が圧倒的に不足している胡桃沢は悩みます。
――偽Ωサロン事件の時は、あくまでも“仕事のため”と宇迦野に抱いてもらったけれど、恋人になったらどうすればいいんだ?

発売してから数ヵ月後にコミックを電子購入したので、特装版の小冊子を読むことが出来ませんでした(泣)
ところが、はなさわ浪雄先生のTwitterで電子配信されることを知り、日付が変わった瞬間にお買い上げ‼
ワクワクして読んでみたところ…やーん、とても可愛かったです♡
本編の続きになるお話なので、両想いになったばかりの2人の初々しさが感じられることはもちろん、恋人同士の親密さも窺い知ることができました。

小冊子のイチオシは、ネズミ(獣返り)の胡桃沢が毛袋を抱き枕にしている場面です。
ネズミになった胡桃沢が「ふぅふぅ」言いながら、宇迦野の毛袋を大切に抱いている姿は破壊力抜群ですよ。
あまりの可愛さに萌え死にしちゃうかも(笑)

Hシーンもめちゃくちゃ良かったです。
ヒート中のセックスだからと言って、ただエロいだけではなく、お互いに好きな気持ちが溢れていました。
ネタバレになるので、ちょっとだけ…。
胡桃沢が宇迦野に「ゴムなし」をおねだりするのですが、その方法が堪りません♡
ぜひ小冊子でご覧下さいね。

クールな外見とは異なり愛情たっぷりの宇迦野と天然で無自覚に可愛い胡桃沢。
仕事もプライベートも相性バッチリです。
これからもずっと2人を見守り続けたい♡
6月の続編連載を楽しみに待っています‼